移動通信方法、無線基地局及び移動局

【課題】CoMP送受信処理を行うCoMP用送信ポイントの追加及び変更を適切に行う。
【解決手段】本発明に係る移動通信方法は、無線基地局eNBが、配下のセル#5に接続している移動局UEに対して、「RRC Connection Reconfiguration」によって、CoMP送受信処理を行うCoMP用送信ポイントの追加又は変更を指示する際に、かかるCoMP用送信ポイントにおけるCSI-RSの設定情報を通知する工程と、移動局UEが、CoMP送受信処理を行っている間、かかるCoMP用送信ポイントにおけるCSI-RSを用いて、かかるCoMP用送信ポイントにおけるCQIを測定する工程と、移動局UEが、無線基地局eNBに対して、かかるCoMP用送信ポイントにおけるCQIを通知する工程とを有する。

【発明の詳細な説明】
【技術分野】
【0001】
本発明は、移動通信方法、無線基地局及び移動局に関する。
【背景技術】
【0002】
LTE(Long Term Evolution)方式において、セル端に位置する移動局UEにおけるスループットの改善等を図ることを目的として、CoMP(Coordinated Multi-Point、マルチポイント協調)送受信処理を適用することについて検討されている。
【0003】
かかるCoMP送受信処理は、地理的に離れた複数の送受信ノード(CoMP用送信ポイント)の間で、例えば、無線基地局eNBや基地局用無線装置RRE(Remote Radio Equipment)やリレーノードRN等の間で、共有データチャネル信号の送受信やスケジューリングやビームフォーミング等を協調制御する処理である。
【先行技術文献】
【非特許文献】
【0004】
【非特許文献1】3GPP TR36.819
【発明の概要】
【発明が解決しようとする課題】
【0005】
しかしながら、現在のLTE方式では、かかるCoMP送受信処理を行うCoMP用送信ポイントの追加及び変更について、どのように行うべきか規定されていないという問題点があった。
【0006】
そこで、本発明は、上述の課題に鑑みてなされたものであり、CoMP送受信処理を行うCoMP用送信ポイントの追加及び変更を適切に行うことができる移動通信方法、無線基地局及び移動局を提供することを目的とする。
【課題を解決するための手段】
【0007】
本発明の第1の特徴は、移動通信方法であって、無線基地局が、配下のセルに接続している移動局に対して、コネクション再設定信号によって、マルチポイント協調送受信処理を行うCoMP用送信ポイントの追加又は変更を指示する際に、該送信ポイントにおける該移動局用の参照信号の設定情報を通知する工程と、前記移動局が、前記マルチポイント協調送受信処理を行っている間、前記送信ポイントにおける該移動局用の参照信号を用いて、該送信ポイントにおけるチャネル品質を測定する工程と、前記移動局が、前記無線基地局に対して、前記送信ポイントにおけるチャネル品質を通知する工程とを有することを要旨とする。
【0008】
本発明の第2の特徴は、無線基地局であって、前記無線基地局配下のセルに接続している移動局に対して、コネクション再設定信号によって、マルチポイント協調送受信処理を行う送信ポイントの追加又は変更を指示する際に、該送信ポイントにおける該移動局用の参照信号の設定情報を通知するように構成されている送信部と、前記マルチポイント協調送受信処理を行っている間、前記移動局から、前記送信ポイントにおける該移動局用の参照信号を用いて測定された該送信ポイントにおけるチャネル品質を取得するように構成されている受信部とを具備することを要旨とする。
【0009】
本発明の第3の特徴は、移動局であって、無線基地局配下のセルに接続しており、マルチポイント協調送受信処理を行っている場合で、かつ、該無線基地局からのコネクション再設定信号によって、該マルチポイント協調送受信処理を行う送信ポイントの追加又は変更を指示された場合に、該送信ポイントにおける前記移動局用の参照信号の設定情報を受信するように構成されている受信部と、前記マルチポイント協調送受信処理を行っている間、前記送信ポイントにおける前記移動局用の参照信号を用いて、該送信ポイントにおけるチャネル品質を測定するように構成されている処理部と、前記無線基地局に対して、前記送信ポイントにおけるチャネル品質を通知するように構成されている送信部とを具備することを要旨とする。
【発明の効果】
【0010】
以上説明したように、本発明によれば、CoMP送受信処理を行うCoMP用送信ポイントの追加及び変更を適切に行うことができる移動通信方法、無線基地局及び移動局を提供することができる。
【図面の簡単な説明】
【0011】
【図1】本発明の第1の実施形態に係る移動通信システムの全体構成図である。
【図2】本発明の第1の実施形態に係る無線基地局の機能ブロック図である。
【図3】本発明の第1の実施形態に係る無線基地局によって送信される「RRC Connection Reconfiguration」のフォーマットの一例を示す図である。
【図4】本発明の第1の実施形態に係る無線基地局によって送信される「RRC Connection Reconfiguration」に含まれる情報要素「RadioResourceConfigCommon」のフォーマットの一例を示す図である。
【図5】本発明の第1の実施形態に係る無線基地局によって送信される「RRC Connection Reconfiguration」に含まれる情報要素「RadioResourceConfigDedicated」のフォーマットの一例を示す図である。
