Notice: Undefined variable: fterm_desc_sub in /mnt/www/biblio_conv.php on line 353
移動端末の所在エリアを確定する方法
説明

移動端末の所在エリアを確定する方法

【課題】無線セルラ電気通信ネットワークにおいて移動端末の所在エリアを確定する方法を提供する。
【解決手段】移動端末は無線セルラ電気通信ネットワークの第1の無線エリアに位置する。無線セルラ電気通信ネットワークの電気通信装置によって実行される、移動端末からメッセージを受け取るステップと、第2の無線エリアのグループの各第2の無線エリア毎に、移動端末が第2の無線エリア内に移動する確率に関連する情報を取得するステップと、第2の無線エリアのグループのうちから、取得された情報から第2の無線エリアのサブセットを確定するステップであって、確定された第2の無線エリアのサブセットは移動端末の所在エリアである、確定するステップとを含む。

【発明の詳細な説明】
【技術分野】
【0001】
本発明は、移動端末が位置する、無線セルラ電気通信ネットワークの所在エリア(location area)を確定する方法及び装置に関する。
【背景技術】
【0002】
移動体電気通信ネットワークのような無線セルラ電気通信ネットワークは、無線電気通信ネットワークのノードの複数のセルから成るエリアの内部を移動する移動端末に、電気通信サービスを提供するものであり、通常、移動体電気通信事業者に対し、移動端末との通信セッションの確立を可能にするために、どのノードが移動端末にサービスしているかを随時確定する手段を提供する。
【0003】
無線事業者が移動端末に到達することができるようにするために、集中化機器(centralizing equipment)は、所在エリアのノードの各セルに呼び出し(paging)指示のブロードキャストを命令する。それは、移動端末の呼び出し指示に対する応答から、どのノードが移動端末にサービスしているかを知るためである。こうしたブロードキャストは、無線電気通信ネットワークの資源の無視できない部分を消費する。
【0004】
通常、所在エリアは、移動端末の位置特定を一定の成功率で可能にするために十分広いことが必要であり、他方、無線電気通信ネットワークの資源を節約するためにサイズが縮小される必要がある。
【0005】
所在エリアの定義は困難な問題であり、十分に確定されないことが多い。所在エリアは、無線計画技法に従って確定され、長期間にわたって設定される。こうした所在エリアは、その所在エリアに位置する各移動端末に適していない。
【先行技術文献】
【特許文献】
【0006】
【特許文献1】米国特許第6101388号明細書(要約書、図3〜図7、第1欄第25行〜第2欄第36行、第3欄第6行〜第5欄第62行)
【特許文献2】米国特許出願公開第2003/0143999号明細書(要約書、図1〜図12、0012段落、0044段落〜0050段落、0063段落〜0070段落、0079段落、0088段落、請求項1〜12)
【非特許文献】
【0007】
【非特許文献1】CASTELLUCIA C他著 "AN ADAPTIVE PER-HOST IP PAGING ARCHITECTURE", COMPUTER COMMUNICATION REVIEW, ACM, NEW YORK, NY, US, 31巻、5号、2001年10月(2001−10)、第48〜56頁、XP001115325、ISSN:0416−4833(要約、第49頁左欄2.2.1段落、第50頁左欄3.2.1段落〜第51頁左欄3.3.1段落、第51頁右欄3.3.4段落〜第52頁左欄、第52頁右欄4.3段落〜第53頁左欄、図1〜図5)
【発明の概要】
【発明が解決しようとする課題】
【0008】
したがって、本発明の目的は、無線セルラ電気通信ネットワークの各移動端末毎に最適化される所在エリアの確定を可能にすることができる方法及び装置を提案することである。
【課題を解決するための手段】
【0009】
そのため、本発明は、無線セルラ電気通信ネットワークにおいて移動端末の所在エリアを確定する方法であって、移動端末は無線セルラ電気通信ネットワークの第1の無線エリアに位置する、方法において、
方法は、無線セルラ電気通信ネットワークの電気通信装置によって実行される、
移動端末からメッセージを受け取るステップと、
無線セルラ電気通信ネットワークの第2の無線エリアのグループの各第2の無線エリア毎に、移動端末が第2の無線エリア内に移動する確率に関連する情報を取得するステップと、
第2の無線エリアのグループのうちから、取得された情報から第2の無線エリアのサブセットを確定するステップであって、この確定された第2の無線エリアのサブセットは移動端末の所在エリアである、確定するステップと
を含むことを特徴とする、移動端末の所在エリアを確定する方法に関する。
【0010】
本発明はまた、無線セルラ電気通信ネットワークにおいて移動端末の所在エリアを確定する装置であって、移動端末は無線セルラ電気通信ネットワークの第1の無線エリアに位置する、装置において、
前記装置は、無線セルラ電気通信ネットワークの電気通信装置に含まれ、
前記装置は、
移動端末からメッセージを受け取る手段と、
無線セルラ電気通信ネットワークの第2の無線エリアのグループの各第2の無線エリア毎に、移動端末が第2の無線エリア内に移動する確率に関連する情報を取得する手段と、
第2の無線エリアのグループのうちから、取得された情報から第2の無線エリアのサブセットを確定する手段であって、確定された第2の無線エリアのサブセットは移動端末の所在エリアである、確定する手段と
を具備することを特徴とする、移動端末の所在エリアを確定する装置に関する。
【0011】
このため、無線セルラ電気通信ネットワークの移動端末に対して最適化される所在エリアを確定することができる。
【0012】
移動端末がどの無線エリアに位置しているかを知ることにより、その移動端末に専用の所在エリアを確定することができる。
【0013】
さらに、所在エリアが、情報及び移動端末が位置している無線エリアに従って確定されるため、もはや最新技術で提案されるもののような固定された所在エリアを有する必要はない。
【0014】
特定の特徴によれば、第2の無線エリアのグループの第2の無線エリアは、第1の無線エリアの付近に(in its vicinity)位置する。
【0015】
このため、所在エリアの確定は単純であり、多数の第2の無線エリアを考慮する必要はない。
【0016】
特定の特徴によれば、移動端末が第2の無線エリアに移動する確率は、第1の無線エリアから第2の無線エリアに実行された遷移の数と、第1の無線エリアから実行された遷移の数とから確定される。
【0017】
このため、確定は、移動端末の移動性を有効に表すデータから行われる。そして、この確定は正確であり、無線セルラ電気通信ネットワークにおける移動端末の挙動に適合している。
【0018】
特定の特徴によれば、移動端末が第2の無線エリア内に移動する確率は、移動端末が、第1の無線エリアから、経由無線エリアと呼ばれる別の無線エリアを介して、第2の無線エリアに移動する確率を計算することによって確定される。
【0019】
このため、確定は、移動端末の移動性を有効に表すデータから行われる。そして、確定はより正確であり、無線セルラ電気通信ネットワークにおける移動端末の挙動に適合している。
【0020】
特定の特徴によれば、移動端末が、第1の無線エリアから、経由無線エリアを介して、第2の無線エリアに移動する確率は、第1の無線エリアから第2の無線エリアに実行された遷移の数と、第1の無線エリアから実行された遷移の数と、第1の無線エリアから経由無線エリアに実行された遷移の数と、経由無線エリアから第2の無線エリアに実行された遷移の数と、経由無線エリアから実行された遷移の数とから計算される。
【0021】
このため、確定は、移動端末の移動性を有効に表すデータから行われる。そして、確定はより正確であり、無線セルラ電気通信ネットワークにおける移動端末の挙動に適合している。
【0022】
特定の特徴によれば、移動端末が第1の無線エリアから第2の無線エリアに移動する確率は、移動端末が前の無線エリアから第1の無線エリアに移動したことが既知である場合に確定され、前の無線エリアの識別子は、移動端末から受け取られるメッセージに含まれる。
【0023】
このため、確定は、移動端末の移動性を有効に表すデータから行われる。そして、確定はより正確であり、無線セルラ電気通信ネットワークにおける移動端末の挙動に適合している。
【0024】
特定の特徴によれば、移動端末が第1の無線エリアから第2の無線エリアに移動する確率は、移動端末が、前の無線エリアから第1の無線エリアに移動したことが既知である場合の、移動端末が、第1の無線エリアから、経由無線エリアを介して、第2の無線エリアに移動する確率である。
【0025】
このため、確定は、移動端末の移動性を有効に表すデータから行われる。そして、確定はより正確であり、無線セルラ電気通信ネットワークにおける移動端末の挙動に適合される。
【0026】
特定の特徴によれば、移動端末が前の無線エリアから第1の無線エリアに移動したことが既知である場合の、移動端末が第1の無線エリアから経由無線エリアを介して第2の無線エリアに移動する確率は、前の無線エリアから第1の無線エリアに実行された遷移の数であって、これに続いて第1の無線エリアから第2の無線エリアに遷移が実行された、遷移の数と、前の無線エリアから第1の無線エリアに実行された遷移の数と、前の無線エリアから第1の無線エリアに実行された遷移の数であって、これに続いて第1の無線エリアから経由無線エリアに遷移が実行された、遷移の数と、前の無線エリアから第1の無線エリアに実行された遷移の数と、第1の無線エリアから経由無線エリアに実行された遷移の数であって、これに続いて経由無線エリアから第2の無線エリアに遷移が実行された、遷移の数と、第1の無線エリアから経由無線エリアに実行された遷移の数とから確定される。
【0027】
このため、確定は、移動端末の移動性を有効に表すデータから行われる。そして、確定はより正確であり、無線セルラ電気通信ネットワークにおける移動端末の挙動に適合している。
【0028】
特定の特徴によれば、移動端末が第1の無線エリアから第2の無線エリアに移動する確率は、移動端末の速度に関連する情報から確定される。
【0029】
このため、確定は移動端末の速度に適合している。
【0030】
特定の特徴によれば、移動端末から受け取られたメッセージは、その移動端末がその内部で移動した前の無線エリアの複数の識別子を含み、移動端末の速度に関連する情報は、少なくともそれらの複数の識別子から確定される。
【0031】
このため、移動端末の速度に関連する情報は単純に確定され、ドップラシフト測定のようないかなる周波数シフト測定も必要でない。
【0032】
特定の特徴によれば、各無線エリアは、無線セルラ電気通信ネットワークのセルである。
【0033】
特定の特徴によれば、各無線エリアは、無線セルラ電気通信ネットワークの複数のセルを含む。
【0034】
特定の特徴によれば、遷移の数は、少なくとも他の移動端末の遷移から確定される。
【0035】
このため、本発明は、移動端末の所在エリアを確定するために他の移動端末の挙動を有利に使用する。
【0036】
特定の特徴によれば、第2の無線エリアのグループの第2の無線エリアの識別子と、各第2の無線エリアに対する、移動端末がその第2の無線エリア内に移動する確率に関連する情報とが、移動端末に転送される。
【0037】
このため、移動端末は、それ自体で所在エリアを確定することができる。
【0038】
特定の特徴によれば、第2の無線エリアの確定されたサブセットの識別子が移動端末に転送される。
【0039】
特定の特徴によれば、電気通信装置は、無線セルラ電気通信ネットワークのノードである。
【0040】
特定の特徴によれば、電気通信装置は、無線セルラ電気通信ネットワークの集中化装置である。
【0041】
さらに別の態様によれば、本発明は、無線セルラ電気通信ネットワークにおける移動端末の所在エリアを確定する方法であって、移動端末は無線セルラ電気通信ネットワークの第1の無線エリアに位置する、方法において、
前記方法は、移動端末によって実行される、
無線セルラ電気通信ネットワークの電気通信装置にメッセージを転送するステップと、
転送されたメッセージに応答して、無線セルラ電気通信ネットワークの第2の無線エリアのグループの第2の無線エリアの識別子を少なくとも含む、メッセージを受け取るステップと、
少なくとも、第2の無線エリアのグループの第2の無線エリアの識別子から、移動端末の所在エリアを取得するステップと
を含むことを特徴とする、移動端末の所在エリアを確定する方法に関する。
【0042】
本発明はまた、無線セルラ電気通信ネットワークにおいて移動端末の所在エリアを確定する装置であって、移動端末は無線形態電話通信ネットワークの第1の無線エリアに位置する、装置において、
前記装置は移動端末に含まれ、
前記装置は、
無線セルラ電気通信ネットワークの電気通信装置にメッセージを転送する手段と、
転送されたメッセージに応答して、無線セルラ電気通信ネットワークの第2の無線エリアのグループの第2の無線エリアの識別子を少なくとも含む、メッセージを受け取る手段と、
少なくとも、第2の無線エリアのグループの第2の無線エリアの識別子から、移動端末の所在エリアを取得する手段と
を具備することを特徴とする、移動端末の所在エリアを確定する装置に関する。
【0043】
特定の特徴によれば、電気通信装置に転送されるメッセージは、少なくとも、移動端末が前にその内部で移動した無線エリアの識別子を含む。
【0044】
