説明

美白剤、皮膚外用剤及び機能性経口組成物

【課題】 美白効果が相乗的に向上した、高い美白効果を発揮する美白剤を提供する。
【解決手段】 グルタチオンとバンジロウ属(Psidium)植物より選ばれる1種または2種以上の植物またはその抽出物を有効成分として配合することにより、美白効果が相乗的に向上した、高い美白効果を発揮する美白剤を提供することができた。

【発明の詳細な説明】
【技術分野】
【0001】
本発明は、美白効果が相乗的に向上し、高い美白効果を発揮する美白剤、皮膚外用剤及び機能性経口組成物に関する。さらに詳しくは、グルタチオンとバンジロウ属(Psidium)植物より選ばれる1種または2種以上の植物またはその抽出物を有効成分とする美白剤、皮膚外用剤及び機能性経口組成物に関する。
【背景技術】
【0002】
チロシナーゼは、種々のカテコール誘導体を基質とする酸化酵素である。そのほとんどがモノフェノールモノオキシゲナーゼ活性を有し、モノフェノールを基質として、オルト−ジフェノールを生じ、さらにオルト−キノン類に酸化する。この酸化酵素は広く自然界に分布し、キノコやジャガイモ、リンゴなどの植物、動物の色素細胞に存在する。動物中酸化酵素は、特にチロシン、ドーパに対して高い活性を示し、メラニンの生合成に深く関与する。メラニンは、チロシンからL−ドーパ、ドーパキノン、ドーパクロム、5,6ジヒドロキシインドール、インドール−5,6−キノン、メラニンの過程で生成され、チロシナーゼは、チロシンからL−ドーパ、ドーパキノンの酸化過程に関与している。メラニンは毛髪や肌の色を決定している色素である。この色素は、皮膚では表皮基底層に存在するメラノサイトにおいて、光や紫外線に反応して生成される。皮膚におけるメラニン生成は、紫外線等による悪影響から人間を防御する役目を担っている。しかしながら、大量に光や紫外線を浴びるなどの刺激があると、メラニン生成機能が局部的に持続し、その部分の皮膚が黒化してしまう。その結果、色素が沈着するなど、しみ・そばかすを形成して、やがては皮膚の老化を促進してしまう。美白を促進する目的で、従来、チロシナーゼの活性抑制剤が使用されてきている。チロシナーゼの活性抑制剤としては、例えば、ビタミンC(特許文献1参照)、アルブチン、植物などから抽出されたエキス(特許文献2参照)、および亜硫酸塩類などが知られている。
【0003】
しかしながら、ビタミンCは自身の還元作用から酸化されやすく不安定で、保存上の問題がある。また、アルブチンは、耐熱安定性などに問題があり、これも取扱い上の問題がある。亜硫酸塩類は、人体への皮膚刺激性が認められ、安全上の問題がある。
【0004】
【特許文献1】特開平2−45408号公報
【特許文献2】特開平6−40896号公報
【発明の開示】
【発明が解決しようとする課題】
【0005】
本発明においては、上記のような問題点を解決し、美白効果が相乗的に向上した、高い美白効果を発揮する美白剤を得ることを目的とした。
【課題を解決するための手段】
【0006】
上記課題を解決するにあたり、種々検討を行ったところ、グルタチオンと特定の植物成分を併用することにより、美白効果が相乗的に向上し、人体への安全性が高く、高い美白効果を発揮するチロシナーゼ活性阻害剤を見いだし、本発明を完成するに至った。
【0007】
すなわち、本発明は、グルタチオンとバンジロウ属(Psidium)植物より選ばれる1種または2種以上の植物またはその抽出物を有効成分とする美白剤に関する。
【0008】
別の発明は、グルタチオンとバンジロウ属(Psidium)植物より選ばれる1種または2種以上の植物またはその抽出物を含有することを特徴とする皮膚外用剤に関する。
【0009】