【図6】本発明の第1の実施形態に係る無線基地局によって送信される「RRC Connection Reconfiguration」に含まれる情報要素「RadioResourceConfigDedicated」に含まれる情報要素「PhysicalConfigDedicated」のフォーマットの一例を示す図である。
【図7】本発明の第1の実施形態に係る移動局の機能ブロック図である。
【図8】本発明の第1の実施形態に係る移動通信システムの動作を説明するシーケンス図である。
【図9】本発明の変更例1に係る無線基地局によって送信される「RRC Connection Reconfiguration」のフォーマットの一例を示す図である。
【発明を実施するための形態】
【0012】
(本発明の第1の実施形態に係る移動通信システム)
図1乃至図8を参照して、本発明の第1の実施形態に係る移動通信システムについて説明する。本実施形態では、本実施形態に係る移動通信システムとして、LTE方式の移動通信システムを例示して説明するが、本発明は、LTE方式以外の移動通信システムにも適用可能である。
【0013】
本実施形態に係る移動通信システムは、CoMP送受信処理、特に、下りCoMP送受信処理を行うことができるように構成されている。
【0014】
本実施形態に係る移動通信システムでは、CoMP送受信処理、特に、下りCoMP送受信処理を行うことができるように構成されている。
【0015】
かかる下りCoMP送受信処理には、「JT(Joint Transmission)」や「DCS(Dynamic Cell Selection)」や「CS/CB(Coordinated Scheduling/Beamforming)」が含まれている。
【0016】
ここで、「JT」は、複数のセルから、すなわち、サービングセル以外のセルからも、移動局UEに対して、共有データチャネル信号を送信する処理である。
【0017】
また、「DCS」は、チャネル品質情報(CQI)に基づいて、高速に、1つのセルを選択し、選択したセルから、移動局UEに対して、共有データチャネル信号を送信する処理である。
【0018】
さらに、「CS/CB」は、サービングセルと周辺セルとの間で、スケジューリングやビームフォーミングを協調する処理である。
【0019】
図1に示すように、本実施形態に係る移動通信システムでは、セル#1〜#5において、CoMP送受信処理を提供することができるように構成されている、すなわち、セル#1〜#5が、CoMPサポートエリアとなるように構成されているものとする。
【0020】
なお、セル#1〜#5は、同一の無線基地局eNBによって管理されていてもよいし、異なる無線基地局eNBによって管理されていてもよい。
【0021】
また、各セル#1〜#5では、CRS(Cell specific Reference Signal)に加えて、CSI-RS(Channel State Information Reference Signal)を送信することができるように構成されている。
【0022】
ここで、CRSは、LTEのRel-8/9方式で規定されている参照信号であって、各セル内の全ての移動局UEに対して共通に設定される参照信号である。
【0023】
一方、CSI-RSは、LTEのRel-10方式で規定されている参照信号であって、RRC(Radio Resource Control)メッセージを用いて移動局UEごとに個別に設定される参照信号である。
【0024】
CSI-RSは、CoMP用送信ポイント(CoMP送受信処理の対象候補)やサービングセルや周辺セル(ハンドオーバ先候補)等の品質測定処理のために用いられてもよいし、CoMP送受信処理が行われているCoMP用送信ポイントやサービングセルにおけるCQIを測定するために用いられてもよい。
【0025】
なお、上述の品質測定処理のために用いられるCSI-RS及び上述のCQIを測定するために用いられるCSI-RSは、同じものであってもよいし、異なるものであってもよい。
【0026】
例えば、上述の品質測定処理における測定精度及び上述のCQIの測定精度に対する要求条件に基づいて、上述の品質測定処理のために用いられるCSI-RS及び上述のCQIを測定するために用いられるCSI-RSを同じものにするか或いは異なるものにするかについて決定することができる。
【0027】
また、CSI-RSの配置密度は、CRSの配置密度と比べて低くなるように構成されている。
【0028】
また、セル#1〜#5においてCoMP送受信処理が提供される場合、セル(CoMP用送信ポイント)#1〜#5において、同一のPCI(Physical Cell ID)が用いられるように構成されていてもよいし、異なるPCIが用いられるように構成されていてもよい。
【0029】
本実施形態における移動通信システムでは、移動局UEは、無線基地局eNB配下のセル#5に接続している、すなわち、セル#5が、移動局UEのサービングセルとなっているものとする。
【0030】
また、本実施形態における移動通信システムでは、1つ又は複数の無線基地局eNBが、移動局UEに対して、セル#1〜#5によるCoMP送受信処理を提供しているものとする。
【0031】
図2に示すように、無線基地局eNBは、CoMP送受信処理部11と、送信部12と、受信部13とを具備している。
【0032】
CoMP送受信処理部11は、移動局UEに対してCoMP送受信処理(例えば、上述の「JT」や「DCS」や「CS/CB」等)を提供する際に必要な処理を行うように構成されている。
【0033】
送信部12は、無線基地局eNB配下のセル#5等に接続している移動局UEに対して、各種信号を送信するように構成されている。
【0034】