このため、移動端末は、その以前の移動に関する情報を電気通信装置に対し指示する。
【0045】
特定の特徴によれば、電気通信装置に転送されたメッセージは、移動端末が無線セルラ電気通信ネットワークのその電気通信装置又は別の電気通信装置に別のメッセージを転送すると、移動端末がその内部で移動した各無線エリアの識別子を含む。
【0046】
このため、移動端末は、その以前の移動に関連する情報を電気通信装置に指示する。
【0047】
特定の特徴によれば、所在エリアは、受け取られたメッセージにそれぞれの識別子が含まれる第2の無線エリアを選択することによって確定される。
【0048】
このため、移動端末による所在エリアの確定が簡略化される。
【0049】
特定の特徴によれば、受け取られたメッセージは、第2の無線エリアの各識別子毎に、移動端末がその第2の無線エリア内に移動する確率に関連する情報を含む。
【0050】
特定の特徴によれば、移動端末は、第2の無線エリアの識別子のうちから、情報から第2の無線エリアのサブセットを確定し、無線エリアの選択されたサブセットは、移動端末の所在エリアである。
【0051】
さらに別の態様によれば、本発明は、プログラム可能デバイスに直接ロード可能であり得るコンピュータプログラムであって、コンピュータプログラムがプログラム可能デバイス上で実行されると、本発明による方法のステップを実施する命令又はコード部を含む、コンピュータプログラムに関する。
【0052】
コンピュータプログラムに関連する特徴及び利点は、本発明による方法及び装置に関連する上述したものと同じであるため、ここでは繰り返さない。
【0053】
さらに別の態様によれば、本発明は、無線セルラ電気通信ネットワークの電気通信装置によって転送される信号であって、無線セルラ電気通信ネットワークは複数の無線エリアを含み、移動端末は第1の無線エリアにある、信号において、メッセージは、無線セルラ電気通信ネットワークの第2の無線エリアの識別子を含み、第2の無線エリアの少なくとも一部は移動端末の所在エリアであることを特徴とする、信号に関する。
【0054】
特定の特徴によれば、信号は移動端末に転送され、信号は、各識別子毎に、移動端末が第2の無線エリア内に移動する確率に関連する情報をさらに含む。
【0055】
さらに別の態様によれば、本発明は、移動端末によって転送され、無線セルラ電気通信ネットワークの電気通信装置が移動端末の所在エリアを確定することを可能とする信号であって、無線セルラ電気通信ネットワークは複数の無線エリアを含み、移動端末は第1の無線エリアにある、移動端末の所在エリアを確定することが可能となるように転送される信号であって、メッセージは、移動端末がその内部で移動した無線エリアの識別子を含むことを特徴とする、信号に関する。
【0056】
信号に関連する特徴及び利点は、本発明による方法及び装置に関連する上述したものと同じであるため、ここでは繰り返さない。
【0057】
本発明の特徴は、例示的な一実施形態の以下の説明を読むことによってより明らかとなろう。その説明は、添付図面を参照してなされている。
【図面の簡単な説明】
【0058】
【図1】本発明が実施される無線セルラ電気通信ネットワークのアーキテクチャを表す図である。
【図2】本発明によるノードのブロック図である。
【図3】本発明による移動端末のブロック図である。
【図4】無線エリアに関連する情報を確定するためにノードによって実行される第1のアルゴリズムを表す図である。
【図5】移動端末により、それが無線セルラ電気通信ネットワークで使用される場合に実行される第1のアルゴリズムを表す図である。
【図6】無線エリアに関連する情報を確定するためにノードによって実行される第2のアルゴリズムの図である。
【図7】移動端末により、それが無線セルラ電気通信ネットワークで使用される場合に実行される第2のアルゴリズムを表す図である。
【発明を実施するための形態】
【0059】
図1は、本発明が実施される無線セルラ電気通信ネットワークのアーキテクチャを表す図である。
【0060】
この無線セルラ電気通信ネットワークでは、以下集中化装置20と呼ぶ電気通信装置20は、電気通信ネットワーク50を通じて以下ノードと呼ぶ複数の電気通信装置10に接続される。
【0061】
電気通信ネットワーク50は、例として且つ非限定的に、専用有線ネットワーク、公衆交換網のような公衆網、IPベースのネットワーク、無線ネットワーク、非同期転送モードネットワーク又はそれらのネットワークの組合せである。
【0062】
電気通信ネットワーク50は、ノード10を互いに接続し、本発明による、ノード10間の且つ/又はノード10と集中化装置20との間のメッセージの転送を可能にする。
【0063】
本発明によれば、集中化装置20は、無線セルラ電気通信ネットワークの各移動端末30に対し、移動端末30が内部で存在するか又は移動すると想定される、無線セルラ電気通信ネットワークの第2の無線エリア60の複数の識別子を含む、所在エリア(location area)を維持する。集中化装置20は、無線セルラ電気通信ネットワークの各無線エリア60間の遷移に関連する情報を収集又は計算する手段を備える。
【0064】
遠隔の電気通信装置が移動端末30との通信を確立したい場合、集中化装置20は、その移動端末30に対応する所在エリアに識別子が含まれている無線エリア60の、あるセル15を管理する各ノード10に対し、呼び出し通知メッセージを送信する。
【0065】
図1において、1つの集中化装置20のみが示されているが、本発明ではより重大な数(a more important number)の集中化装置20を使用することができることを理解することができる。
【0066】
無線セルラ電気通信ネットワークは、複数の無線エリア60〜60から成る。
【0067】
各無線エリア60〜60は、複数のセル15から成る。例として、無線エリア60は、1511〜1517と示される7つのセルから成る。無線エリア60は、1521〜1527と示される7つのセルから成る。
【0068】
無線エリア60には、明確にするために1つのセル1531しか示されていないが、無線エリア60もまたより重大な数のセル15を含む。
【0069】
無線エリア60に含まれるセルは、明確にするために図1には表されていない。
【0070】
各セルは、ノード10によって管理される。図1には、1021及び1031と示す2つのノードしか示されていない。ノード1021はセル1521を管理し、ノード1031はセル1531を管理する。図1には、明確にするために他のノード10は示されていない。
【0071】
本発明によれば、集中化装置20は、無線セルラ電気通信ネットワークの各移動端末30に対し、無線セルラ電気通信ネットワークの無線エリア60の識別子のリストを含む所在エリア70を維持する。割り当てられた所在エリア70に識別子が含まれる無線エリア60は、移動端末30が内部に存在するか又は内部で移動すると想定される無線エリアである。
【0072】
図1には図示しない遠隔の電気通信装置が移動端末30との通信を確立したい場合、集中化装置20は、その移動端末30に対応する所在エリアに識別子が含まれる無線エリア60のセルを管理する各ノード10に対し、呼び出し通知メッセージを送信する。
【0073】
図1において、1つの集中化装置20のみが示されているが、本発明ではより重大な数の集中化装置20を使用することができることを理解することができる。
【0074】
所在エリアは、以下に開示するように、移動端末30によって目下選択されているセル15を管理するノード10により、又は、移動端末30によって目下選択されているセル15を管理するノード10及び移動端末30により、又は、集中化装置20により、又は、集中化装置20及び移動端末30により、確定されることが好ましい。移動端末30がセル15を選択する場合、その移動端末30は、そのセル15が属している無線エリア60内に位置しているものと考えられる。移動端末30がある無線エリア60内に位置している場合、それは確定された所在エリア内に位置しているものと考えられる。
【0075】
図1において、2つの所在エリア70及び70しか示されていないが、本発明ではより重大な数の所在エリア70が使用されることを理解することができる。
【0076】
本発明によれば、各移動端末30に対して所在エリア70が確定される。例として、同じ無線エリア60又はセル15に複数の移動端末30が位置する場合、本発明は、各移動端末30に対し、他の移動端末30に対して確定された所在エリアとは異なる可能性のある所在エリア70を確定する。
【0077】
図1の例によれば、所在エリア70は、移動端末30a及び30bに対し、それらがそれぞれの無線エリア60及び60に位置する時に確定される。所在エリア70は、2つの無線エリア60及び60を含む。
【0078】
所在エリア70は、移動端末30bに対し、それが、所在エリア70の無線エリア60及び60のセル15に属していないセル1531に入る時に確定される。所在エリア70は3つの無線エリア60、60及び60を含む。
【0079】
無線エリア60の各ノード10は、その無線エリア60のセル15の識別子を記憶する。
【0080】
例として、ノード1021は、その無線エリア60のセル1521〜1527の識別子を記憶する。
【0081】
遠隔の電気通信装置が移動端末30との通信を確立したい場合、集中化装置20は、その移動端末30に対応する所在エリア70に識別子が含まれる無線エリア60のセル15を管理する各ノード10に対し、呼び出し通知メッセージを送信する。
【0082】
集中化装置20は、無線セルラ電気通信ネットワークの各無線エリア60間の遷移に関連する情報を収集又は計算する手段を備える。
【0083】
図1において、1つの集中化装置20のみが示されているが、本発明ではより重大な数の集中化装置20を使用することができることを理解することができる。
【0084】
各ノード10は、それが管理するセルが属する無線エリア60と隣接する(neighbouring)無線エリア60のセルとの間の遷移の数を、それが管理しているセルが属する無線エリア60に移動端末30が入った後か又はそこから出た後に、その移動端末30によって転送されるメッセージから確定する手段を備える。
【0085】
移動端末30によって転送されるメッセージは、無線エリア60の少なくとも1つの識別子か、又は少なくとも、移動端末30がその中に移動した無線エリア60のセル15の識別子を含む。
【0086】
移動端末30が、図5に開示するような第1のアルゴリズムを実行する時、移動端末30によって転送されるメッセージは、移動端末30がその中に移動した無線エリア60のリストを含み、後に開示するように移動端末30が所在エリア更新メッセージを転送する時に転送される。
【0087】
移動端末30が、図7に開示するような第2のアルゴリズムを実行する時、移動端末30によって転送されるメッセージは、移動端末30がその中に移動したセル15のリストを含み、後に開示するように移動端末30が無線エリア更新メッセージを転送する時に転送される。
【0088】
各ノード10は、各隣接する無線エリア60間の遷移に関連する情報を確定する手段を備える。
【0089】
各ノード10は、各無線エリア60間の遷移に関連する確定された情報か、若しくは電気通信ネットワーク50を通じての集中化装置20への遷移又は少なくともノード10の一部への遷移の確定された数を転送する手段を備える。各ノード10は、集中化装置20から呼び出し通知メッセージを受け取ると、それが管理するセルに呼び出し指示を転送する手段を備える。
【0090】
セルラ無線電気通信ネットワークでは、移動端末30は、同じ所在エリア70内であるセル15の代りに別のセル15を選択するか又はそこに移動する度に、新たに選択されたセル15を管理するノード10にセル再選択メッセージを転送しない。
【0091】
移動端末30が、図5に開示するような第1のアルゴリズムを実行する場合、アイドルモードにある移動端末30は、所在エリア70の無線エリア60の1つのセル15から、同じ所在エリア70の別の無線エリア60の別のセルに移動する度に、訪れた無線エリア60のリストに、その別の無線エリア60の識別子を追加する。後に、移動端末30は、その所在エリア70から離れる時、新たに選択されたセルを管理するノード10に対し、訪れた無線エリア60のリストを転送し、それが記憶するリストを、新たに選択されたセル15が属する新たな無線エリア60の識別子でリセットする。
【0092】
移動端末30が図7に開示するような第2のアルゴリズムを実行する場合、アイドルモードにある移動端末30は、所在エリア70の無線エリア60の1つのセル15から、同じ無線エリア60の別のセルに移動する度に、訪れたセルのリストに、その別のセル15の識別子を追加する。後に、移動端末30は、その無線エリア60から離れる時、新たに選択されたセル15を管理するノード10に対し、訪れたセル15のリストを転送し、それが記憶するリストを、新たに選択されたセル15の識別子でリセットする。
【0093】
各ノード10は、それが管理しているセル15と各隣接するセル15との間で発生する遷移の数をカウントする手段を備える。第1のセルと第2のセルとの間の遷移は、移動端末30が前に第1のセル15を選択していたが、第2のセル15を選択することを決定する場合を表す。
【0094】
ノード10が、図4に開示するような第1のアルゴリズムを実行する場合、ノード10が、移動端末30から所在エリア更新メッセージを受け取るか、又は、第1のセル15と第2のセル15との間のハンドオーバを表すメッセージを受け取る時に、遷移が検出される。こうした所在エリア更新メッセージ又はハンドオーバメッセージは、遷移を表し、移動端末30が第1のセル15から第2のセル15に移動したことを示す。