さらに別の発明は、グルタチオンとバンジロウ属(Psidium)植物より選ばれる1種または2種以上の植物またはその抽出物を含有することを特徴とする機能性経口組成物に関する。
【発明の効果】
【0010】
本発明によれば、グルタチオンとバンジロウ属(Psidium)植物より選ばれる1種または2種以上の植物またはその抽出物を有効成分とすることにより、優れた効果を有する美白剤を提供することができる。
【0011】
これらの美白剤を皮膚外用剤および機能性経口組成物に配合することにより、顕著なしみ,ソバカス等の色素沈着症状の改善に優れた効果を発揮する、様々な組成物を提供することができる。
【発明を実施するための最良の形態】
【0012】
グルタチオンは、グルタミン酸、システイン、グリシンのアミノ酸から構成されるトリペプチドで、生物の細胞内にかなり多量に含有されている。本発明においては、グルタチオンをそのまま使用してもよいが、臭い等の問題から、これら以外にグルタチオン含有酵母菌体粉末、グルタチオン含有酵母菌体エキスを使用してもよい。
【0013】
バンジロウ属(Psidium)植物は、フトモモ科の常緑の低木または高木で、熱帯から温暖なアメリカ大陸に分布する。バンジロウ属植物としては、常緑低木で熱帯アメリアカが原産地であり、世界の熱帯から亜熱帯域に広がったグアバ(Psidium guajava)、アフリカのギニアが原産地と考えられるプシディウムグイネエンセ(Psidium guineense)、グアバより低木なプレディウムカットレイアヌム(Psidium cattleianum)が知られている。
【0014】
これらの植物は、単独で用いられるほか、2種以上を組み合わせて使用することもできる。
【0015】
本発明は、バンジロウ属植物であれば特に限定されないが、入手が比較的容易などの理由から、適当なものとして、グアバ(P.guajava)が挙げられる。
【0016】
これらバンジロウ属植物を使用する際は、その使用部位には特に制限はなく、根、茎、幹、葉、花などの任意の部分を使用することができる。複数の部位を組み合わせて使用してもよい。
【0017】
それらはそのまま粉砕して使用することもできるが、それらの部位からの抽出物を用いることが好ましい。
【0018】
抽出には、バンジロウ属植物のいずれの部位を用いても構わないが、簡便に利用するには、全草、根、葉、花などを用いるとよい。その際、複数の部位を用いて抽出物を得るようにしてもよい。また、異なる溶媒を用いて抽出された抽出物を2種以上混合して用いてもよい。
【0019】
抽出の際は、植物を生のまま用いてもよいが、抽出効率を考えると、細切、乾燥、粉砕等の処理を行った後に抽出を行うことが好ましい。
【0020】
抽出は、任意の抽出溶媒に所定時間浸漬して行うことができる。抽出溶媒は、必要に応じて加熱してもよい。あるいは、超臨界流体や亜臨界流体を用いた抽出方法でも行うことができる。抽出効率を上げるため、撹拌したり抽出溶媒中でホモジナイズしたりしてもよい。抽出温度としては、5℃程度から抽出溶媒の沸点以下の温度とするのが適切である。抽出時間は、抽出溶媒の種類や抽出温度によっても異なるが、1時間〜14日間程度とするのが適切である。
【0021】
抽出溶媒としては、水の他、メタノール、エタノール、プロパノール、イソプロパノール等の低級アルコール;1,3−ブチレングリコール、プロピレングリコール、ジプロピレングリコール、グリセリン等の多価アルコール;エチルエーテル、プロピルエーテル等のエーテル類;酢酸ブチル、酢酸エチル等のエステル類;アセトン、エチルメチルケトン等のケトン類などの溶媒を用いることができる。これらは、単独で用いられるほか、任意の2種以上を組み合わせて用いてもよい。生理食塩水、リン酸緩衝液、リン酸緩衝生理食塩水等を用いてもよい。さらに、水や二酸化炭素、エチレン、プロピレン、エタノール、メタノール、アンモニアなどの1種又は2種以上の超臨界液体や亜臨界液体を用いてもよい。
