説明

脂肪分解促進剤

【課題】脂肪の分解を促進することにより脂肪の新たな蓄積を抑制し、また、既に蓄積している脂肪を減少させることが可能な、新たな脂肪分解促進剤を提供すること。
【解決手段】本発明によれば、アスタキサンチンおよび/またはそのエステルを有効成分として含む、新たなかつ安全かつ非常に効果が高い脂肪分解促進剤が提供される。本発明の脂肪分解促進剤は、既に脂肪が蓄積された状態ならびに脂肪が蓄積する前の状態の両方において、脂肪を分解して減少させるという効果を有する。したがって、本発明の脂肪分解促進剤は、肥大脂肪細胞を正常な大きさの細胞に戻すことができると考えられ、痩身剤としても用いられ得る。

【発明の詳細な説明】
【技術分野】
【0001】
本発明は、脂肪分解促進剤に関する。より詳細には、アスタキサンチンおよび/またはそのエステルを有効成分として含有する、脂肪分解促進剤および痩身剤に関する。
【背景技術】
【0002】
肥満は、摂取カロリーに比べ消費カロリーが少ないため、消費されなかったエネルギー源が体脂肪として蓄積する場合に引き起こされる。過剰なエネルギーが体脂肪蓄積に結びつく原因としては、運動不足、誤った摂食習慣、ストレス、脂質代謝異常(障害)、インスリンの過剰分泌、脂肪細胞の増大、褐色脂肪細胞の不足などが挙げられる。上述の内臓脂肪は、腹腔内の腸間膜につく脂肪であり、内臓の脂肪細胞はひとつひとつの細胞の中に脂肪を蓄積しやすい。
【0003】
脂肪細胞に脂肪が蓄積して肥大すると、脂肪細胞から種々のアディポカイン(例えば、TNFα、レジスチンなど)が分泌され、インスリン抵抗性(すなわち、インスリン感受性の低下)が引き起こされる。その結果、血糖値を十分に低下させられなくなるので、血糖値を制御するためにインスリンが過剰分泌され、高インスリン血症となる。高インスリン血症になると、過剰のインスリンによる脂質代謝などへの作用によって、メタボリックシンドロームが引き起こされる。
【0004】
アディポネクチンは、善玉アディポカインの1つであり、脂肪酸の燃焼および糖の取り込みを促進し、インスリン抵抗性を改善する(非特許文献1)。アディポネクチンによる脂肪酸の燃焼作用は、脂肪細胞で生じるのではなく、肝臓および骨格筋におけるAMP活性化プロテインキナーゼ(AMPK)の活性化によるものである。肝臓においては、糖の新生を抑制して脂肪酸を燃焼し、そして骨格筋では、糖を取り込んで脂肪酸を燃焼させる。
【0005】
アディポネクチンの発現は、前駆脂肪細胞から脂肪細胞への分化に伴って誘導される。そして、脂肪細胞が肥大していないときに脂肪細胞から活発に分泌される。一方、脂肪細胞が肥大した場合には、上述のTNFαなどによってアディポネクチンの作用が減弱される。また、脂肪細胞が肥大すると、アディポネクチンの転写は抑制され、アディポネクチンが欠乏して代謝異常が引き起こされる(非特許文献1)。
【0006】
ところで、カロテノイドは、抗酸化作用を有し、種々の生理活性が注目されている天然物質である。しかし、肥満や脂肪細胞に対する作用についての検討はほとんど行われていない。野菜または果実由来のカロテノイドが、インスリン誘導時における前駆脂肪細胞からの脂肪細胞への分化を抑制することが報告されているにすぎない(特許文献1)。しかし、上述のように、前駆脂肪細胞からの脂肪細胞への分化を抑制するとアディポネクチンの発現も抑制されるため、脂肪細胞への分化を抑制することが、抗肥満作用に関連があるのかどうかは疑わしい。
【0007】
また、カロテノイドの一種であるアスタキサンチンが、血中の中性脂肪濃度を調節すること(特許文献2)、ならびに体脂肪の蓄積を抑制すること(特許文献3)が報告されている。
【0008】
さらに、体脂肪の蓄積抑制または低減効果を有する天然由来物質として、トウガラシを発酵処理して得られた発酵物が報告されている(特許文献4)。トウガラシ発酵物は、脂肪を脂肪酸とグリセロールとに分解することにより、体脂肪を低減し得る。しかし、上記のカロテノイドには、前駆脂肪細胞から脂肪細胞への分化を抑制する効果、および脂肪の蓄積を抑制する効果は見出されているが、脂肪を分解して低減させる効果は見出されていない。
