説明

背中のうぶ毛取り器

【課題】使用者から見えない部位である背中のうぶ毛処理を、カミソリ刃等を用いる場合のように危険を伴うことなく、非常に容易に且つ好適に行うことができるうぶ毛取り器を提供することを課題とする。
【解決手段】背中のうぶ毛を粘着する粘着シートが巻装されたロールと、該ロールが保持されるロール保持部及び該ロール保持部に連設された柄を有するうぶ毛取り器本体とを具備することを特徴とする。

【発明の詳細な説明】
【技術分野】
【0001】
本発明は、背中のうぶ毛を取るための背中のうぶ毛取り器に関するものである。
【背景技術】
【0002】
うぶ毛の処理は、女性にとっては気になることであり、美肌美容のために日常行われていることである。そのようなうぶ毛の処理は、一般にはカミソリ刃等で行われており、そのようなうぶ毛処理のためのカミソリ刃等についての技術として、たとえば下記特許文献1及び特許文献2のような特許出願がなされている。
【0003】
しかし、背中のように、自分では見えない部位のうぶ毛処理をカミソリ刃で行うのには危険が伴い、そのような作業は現実には行われていない。その一方で、背中のうぶ毛は、自分では見にくいために目立たないと考えがちであるが、他人からはよく見える部位であり、背中のうぶ毛を気にする女性が多いとの情報も市場調査等で得られている。
【0004】
一方、カミソリ刃等を用いないうぶ毛毛取り器として、たとえば下記特許文献3のような特許文献もなされている。この特許文献3は、当該特許文献3の請求項1に記載されているように、「離反溝4と離反孔5を設けた糸支持体3に、コイルバネ6を設けた押レバー2を装着し、さらに糸支持体3の二分割先端部7に捩糸1を設けてなる」うぶ毛取器に関する技術を記載したものである。
【0005】
しかしながら、この特許文献3に記載されたうぶ毛取器は、当該特許文献3の明細書の段落[0006]にも記載されているように、捩糸を用いてうぶ毛を巻き込んで瞬間的に毛根から絡めて引き抜くという台湾伝統の方法を応用したものであり、瞬間的に毛根から引き抜かなければならないので、いずれにしても、使用者から見えない部位である背中のうぶ毛処理に用いることはできない。
【先行技術文献】
【特許文献】
【0006】
【特許文献1】特開2006−198361号公報
【特許文献2】特開2007−260024号公報
【特許文献3】実用新案登録第3122863号公報
【発明の概要】
【発明が解決しようとする課題】
【0007】
本発明は、このような問題点を解決するためになされたもので、使用者から見えない部位である背中のうぶ毛処理を、カミソリ刃等を用いる場合のように危険を伴うことなく、非常に容易に且つ好適に行うことができるうぶ毛取り器を提供することを課題とするものである。
【課題を解決するための手段】
【0008】
本発明は、このような課題を解決するためになされたもので、背中のうぶ毛を粘着する粘着シートが巻装されたロールと、該ロールが保持されるロール保持部及び該ロール保持部に連設された柄を有するうぶ毛取り器本体とを具備することを特徴とする背中のうぶ毛取り器を提供するものである。
【0009】
このような構成からなるうぶ毛取り機器において、ロールの回転を阻止するストッパーを、うぶ毛取り器本体のロール保持部に設け、該ストッパーが前記ロールに係止されたときに該ロールの回転が阻止され、前記ストッパーのロールへの係止が解除されたときに、前記ロールの回転が可能となるように構成することも可能である。
【発明の効果】
【0010】
本発明のうぶ毛取り機器は、上述のように、背中のうぶ毛を粘着する粘着シートが巻装されたロールと、該ロールが保持されるロール保持部及び該ロール保持部に連設された柄を有するうぶ毛取り器本体とを具備するものであるため、このようなうぶ毛取り器を使用する使用者は、うぶ毛取り器本体の柄を把持し、うぶ毛取り器本体のロール保持部に保持されたロールを背中側に位置させ、該ロールに巻装された粘着シートの先端側を背中に貼着させ、その状態で柄を把持し、ロールを回転させながらうぶ毛取り器本体を背中の上側から下側に向かって移動させると、背中に貼着された粘着シートの先端側が固定状態とされている一方で、その粘着シートを巻装しているロールが、うぶ毛取り器本体の移動に伴って背中の上側から下側に向かって移動することとなり、その結果、ロールに巻装されている粘着シートを下側に引き出すことができ、粘着シートの大きい面積部分を背中に貼着させることが可能となる。
【0011】
従って、背中のうぶ毛も、上記のようにロールから引き出されて大きい面積部分で背中に貼着された粘着シートに、同時に貼着されることとなる。このようにして粘着シートに背中のうぶ毛が貼着された状態において、把持したうぶ毛取り器本体の柄を背中から遠ざかるように移動させると、背中に貼着されていた粘着シートが背中から強制的に剥ぎ取られることとなり、その結果、うぶ毛を背中から好適に離脱させることができるのである。