【0022】
バンジロウ属植物の上記溶媒による抽出物は、そのままでも使用することができるが、一定期間そのまま放置して熟成させて用いてもよいし、濃縮、乾固した物を水や極性溶媒に再度溶解して使用することもできる。或いは、これらの生理作用を損なわない範囲で、脱色、脱臭、脱塩等の精製処理や、カラムクロマトグラフィー等による分画処理を行った後に用いてもよい。バンジロウ属植物の前記抽出物やその処理物及び分画物は、各処理及び分画後に凍結乾燥し、用時に溶媒に溶解して用いることもできる。また、リポソーム等のベシクルやマイクロカプセル等に内包させて用いることもできる。
【0023】
グルタチオンとバンジロウ属植物より選ばれる1種または2種以上の植物またはその抽出物を有効成分とする美白剤は、優れたヒト表皮メラニン細胞のチロシナーゼ活性阻害効果を有し、色素沈着、シミ、そばかす等を予防および改善して、優れた美白作用を発揮する。
【0024】
これらの美白剤は、皮膚外用剤または機能性経口組成物に配合して、様々な形態の組成物を提供することができるほか、そのまま外用あるいは経口用として使用することができる。
【0025】
美白剤は、グルタチオンとバンジロウ属植物より選ばれる1種または2種以上の植物またはその抽出物を有効成分として含む限り、その形態およびその他成分の配合の有無等については、何ら制限されない。形態については、液状、ペースト状、ゲル状、固体状、粉末状等の任意の形態を、その用途等に応じて選択でき、その形態とするために必要なビヒクル(賦形剤)、溶剤、その他の一般的な添加剤(酸化防止剤、着色剤、分散剤等)を任意に含むことができる。
【0026】
グルタチオンとバンジロウ属植物より選ばれる1種または2種以上の植物またはその抽出物を有効成分とする美白剤は、優れたヒト表皮メラニン細胞のチロシナーゼ活性阻害効果を有し、色素沈着、シミ、そばかす等を予防および改善して、優れた美白作用を有し、これを配合することにより、優れた効果を有する皮膚外用剤、または機能性経口組成物を提供することができる。
【0027】
ここで、皮膚外用剤とは、化粧料、医薬部外品、外用医薬品等の、皮膚または毛髪に外用される全ての外用組成物を意味している。機能性経口組成物についても、医薬品、食品、飲料等の種類を問わず、経口により摂取される全ての組成物を意味する。この経口組成物の機能は、美白であることが好ましい。
【0028】
皮膚外用剤の剤型は任意であり、例えば、ローションなどの可溶化系やカラミンローション等の分散系、クリームや乳液などの乳化系として提供することができる。さらに、噴射剤と共に充填するエアゾール形態、軟膏剤、パップ剤などの種々の剤型で提供することもできる。
【0029】
具体的には、乳液、クリーム、ローション、化粧水、パック、美容液、洗浄料、メイクアップ化粧料等の各種化粧料;液剤、軟膏、粉末、顆粒、エアゾール剤、貼付剤、パップ剤等の様々な形態の化粧料、医薬部外品や外用医薬品などが例示できる。
【0030】
機能性経口組成物の形態も任意であり、特に限定されることはない。具体的には、飲料を含む一般食品;錠剤、カプセル剤、顆粒剤、散剤等の健康食品(サプリメント)または機能性食品;錠剤、カプセル剤、顆粒剤、散剤、シロップ剤、エキス等の経口医薬品などが例示できる。
【0031】
グルタチオンとバンジロウ属植物より選ばれる1種または2種以上の植物またはその抽出物を、化粧品、外用医薬品、医薬部外品等の皮膚外用剤に配合することにより、シミ、くすみ等の様々な皮膚症状の防止・改善に優れた効果を発揮する皮膚外用剤を得ることができる。したがって、たとえば、美白用皮膚外用剤として好ましく使用することができる。