【特許文献1】特開2003−95930号公報
【特許文献2】特開2006−16408号公報
【特許文献3】特開2007−153845号公報
【特許文献4】特開2006−265142号公報
【非特許文献1】門脇孝ら、「アディポネクチンと糖尿病・心血管病の分子メカニズム」,第128回日本医学会シンポジウム記録集「糖尿病と動脈硬化」2004年12月2日,34−45頁
【発明の開示】
【発明が解決しようとする課題】
【0009】
本発明は、脂肪の分解を促進することにより脂肪の新たな蓄積を抑制し、また、既に蓄積している脂肪を減少させることが可能な、新たな脂肪分解促進剤を提供することを目的とする。
【課題を解決するための手段】
【0010】
本発明は、アスタキサンチンおよび/またはそのエステルを有効成分として含有する、脂肪分解促進剤を提供する。
【0011】
1つの実施態様では、上記脂肪は、皮下脂肪および内臓脂肪である。
【0012】
本発明はまた、アスタキサンチンおよび/またはそのエステルを有効成分として含有する、痩身剤を提供する。
【0013】
1つの実施態様では、上記アスタキサンチンおよび/またはそのエステルは、ヘマトコッカス属に属する微細藻類由来である。
【発明の効果】
【0014】
本発明によれば新たなかつ非常に効果が高い脂肪分解促進剤および痩身剤が提供される。本発明の脂肪分解促進剤は、脂肪細胞において脂肪の分解を効果的に促進する。脂肪の分解が促進されれば、肥満が改善され、肥満によって引き起こされる様々な疾病を予防・改善することができる。また、脂肪細胞中に蓄積した脂肪の分解を促進することによって、肥大脂肪細胞を正常な大きさの細胞に戻すことができると考えられ、痩身剤としても用いられ得る。
【発明を実施するための最良の形態】
【0015】
本明細書において、用語「脂肪分解の促進」と「脂肪蓄積の抑制」とは、明確に異なる事象を意味する。「脂肪分解の促進」は、脂肪の分解を促進することにより脂肪の量が減少することをいい、一方、「脂肪蓄積の抑制」は、脂肪の量が増加することを抑制すること、すなわち、増加させないことをいう。
【0016】
より具体的には、「脂肪蓄積の抑制」では、既に脂肪が蓄積された状態ならびに脂肪が蓄積されていない状態のどちらにおいても、脂肪の蓄積は進行しない。そのため、脂肪細胞の機能の改善は見込めないが、それ以上の悪化を防ぐことができ、体脂肪の増加抑制が期待される。一般に、摂取された脂肪は、小腸から血流を経て脂肪酸の形で脂肪組織の細胞にという流れで蓄積される。脂肪蓄積の抑制とは、この流れの中で、例えば、小腸への吸収が抑制されて体外へ排泄されたり、脂肪酸の酸化が促進されたりして、最終的に細胞内へ脂肪として取り込まれることを防止することと考えられている。
【0017】
これに対して、「脂肪分解の促進」では、脂肪が脂肪酸とグリセロールとに分解され、あらゆる状態の脂肪細胞において脂肪量が減少する。したがって、例えば、肥大した脂肪細胞においては、脂肪細胞が縮小し、その結果、脂肪細胞の機能が改善する。具体的には、アディポカイン分泌異常が改善され、それによって生活習慣病の改善にもつながる。また、肥大していない脂肪細胞では、余分な脂肪を分解することにより肥大化を予防することができ、これは、肥満の予防につながる。いずれの場合も、体脂肪の減少ならびに痩身効果が期待される。
【0018】
本発明の脂肪分解促進剤は、既に脂肪が蓄積された状態ならびに脂肪が蓄積する前の状態の両方において、脂肪を分解して減少させるという効果を有する。したがって、肥大脂肪細胞が縮小し、その結果、脂肪細胞の機能が改善する。具体的には、アディポカイン分泌異常が改善され、それによって生活習慣病の改善にもつながる。また、肥大していない脂肪細胞の肥大化も予防することができ、これは、肥満の予防につながる。本発明の脂肪分解促進剤は、上記のように、脂肪を分解して減少させるという効果を有するので、痩身剤としても有用である。
【0019】
本発明の脂肪分解促進剤および痩身剤は、アスタキサンチンおよび/またはそのエステルを有効成分として含む。本発明において用いられるアスタキサンチンおよび/またはそのエステルは、以下の式:
【0020】
【化1】

