眼鏡用レンズ

【課題】長時間品質を保持し、視認性及び防眩性を良好に維持することができる眼鏡用レンズを提供する。
【解決手段】ガラスレンズ2とプラスチックレンズ3とが紫外線硬化型樹脂5により貼り合わされ、凸面がガラスレンズ2により形成され、凹面がプラスチックレンズ3により形成される眼鏡用レンズ1であって、ガラスレンズ2とプラスチックレンズ3との間にはミラーコート層4が介在されている眼鏡用レンズ1。

【発明の詳細な説明】
【技術分野】
【0001】
本発明は、ガラスレンズとプラスチックレンズとを貼り合わせた眼鏡用レンズに関する。
【背景技術】
【0002】
従来から、サングラス等に使用されるレンズにおいて、眩しさを低減させるために、ガラスレンズの表面に薄く金属を蒸着することによって、ミラーコート層を形成させることが知られている。特許文献1においては、プラスチックレンズの表面に、ミラーコート層を形成させたプラスチック製ミラーコートレンズが開示されている。
【先行技術文献】
【特許文献】
【0003】
【特許文献1】特開昭55−46713号公報
【発明の概要】
【発明が解決しようとする課題】
【0004】
しかしながら、上記のガラス製ミラーコートレンズでは、材質がガラスであるために、重量が重くなるという問題があった。また、上記のプラスチック製ミラーコートレンズでは、材質がプラスチックであるために傷が付きやすく、また経年変化により劣化し、視認性が低下するという問題があった。また、レンズ表面のミラーコート層は、薄く形成されているために、剥がれやすいという問題があった。
【0005】
本発明は、このような問題を解決すべくなされたものであって、長時間品質を保持し、視認性及び防眩性を良好に維持することができる眼鏡用レンズの提供を目的とする。
【課題を解決するための手段】
【0006】
本発明の前記目的は、ガラスレンズとプラスチックレンズとが紫外線硬化型樹脂により貼り合わされ、凸面が前記ガラスレンズにより形成され、凹面が前記プラスチックレンズにより形成される眼鏡用レンズであって、前記ガラスレンズと前記プラスチックレンズとの間にはミラーコート層が介在されている眼鏡用レンズにより達成される。
【発明の効果】
【0007】
本発明によれば、長時間品質を保持し、視認性及び防眩性を良好に維持することができる眼鏡用レンズを提供することができる。
【図面の簡単な説明】
【0008】
【図1】本発明の一実施形態に係る眼鏡用レンズの断面図である。
【図2】本発明の他の実施形態に係る眼鏡用レンズの断面図である。
【図3】本発明の一実施形態に係る眼鏡用レンズの製造工程の一部を示した図である。
【図4】本発明の一実施形態に係る眼鏡用レンズの製造工程の一部を示した図である。
【図5】本発明の一実施形態に係る眼鏡用レンズの製造工程の一部を示した図である。
【発明を実施するための形態】
【0009】
以下、本発明の実施形態について図面を参照して説明する。本発明の眼鏡用レンズ1は、図1に示すように、ガラスレンズ2とプラスチックレンズ3とが紫外線硬化型樹脂5により貼り合わされた構成を有する。この眼鏡用レンズ1は、全体として凸状に構成され、凸面がガラスレンズ2により形成され、凹面がプラスチックレンズ3により形成される。そして、ガラスレンズ2とプラスチックレンズ3との間にはミラーコート層4が介在されている。
【0010】
ガラスレンズ2は、公知のものが使用される。また、ガラスレンズ2は、紫外線吸収剤が配合され紫外線をカットするUVレンズであってもよい。厚みは、例えば0.8〜1.2mmに設定される。
【0011】
プラスチックレンズ3は、熱可塑性樹脂(ポリスチレン、ポリカーボネート等)、熱硬化性樹脂(アリル系樹脂、フマル酸系樹脂、ウレタン系樹脂、ナイロン系樹脂等)などのものが使用され、例えばCR−39が好ましく使用される。また、プラスチックレンズ3は、紫外線吸収剤が配合され紫外線をカットするUVレンズであってもよい。厚みは、例えば1.0mmに設定される。