【0095】
ノード10が、図6に開示するような第2のアルゴリズムを実行する場合、ノード10が、移動端末30から無線エリア更新メッセージを受け取るか、又は第1のセル15と第2のセル15との間のハンドオーバを表すメッセージを受け取る時に、遷移が検出される。こうした所在エリア更新メッセージ又はハンドオーバメッセージは、遷移を表し、移動端末30が第1のセル15から第2のセル15に移動したことを示す。
【0096】
各ノード10は、それが管理するセル15とその付近に(in its vicinity)位置する各セル15との間の遷移に関連する情報を確定する手段を備える。各ノード10は、電気通信ネットワーク50を通じて集中化装置20か又はノード10の少なくとも一部に、遷移の数、すなわち、それが管理するセル15と各隣接するセル15との間で発生した、所在エリア更新メッセージ及び/若しくはハンドオーバの数、又は無線エリア更新メッセージ及び/若しくはハンドオーバの数を転送するか、或いはそれが管理するセル15とその付近に位置する各セル15との間の遷移に関連する確定された情報を転送する手段を備える。各ノード10は、集中化装置20から呼び出し指示メッセージを受け取ると、それが管理するセル15に呼び出しメッセージを転送する手段を備える。
【0097】
図1において、2つの移動端末30a及び30bしか示されていないが、本発明においてより重大な数の移動端末30を使用することができることを理解することができる。
【0098】
移動端末30は、それが選択したか又はそれが位置しており且つその所在エリア70に属するセル15においてブロードキャストされた呼び出し指示を検出すると、無線セルラ電気通信ネットワークからの着呼があることに気付く。移動端末30は通信の確立をトリガする。
【0099】
図2は、本発明によるノードのブロック図である。
【0100】
ノード10は、たとえば、バス201によって互いに接続されるコンポーネントと、図4及び図6に開示するようなプログラムによって制御されるプロセッサ200とに基づくアーキテクチャを有する。
【0101】
バス201は、プロセッサ200を、リードオンリメモリROM202、ランダムアクセスメモリRAM203、データベース205、ネットワークインタフェース204及び無線インタフェース206に連結する。
【0102】
メモリ203は、変数を受け取るように意図されたレジスタと、図4及び図6に開示するようなアルゴリズムに関連するプログラムの命令とを含む。
【0103】
プロセッサ200は、ネットワークインタフェース204及び無線インタフェース206の動作を制御する。
【0104】
リードオンリメモリ202は、ノード10に電源が投入される時にランダムアクセスメモリ203に転送される、図4及び図6に開示されるようなアルゴリズムに関連するプログラムの命令を含む。
【0105】
ノード10は、ネットワークインタフェース204を介して電気通信ネットワーク50に接続される。例として、ネットワークインタフェース204は、DSL(デジタル加入者線)モデム、又はISDN(デジタル総合サービス網)インタフェース等である。ノード10によって管理されるセル15に位置する移動端末30によって確立されるか又は受け取られる通信は、ネットワークインタフェース204及び無線インタフェース206を通る。
【0106】
ノード10は、図4に開示するような第1のアルゴリズムを実行する場合、無線インタフェース206を通じて、移動端末30から所在エリア更新メッセージを受け取り、移動端末30に、無線エリア識別子のリストと、選択されたセル15の無線エリア60と無線エリア識別子のリストにその識別子が含まれる各無線エリア60との間の遷移に関連する情報とを転送する。
【0107】
一変形形態では、ノード10は、図4に開示するような第1のアルゴリズムを実行する場合、無線インタフェース206を通じて、移動端末30から所在エリア更新メッセージを受け取り、移動端末30に、移動端末30の確定された所在エリアに含まれる無線エリア識別子のサブセットを転送する。
【0108】
ノード10は、図6に開示するような第2のアルゴリズムを実行する場合、無線インタフェース206を通じて無線エリア更新メッセージを受け取り、移動端末30に、無線エリア識別子のリストと、選択されたセル15の無線エリア60および無線エリア識別子のリストにその識別子が含まれる各無線エリア60の間の遷移に関連する情報とを転送する。
【0109】
一変形形態では、ノード10は、図6に開示するような第2のアルゴリズムを実行する場合、無線インタフェース206を通じて、移動端末30から無線エリア更新メッセージを受け取り、移動端末30に、移動端末30の確定された所在エリアに含まれる無線エリア識別子のサブセットを転送する。
【0110】
実現の別の変形形態では、無線インタフェース206は、移動端末30から受信した信号の周波数ドップラシフトを測定することにより移動端末30の速度を求める手段を備える。
【0111】
ノード10は、それが管理する無線エリア15又は60と、隣接する無線エリア60又はセル15との間の遷移の数を記憶する、205と示すデータベースDBを備える。
【0112】
データベース205は、図4及び図6に関して後述するように、ノード10が計算するか又は集中化装置20若しくは他のノード10から受け取る確率を記憶する。
【0113】
図3は、本発明による移動端末のブロック図である。
【0114】
移動端末30は、たとえば、バス301によって互いに接続されるコンポーネントと、図5又は図7に開示するようなプログラムによって制御されるプロセッサ300とに基づくアーキテクチャを有する。
【0115】
バス301は、プロセッサ300を、リードオンリメモリROM302、ランダムアクセスメモリRAM303及び無線インタフェース306に連結する。
【0116】
メモリ303は、変数を受け取るように意図されたレジスタと、図5及び図7に開示するようなアルゴリズムに関連するプログラムの命令とを含む。
【0117】
プロセッサ300は、無線インタフェース306の動作を制御する。
【0118】
リードオンリメモリ302は、移動端末30に電源が投入される時にランダムアクセスメモリ303に転送される、図5又は図7に開示するようなアルゴリズムに関連するプログラムの命令を含む。
【0119】
移動端末30は、図5に開示するような第1のアルゴリズムを実行する場合、無線インタフェース306を通じて所在エリア更新メッセージを転送する。
【0120】
移動端末30は、図7に開示するような第2のアルゴリズムを実行する場合、無線インタフェース306を通じて無線エリア更新メッセージを転送する。
【0121】
移動端末30は、図5に開示するような第1のアルゴリズムを実行する場合、無線インタフェース306を通じて、選択されたセル15を管理するノード10から、選択されたセル15の無線エリア60と各無線エリア60との間の遷移に関連する情報とともに、無線エリア識別子のリストを受け取る。無線インタフェース306を通じて、移動端末30は、その所在エリア70に属さない選択されたセル15を管理するノード10に、それが以前に中に移動した、訪れた無線エリア60のリストを転送する。
【0122】
一変形形態では、移動端末30は、図5に開示するような第1のアルゴリズムを実行する場合、無線インタフェース306を通じて、本発明による確定された所在エリアに含まれる無線エリア識別子のリストを受け取る。
【0123】
移動端末30は、図7に開示するような第2のアルゴリズムを実行する場合、無線インタフェース306を通じて、選択されたセル15を管理するノード10から、選択されたセル15の無線エリア60と各無線エリア60との間の遷移に関連する情報とともに、無線エリア識別子及びセル識別子のリストを受け取る。無線インタフェース306を通じて、移動端末30は、その所在エリア70に属さない選択されたセルを管理するノード10に、訪れたセル15のリストを転送する。
【0124】
一変形形態では、移動端末30は、図7に開示する第2のアルゴリズムを実行する場合、無線インタフェース306を通じて、本発明による確定された所在エリアに含まれる無線エリア識別子のリストを受け取る。
【0125】
移動端末30はまた、無線インタフェース306から呼び出しメッセージも受け取る。
【0126】
図4は、無線エリアに関連する情報を確定するためにノードによって実行される第1のアルゴリズムを表す。
【0127】
本アルゴリズムは、無線セルラ電気通信ネットワークの少なくとも1つのセルを管理する各ノードによって実行される。
【0128】
ステップS400において、例としてノード1031のプロセッサ200は、無線インタフェース206からの又はネットワークインタフェース204からのメッセージの受取りを検出する。
【0129】
こうしたメッセージは、ノード1031のセル1531を選択した移動端末30bによって転送される所在エリア更新メッセージか、又は無線エリア60のソースセルとノード1031のターゲットセル1531との間のハンドオーバを表すメッセージである。
【0130】
以下に開示するように、所在エリア更新メッセージは、移動端末30が前に位置していた所在エリア70の異なる無線エリア60にわたるいくつかの連続した遷移を反映する、移動端末30が中に移動した無線エリア60の識別子のリストをさらに含む。
【0131】
ここで、所在エリア更新メッセージは、移動端末30が前の所在エリア更新メッセージを送信した時点を示すタイムスタンプを含むことが留意されなければならない。
【0132】
次のステップS401において、プロセッサ200は、受け取ったメッセージが所在エリア更新メッセージであるか否かをチェックする。受け取ったメッセージが所在エリア更新メッセージである場合、プロセッサ200はステップS408に進む。そうでなければ、プロセッサ200はステップS402に進む。
【0133】
ステップS402では、プロセッサ200は、受け取ったメッセージが、移動端末30の異なる無線エリア60にわたる遷移を表すか否かを判断する。受け取ったメッセージは、そのノード1031が管理するセル1531の無線エリア60とは異なる無線エリア60、たとえば無線エリア60のセル間のハンドオーバを表す場合、若しくは、それが管理するセルの無線エリア60とは異なる少なくとも1つの無線エリア60の識別子を含む所在エリア更新メッセージである場合、移動端末30の異なる無線エリア60にわたる遷移を表す。
【0134】
受け取ったメッセージが所在エリア更新メッセージであり、且つ複数の無線エリア60の識別子のリストを含む場合、プロセッサ200は、ステップS402において、異なる無線エリア60にわたる複数の遷移を識別することが留意されなければならない。
【0135】
ステップS402において、メッセージが異なる無線エリア60にわたる移動端末30の遷移を表す場合、プロセッサ200はステップS403に進む。そうでない場合、プロセッサ200はステップS400に戻り、新たなメッセージの受取りを待つ。
【0136】
ステップS403において、プロセッサ200は、各無線エリア60間の遷移に関連する情報を更新する。
【0137】
ステップS400において受け取られたメッセージにおいてステップS402において識別された、60と示す無線エリアと60と示す別の無線エリアとの間の各遷移に対し、プロセッサ200は、データベース205から対応するカウンタMijを読み出し、そのカウンタMijをインクリメントし、Mijの値をそのデータベース205に格納する。
【0138】
無線エリアと別の無線エリアとの間の遷移は、移動端末30が前にその無線エリアを選択しているが、別の無線エリアを選択すると判断する場合を表す。
【0139】
ここで、実現の一変形形態では、移動端末の速度に関連する異なる情報に対応する複数のカウンタMij(V)が、無線エリア60の各対に関連することが留意されなければならない。メッセージを送信した移動端末30の速度に関連する情報と同じ速度に関連する情報に対応するカウンタMij(V)がインクリメントされる。
【0140】
移動端末30の速度に関連する情報は、無線インタフェース206によって確定されるか、又は受け取ったメッセージに含まれるか、又はプロセッサ200により、距離を表す、訪れた無線エリア識別子のリストと、メッセージの受取りと受け取ったメッセージに含まれるタイムスタンプとの間で経過した時間とを使用して確定される。
【0141】
次のステップS404において、プロセッサ200はRAMメモリ203から無線エリア識別子のリストを取得する。
【0142】
本発明の実現の第1のモード、第2のモード、第3のモード及び第5のモードによれば、無線エリア識別子のリストは、ノード10によって管理されるセル15が属する無線エリア60に隣接する(neighbour of)無線エリア60の識別子を含む。
【0143】
本発明の実現の第4のモード及び第6のモードによれば、無線エリア識別子のリストは、ノード10によって管理されるセル15が属する無線エリア60に隣接する無線エリア60の識別子と、ノード10によって管理されるセル15の無線エリア60に隣接する無線エリア60に隣接する無線エリア60の識別子とを含む。
【0144】
次のステップS405において、プロセッサ200は、無線エリア識別子のリストに含まれる各識別子に対し、各無線エリア60に関連する情報を計算する。
【0145】
本発明の実現の第1のモードによれば、無線エリアに関連する情報は、移動端末30が現無線エリア60currから次の無線エリア60nextに移動する確率である。
【0146】
無線エリアに関連するこうした情報は、以下の式に従って計算される。
【0147】
【数1】