【0012】
このように、本発明においては、ロールに巻装された粘着シートの先端側を背中に貼着させ、その状態でロールを回転させながらうぶ毛取り器本体を背中の上側から下側に向かって移動させて粘着シートを下側に引き出して大きい面積部分を背中に貼着させた上で、うぶ毛取り器本体を背中から遠ざけて粘着シートを背中から強制的に剥ぎ取ることによって、うぶ毛を背中から好適に離脱させることができるので、使用者から見えない部位であるにもかかわらず、背中のうぶ毛処理作業を非常に容易に行うことができるという効果がある。
【0013】
また、このように粘着シートを背中に貼着させた後、強制的に剥ぎ取ることによってうぶ毛を背中から離脱させることができるので、たとえばカミソリ刃等を用いる場合のように危険を伴うことがないという効果がある。
【0014】
さらに、ロールの回転を阻止するストッパーを、うぶ毛取り器本体のロール保持部に設け、該ストッパーが前記ロールに係止されたときに該ロールの回転が阻止され、前記ストッパーのロールへの係止が解除されたときに、前記ロールの回転が可能となるように構成した場合には、最初に粘着シートの先端側を背中に貼着させる際には、ストッパーをロールに係止させておくことでロールの回転が阻止され、それによってロールが不用意に移動して粘着シートが不用意に引き出されることがない。従って、固定端側となる粘着シートの先端側を背中に貼着させる作業を容易且つ確実に行うことができる。
【0015】
一方、ストッパーのロールへの係止が解除されると、ロールの回転が可能となるので、ロールの背中の上側から下側に向かって容易に移動させることができ、それによってロールに巻装された粘着シートは、その粘着シートの自由端側に向かって引き出されることとなり、粘着シートの背中への貼着作業を容易に行うことができる。
【0016】
さらに、粘着シートを背中から剥ぎ取る場合には、再度ストッパーをロールに係止させてロールの回転を阻止し、ロールの不用意な移動を阻止することで、粘着シートを背中から剥ぎ取る作業を容易に行うことができる。
【図面の簡単な説明】
【0017】
【図1】一実施形態のうぶ毛取り器の正面図。
【図2】同背面図。
【図3】ロール及び粘着シートをうぶ毛取り器本体から取り外した状態を示すうぶ毛取り器の背面図。
【図4】同うぶ毛取り器の側面図。
【図5】ロール、粘着シート、及びストッパーをうぶ毛取り器本体から取り外した状態を示すうぶ毛取り器の側面図。
【図6】同うぶ毛取り器の平面図。
【図7】図5のA−A線断面図。
【図8】図5のB−B線断面図。
【図9】図3のC−C線断面図。
【図10】ストッパーのロールへの係止状態を示す要部拡大断面図。
【図11】同係止解除状態を示す要部拡大断面図。
【図12】ストッパーのロールへの係止状態を解除して粘着シートの引き出しを開始する状態を示す側面図。
【図13】引き出した粘着シートの先端側を背中に貼着する状態を示す背面図。
【図14】うぶ毛取り器を背中の上側から下側に向かって移動させる状態を示す背面図。
【図15】粘着シートを背中から剥ぎ取る直前の状態を示す背面図。
【図16】粘着シートを背中から剥ぎ取った状態を示す背面図。
【発明を実施するための形態】
【0018】
以下、本発明の実施形態について図面に従って説明する。一実施形態のうぶ毛取り器は、図1乃至図10に示すように、うぶ毛取り器本体1と、背中のうぶ毛を粘着する粘着シート2が巻装されたロール3とからなる。
【0019】
うぶ毛取り器本体1は、前記ロール3が保持されるロール保持部4と、該ロール保持部4に一体的に形成された柄5とで構成されている。ロール保持部4と柄5とは、合成樹脂によって全体が一体形成されている。
【0020】
粘着シート2は、その一面側に粘着剤が設けられているとともに、他面側には離型剤が設けられており、一面側の粘着剤と他面側の離型剤とが接触するように、ロール3に巻装されている。このように、一面側の粘着剤と他面側の離型剤とが接触するように設けられていることによって、一面側の粘着剤が他面側の離型剤から容易に剥離され、それによって粘着シート2の引き出しを容易に行うことができる。
【0021】
ロール保持部4は、図7及び図8に示すように、両側部4a、4b及び背面部4cを有する断面略コ字状に形成されており、それら両側部4a、4b及び背面部4cで包囲される凹状の部分が、ロール3を収容して保持することのできる収容部4dとして形成されている。また柄5は、図1及び図2に示すように、両側がわずかに湾曲した円弧面を有するような形状に形成されている。
【0022】