例えば、送信部12は、かかる移動局UEに対して、「RRC Connection Reconfiguration」によって、CoMP送受信処理を行うCoMP用送信ポイントの追加又は変更を指示する際に、かかるCoMP用送信ポイントにおけるCSI-RSの設定情報を通知するように構成されている。
【0035】
図3に、かかる「RRC Connection Reconfiguration」のフォーマットの一例について示す。
【0036】
図3に示す「RRC Connection Reconfiguration」において、「compTPsToAddModList-r11」内の「physCellId-r11」は、CoMP送受信処理を行うCoMP用送信ポイントとして追加すべきCoMP用送信ポイントの識別情報を通知する、或いは、CoMP送受信処理を行うCoMP用送信ポイントのうち内容を変更すべきCoMP用送信ポイントの識別情報を通知する情報要素である(記述A及びB参照)。
【0037】
一方、図3に示す「RRC Connection Reconfiguration」において、「compTPsToRemoveList-r11」は、CoMP送受信処理を行うCoMP用送信ポイントから削除すべきCoMP用送信ポイントを通知する情報要素である(記述C参照)。
【0038】
なお、図3に示す「RRC Connection Reconfiguration」内の「compTPsToAddModList-r11」内の「radioResourceConfigCommonCompTp-r11」は、図4に示す「RadioResourceConfigCommon」内に設定される。
【0039】
また、図3に示す「RRC Connection Reconfiguration」内の「compTPsToAddModList-r11」内の「radioResourceConfigDedicatedCompTp-r11」は、図5に示す「RadioResourceConfigDedicated」内に設定される。
【0040】
さらに、図5に示す「RadioResourceConfigDedicated」内の「physicalConfigDedicatedCompTp-r11」は、図6に示す「PhysicalConfigDedicated」内に設定される。
【0041】
ここで、図6に示す「PhysicalConfigDedicated」内の「csi-RS-Config-r11」は、CoMP送受信処理を行うCoMP用送信ポイントとして追加すべきCoMP用送信ポイントにおけるCSI-RSの設定情報を通知する、或いは、CoMP送受信処理を行っているCoMP用送信ポイントにおいて変更するCSI-RSの設定情報を通知する情報要素である。
【0042】
受信部13は、かかる移動局UEから、各種信号を受信するように構成されている。
【0043】
例えば、受信部13は、CoMP送受信処理が行われている間、移動局UEから、かかるCoMP用送信ポイントにおけるCSI-RSを用いて測定されたCoMP用送信ポイントにおけるCQIを取得するように構成されている。
【0044】
図7に示すように、移動局UEは、受信部21と、CoMP送受信処理部22と、送信部23とを具備している。
【0045】
受信部21は、サービングセル(セル#5)を管理する無線基地局eNBから、各種信号を受信するように構成されている。
【0046】
例えば、受信部21は、無線基地局eNB配下のセル#5に接続しており、CoMP送受信処理が行われている場合で、かつ、無線基地局eNBからの「RRC Connection Reconfiguration」によって、CoMP送受信処理を行うCoMP用送信ポイントの追加又は変更を指示された場合に、かかるCoMP用送信ポイントにおけるCSI-RSの設定情報を受信するように構成されている。
【0047】
かかる場合、具体的には、受信部21は、図6に示す「PhysicalConfigDedicated」内の「csi-RS-Config-r11」を介して、かかるCoMP用送信ポイントにおけるCSI-RSの設定情報を受信するように構成されている。
【0048】
CoMP送受信処理部22は、CoMP送受信処理(例えば、上述の「JT」や「DCS」や「CS/CB」等)を行う際に必要な処理を行うように構成されている。
【0049】
例えば、CoMP送受信処理部22は、CoMP送受信処理を行っているCoMP用送信ポイントにおけるCSI-RSを用いて、かかるCoMP用送信ポイントにおけるCQIを測定するように構成されている。
【0050】
送信部23は、かかる無線基地局eNBに対して、各種信号を送信するように構成されている。
【0051】
例えば、送信部23は、上述の無線基地局eNBに対して、CoMP送受信処理部22によって測定されたCoMP用送信ポイントにおけるCQIについて通知するように構成されている。
【0052】
以下、図8を参照して、本実施形態に係る移動通信システムの動作について説明する。
【0053】
図8に示すように、無線基地局eNBは、ステップS1001において、配下のセル#5をサービングセルとして接続している移動局UEに対して、「RRC Connection Reconfiguration」を送信することによって、セル#1〜#5におけるCoMP送受信処理を開始するよう指示する。
【0054】
ステップS1002において、移動局UEは、かかる「RRC Connection Reconfiguration」に応じて、セル#1〜#5におけるCoMP送受信処理を開始し、無線基地局eNBに対して、「RRC Connection Reconfiguration Complete」を送信する。
【0055】