【0021】
(ここで、RおよびRは、それぞれ独立して、水素原子または脂肪酸残基である)で示されるカロテノイドの一種である。アスタキサンチンのエステルとしては、特に限定されないが、例えば、パルミチン酸、ステアリン酸などの飽和脂肪酸、あるいはオレイン酸、リノール酸、α−リノレン酸、γ−リノレン酸、ビスホモ−γ−リノレン酸、アラキドン酸、エイコサペンタエン酸、ドコサヘキサエン酸などの不飽和脂肪酸のモノエステルまたはジエステルが挙げられる。これらは単独でまたは適宜組み合わせて用いることができる。アスタキサンチンは、β−カロチンの骨格の両端にオキソ基とヒドロキシ基とを余分に有する構造であるため、β−カロチンとは異なり、分子の安定性が低い。これに対し、両端のヒドロキシ基が不飽和脂肪酸などでエステル化されたエステル体(例えば、オキアミ抽出物)はより安定である。
【0022】
本発明に用いられるアスタキサンチンおよび/またはそのエステルは、化学的に合成されたものであっても、あるいは天然物由来のもののいずれであってもよい。後者の天然物としては、アスタキサンチンおよび/またはそのエステルを含有する赤色酵母;ティグリオパス(赤ミジンコ)、オキアミなどの甲殻類の殻;緑藻類などの微細藻類などが挙げられる。本発明においては、アスタキサンチンおよび/またはそのエステルの特性を利用できるものであれば、どのような方法で生産されたアスタキサンチンおよび/またはそのエステルを含有する抽出物をも使用することができる。一般的には、これらの天然物からの抽出物が用いられ、抽出エキスの状態であっても、また必要により適宜精製したものであってもよい。本発明においては、ヘマトコッカス属に属する微細藻類由来のものが好適に用いられる。また、本発明においては、このようなアスタキサンチンおよび/またはそのエステルを含有する粗抽出物や破砕粉体物、あるいは必要により適宜精製されたもの、化学合成されたものを、単独でまたは適宜組み合わせて用いることができる。化学的安定性を考慮すると、好ましくはエステル体が用いられる。
【0023】
本発明の脂肪分解促進剤および痩身剤の投与経路は、経口投与または非経口投与のいずれであってもよい。その剤形は、投与経路に応じて適宜選択される。例えば、注射液、輸液、散剤、顆粒剤、錠剤、カプセル剤、丸剤、腸溶剤、トローチ、内用液剤、懸濁剤、乳剤、シロップ剤、外用液剤、湿布剤、点鼻剤、点耳剤、点眼剤、吸入剤、軟膏剤、ローション剤、坐剤、経腸栄養剤などが挙げられる。これは、症状に応じてそれぞれ単独でまたは組み合わせて使用することができる。これらの製剤には、必要に応じて、賦形剤、結合剤、防腐剤、酸化安定剤、崩壊剤、滑沢剤、矯味剤などの医薬の製剤技術分野において通常用いられる補助剤が用いられる。
【0024】
本発明の脂肪分解促進剤および痩身剤の投与量は、投与の目的や投与対象者の状況(性別、年齢、体重など)に応じて異なる。通常、成人に対して、アスタキサンチンフリー体換算で、経口投与の場合、1日あたり0.1mg〜2g、好ましくは4mg〜500mg、一方、非経口投与の場合、1日あたり0.01mg〜1g、好ましくは0.1mg〜500mgで投与され得る。
【0025】
本発明の脂肪分解促進剤および痩身剤は、上記のような医薬品としてだけでなく、医薬部外品、化粧品、機能性食品、栄養補助剤、飲食物などとして使用することができる。医薬部外品または化粧品として使用する場合、必要に応じて、医薬部外品または化粧品などの技術分野で通常用いられている種々の補助剤とともに使用され得る。あるいは、機能性食品、栄養補助剤、または飲食物として使用する場合、必要に応じて、例えば、甘味料、香辛料、調味料、防腐剤、保存料、殺菌剤、酸化防止剤などの食品に通常用いられる添加剤とともに使用してもよい。また、溶液状、懸濁液状、シロップ状、顆粒状、クリーム状、ペースト状、ゼリー状などの所望の形状で、あるいは必要に応じて成形して使用してもよい。これらに含まれる割合は、特に限定されず、使用目的、使用形態、および使用量に応じて適宜選択することができる。
【実施例】
【0026】
(調製例1:アスタキサンチンモノエステルの調製)
アスタキサンチンモノエステルを、次のように調製した。ヘマトコッカス・プルビアリス(Haematococcus pluvialis)K0084株を、25℃にて光照射条件下3%COを含むガスを通気しながら栄養ストレス(窒素源欠乏)をかけて培養し、シスト化した。シスト化した細胞を、ビーズビーターによって破砕し、エタノールで油性画分を抽出した。抽出物は、アスタキサンチン類の他に、トリグリセリドなどの脂質を含んでいた。抽出物を、合成樹脂吸着剤を用いるカラムクロマトグラフィーにかけて、アスタキサンチンのモノエステルを含む精製物を得た。この精製物をHPLCによって分析し、このアスタキサンチンモノエステル精製物が、分子量858のモノエステルを主成分として含み、アスタキサンチンの遊離体およびジエステル体を含まず、わずかにジグリセリドを含んでいることを確認した。