そして、図2に示すように、その収容部4d内でロール3が回転自在に保持されることとなる。より具体的には、ロール3は、両側面3a、3aが閉鎖された中空円筒状に形成されており、その両側面3a、3aの中央に軸支ピン6、6が軸支されている。この軸支ピン6、6は、図示しないがバネによって常時外向きに付勢されており、図10に示すように、ロール3の側面3aに穿設された孔7、及びうぶ毛取り器本体1のロール保持部4の両側部4a、4bに穿設された孔8に挿入されている。このように、ロール3の軸支ピン6、6がロール保持部4の孔8に挿入されることによって、ロール保持部4の収容部4d内にロール3が回転自在に保持されているのである。ロール保持部4の孔8には、該孔8にロール3の軸支ピン6を挿入する際に、該軸支ピン6を案内するためのガイド溝14が連続して形成されている。このようなガイド溝14が形成されていることによって、そのガイド溝14に沿って軸支ピン6を案内しつつ、ロール保持部4の孔8に容易に挿入することができる。
【0023】
ロール保持部4の一側部4a側には、図1乃至図4に示すように、ロール3の回転を阻止するためのストッパー9が取り付けられている。ストッパー9は、同図のように、直線部9a及び湾曲した曲線部9bからなり、全体が略くの字状に形成されている。
【0024】
ストッパー9の直線部9aの先端側には、挿入ピン9cが内向きに突設されており、その挿入ピン9cが保持部4の一側部4aに穿設された孔10及びロール3の側面3aに穿設された孔11に挿入されることによって、ロール3が回転するのがストッパー9によって阻止されている。
【0025】
ストッパー9は、軸13によってロール保持部4の一側部4aの下部側に回動自在に軸支され、常時は、前記挿入ピン9cがロール保持部4の一側部4aに穿設された孔10及びロール3の側面3aに穿設された孔11に挿入されてストッパー9がロール3に係止されるように、バネ(図示せず)で付勢されている。
【0026】
このようにストッパー9が常時バネで付勢されてストッパー9がロール3に係止されている場合に、該ストッパー9の直線部9aが挿入される溝部15がロール保持部4の一側部4aに形成されており、ストッパー9のロール3との係止状態を解除する際に、バネの付勢力に抗してストッパー9の曲線部9bを回動させたときに、該曲線部9bが挿入される溝部12が、前記溝部15に連通してロール保持部4の背面部4cに形成されている。
【0027】
次に、上記のような構成からなるうぶ毛取り器を使用する場合について説明すると、先ず、使用者は図12に示すようにうぶ毛取り器本体1の柄5を一方の手16aで把持し、同図に示すように、その一方の手16aの指でストッパー9の曲線部9bを押圧する。このようにストッパー9の曲線部9bを押圧することによって、該ストッパー9の曲線部9bが軸13を中心として図11の矢印D方向に回動して該ストッパー9の曲線部9bがロール保持部4の背面部4cの溝部12に挿入され、また該ストッパー9の直線部9aが図11の矢印E方向に回動して該ストッパー9の挿入ピン9がロール3の孔11及びロール保持部4の孔10から抜き取られることとなる。このようにストッパー9の挿入ピン9cがロール3の孔11から抜き取られることによって、ストッパー9のロール3への係止状態が解除されることとなる。
【0028】
このようにしてストッパー9のロール3への係止状態が解除されることによってロール3が回転可能となり、それによって、図12に示すように他方の手16bでロール3に巻装された粘着シート2の先端部2a側を把持して、粘着シート2を図12の矢印F方向に引き出すことが可能となる。
【0029】
次に、引き出された粘着シート2の先端部2a側を図13に示すように、うぶ毛を取ろうとする背中17の所定位置に貼着し、ストッパー9を一方の手16aの指でストッパー9を押圧して該ストッパー9とロール3との係止が解除されたままの状態で、うぶ毛取り器本体1の柄5を把持している一方の手16aを上側から下側に向かって、すなわち図14の矢印G方向に移動させることによって、同図に示すように、大きな面積で粘着シート2を背中に粘着させることができる。
【0030】
このようにして所定の大きな面積で粘着シート2を背中に粘着させた状態において、一方の手16aの指をストッパー9から離すと、ストッパー9はバネの付勢力によって、その曲線部9b及び直線部9aが前記矢印D方向及びE方向と逆方向に回動して図10に示すようにストッパー9の挿入ピン9cがロール3の孔11に再度挿入されることとなり、それによってストッパー9がロール3に係止されてロール3の回動が阻止されることとなる。
【0031】
このようにロール3の回動が阻止された状態で、図15のようにうぶ毛取り器本体1を上側に持ち上げると、粘着シート2は同図の矢印H方向に示すように一部が背中から剥離され、さらにうぶ毛取り器本体1を上側に持ち上げることによって、図16に示すように、粘着シート2の全体が背中から強制的に剥離されることとなる。
【0032】
