説明

脂肪吸収抑制剤

【課題】 本発明は、脂肪吸収抑制作用を有する組成物を提供し、ひいては該組成物を含有する飲食品又は医薬品を提供することにある。
【解決手段】 ストロベリーグァバの成分を含有することを特徴とする脂肪吸収抑制組成物、及び該組成物を含有する飲食品又は医薬品を提供する。

【発明の詳細な説明】
【技術分野】
【0001】
本発明は脂肪吸収抑制を目的とした組成物、及び該組成物を有する飲食品、又は医薬品に関する。
【背景技術】
【0002】
脂肪の過剰摂取は、これが原因で様々な生活習慣病を引き起こす。脂肪過剰摂取に起因する主な生活習慣病としては、肥満・糖尿病・動脈硬化・高脂血症などが挙げられ、健康を著しく損なうことになり得る。脂肪の吸収を抑制し、これらの生活習慣病を予防して改善しようとするものでは、キトサンなど幾つかの素材が知られているが、より効果の高い素材が求められている。
【0003】
ストロベリーグァバ(学名 Psidium cattleianum Sabine.)はブラジル原産のフトモモ科バンジロウ属の植物で、日本では沖縄などの亜熱帯地方で主に庭木として植えられ、その実は生食、ジャム、ジュース等で食する。ストロベリーグァバには、抗ヘリコバクター・ピロリ用組成物(特開2000−103741)及び植物水蒸気蒸留水含有化粧料組成物(特開2001−220312)としての報告はあるが、脂肪吸収抑制効果があるという報告はまだされていない。
【発明の開示】
【発明が解決しようとする課題】
【0004】
本発明は、脂肪吸収抑制作用を有する組成物を提供し、ひいては該組成物を含有する飲食品又は医薬品を提供することにある。
【課題を解決するための手段】
【0005】
上記の課題を解決するために鋭意検討を重ねた結果、ストロベリーグァバに顕著な脂肪吸収抑制作用があることを見出した。すなわち本発明は、以下の構成を有する。
(1)ストロベリーグァバの成分を含有することを特徴とする脂肪吸収抑制組成物。
(2)上記成分がストロベリーグァバ抽出物である(1)記載の脂肪吸収抑制組成物。
(3)上記(1)または(2)に記載の脂肪吸収抑制組成物を含有する飲食品又は医薬品。
【発明の効果】
【0006】
本発明により、ストロベリーグァバの成分を含有することを特徴とする脂肪吸収抑制組成物、及び該組成物を含有する飲食品又は医薬品を提供することができる。
【発明を実施するための最良の形態】
【0007】
本発明に関わるストロベリーグァバは「Psidium cattleianum Sabine.」をさす。
【0008】
本発明に関わるストロベリーグァバは、植物全体、又は葉部、樹皮、果実、種子を生のまま用いてもよく、これを乾燥した乾燥体、もしくは乾燥後粉砕した粉末を用いることもできる。また、これを水抽出、熱水抽出、酸性下での抽出、アルカリ性下での抽出、エタノール、アセトン、酢酸エチル、ヘキサン等有機溶媒で抽出した抽出物を用いることもできる。
【0009】
本発明に関わる脂肪吸収抑制剤を製造するには、上記の方法で製造したストロベリーグァバの成分を用いることができ、常法に従って公知の医薬用無毒性担体と組み合わせて製剤化すればよい。本発明に関わる脂肪吸収抑制剤は、種々の剤型での投与が可能であり、例えば、経口投与剤としては錠剤、顆粒剤、散剤、カプセル剤、ソフトカプセル剤などの固形剤、溶液剤、懸濁剤、乳化剤等の液剤、凍結乾燥剤等があげられ、これらの製剤は製剤上の常套手段により調製することができる。上記医薬用無毒性担体としては、例えば、グルコース、乳糖、ショ糖、でんぷん、マンニトール、デキストリン、脂肪酸グリセリド、ポリエチレングリコール、ヒドロキシエチルでんぷん、エチレングリコール、ポリオキシエチレンソルビタン脂肪酸エステル、アミノ酸、アルブミン、水、生理食塩水などが挙げられる。また、必要に応じて安定化剤、滑沢剤、湿潤剤、乳化剤、結合剤等の慣用の添加剤を適宜添加することができる。本発明に関わる脂肪吸収抑制剤において、脂肪吸収抑制剤成分の投与量は、患者の年齢、体重、症状、疾患の程度、投与スケジュール、製剤形態等により、適宜選択、決定されるが、例えば、一日当たり生葉等価量として0.01−100g/kg体重程度とされ、一日数回に分けて投与してもよい。