【0032】
皮膚外用剤または機能性経口組成物には、グルタチオンとバンジロウ属植物より選ばれる1種または2種以上の植物またはその抽出物の他に、その用途と必要に応じて、医薬品、医薬部外品、皮膚化粧料、毛髪用化粧料及び洗浄料等に通常配合される任意の成分、例えば水、油性成分、保湿剤、粉体、色素、乳化剤、可溶化剤、ゲル化剤、洗浄剤、紫外線吸収剤、抗炎症剤、増粘剤、pH調整剤、キレート剤、薬剤(薬効成分)、香料、樹脂、防菌防かび剤、抗酸化剤、アルコール類等を適宜配合することができる。さらに、本発明の効果を損なわない範囲において、他の美白剤との併用も可能である。
【0033】
飲食品等の機能性経口組成物の場合も、経口用として通常用いられる各種成分との組み合わせにおいて、特に限定されるものはない。
【0034】
グルタチオンの皮膚外用剤または機能性経口組成物への配合量は、目的等によって調整することができるが、効果や安定性などの点から、全量に対して0.0001〜20.0質量%が好ましく、より好ましくは、0.001〜10.0質量%であり、さらに好ましくは0.01〜10質量%であり、一層好ましくは0.1〜10質量%である。
【0035】
バンジロウ属植物またはその抽出物の皮膚外用剤または機能性経口組成物への配合量は、種類や目的等によって調整することができるが、効果や安定性などの点から、全量に対して、固形分換算で、0.0001〜20.0質量%が好ましく、より好ましくは、0.001〜10.0質量%であり、さらに好ましくは0.01〜10質量%であり、一層好ましくは0.1〜10質量%である。
【実施例】
【0036】
以下にバンジロウ属(Psidium)植物抽出物の調製例、グルタチオンとバンジロウ属植物の美白作用を評価するための試験方法、皮膚外用剤、機能性経口組成物としての処方例、使用試験についてさらに詳細に説明するが、本発明の技術的範囲はこれによってなんら限定されるものではない。
【0037】
[調製方法1]
グアバ(P.guajava)葉の乾燥粉砕物1kgに50質量%エタノール水溶液を20リットル加え、室温で7日間浸漬した。抽出液をろ過して回収し、溶媒を除去した後、バンジロウ属植物抽出物25gを得た。
【0038】
[調製方法2]
グアバ葉の乾燥粉砕物1kgに水を20リットル加え、90℃にて6時間還流して抽出した。抽出液をろ過して回収し、溶媒を除去した後、バンジロウ属植物抽出物20gを得た。
【0039】
[調製方法3]
グアバ葉の乾燥粉砕物1kgにメタノール20リットル加え、室温で7日間浸漬した。抽出液をろ過して回収し、溶媒を除去した後、バンジロウ属植物抽出物40gを得た。
【0040】
[調製方法4]
超臨界抽出装置にグアバ葉の乾燥粉砕物100gを投入し、40℃において15Mpaの大気圧下で二酸化炭素の超臨界流体を用いて抽出した。抽出物を回収し、バンジロウ属植物抽出物5gを得た。
【0041】
<美白作用(チロシナーゼ活性阻害作用)の評価>
グルタチオンとバンジロウ属植物抽出物のチロシナーゼ活性阻害作用の評価を、以下に示す方法により行った。試料として、グルタチオンは市販品、バンジロウ属植物抽出物は調製方法1により製造した抽出物を用いた。
【0042】
クラボウ社製正常ヒト表皮メラニン細胞を、1ウェル当たり3.0×10個となるように96ウェルマイクロプレートに播種した。播種培地には、クラボウ社製Medium154Sを用いた。24時間後、Medium154Sによって表1に示す各濃度に調整した試料添加培地に交換し、さらに48時間培養した。次に、1質量%Triton−X含有リン酸緩衝液75μLに交換して細胞を完全に溶解させ、内50μLを粗酵素液として使用した。粗酵素液に、基質となる0.05質量%L−ドーパ含有リン酸緩衝液50μLを加え、37℃で2時間静置した。マイクロプレートリーダーにより、基質添加直後と反応終了時の405nmの吸光度を測定し、生成されたドーパメラニン量を、式(1)に各測定値を導入して求めた。