【0012】
紫外線硬化型樹脂5は、重合性組成物に、紫外線及び可視光線による重合反応を引き起こす光重合開始剤が配合されたものであり、例えばサンユレック社製のラジカル重合タイプ、光カチオン重合タイプのものが好ましく使用される。
【0013】
ラジカル重合タイプの紫外線硬化型樹脂5の重合性組成物として、例えば、スチレン、α−メチルスチレン、クロロスチレン等のスチレン系化合物;酢酸ビニル、N−ビニルピロリドン等のビニル化合物;メチル(メタ)アクリレート、エチル(メタ)アクリレート、n−ブチル(メタ)アクリレート、s−ブチル(メタ)アクリレート、t−ブチル(メタ)アクリレート、イソブチル(メタ)アクリレート、n−ペンチル(メタ)アクリレート、イソペンチル(メタ)アクリレート、へキシル(メタ)アクリレート、ヘプチル(メタ)アクリレート、イソアミル(メタ)アクリレート、2−エチルヘキシル(メタ)アクリレート、n−オクチル(メタ)アクリレート、ラウリル(メタ)アクリレート、イソオクチル(メタ)アクリレート、n−ノニル(メタ)アクリレート、イソノニル(メタ)アクリレート、n−デシル(メタ)アクリレート、イソデシル(メタ)アクリレート、n−ドデシル(メタ)アクリレート、イソミリスチル(メタ)アクリレート、n−トリデシル(メタ)アクリレート、n−テトラデシル(メタ)アクリレート、ステアリル(メタ)アクリレート、イソステアリル(メタ)アクリレートなどのアルキル(メタ)アクリレート、シクロヘキシル(メタ)アクリレート、イソボルニル(メタ)アクリレート、イソデシル(メタ)アクリレート、テトラヒドロフルフリル(メタ)アクリレート、ジシクロペンテニル(メタ)アクリレート、N,N−ジメチルアミノ(メタ)アクリレート、テトラフロロプロピル(メタ)アクリレート、フェニル(メタ)アクリレート、ベンジル(メタ)アクリレート、フェノキシジエチレングリコール(メタ)アクリレート、ブトキシヒドロキシプロピル(メタ)アクリレート、アリル(メタ)アクリレート、グリシジル(メタ)アクリレート、モノアクリロキシコハク酸エチル、(メタ)アクリロキシエトキシジヒドロキシフォスフィンオキサイド、(メタ)アクリロイルモルホリン、ヒドロキシエチル(メタ)アクリレート、ヒドロキシメチル(メタ)アクリルアミド、ダイアセトン(メタ)アクリルアミド等の単官能モノマー;1,4−ブタンジオールジ(メタ)アクリレート、1,6−ヘキサンジオールジ(メタ)アクリレート、ジエチレングリコールジ(メタ)アクリレート、ヒドロキシピバリン酸エステルネオペンチルグリコールジ(メタ)アクリレート、ジシクロペンタジエニルジ(メタ)アクリレート、エトキシ化ビスフェノールAジ(メタ)アクリレート、ヒドロキシプロピル(メタ)アクリレート、テトラブロモビスフェノールAジアクリレート、亜鉛ジ(メタ)アクリレート、メチレンビス(メタ)アクリルアミド等の2官能モノマー;トリメチロールプロパントリ(メタ)アクリレート、ペンタエリスリトールトリ(メタ)アクリレート、ジペンタエリスリトールヘキサ(メタ)アクリレート、トリス(アクリロキシエチル)イソシアヌレート等の3官能以上のモノマー;ビスフェノールA型、ビスフェノールF型、ビスフェノールS型、フェノールノボラック型、クレゾールノボラック型、脂環型のエポキシ(メタ)アクリレート、エポキシ化油(メタ)アクリレート、ポリエステル型、ポリエーテル型、スピラン環型のウレタン(メタ)アクリレート、不飽和ポリエステル(メタ)アクリレート、ポリエステル(メタ)アクリレート、ポリエーテル(メタ)アクリレート、ポリアクリル(メタ)アクリレート、ビニル/アクリルオリゴマー、ポリオール/ポリチオール、ポリブタジエン(メタ)アクリレート、ポリスチリルエチル(メタ)アクリレート、主鎖にポリシロキサン結合をもつシリコーン(メタ)アクリレート、ポリエチレンポリプロピレングリコールジアクリレート、ポリエチレングリコールジアクリレート、カーボネートアクリルオリゴマー、ポリテトラメチレングリコールジアクリレート、ポリカプロラクトンジアクリレートなどのオリゴマーが挙げられる。これらの重合性組成物は、単独又は2種以上併用して用いることができる。