【0010】
また、ストロベリーグァバは、毒性を有することは報告されていないことから、脂肪吸収抑制を目的とした飲食品として摂取することもできる。ストロベリーグァバの成分は、特定保健用食品、栄養機能食品、又は健康食品等として位置付けることができる。機能性食品としては、例えば、ストロベリーグァバの成分に適当な助剤を添加した後、慣用の手段を用いて、食用に適した状態、例えば、顆粒状、粒状、錠剤、カプセル剤、ソフトカプセル剤、ペースト状等に形成したものを用いることができる。この飲食品は、そのまま食用に供してもよく、また種々の食品(例えばハム、ソーセージ、かまぼこ、ちくわ、パン、バター、粉乳、菓子など)に添加して使用したり、水、酒類、果汁、牛乳、清涼飲料水等の飲物に添加して使用してもよい。かかる食品の形態における本発明のストロベリーグァバ成分の摂取量は、年齢、体重、症状、疾患の程度、食品の形態等により適宜選択・決定されるが、例えば、一日当たり生葉等価量として0.01−100g/kg体重程度となるようにする。
【実施例】
【0011】
以下に本発明をより詳細に説明するために実施例を挙げるが、本発明はこれらによって何ら限定されるものではない。
【0012】
実施例 ストロベリーグァバの葉メタノール抽出物の脂肪吸収抑制活性
ストロベリーグァバの葉メタノール抽出物の脂肪吸収抑制効果を調べるために以下の実験を行った。すなわち8週齢、雌のddYマウス(n=8)に尾採血を行った後、ストロベリーグァバの葉メタノール抽出物(1000mg/kg)0.5mlとコーン油0.2mlを同時に経口投与して、経時的に尾採血を行った。コントロール群には水0.5mlとコーン油0.2mlを同時に経口投与し、それぞれの群のマウスの血中中性脂肪濃度を測定した。その結果を表1に示す。数値は平均値±標準誤差(mg/dl)で示す。なお、血中中性脂肪の計測にはトリグリセライドE−テストワコー(和光純薬工業株式会社)を用いた。有意差検定はStudentのt−testによって行った。コントロール群とストロベリーグァバの葉メタノール抽出物投与群において、投与開始から同じ経過時間におけるストロベリーグァバの葉メタノール抽出物投与群の血中中性脂肪濃度がコントロール群に対して危険率5%、1%で有意差があった場合、それぞれ#、##で示す。
【0013】
【表1】

【0014】
この結果からストロベリーグァバの葉メタノール抽出物が脂肪吸収を抑制することが示された。
【産業上の利用可能性】
【0015】
本発明により、ストロベリーグァバの成分を含有することを特徴とする脂肪吸収抑制組成物及び該組成物を含有する飲食品又は医薬品提供することが可能となった。

【特許請求の範囲】
【請求項1】
ストロベリーグァバの成分を含有することを特徴とする脂肪吸収抑制組成物。
【請求項2】
上記に記載の成分がストロベリーグァバの葉メタノール抽出物である請求項1に記載の脂肪吸収抑制組成物。
【請求項3】
請求項1又は2に記載の組成物を含有する飲食物又は医薬品。

【公開番号】特開2008−222692(P2008−222692A)
【公開日】平成20年9月25日(2008.9.25)
【国際特許分類】
【出願番号】特願2007−99832(P2007−99832)
【出願日】平成19年3月9日(2007.3.9)
【出願人】(300076688)有限会社湘南予防医科学研究所 (54)
【Fターム(参考)】