【0148】
ここで、Mcurr,nextはステップS403において更新された現無線エリア60currと次の無線エリア60nextとの間の遷移の数であり、Mcurtは、現無線エリア60currのセルと隣接する無線エリア60のセルとの間の遷移の数である。
【0149】
そして、移動端末30が現無線エリア60currのセル15から次の無線エリア60nextの別のセル15に移動する確率Pcurr,nextは、Mcurr,nextを、現無線エリア60currから現無線エリア60currに隣接する無線エリア60へと実行された、異なる無線エリアにわたる遷移の総数によって正規化した値に等しい。
【0150】
ここで、本発明の実現の一変形形態では、プロセッサ200は移動端末30の速度に関連する情報を取得することが留意されなければならない。移動端末30のVで示す速度に関連する情報は、無線インタフェース206から取得されるか、又はステップS400において受け取られるメッセージで移動端末30によって転送されるか、又はプロセッサ200により、無線エリア識別子のリストと、メッセージの受取りと受け取られたメッセージに含まれるタイムスタンプとの間で経過した時間とを使用して確定される。
【0151】
速度は、プロセッサ200により、無線エリア識別子のリストと、メッセージの受取りと受け取られたメッセージに含まれるタイムスタンプとの間で経過した時間とによって求められる場合、例として且つ非限定的に以下の式に従って計算される。
【0152】
【数2】