【0014】
そして、ラジカル重合タイプの紫外線硬化型樹脂5の光重合開始剤は、紫外光や可視光により容易に重合開始するものであれば、いずれでも良い。例えば、アルキルフェノン型、アシルフォスフィンオキサイド型、チタノセン型及びオキシムエステル型などが使用される。
【0015】
アルキルフェノン型として、例えば、ベンジルケタ−ル(2,2−ジメトキシ−1,2ジフェニルエタン−1−オンなど)、α−ヒドロキシアセトフェノン(2−ヒドロキシ−2−メチル−1−フェニル−プロパン−1−オン、1−ヒドロキシ−シクロヘキシル−フェニル−ケトン、1−[4−(2−ヒドロキシエトキシ)−フェニル]−2−ヒドロキシ−2−メチル−1−プロパン−1−オンなど)、α−アミノアセトフェノン(2−メチル−1−[4−(メチルチオ)フェニル]−2−モルフォリノプロパン−1−オン、2−ベンジル−2−ジメチルアミノ−1−(4−モルフォリノフェニル)−ブタノン−1など)が挙げられる。
【0016】
アシルフォスフィンオキサイド型として、例えば、ビス(2,4,6−トリメチルベンゾイル)−フェニルフォスフィンオキサイド、2,4,6−トリメチルベンゾイル−ジフェニル−フォスフィンオキサイドなどが挙げられる。
【0017】
チタノセン型として、例えば、ビス(η6−2,4−シクロペンタジエン−1−イル)−ビス(2,6−ジフルオロ−3−(1H−ピロ−ル−1−イル)−フェニル)チタニウムなどが挙げられる。
【0018】
オキシムエステル型として、例えば、1,2−オクタンジオン,1−[4−(フェニルチオ)−,2−(O−ベンゾイルオキシム)]などが挙げられる。
【0019】
一方、光カチオン重合タイプの紫外線硬化型樹脂5の重合性組成物として、例えば、脂環式エポキシ樹脂、ビスフェノールA型エポキシ樹脂、ビスフェノールF型エポキシ樹脂、ビスフェノールS型エポキシ樹脂、ビフェニル骨格を有するビフェニル型エポキシ樹脂、ナフタレン環含有エポキシ樹脂、ジシクロペンタジエン骨格を有するジシクロペンタジエン型エポキシ樹脂、フェノールノボラック型エポキシ樹脂、クレゾールノボラック型エポキシ樹脂、トリフェニルメタン型エポキシ樹脂、トリフェニルメタン型エポキシ樹脂、脂肪族系エポキシ樹脂及びトリグリシジルイソシアヌレートなどのエポキシ樹脂が挙げられ、また、3−エチル−3−(2−エチルヘキシロキシメチル)オキセタン、3−エチル−3−ヒドロキシメチルオキセタン、1,4−ビス−{[(3−エチル−3−オキセタニル)メトキシ]メチル}ベンゼン及びオキセタニル−シルセスキオキサンなどのオキセタン樹脂が挙げられる。
【0020】
そして、光カチオン重合タイプの紫外線硬化型樹脂5の光重合開始剤として、例えば、アリルジアゾニウム塩(ヘキサフルオロフォスフェート、テトラフルオロボラート)、ジアリルヨードニウム塩、鉄−アレン錯体、スルホン酸エステルなどが挙げられる。
【0021】
以上、ラジカル重合タイプ及び光カチオン重合タイプの紫外線硬化型樹脂5それぞれの重合性組成物及び光重合開始剤について説明したが、重合性組成物に対する光重合開始剤の配合量は限定されず、重合性組成物と光重合開始剤の種類に応じて設定できる。例えば、光重合開始剤の配合量は、重合性組成物100重量部に対して0.1〜10重量部程度が好ましく、0.1〜5重量部程度がより好ましい。
【0022】
また、紫外線硬化型樹脂5には、粘着剤、安定剤、硬化促進剤、紫外線吸収剤など公知の添加剤を添加することができる。
【0023】
本発明の眼鏡用レンズ1によれば、眼鏡使用時において、対物側である凸面にガラスレンズ2、接眼側である凹面にプラスチックレンズ3が配置されるように構成されている。これにより、全体がガラスによって形成されるレンズに比べて軽く、長時間使用することができる。