【0027】
(実施例1:ヒト脂肪細胞におけるアスタキサンチンの脂肪分解促進効果の検討)
96ウェルプレートに播種されたヒト皮下脂肪細胞(Zen-Bio, Inc.)を入手し、5%CO条件下、37℃にて5日間予備培養した。
【0028】
アスタキサンチンフリー体(和光純薬工業株式会社:純度94%以上)および上記調製例1で得たアスタキサンチンモノエステルについて、それぞれ3mMのジメチルスルホキシド(DMSO)溶液(ストック溶液)を調製した。次いで、LIP−2アッセイバッファー(Zen-Bio, Inc.)でそれぞれ30μMになるようにストック溶液を希釈して、試験液を得た。なお、コントロールは、1%(v/v)DMSOとなるようにLIP−2アッセイバッファーで希釈した。
【0029】
各ウェルをウォッシュバッファー(Zen-Bio, Inc.)で洗浄し、上記試験液を添加した。これらのウェルを、5%CO条件下、37℃にて3時間インキュベートした。インキュベーション後、脂肪分解測定キット(Lypolysis Assay Kit:Zen-Bio, Inc.)を用いて、培養上清中の遊離グリセロール量を測定した。脂肪分解促進率は、アスタキサンチンまたはモノエステルの添加における遊離グリセロール量をAとし、アスタキサンチンまたはそのモノエステルを添加していないコントロールにおける遊離グリセロール量をBとすると、(A/B)×100(%)で表される。結果を、図1に示す。
【0030】
図1から明らかなように、30μMのアスタキサンチンまたはモノエステルを添加した脂肪細胞では、非添加の細胞(コントロール)と比較して、有意に脂肪分解促進率が上昇していた。このことから、アスタキサンチンまたはそのモノエステルが、脂肪細胞において脂肪分解を促進することがわかる。
【産業上の利用可能性】
【0031】
本発明によれば新たなかつ非常に効果が高い脂肪分解促進剤および痩身剤が提供される。本発明の脂肪分解促進剤は、皮下脂肪および内臓脂肪の脂肪細胞において脂肪の分解を効果的に促進する。脂肪の分解が促進されれば、肥満が改善され、肥満によって引き起こされる様々な疾病、例えば、高脂血症、動脈硬化症、高血圧症、心筋梗塞、脳血管障害、脳梗塞、狭心症、膵臓炎、糖尿病、脂肪肝、代謝異常などを予防・改善することができる。また、脂肪細胞中に蓄積した脂肪の分解を促進することによって、肥大脂肪細胞を正常な大きさの細胞に戻すことができると考えられ、痩身剤としても用いられ得る。
【0032】
本発明の脂肪分解促進剤および痩身剤の有効成分であるアスタキサンチンおよび/またはそのエステルは食経験が長く、毒性が非常に低いため、安全性が極めて高い。したがって、医薬品として使用されるだけでなく、健康食品などとして日常的に予防的に用いられ得る。
【図面の簡単な説明】
【0033】
【図1】ヒト皮下脂肪細胞に対してアスタキサンチンフリー体またはそのエステル体を添加した場合に脂肪分解により生じる遊離グリセロールの量を、コントロールに対する遊離グリセロール量の相対割合で示すグラフである。

【特許請求の範囲】
【請求項1】
アスタキサンチンおよび/またはそのエステルを有効成分として含有する、脂肪分解促進剤。
【請求項2】
前記脂肪が、皮下脂肪および内臓脂肪である、請求項1に記載の脂肪分解促進剤。
【請求項3】
前記アスタキサンチンおよび/またはそのエステルが、ヘマトコッカス属に属する微細藻類由来である、請求項1または2に記載の脂肪分解促進剤。
【請求項4】
アスタキサンチンおよび/またはそのエステルを有効成分として含有する、痩身剤。
【請求項5】
前記アスタキサンチンおよび/またはそのエステルが、ヘマトコッカス属に属する微細藻類由来である、請求項4に記載の痩身剤。

【図1】
image rotate


【公開番号】特開2009−19005(P2009−19005A)
【公開日】平成21年1月29日(2009.1.29)
【国際特許分類】
【出願番号】特願2007−182582(P2007−182582)
【出願日】平成19年7月11日(2007.7.11)
【出願人】(000010076)ヤマハ発動機株式会社 (3,045)
【Fターム(参考)】