本実施形態に係る移動通信システムによれば、無線基地局eNBが、移動局UEに対して、上述の「csi-RS-Config-r11」を含む「RRC Connection Reconfiguration」を送信することによって、CoMP送受信処理を行うCoMP用送信ポイントの追加及び変更を行う際に、かかるCoMP用送信ポイントにおけるCSI-RSの設定情報を通知することができる。
【0056】
(変更例1)
以下、図9を参照して、本発明の変更例1に係る移動通信システムについて、上述の第1の実施形態に係る移動通信システムとの相違点に着目して説明する。
【0057】
本変更例1に係る移動通信システムでは、図9に示すように、無線基地局eNBは、移動局UEに対して、「RRC Connection Reconfiguration」におけるキャリアアグリゲーションのScellの追加及び変更を行う際に用いる情報要素を活用することによって、CoMP送受信処理を行うCoMP用送信ポイントの追加及び変更を行う際に、かかるCoMP用送信ポイントにおけるCSI-RSの設定情報を通知するように構成されている。
【0058】
ここで、図9に示すように、CoMP送受信処理を行うCoMP用送信ポイントの追加及び変更を行うための情報要素であることを示すために、「RRC Connection Reconfiguration」内に「compIndicator」が設けられるものとする。
【0059】
以上に述べた本実施形態の特徴は、以下のように表現されていてもよい。
【0060】
本実施形態の第1の特徴は、移動通信方法であって、無線基地局eNBが、配下のセル#5に接続している移動局UEに対して、「RRC Connection Reconfiguration(コネクション再設定信号)」によって、CoMP(マルチポイント協調)送受信処理を行うCoMP用送信ポイントの追加又は変更を指示する際に、かかるCoMP用送信ポイントにおけるCSI-RS(移動局用の参照信号)の設定情報を通知する工程と、移動局UEが、CoMP送受信処理を行っている間、かかるCoMP用送信ポイントにおけるCSI-RSを用いて、かかるCoMP用送信ポイントにおけるCQI(チャネル品質)を測定する工程と、移動局UEが、無線基地局eNBに対して、かかるCoMP用送信ポイントにおけるCQIを通知する工程とを有することを要旨とする。
【0061】
本実施形態の第2の特徴は、無線基地局eNBであって、無線基地局eNB配下のセル#5に接続している移動局UEに対して、「RRC Connection Reconfiguration」によって、CoMP送受信処理を行うCoMP用送信ポイントの追加又は変更を指示する際に、かかるCoMP用送信ポイントにおけるCSI-RSの設定情報を通知するように構成されている送信部12と、CoMP送受信処理を行っている間、移動局UEから、かかるCoMP用送信ポイントにおけるCSI-RSを用いて測定されたCoMP用送信ポイントにおけるCQIを取得するように構成されている受信部13とを具備することを要旨とする。
【0062】
本実施形態の第3の特徴は、移動局UEであって、無線基地局eNB配下のセル#5に接続しており、CoMP送受信処理を行っている場合で、かつ、無線基地局eNBからの「RRC Connection Reconfiguration」によって、CoMP送受信処理を行うCoMP用送信ポイントの追加又は変更を指示された場合に、かかるCoMP用送信ポイントにおけるCSI-RSの設定情報を受信するように構成されている受信部21と、CoMP送受信処理を行っている間、かかるCoMP用送信ポイントにおけるCSI-RSを用いて、かかるCoMP用送信ポイントにおけるCQIを測定するように構成されているCoMP送受信処理部22と、無線基地局eNBに対して、かかるCoMP用送信ポイントにおけるCQIを通知するように構成されている送信部23とを具備することを要旨とする。
【0063】
なお、上述の無線基地局eNBや移動局UEの動作は、ハードウェアによって実施されてもよいし、プロセッサによって実行されるソフトウェアモジュールによって実施されてもよいし、両者の組み合わせによって実施されてもよい。
【0064】
ソフトウェアモジュールは、RAM(Random Access Memory)や、フラッシュメモリや、ROM(Read Only Memory)や、EPROM(Erasable Programmable ROM)や、EEPROM(Electronically Erasable and Programmable ROM)や、レジスタや、ハードディスクや、リムーバブルディスクや、CD-ROMといった任意形式の記憶媒体内に設けられていてもよい。
【0065】
かかる記憶媒体は、プロセッサが当該記憶媒体に情報を読み書きできるように、当該プロセッサに接続されている。また、かかる記憶媒体は、プロセッサに集積されていてもよい。また、かかる記憶媒体及びプロセッサは、ASIC内に設けられていてもよい。かかるASICは、無線基地局eNBや移動局UE内に設けられていてもよい。また、かかる記憶媒体及びプロセッサは、ディスクリートコンポーネントとして無線基地局eNBや移動局UE内に設けられていてもよい。
【0066】
以上、上述の実施形態を用いて本発明について詳細に説明したが、当業者にとっては、本発明が本明細書中に説明した実施形態に限定されるものではないということは明らかである。本発明は、特許請求の範囲の記載により定まる本発明の趣旨及び範囲を逸脱することなく修正及び変更態様として実施することができる。従って、本明細書の記載は、例示説明を目的とするものであり、本発明に対して何ら制限的な意味を有するものではない。
【符号の説明】
【0067】
eNB…無線基地局
UE…移動局
11、22…CoMP送受信処理部
12、23…送信部
13、21…受信部