【0024】
また、眼鏡用レンズ1の傷は、主に凸面に付きやすく、この傷の付きやすい凸面に、傷の付きにくいガラスレンズ2が配置されているため、眼鏡用レンズ1は傷が付きにくく、視認性を良好に維持することができる。さらに、事故等によりガラスレンズ2が破損した場合、プラスチックレンズ3は破損し難いため、破片は目に届きにくく、目を傷付けることが少ない。
【0025】
また、本願発明の眼鏡用レンズ1によれば、ミラーコート層4が、ガラスレンズ2とプラスチックレンズ3の間に介在され、外に露出していないため、剥がれにくい。したがって、防眩性を良好に維持することができる。
【0026】
次に、このような構成を備える眼鏡用レンズ1の製造方法について説明する。まず、ガラスレンズ2の凹面と、ガラスレンズ2の凹面とほぼ同じ曲率を有するプラスチックレンズ3の凸面とを貼り合わせたとき、平面度数になるように、ガラスレンズ2を研磨し、ガラスレンズ2表面のカーブの微調整を行う。そして、研磨されたガラスレンズ2と、プラスチックレンズ3とを超音波洗浄によって洗浄する。
【0027】
そして、洗浄したガラスレンズ2とプラスチックレンズ3とを温風ヒーターで乾燥する。そして、プラスチックレンズ3はアニール処理し、プラスチックレンズ3の変形を矯正する。
【0028】
そして、ガラスレンズ2の凹面に、アルミニウム、金、クロム、スズなどの金属、又はSiO、ZrO、Al、TiOなどの金属酸化物からなるミラーコート層4を形成させる。ミラーコート層4の形成は、真空蒸着、スパッタリングなど限定されないが、真空蒸着を好ましく使用することができ、例えば0.1μm程度の厚さのミラーコート層4が形成される。
【0029】
次に、ガラスレンズ2とプラスチックレンズ3の貼り合わせについて説明する。図3に示すように、ミラーコート層4が形成されたガラスレンズ2を、その凸面のカーブに合うように製作されたレンズ受け台8の上に載置させる。
【0030】
そして、図4に示すように、ガラスレンズ2のミラーコート層4が形成された凹面に、紫外線硬化型樹脂5を塗布する。
【0031】
そして、図5に示すように、紫外線硬化型樹脂5が塗布されたガラスレンズ2の上に、プラスチックレンズ3の凸面が接着するよう、プラスチックレンズ3を載置し、図5の矢印で示すように上方向から力を加え、ガラスレンズ2とプラスチックレンズ3とをプレスする。
【0032】
そして、ガラスレンズ2とプラスチックレンズ3とをプレスしたものに、メタルハライドUV照射装置によって、例えば積算光量で1000mJ/cm〜6000mJ/cmまでの紫外線を照射し、紫外線硬化型樹脂5を硬化させる。このとき、ガラスレンズ2がUVレンズであれば、プラスチックレンズ3のほうから、プラスチックレンズ3がUVレンズであれば、ガラスレンズ2のほうから紫外線を照射する。これにより、熱膨張係数の異なるガラスレンズ2とプラスチックレンズ3とを貼り合わせることができ、ガラスレンズ2とプラスチックレンズ3とが剥離しない眼鏡用レンズ1を得ることができる。
【0033】
最後に、その他の検査を行い、眼鏡用レンズ1を仕上げる。
【0034】
以上、本発明の一実施形態について詳述したが、本発明の具体的な態様が上記実施形態に限定されるものではない。例えば、プラスチックレンズ3に使用されるCR−39は、80〜90℃の染色液に漬けることによって染色が可能であり、ガラスレンズ2と染色されたプラスチックレンズ3とを貼り合わせることにより、ハーフ染色やダブル染色など様々なカラーバリエーションの眼鏡用レンズ1を作成することができる。
【0035】
ガラスレンズ2としてガラス調光レンズ、プラスチックレンズ3として有色のCR−39とを組み合わせた眼鏡用レンズ1によれば、日中はガラスレンズ2の調光機能により濃色であるが、夜は調光機能が薄れCR−39の色が現れ、昼と夜とで色の異なる眼鏡用レンズ1が得られる。
【0036】