【0153】
ここで、Nは受け取られたメッセージに含まれる無線エリア識別子の数であり、tは受け取られたメッセージに含まれるタイムスタンプであり、tはメッセージが受け取られた時刻である。
【0154】
各無線エリアに関連する情報は、以下の式に従って計算される。
【0155】
【数3】

【0156】
ここで、Mcurr,net(V)は、速度に関連する、その移動端末30と同じ情報を有する移動端末30に対する、現無線エリア60currのセルと次の無線エリア60nextとの間の遷移の数であり、Mcurr(V)は、速度に関連する、その移動端末30と同じ情報を有する移動端末30に対する、現無線エリア60currのセルと隣接する無線エリア60のセルとの間の遷移の数である。
【0157】
本発明の実現の第2のモードによれば、各無線エリアに関連する情報は、移動端末30が現無線エリア60currから別の無線エリア60viaを介して次の無線エリア60nextに移動する確率を計算することによって確定される。
【0158】
無線エリアに関連するこうした情報は、以下の式に従って計算される。
【0159】
【数4】

【0160】
ここで、
【0161】
【数5】

【0162】
であり、σは重み付け係数であり、
【0163】
【数6】

【0164】
であって、ここでMcurr,nextは、現無線エリア60currのセルと次の無線エリア60nextのセルとの間の遷移の数であり、Mcurtは、現無線エリア60currのセルと隣接する無線エリア60のセルとの間の遷移の数であり、Mcurr,viaは、現無線エリア60currのセルと経由無線エリア60viaのセルとの間の遷移の数である。
【0165】
via,nextは、経由無線エリア60viaのセルと経由無線エリア60nextのセルとの間の無線エリア間の遷移の数であり、Mviaは、経由無線エリア60viaのセルと経由無線エリア60viaに隣接する無線エリア60のセルとの間の遷移の数である。
【0166】
curr,viaは、移動端末30が現無線エリア60currから経由無線エリア60viaに移動する確率である。
【0167】
via,nextは、移動端末30が経由無線エリア60viaから次の無線エリア60nextに移動する確率である。
【0168】
移動端末30が経由無線エリア60viaから次の無線エリア60nextに移動する確率Pvia,nextは、Mvia,nextを、経由無線エリア60viaから経由無線エリア60viaに隣接する無線エリア60への、カウントされた無線エリア間の遷移の総数によって正規化した値に等しい。
【0169】
ここで、経由無線エリア60viaを管理する各ノード10は、現無線エリア60currのセル15を管理するノード10に確率Pvia,nextを転送することが留意されなければならない。
【0170】
本発明の実現の一変形形態では、プロセッサ200は、本発明の実現の第1のモードで開示したように移動端末30の速度に関連する情報を取得する。
【0171】
実現のその変形形態によれば、無線エリアにわたる遷移の数及び確率は、その移動端末30によって取得されたものと同じ速度に関連する情報を有していた移動端末30から求められる。
【0172】
実現の第3のモードによれば、無線エリア60に関連する情報は、移動端末30が所与の前の無線エリア60prevから現無線エリア60currに移動したことが既知である場合の、移動端末30が現無線エリア60のセルから次の無線エリア60のセルに移動する確率である。
【0173】
プロセッサ200は、移動端末が位置していた前のセル15の識別子を使用して前の無線エリア60prevを確定する。こうした識別子は、ステップS400で受け取られたメッセージに含まれるか、又はステップS400で受け取られたメッセージに含まれる前の無線エリアの識別子を使用する。
【0174】
無線エリアに関連するこうした情報は、以下の式に従って計算される。
【0175】
【数7】