この場合において、粘着シート2の一面側には粘着剤が設けられているので、上記のように粘着シート2を背中から強制的に剥離することによって、背中のうぶ毛が背中から粘着シート2側へ移行し、それによって背中のうぶ毛が粘着シート2によって剥ぎ取られることとなるのである。
【0033】
さらに、この場合において、上記のようにストッパー9によってロール3の回転が阻止されているので、粘着シート2を背中から強制的に剥離する際に、ロール3が回転して不用意に移動することがなく、従って、粘着シート2を背中から剥離する作業を容易に行うことができる。
【0034】
以上のように、本実施形態においては、ロール3に巻装された粘着シート2の先端部2a側を背中に貼着し、その状態でストッパー9をバネの付勢力に抗して該ストッパー9の挿入ピン9cをロール3の孔11から抜き取ってストッパー9とロール3との係止状態を解除し、その係止解除状態でうぶ毛取り器本体1を背中の上側から下側に向かって移動させることにより、背中に貼着された粘着シート2の先端部2a側が固定状態とされている一方で、その粘着シート2を巻装しているロール3が、うぶ毛取り器本体1の移動に伴って背中の上側から下側に向かって移動することとなり、その結果、ロール3に巻装されている粘着シート2を下側に引き出すことができ、粘着シート2の所定の大きい面積部分を背中に貼着させることができる。
【0035】
このようにロール3から引き出されて大きい面積部分で背中に貼着された粘着シート2に、背中のうぶ毛も同時に貼着されることとなり、粘着シート2に背中のうぶ毛が貼着された状態において、把持したうぶ毛取り器本体1の柄5を背中から遠ざかるように上側に持ち上げることによって、背中に貼着されていた粘着シート2が背中から強制的に剥ぎ取られることとなり、それによってうぶ毛を背中から好適に離脱させることが可能となる。
【0036】
従って、背中のうぶ毛が使用者から見えない部位であるにもかかわらず、上記のようなうぶ毛取り器本体1、粘着シート2、ロール3等の操作によって、うぶ毛を背中から好適に離脱させることができるので、背中のうぶ毛処理作業を非常に容易に行うことができることとなった。
【0037】
また、このように粘着シート2を背中に貼着させた後、強制的に剥ぎ取ることによってうぶ毛を背中から離脱させることができるので、たとえばカミソリ刃等を用いる場合のように危険を伴うことがない。
【0038】
尚、上記実施形態では、ロール保持部4が、両側部4a、4b及び背面部4cを有する断面略コ字状に形成され、また柄5が、両側がわずかに湾曲した円弧面を有するような形状に形成されていたが、ロール保持部4や柄5の形状は上記実施形態に限定されるものではない。また、該実施形態では、ロール保持部4と柄5とが一体形成されていたが、別体の部材でロール保持部4と柄5とを構成することも可能である。要は、ロール3が保持されるロール保持部4と、該ロール保持部4に連設された柄5とでうぶ毛取り器本体1が構成されていればよい。
【0039】
また上記実施形態では、うぶ毛取り器本体1の全体が合成樹脂によって構成されていたが、うぶ毛取り器本体1の材質も該実施形態の合成樹脂に限定されるものではない。
【0040】
さらに、上記実施形態では、ロール3の両側面3a、3aに軸支ピン6、6を軸支し、その軸支ピン6、6をロール3の側面3aに穿設された孔7、及びうぶ毛取り器本体1のロール保持部4の両側部4a、4bに穿設された孔8に挿入することによって、該ロール保持部4にロール3を回転自在に保持させたが、ロール3をロール保持部4に保持させる構造も該実施形態に限定されるものではない。
【0041】
さらに、上記実施形態では、ストッパー9に挿入ピン9cを設けるとともに、その挿入ピン9cの挿入可能な孔11をロール3の側面3aに穿設し、その挿入ピン9cを該孔11に挿入することによってストッパー9とロール3とを係止状態とし、挿入ピン9cを該孔11から抜き取ることによってストッパー9とロール3とを係止解除状態としたが、ストッパー9とロール3とを係止状態及び係止解除状態とする構成は、これに限定されるものではない。
【0042】
また、該実施形態では、上記のようなストッパー9とロール3とを係止状態及び係止解除状態とするように構成したため、上記のように背中でロール3を移動させて貼着シート2を貼着する作業と、ロール3に巻装された貼着シート2を背中から強制的に剥離する作業とを容易に行うことができるという好ましい効果が得られたが、このようにストッパー9とロール3とを係止状態及び係止解除状態とするように構成することは本発明に必須の条件ではない。
【0043】
その他、本発明の意図する範囲で任意に設計変更可能である。
【符号の説明】
【0044】
1 うぶ毛取り器本体
2 粘着シート
3 ロール
4 ロール保持部
5 柄
9 ストッパー