ガラスレンズ2にハイコントラストレンズ、プラスチックレンズ3に有色のCR−39を組み合わせた眼鏡用レンズ1によれば、あらゆるシチュエーションにおいて適切な眼鏡用レンズ1が得られる。
【0037】
また、染色されたCR―39などのプラスチックレンズ3の凹面に、例えば、SiO、SiO、Si、TiO、ZrO、Al、MgF、Taなどの無機物を真空蒸着することによって、反射防止コート(ARコート、マルチコート等)層を形成することができる。これにより光の反射を低減させ、視認性を良好にすることができる。
【0038】
また、本願発明の眼鏡用レンズ1は、ガラスレンズ2とプラスチックレンズ3との間に、一種類又は数種類のフィルムを介在させることができる。例えば、一枚の偏光フィルムを介在させた場合には、偏光レンズの機能を有する眼鏡用レンズ1が得られ、一枚又は複数枚の位相差フィルムと、一枚の偏光フィルムとを介在させた場合には、楕円偏光レンズの機能を有する眼鏡用レンズ1が得られる。
【0039】
図2において、凹面にミラーコート層4が形成されたガラスレンズ2とプラスチックレンズ3との間に、一枚の位相差フィルム6及び一枚の偏光フィルム7が介在された場合の眼鏡用レンズ1を示す。
【0040】
位相差フィルム6には、例えば延伸されたポリカーボネートフィルムが使用される。偏光フィルム7には、例えばポリビニルアルコールにヨウ素化合物又は二色性染料を含浸させ、一軸延伸したものが使用される。
【0041】
図2に示す眼鏡用レンズ1の製造は、上記実施形態の製造方法と同様に、レンズ受け台8の上に、凹面にミラーコート層4が形成されたガラスレンズ2、位相差フィルム6、偏光フィルム7、プラスチックレンズ3をこの順番で、それぞれの間に紫外線硬化型樹脂5を塗布しながら載置し、プレスする。そしてプレスしたものに紫外線を照射させ、紫外線硬化型樹脂5を硬化させる。これにより、位相差フィルム6及び偏光フィルム7を介在させ、ガラスレンズ2とプラスチックレンズ3とを貼り合わせることができる。
【0042】
また、上記実施形態において、ガラスレンズ2とプラスチックレンズ3との間にミラーコート層4を介在させているが、ガラスレンズ2の凹面にミラーコート層4を形成させずに、その他は上記実施形態の製造方法と同様にして、ガラスレンズ2とプラスチックレンズ3とを紫外線硬化型樹脂5により貼り合わせることができる。
【符号の説明】
【0043】
1 眼鏡用レンズ
2 ガラスレンズ
3 プラスチックレンズ
4 ミラーコート層
5 紫外線硬化型樹脂
6 位相差フィルム
7 偏光フィルム
8 レンズ受け台

【特許請求の範囲】
【請求項1】
ガラスレンズとプラスチックレンズとが紫外線硬化型樹脂により貼り合わされ、凸面が前記ガラスレンズにより形成され、凹面が前記プラスチックレンズにより形成される眼鏡用レンズであって、
前記ガラスレンズと前記プラスチックレンズとの間にはミラーコート層が介在されている眼鏡用レンズ。
【請求項2】
前記ミラーコート層は、前記ガラスレンズの表面に真空蒸着により形成されている請求項1に記載の眼鏡用レンズ。
【請求項3】
前記ミラーコート層と前記プラスチックレンズとの間には、位相差フィルムと偏光フィルムとが介在されている請求項1又は2に記載の眼鏡用レンズ。

【図1】
image rotate

【図2】
image rotate

【図3】
image rotate

【図4】
image rotate

【図5】
image rotate


【公開番号】特開2011−128331(P2011−128331A)
【公開日】平成23年6月30日(2011.6.30)
【国際特許分類】
【出願番号】特願2009−286030(P2009−286030)
【出願日】平成21年12月17日(2009.12.17)
【出願人】(509347572)株式会社乾レンズ (1)
【出願人】(391003624)サンユレック株式会社 (28)
【Fターム(参考)】