【0043】
式(1):生成されたドーパメラニン量={(反応後405nm値−反応前405nm値)}−2.166/5.238
また、PIERCE社製BCA Protein Assay Kitにて各ウェルのタンパク量を測定し単位タンパク量当りのドーパメラニン生成量を求めた。コントロールとして試料を添加しなかった場合のドーパメラニン生成量を100とした相対値を表1に
示す。
【0044】
【表1】

【0045】
表1に示したように、グルタチオンとバンジロウ属植物抽出物を併用した実施例1は、単独で配合した比較例1、2に比べ明らかにメラニン産生量の低下が認められた。このことより、グルタチオンとバンジロウ属植物抽出物を併用して用いることにより、優れたチロシナーゼ活性阻害作用を有することがわかった。
【0046】
以上のことから、グルタチオンとバンジロウ属植物抽出物を併用して用いることにより、優れた美白作用を有することが明らかとなった。
【0047】
次に本発明である皮膚外用剤の処方例を示す。
【0048】
[実施例2,比較例3] 美容液
(1) トリ2−エチルヘキサン酸グリセリル 7.8(質量%)
(2) ジステアリン酸ポリグリセリル 2.4
(3) 水素添加大豆リン脂質 0.4
(4) バチルアルコール 0.1
(5) 精製水 100とする残部
(6) グリセリン 7.5
(7) キサンタンガム 0.4
(8) ジエチレントリアミン五酢酸五ナトリウム 0.2
(9) 1,3−ブチレングリコール 2.5
(10) パラオキシ安息香酸メチル 0.1
(11) エタノール 4.0
(12) 香料 0.1
(13) グルタチオン 0.5
(14) グアバ葉抽出物[調整方法1] 0.5
製法:(1)〜(4)の油相成分を混合、溶解して75℃に加熱する。一方、(5)〜(10)の水相成分を混合,溶解して75℃に加熱する。次いで、上記水相成分に油相成分を添加して予備乳化した後、ホモミキサーにて均一に乳化する。撹拌しながら冷却し、40℃で(11)〜(14)を添加して、混合、均質化して美容液を得た。その際(13)及び(14)を乳酸ナトリウムに代えたものを比較例3とした。
【0049】
[実施例3] 乳液
(1) スクワラン 6.0(質量%)
(2) メチルフェニルポリシロキサン 4.0
(3) 水素添加パーム核油 0.5
(4) モノステアリン酸ポリオキシエチレン
ソルビタン(20E.O.) 1.5
(5) モノステアリン酸ソルビタン 1.0
(6) グリセリン 10.0
(7) パラオキシ安息香酸メチル 0.1
(8) 1質量%カルボキシビニルポリマー水溶液 15.0
(9) 10質量%L−アルギニン水溶液 1.0
(10) グルタチオン 1.0
(11) グアバ葉抽出物[調整方法2] 1.0
(12) 精製水 100とする残部
製法:(1)〜(5)の油相成分、及び(6)〜(8)を(12)に加えた水相成分をそれぞれ80℃に加熱混合均一化する。次いで、上記水相成分に油相成分を添加して均一に攪拌する。次いで、(9)を加え、ホモジナイザーにより均一に乳化した後、冷却し、45℃にて(10)、(11)を加えて混合均一化する。
【0050】
<皮膚外用剤の使用試験>
本発明の実施例2及び比較例3について、色素沈着症状の改善効果の評価を行った。色素沈着症状の改善効果は、顕著なしみ、ソバカス等の色素沈着症状を有する女性パネラー20名を一群とし、各群に実施例又は比較例をそれぞれブラインドにて1日2回ずつ2ヶ月間使用させ、2ヶ月後の皮膚の色素沈着状態を観察して使用前と比較して評価した。色素沈着の状態は、表2に示す判定基準にしたがって評価し、20名の平均値を算出して表3に示した。