【特許請求の範囲】
【請求項1】
背中のうぶ毛を粘着する粘着シート(2)が巻装されたロール(3)と、該ロール(3)が保持されるロール保持部(4)及び該ロール保持部(4)に連設された柄(5)を有するうぶ毛取り器本体(1)とを具備することを特徴とする背中のうぶ毛取り器。
【請求項2】
ロール(3)の回転を阻止するストッパー(9)が、うぶ毛取り器本体(1)のロール保持部(4)に設けられ、該ストッパー(9)が前記ロール(3)に係止されたときに該ロール(3)の回転が阻止され、前記ストッパー(9)のロール(3)への係止が解除されたときに、前記ロール(3)の回転が可能となるように構成されている請求項1記載のうぶ毛取り器。

【図1】
image rotate

【図2】
image rotate

【図3】
image rotate

【図4】
image rotate

【図5】
image rotate

【図6】
image rotate

【図7】
image rotate

【図8】
image rotate

【図9】
image rotate

【図10】
image rotate

【図11】
image rotate

【図12】
image rotate

【図13】
image rotate

【図14】
image rotate

【図15】
image rotate

【図16】
image rotate


【公開番号】特開2011−62349(P2011−62349A)
【公開日】平成23年3月31日(2011.3.31)
【国際特許分類】
【出願番号】特願2009−215629(P2009−215629)
【出願日】平成21年9月17日(2009.9.17)
【出願人】(000112266)ピアス株式会社 (49)