【特許請求の範囲】
【請求項1】
無線基地局が、配下のセルに接続している移動局に対して、コネクション再設定信号によって、マルチポイント協調送受信処理を行う送信ポイントの追加又は変更を指示する際に、該送信ポイントにおける該移動局用の参照信号の設定情報を通知する工程と、
前記移動局が、前記マルチポイント協調送受信処理を行っている間、前記送信ポイントにおける該移動局用の参照信号を用いて、該送信ポイントにおけるチャネル品質を測定する工程と、
前記移動局が、前記無線基地局に対して、前記送信ポイントにおけるチャネル品質を通知する工程とを有することを特徴とする移動通信方法。
【請求項2】
無線基地局であって、
前記無線基地局配下のセルに接続している移動局に対して、コネクション再設定信号によって、マルチポイント協調送受信処理を行う送信ポイントの追加又は変更を指示する際に、該送信ポイントにおける該移動局用の参照信号の設定情報を通知するように構成されている送信部と、
前記マルチポイント協調送受信処理を行っている間、前記移動局から、前記送信ポイントにおける該移動局用の参照信号を用いて測定された該送信ポイントにおけるチャネル品質を取得するように構成されている受信部とを具備することを特徴とする無線基地局。
【請求項3】
移動局であって、
無線基地局配下のセルに接続しており、マルチポイント協調送受信処理を行っている場合で、かつ、該無線基地局からのコネクション再設定信号によって、該マルチポイント協調送受信処理を行う送信ポイントの追加又は変更を指示された場合に、該送信ポイントにおける前記移動局用の参照信号の設定情報を受信するように構成されている受信部と、
前記マルチポイント協調送受信処理を行っている間、前記送信ポイントにおける前記移動局用の参照信号を用いて、該送信ポイントにおけるチャネル品質を測定するように構成されている処理部と、
前記無線基地局に対して、前記送信ポイントにおけるチャネル品質を通知するように構成されている送信部とを具備することを特徴とする移動局。

【図1】
image rotate

【図2】
image rotate

【図3】
image rotate

【図4】
image rotate

【図5】
image rotate

【図6】
image rotate

【図7】
image rotate

【図8】
image rotate

【図9】
image rotate


【公開番号】特開2013−81050(P2013−81050A)
【公開日】平成25年5月2日(2013.5.2)
【国際特許分類】
【出願番号】特願2011−219652(P2011−219652)
【出願日】平成23年10月3日(2011.10.3)
【特許番号】特許第5155431号(P5155431)
【特許公報発行日】平成25年3月6日(2013.3.6)
【出願人】(392026693)株式会社エヌ・ティ・ティ・ドコモ (5,876)
【Fターム(参考)】