【0176】
本発明の実現の一変形形態では、プロセッサ200は、本発明の実現の第1のモードで開示したように移動端末30の速度に関連する情報を取得する。
【0177】
実現のその変形形態によれば、無線エリア60にわたる遷移の数及び確率は、その移動端末30によって取得されたものと同じ速度に関連する情報を有していた移動端末30から求められる。
【0178】
実現の第4のモードによれば、隣接する無線エリアに関連する情報は、移動端末30が現無線エリア60から次の無線エリア60に移動する確率であり、現無線エリアに隣接するエリア60に隣接する無線エリア60に関連する情報は、移動端末30が現無線エリアに隣接する無線エリアに隣接する無線エリアから移動する確率である。
【0179】
本発明の実現の第5のモードによれば、各無線エリアに関連する情報は、移動端末30が所与の前の無線エリア60prevから現無線エリア60currに移動したことが既知である場合の、移動端末30が、現無線エリア60currから他の無線エリア60viaを介して次の無線エリア60nextに移動する確率を計算することによって、確定される。
【0180】
無線エリアに関連するこうした情報は、以下の式に従って計算される。
【0181】
【数8】

【0182】
ここで、
【0183】
【数9】

【0184】
であり、σは重み付け係数であり、
【0185】
【数10】

【0186】
であって、Mprev,curr,nextは、前の無線エリアから現無線エリアへのカウントされた遷移の数であって、それに続いて現無線エリアから次の無線エリアに遷移があった、遷移の数である。
【0187】
prev,curtは、前の無線エリアから現無線エリアへのカウントされた遷移の数である。
【0188】
prev,curr,viaは、前の無線エリアから現無線エリアへのカウントされた遷移の数であって、それに続いて現無線エリアから経由無線エリアに遷移があった、遷移の数である。
【0189】
prev,curtは、前の無線エリアから現無線エリアへのカウントされた遷移の数である。
【0190】
curr,viaは、現無線エリアから経由無線エリアへのカウントされた遷移の数である。
【0191】
本発明の実現の一変形形態では、プロセッサ200は、本発明の実現の第1のモードで開示したように移動端末30の速度に関連する情報を取得する。
【0192】
ここで、実現の一変形形態では、ノード10は、上述した数及び確率を計算する代りに、集中化装置20から上述した数及び確率を受け取ることが留意されなければならない。
【0193】
本発明の実現の第6のモードによれば、各無線エリア間の遷移に関連する情報は、移動端末30が、現無線エリア60currから次の無線エリア60nextに移動する確率を、移動端末30の速度に関連する情報を考慮して計算することによって確定される。
【0194】
移動端末30の速度に関連する情報は、無線インタフェース206によって確定されるか、又は受け取られたメッセージに含まれるか、又はプロセッサ200により、距離を表す、訪れた無線エリア識別子のリストと、メッセージの受取りと受け取られたメッセージに含まれるタイムスタンプとの間で経過した時間とを使用して確定される。
【0195】
例として、移動端末30の速度に関連する情報が第1の所定の閾値を上回る場合、プロセッサ200は、隣接する無線エリア60に関連する情報を所定値に設定し、隣接する無線エリアに隣接する無線エリアに関連する情報を同じ所定値に設定する。
【0196】
移動端末30の速度に関連する情報が第1の所定の閾値を下回る場合、プロセッサ200は、隣接する無線エリアに関連する情報を所定値に設定し、隣接する無線エリアに隣接する無線エリアに関連する情報を、上記所定値を下回る別の所定値に設定する。
【0197】
次のステップS406では、プロセッサ200は、ステップS405で確定された情報をデータベース205に格納する。
【0198】
次のステップS407において、プロセッサ200は、その無線エリア60に含まれる他のセル15を制御する他のノード10への、且つ、隣接する無線エリア60のセル15を制御する他のノード10への、又は集中化装置20への、求められた確率の転送を命令する。
【0199】
そして、プロセッサ200はステップS400に進み、別のメッセージの受取りを待つ。
【0200】
ステップS401において、受け取られたメッセージが所在エリア更新メッセージであると判断された場合、プロセッサ200はステップS408に進む。
【0201】
ステップS408において、プロセッサ200は、無線エリアの識別子のリストと、データベース205におけるこれらの無線エリア60に関連する情報とを形成する。
【0202】
本発明の実現の第1のモード、第2のモード、第3のモード及び第5のモードによれば、無線エリアの識別子は、そのノード10によって管理されるセルが属する無線エリア60に隣接する無線エリア60の識別子である。
【0203】
本発明の実現の第4のモード及び第6のモードによれば、無線エリアの識別子は、そのノード10によって管理されるセルが属する無線エリア60に隣接する無線エリア60の識別子、及び、そのノード10によって管理されるセルの無線エリアに隣接する無線エリア60に隣接する無線エリア60の識別子である。
【0204】
本発明の実現の第3のモード及び第5のモードによれば、プロセッサ200は、受け取られたメッセージにおいて、最後に訪れた無線エリアの識別子を読み出し、移動端末30が通過した、訪れた無線エリア60からそれが管理するセルの無線エリア60を介する遷移に対応する無線エリアに関連する情報を読み出す。
【0205】
次のステップS409において、プロセッサ200は、ステップS408において読み出された無線エリア識別子のリストに含まれる無線エリア識別子のうちから、そのリストに識別子が含まれる各無線エリアに関連する情報を使用して、無線エリア識別子のサブセットを確定する。
【0206】
例として、プロセッサ200は、所定の閾値を上回る無線エリアに関連する情報を有する無線エリア識別子のサブセットを確定する。
【0207】
別の例では、プロセッサ200は、無線エリアのサブセットを、無線エリアに関連する最も高い情報を有するものとして確定する。
【0208】
別の例では、プロセッサ200は、移動端末30の速度に関連する情報を考慮して無線エリアのサブセットを確定する。
【0209】
次のステップS410において、プロセッサ200は、無線エリア識別子の確定されたサブセットを集中化装置20に転送する。集中化装置20は、無線エリアセル識別子のそのサブセットを、移動端末30に割り当てられる所在エリアに設定する。
【0210】
次のステップS411において、プロセッサ200は、移動端末30へのメッセージの転送を命令する。メッセージは、無線エリア識別子のリストと、各無線エリアに対する、移動端末30に対する無線エリアに関連する確定された情報とを含む。
【0211】
無線エリア識別子のリストと、各無線エリア60に対する無線エリアに関連する情報とは、無線エリア60の各セル15において、その無線エリア60に位置する各移動端末30に連続的にブロードキャストされることが好ましい。
【0212】
移動端末30の速度がノード10によって求められる場合、移動端末30の速度又は速度に関連する情報もまた、移動端末30に転送される。
【0213】
ここで、実現の一変形形態では、無線エリア識別子のリストは、必ずしもノード10によって管理されるセルの無線エリアに隣接しているわけではない無線エリアの識別子を含むことが留意されなければならない。
【0214】
こうした場合、無線エリア間の遷移の確率は、これらの無線エリアのセルを管理するノードによって、若しくは集中化装置20によってノード10に、又はこれらの無線エリアのセルを管理するノードによって集中化装置20に転送される。
【0215】
実現の一変形形態では、ステップS411において転送されるメッセージは、無線エリア識別子のリスト及び移動端末30に対するこれらの無線エリアに関連する情報の代りに、ステップS409において確定された識別子のサブセットを含む。
【0216】
ここで、ステップS400〜S411は、一変形形態においてノード10の代りに集中化装置20によって実行されることが留意されなければならない。
【0217】
図5は、移動端末により、それが無線セルラ電気通信ネットワークにおいて使用される場合に実行される第1のアルゴリズムを表す。
【0218】
ステップS500において、無線インタフェース306は、新たなセルの検出を、所与の無線エリア識別子とともにプロセッサ300に通知する。無線インタフェース306は、新たなセル15を、そのセルの無線信号出力が閾値より高くなるか又は前に選択されていたセル15の無線信号出力より高くなる場合に検出する。
【0219】
ステップS501において、プロセッサ200は、ステップS500において新たに検出されたセルが、それが前に位置していたセルの一つと同じ無線エリア60に属するか否かをチェックする。ステップS500で新たに検出されたセルがその無線エリア60に属する場合、プロセッサ300はステップS500に戻り、無線インタフェース306からの別の通知を待つ。そうでない場合、プロセッサ300はステップS502に進む。
【0220】
ステップS502において、プロセッサ300は、無線エリアの識別子が、RAMメモリ303に記憶された無線エリア識別子のサブセットに属するか否かをチェックする。
【0221】
無線エリアの識別子が無線エリア識別子のサブセットに属する場合、プロセッサ300はステップS503に進み、新たに検出されたセルの無線エリアの識別子を、RAMメモリ303に記憶された、訪れた無線エリアのリストに追加する。
【0222】
無線エリアの識別子が、RAMメモリ303に記憶された無線エリア識別子のサブセットに属さない場合、プロセッサはステップS504に進む。
【0223】
こうした場合は、移動端末20がその所在エリア70の無線エリア60から、その所在エリア70に含まれない別の無線エリア60に移動している場合に発生する。
【0224】
ステップS504において、プロセッサ300は、新たに検出されたセル15を管理するノード10に対する所在エリア更新メッセージの転送を命令する。このメッセージは、図4に開示したように、ステップS400において新たに検出されたセル15を管理するノード10によって受け取られる。
【0225】
移動端末30によって転送される所在エリア更新メッセージは、移動端末の識別子と、それが選択し且つそれが位置している新たなセル15の識別子か、又は選択されたセルが属する無線エリア60の識別子を含む。所在エリア更新メッセージは、現セルが選択される前に移動端末30によって選択されていたセルの無線エリア60の識別子をさらに含むか、又は前に選択されたセルの無線エリア60の識別子を含む。メッセージは、一変形形態において、移動端末30の速度に関連する情報も含む。
【0226】
所在エリア更新メッセージは、移動端末30が通過した所在エリア70の無線エリア60の識別子を含む、訪れた無線エリアのリストをさらに含む。
【0227】
次のステップS505において、プロセッサ300は、新たな無線エリア60の選択されたセルを管理するノード10によって転送された1つ又はいくつかのメッセージの、無線インタフェース306を通じての受取りを検出する。受け取られたメッセージは、無線エリア識別子のリストと、そのリストに含まれる各無線エリア60に関連する情報とを含む。
【0228】
ここで、実現の一変形形態において、ステップS500において新たなセルが検出されると、無線インタフェース306のブロードキャストチャネルにおいてメッセージが受け取られることが留意されなければならない。
【0229】
次のステップS506において、プロセッサ300は、受け取った無線エリア識別子のリストに含まれる無線エリア識別子間の無線エリア識別子のサブセットを、リストにその識別子が含まれる無線エリア60のそれぞれに関連する情報を使用して取得する。
【0230】
例として、プロセッサ300は、所定の閾値を上回る無線エリアに関連する情報を有する無線エリア識別子のサブセットを確定する。
【0231】
別の例では、プロセッサ300は、無線エリア60を、無線エリアに関連する最も高い情報を有するものとして確定する。
【0232】
別の例では、プロセッサ300は、選択されたセルを管理するノードから受け取ったか又は無線インタフェース306によって確定された、移動端末30の速度に関連する情報を考慮して、無線エリアのサブセットを確定する。
【0233】
ここで、無線エリアの確定されたサブセットは、図4のステップS409において確定されたものと同じであることが留意されなければならない。
【0234】
実現の一変形形態では、受け取られたメッセージは、図4のステップ409においてノード10によって確定された無線エリア識別子のサブセットを含む。こうした変形形態では、プロセッサ300は、受け取られたメッセージの内容を読み出すことにより、無線エリア識別子のサブセットを取得する。