【0051】
【表2】

【0052】
【表3】

【0053】
表3から明らかなように、本発明に係るグルタチオンとバンジロウ属植物抽出物を併用した実施例2では、顕著な色素沈着症状の改善が認められており、使用試験終了後には、軽度の色素沈着が認められるにすぎない程度まで症状が改善されており、従来より美白剤として広く知られている乳酸ナトリウムを配合した比較例3と同程度若しくは高い美白作用を示していた。
【0054】
なお、本発明の実施例については、上記使用試験期間中に含有成分の析出、分離、凝集、変臭、変色といった製剤の状態変化は全く見られなかった。また、各実施例使用群において、皮膚刺激性反応や皮膚感作性反応を示したパネラーは存在しなかった。
【0055】
次に本発明である機能性経口組成物の処方例を示す。
【0056】
[実施例4、比較例4] 錠剤
(1) コーンスターチ 44.0(質量%)
(2) 結晶セルロース 100とする残部
(3) カルボキシメチルセルロースカルシウム 5.0
(4) 無水ケイ酸 0.5
(5) ステアリン酸マグネシウム 0.5
(6) グルタチオン 10.0
(7) グアバ葉抽出物[調整方法1] 10.0
製法:(1)〜(7)を均一に混合し、打錠機にて圧縮成型して、1錠200mgの錠剤を得た。その際(7)をグルタチオンに代えたものを比較例4とした。
【0057】
[実施例5] 散剤
(1) ケイ酸アルミン酸マグネシウム 40.0(質量%)
(2) カルボキシメチルセルロースカルシウム 100とする残部
(3) グルタチオン含有酵母菌体エキス 20.0
(4) グアバ葉抽出物[調整方法2] 5.0
製法:(1)〜(4)の粉体を混合後、粉砕機にて粉砕し、均一に分散する。
【0058】
<機能性経口組成物の使用試験>
本発明の実施例4及び比較例4について、色素沈着症状の改善効果の評価を行った。色素沈着症状の改善効果は、顕著なしみ、ソバカス等の色素沈着症状を有する女性パネラー20名を一群とし、各群に実施例又は比較例をそれぞれブラインドにて1日1gを4週間摂取させ、4週間後の皮膚の色素沈着状態を観察して使用前と比較して評価した。色素沈着の状態は、表2に示す判定基準にしたがって評価し、20名の平均値を算出して表4に示した。
【0059】
【表4】

【0060】
表4から明らかなように、本発明に係るグルタチオンとバンジロウ属植物抽出物を併用した実施例4は、グルタチオンが2倍量配合された比較例4に比べ、顕著な色素沈着症状の改善が認められ、使用試験終了後には、軽度の色素沈着が認められるにすぎない程度まで症状が改善されていた。
【0061】
以上のことから、グルタチオンとバンジロウ属植物抽出物を併用することで優れた美白作用を有することが明らかとなった。

【特許請求の範囲】
【請求項1】
グルタチオンとバンジロウ属(Psidium)植物より選ばれる1種または2種以上の植物またはその抽出物を有効成分とする美白剤。
【請求項2】
グルタチオンとバンジロウ属(Psidium)植物より選ばれる1種または2種以上の植物またはその抽出物を含有することを特徴とする皮膚外用剤。
【請求項3】
グルタチオンとバンジロウ属(Psidium)植物より選ばれる1種または2種以上の植物またはその抽出物を含有することを特徴とする機能性経口組成物。

【公開番号】特開2008−303180(P2008−303180A)
【公開日】平成20年12月18日(2008.12.18)
【国際特許分類】
【出願番号】特願2007−152445(P2007−152445)
【出願日】平成19年6月8日(2007.6.8)
【出願人】(000135324)株式会社ノエビア (258)
【Fターム(参考)】