【0235】
次のステップS507において、プロセッサ300は、確定されたサブセットに含まれる識別子をRAMメモリ303に記憶し、確定されたサブセットに含まれる識別子を無線インタフェース206に転送する。
【0236】
次のステップS508において、プロセッサ300は、訪れた無線エリアのリストを、新たに検出されたセルの無線エリア60の識別子にリセットする。
【0237】
図6は、無線エリアに関連する情報を確定するためにノードによって実行される第2のアルゴリズムを表す。
【0238】
本アルゴリズムは無線セルラ電気通信ネットワークの少なくとも1つのセルを管理する各ノードによって実行される。
【0239】
ステップS600において、例としてノード1031のプロセッサ200は、無線インタフェース206からの又はネットワークインタフェース204からのメッセージの受取りを検出する。
【0240】
こうしたメッセージは、ノード1021のセル1521を選択した移動端末30aによって転送される無線エリア更新メッセージか、又は無線エリア60のソースセルとノード1021のターゲットセル1521との間のハンドオーバを表すメッセージである。
【0241】
以下に開示するように、無線エリア更新メッセージは、移動端末30が前に位置していた無線エリア60の異なるセルにわたるいくつかの連続した遷移を反映する、移動端末30がその中に移動した無線エリア60のセル15の識別子のリストをさらに含む。
【0242】
ここで、無線エリア更新メッセージは、移動端末30が前の無線エリア更新メッセージを送信した時点を示すタイムスタンプを含むことが留意されなければならない。
【0243】
次のステップS601において、プロセッサ200は、受け取ったメッセージが無線エリア更新メッセージであるか否かをチェックする。受け取ったメッセージが無線エリア更新メッセージである場合、プロセッサ200はステップS608に進む。そうでない場合、プロセッサ200はステップS602に進む。
【0244】
ステップS602において、プロセッサ200は、受け取ったメッセージが、異なる無線エリア60にわたる移動端末30の遷移を表すか否かをチェックする。受け取ったメッセージは、それが管理するセル1521の無線エリア60とは異なる無線エリア60、たとえば無線エリア60のセル間のハンドオーバを表す場合、又はそれが管理するセルの無線エリア60とは異なる無線エリア60の識別子を含むか、若しくは無線エリア60に属さないセル15の識別子を含む無線エリア更新メッセージである場合、異なる無線エリア60にわたる移動端末30の遷移を表す。
【0245】
ステップS602において、メッセージが、異なる無線エリア60にわたる移動端末30の遷移を表す場合、プロセッサ200はステップS603に進む。そうでない場合、プロセッサ200はステップS600に戻り、新たなメッセージの受取りを待つ。
【0246】
ステップS603において、プロセッサ200は、そのノード10によって管理されるセルの無線エリアと、メッセージに識別子が含まれる少なくとも1つのセル15の無線エリア60との間の遷移に関連する情報を更新する。ステップS600において受け取られたメッセージからステップS602において識別される、60と示す無線エリアと60と示す別の無線エリアとの間の各遷移に対し、プロセッサ200は、データベース205から対応するカウンタMijを読み出し、そのカウンタMijをインクリメントし、Mijの値をそのデータベース205に格納する。
【0247】
ここで、実現の一変形形態では、移動端末の速度に関連する異なる情報に対応する複数のカウンタMij(V)が、無線エリア60の各対に関連することが留意されなければならない。メッセージを送信した移動端末30の速度に関連する情報と同じ速度に関連する情報に対応するカウンタMij(V)がインクリメントされる。
【0248】
移動端末30の速度に関連する情報は、無線インタフェース206によって確定されるか、又は受け取ったメッセージに含まれるか、又はプロセッサ200により、距離を表す、訪れたセル識別子のリストと、メッセージの受取りと受け取ったメッセージに含まれるタイムスタンプとの間の経過した時間とを使用して確定される。
【0249】
次のステップS604において、プロセッサ200は、RAMメモリ203から無線エリア識別子のリストを取得する。
【0250】
本発明の実現の第1のモード、第2のモード、第3のモード及び第5のモードによれば、無線エリア識別子のリストは、そのノード10によって管理されるセルが属する無線エリア60に隣接する無線エリア60の識別子を含む。
【0251】
本発明の実現の第4のモード及び第6のモードによれば、無線エリア識別子のリストは、そのノード10によって管理されるセル15が属する無線エリア60に隣接する無線エリア60の識別子と、そのノード10によって管理されるセルの無線エリアに隣接する無線エリア60に隣接する無線エリア60の識別子とを含む。
【0252】
次のステップS605において、プロセッサ200は、無線エリア識別子のリストに含まれる各識別子に対し、ノード10によって管理されるセルの無線エリアと各無線エリア60との間の遷移に関連する情報を計算する。
【0253】
プロセッサ200は、図4のアルゴリズムのステップS405において開示されたものと同様に、ノード10によって管理されるセルの無線エリアと各無線エリアとの間の遷移に関連する情報を確定する。
【0254】
より正確には、プロセッサ200は、図4のアルゴリズムのステップS405において開示した実現の第1のモード、第2のモード、第3のモード、第4のモード又は第5のモードを使用して、ノード10によって管理されるセル15の無線エリア60と各無線エリア60との間の遷移に関連する情報を確定する。
【0255】
本発明の実現の第6のモードによれば、ノード10によって管理されるセル15の無線エリア60と各無線エリアとの間の遷移に関連する情報は、移動端末30の速度に関連する情報を考慮して、移動端末30が現無線エリア60currから次の無線エリア60nextまで移動する確率を計算することによって確定される。
【0256】
移動端末30の速度に関連する情報は、無線インタフェース206によって確定されるか、又は受け取られたメッセージに含まれるか、又はプロセッサ200により、距離を表す、訪れたセルの識別子のリストと、メッセージの受取りと受け取られたメッセージに含まれるタイムスタンプとの間で経過した時間とを使用して確定される。
【0257】
次のステップS606において、プロセッサ200は、ステップS505において確定された情報をデータベース205に格納する。
【0258】
次のステップS607において、プロセッサ200は、その無線エリア60のセルを制御する他のノード10への、且つ隣接する無線エリア60のセルを制御する他のノード10への、又は集中化装置20への、求められた確率の転送を命令する。
【0259】
そして、プロセッサ200はステップS600に進み、別のメッセージの受取りを待つ。
【0260】
ステップS601において、受け取られたメッセージが無線エリア更新メッセージであると判断されると、プロセッサ200はステップS608に進む。
【0261】
ステップS608において、プロセッサ200は、図4のステップS408において開示したように、無線エリアの識別子のリストと、データベース205におけるこれらの無線エリア60に関連する情報とを形成する。
【0262】
次のステップS609において、プロセッサ200は、図4のステップS409において開示したように、ステップS608において読み出された無線エリア識別子のリストに含まれる無線エリア識別子のうちから、そのリストに識別子が含まれる各無線エリアに関連する情報を使用して、無線エリア識別子のサブセットを確定する。
【0263】
次のステップS610において、プロセッサ200は、無線エリア識別子の確定されたサブセットを集中化装置20に転送する。集中化装置20は、無線エリアセル識別子のそのサブセットを、移動端末30に割り当てられる所在エリアに設定する。
【0264】
次のステップS611において、プロセッサ200は、移動端末30へのメッセージの転送を命令する。メッセージは、図4のステップS411で開示したように、無線エリア識別子のリストと、各無線エリアに対する、移動端末30に対する無線エリアに関連する確定された情報とを含む。
【0265】
実現の一変形形態では、ステップS611において転送されるメッセージは、無線エリア識別子のリスト及び移動端末30に対するこれらの無線エリアに関連する情報の代りに、ステップS609において確定された識別子のサブセットを含む。
【0266】
ここで、ステップS600〜S611は、一変形形態において、ノード10の代りに集中化装置20によって実行されることが留意されなければならない。
【0267】
図7は、移動端末により、それが無線セルラ電気通信ネットワークにおいて使用される場合に実行される第2のアルゴリズムを表す。
【0268】
ステップS700において、無線インタフェース306は、新たなセル15の検出を、所与の無線エリア識別子とともにプロセッサ300に通知する。無線インタフェース306は、新たなセル15を、そのセルの無線信号出力が閾値より高くなるか又は前に選択されていたセル15の無線信号出力より高くなる場合に検出する。
【0269】
ステップS701において、プロセッサ200は、ステップS700において新たに検出されたセルが、それが前に位置していたセルの一つと同じ無線エリア60に属するか否かをチェックする。ステップS700で新たに検出されたセルがその無線エリア60に属する場合、プロセッサ300はステップS702に進み、新たに検出されたセル15のセル15の識別子を、RAMメモリ303に記憶された、訪れたセル15のリストに追加する。そしてプロセッサ300はステップS700に戻り、無線インタフェース306からの別の通知を待つ。
【0270】
ステップS700において新たに検出されたセル15がその無線エリア60に属さない場合、プロセッサ300はステップS703に進む。
【0271】
こうした場合は、移動端末20が無線エリア60から別の無線エリア60に移動しているときに発生する。
【0272】
ステップS703において、プロセッサ300は、新たに検出されたセル15を管理するノード10に対する無線エリア更新メッセージの転送を命令する。このメッセージは、図6において開示したようなステップS600において新たに検出されたセル15を管理するノード10によって受け取られる。
【0273】
移動端末30によって転送される無線エリア更新メッセージは、移動端末の識別子と、それが選択し且つそれが位置している新たなセル15の識別子か、又は選択されたセルが属する無線エリア60の識別子を含む。所在エリア更新メッセージは、現セル15の選択の前に移動端末30によって選択されたセル15の無線エリア60の識別子をさらに含むか、又は前に選択されていたセル15の識別子を含む。メッセージは、一変形形態において、移動端末30の速度に関連する情報も含む。
【0274】
無線エリア更新メッセージは、移動端末30が通過した無線エリア60のセル15の識別子を含む、訪れたセル15のリストをさらに含む。
【0275】
次のステップS704において、プロセッサ300は、新たな無線エリア60の選択されたセル15を管理するノード10によって転送される、1つ又はいくつかのメッセージの、無線インタフェース306を通じての受取りを検出する。受け取られたメッセージは、図5のステップS505において開示したものと同じである。
【0276】
次のステップS705において、プロセッサ300は、図5のステップS506において開示したような無線エリア識別子のサブセットを取得する。
【0277】
ここで、確定された無線エリアのサブセットは、図6のステップS609において確定されたものと同じであることが留意されなければならない。
【0278】
実現の一変形形態では、受け取られたメッセージは、図6のステップS609においてノード10によって確定された無線エリア識別子のサブセットを含む。こうした変形形態では、プロセッサ300は、受け取られたメッセージの内容を読み出すことによって無線エリア識別子のサブセットを取得する。
【0279】
次のステップS706において、プロセッサ300は、確定されたサブセットに含まれる識別子をRAMメモリ303に記憶し、確定されたサブセットに含まれる識別子を無線インタフェース206に転送する。
【0280】
次のステップS707において、プロセッサ300は、訪れたセルのリストを、新たに検出されたセルの識別子にリセットする。
【0281】
当然ながら、本発明の範囲から逸脱することなく、上述した発明の実施形態に対し多くの変形を行うことができる。

【特許請求の範囲】
【請求項1】
無線セルラ電気通信ネットワークにおいて移動端末の所在エリアを確定する方法であって、
前記無線セルラ電気通信ネットワークの電気通信装置によって実行される、前記移動端末からメッセージを受け取るステップと、
を含むことを特徴とする、移動端末の所在エリアを確定する方法。

【図1】
image rotate

【図2】
image rotate

【図3】
image rotate

【図4】
image rotate

【図5】
image rotate

【図6】
image rotate

【図7】
image rotate


【公開番号】特開2010−252389(P2010−252389A)
【公開日】平成22年11月4日(2010.11.4)
【国際特許分類】
【外国語出願】
【出願番号】特願2010−147701(P2010−147701)
【出願日】平成22年6月29日(2010.6.29)
【分割の表示】特願2007−72686(P2007−72686)の分割
【原出願日】平成19年3月20日(2007.3.20)
【出願人】(503163527)ミツビシ・エレクトリック・アールアンドディー・センター・ヨーロッパ・ビーヴィ (175)
【氏名又は名称原語表記】MITSUBISHI ELECTRIC R&D CENTRE EUROPE B.V.
【住所又は居所原語表記】Capronilaan 46, 1119 NS Schiphol Rijk, The Netherlands
【Fターム(参考)】