Notice: Undefined variable: fterm_desc_sub in /mnt/www/biblio_conv.php on line 353
脂肪酸アミドヒドロラーゼのモジュレーターとしてのピペラジニルおよびピペリジニル尿素
説明

脂肪酸アミドヒドロラーゼのモジュレーターとしてのピペラジニルおよびピペリジニル尿素

【課題】脂肪酸アミドヒドロラーゼのモジュレーターとして有用なピペラジニル及びピペリジニル尿素の提供。
【解決手段】式(I)で表される化合物。


(式中、Zは−N−もしくは>CHであり;Rは−Hもしくはアルキルであり;Arは、各々非置換の又は1もしくは2個のR部分で炭素環員で置換された、2−チアゾリル、2−ピリジル、3−ピリジル、4−ピリジル、2−ピリミジニル、4−ピリミジニル、5−ピリミジニルもしくはフェニルである。)該化合物は、脂肪酸アミドヒドロラーゼ(FAAH)活性により媒介される病状、障害および症状の処置のための製薬学的組成物および方法において用いることができる。従って、該化合物は例えば不安、疼痛、炎症、睡眠障害、摂食障害もしくは運動障害(多発性硬化症のような)を処置するために投与することができる。


Notice: Undefined index: DEJ in /mnt/www/disp_n7.php on line 301

【特許請求の範囲】
【請求項1】
式(I):
【化1】

[式中:
・Zは−N−もしくは>CHであり;
・Rは−Hもしくは−C1〜4アルキルであり;
・Arは、各々非置換のまたは1もしくは2個のR部分で炭素環員において置換された、2−チアゾリル、2−ピリジル、3−ピリジル、4−ピリジル、2−ピリミジニル、4−ピリミジニル、5−ピリミジニルもしくはフェニルであり;
ここで、各R部分は−C1〜4アルキル、−C2〜4アルケニル、−OH、−OC1〜4アルキル、ハロ、−CF、−OCF、−SCF、−SH、−S(O)0〜21〜4アルキル、−OSO1〜4アルキル、−CO1〜4アルキル、−COH、−COC1〜4アルキル、−N(R)R、−SONR、−NRSO、−C(=O)NR、−NOおよび−CNよりなる群から独立して選択され、ここで、RおよびRは各々独立して−Hもしくは−C1〜4アルキルであり;そして・Arは:
(a)非置換の1−ナフチル;またはフェナントレニル、ピレニル、フルオレニル、2−ナフチルもしくはN−R−9H−カルバゾリル部分、ここで、Rは−H、−C1〜4アルキルおよびフェニルよりなる群から選択され、各該部分は非置換であるかまたは1、2もしくは3個のR置換基で置換され、
ここで、各R置換基は−C1〜4アルキル、−C2〜4アルケニル、−OH、−OC1〜4アルキル、ハロ、−CF、−OCF、−SCF、−SH、−S(O)0〜21〜4アルキル、−OSO1〜4アルキル、−CO1〜4アルキル、−COH、−COC1〜4アルキル、−N(R)R、−SONR、−NRSO、−C(=O)NR、−NOおよび−CNよりなる群から独立して選択され、ここで、RおよびRは前に定義したとおりである;
(b)縮合環構造を形成するために0もしくは1個の二重結合を有する−(CH3〜5−、−OCHCHO−および−OCFO−よりなる群から選択される基に2個の隣接する環炭素原子において縮合したフェニル;または4−ベンゾ[1,3]ジオキソリルを形成するために−OCHO−で隣接する環炭素原子上で置換されたフェニル;各フェニル部分はさらに非置換であるかまたは1、2もしくは3個の前に定義したとおりのR置換基で置換される;
(c)Ar、ここで、Arは、非置換のまたは1、2もしくは3個の前に定義したとおりのR置換基で置換された、1もしくは2個の窒素へテロ原子を有する、結合点として炭素を有する6員の単環式ヘテロアリ−ルである;
(d)環結合点として炭素原子を有する、N、OおよびSよりなる群から選択される1個のヘテロ原子を有し、そして場合により窒素で置換された4個までの追加の炭素環原子を有していてもよい、9もしくは10員の縮合した二環式ヘテロアリ−ル、該縮合した二環式ヘテロアリ−ルは5個以下のヘテロ原子を有し、そして非置換であるかまたは1、2もしくは3個の前に定義したとおりのR置換基で置換される;
(e)Rで3もしくは4位において置換され、そして場合により1、2もしくは3個の置換基Rでさらに置換されていてもよいフェニル、
ここで、各Rは場合により−NR(ここで、RおよびRは各々独立して−Hもしくは−C1〜8アルキルであるか、またはRおよびRは結合の窒素環原子と一
緒になって場合によりO、S、>NHもしくは>NC1〜4アルキルで置換された1個の追加の炭素環原子を有していてもよい5、6もしくは7員のヘテロシクロアルキル環を形成する)で置換されていてもよい、−C2〜8アルキル、−C2〜8アルケニル、−OC3〜8シクロアルキル、−OC3〜8ヘテロシクロアルキルおよび−O−C2〜10アルキルよりなる群から独立して選択され、;そして
各R置換基は−C1〜4アルキル、−C2〜4アルケニル、−OH、−OC1〜4アルキル、ハロ、−CF、−OCF、−SCF、−SH、−S(O)0〜21〜4アルキル、−OSO1〜4アルキル、−CO1〜4アルキル、−COH、−COC1〜4アルキル、−N(R)R、−SONR、−NRSO、−C(=O)NR、−NOおよび−CNよりなる群から独立して選択され、ここで、RおよびRは前に定義したとおりである;
(f)−L−Arで3もしくは4位において置換されたフェニル、ここで:
・Lは−(CH1〜3−、−CH=CH−、−O−、−OCH−、−CHO−、−NH−、>NC1〜4アルキル、>S(=O)0〜2、−OSO−、−CΞC−、−C(=O)−および共有結合よりなる群から選択されるリンカーであり;そして
・Arは:
(1)フェニル、ナフチルおよびフェナントレニル、
(2)Ar6’、ここで、Ar6’は1もしくは2個の窒素へテロ原子を有する、結合点として炭素を有する6員の単環式ヘテロアリ−ルである、
(3)Ar5’、ここで、Ar5’はO、S、>NHおよび>NR(ここで、Rは−C1〜8アルキルもしくは−C0〜3フェンアルキルである)よりなる群から選択される1個のヘテロ原子を有し、そして0、1、2もしくは3個の追加の窒素へテロ原子を有する、結合点として炭素を有する5員の単環式ヘテロアリ−ルである、ならびに
(4)環結合点として炭素を有する、N、OおよびSよりなる群から選択される1個のヘテロ原子を有し、そして場合により窒素で置換された4個までの追加の炭素環原子を有していてもよい、9もしくは10員の縮合した二環式ヘテロアリ−ル、該縮合した二環式ヘテロアリ−ルは5個以下のヘテロ原子を有する
よりなる群から選択される部分であり;
ここで、部分(1)〜(4)の各々は縮合環構造を形成するために場合により隣接する炭素上で−OC1〜4アルキレンO−、−(CH2〜3NH−、−(CH1〜2NH(CH)−、−(CH2〜3N(C1〜4アルキル)−もしくは−(CH1〜2N(C1〜4アルキル)(CH)−でジ置換されていてもよく、そして場合により1、2もしくは3個の置換基Rでさらに置換されていてもよく、
ここで、各R置換基は−C1〜4アルキル、−C2〜4アルケニル、−OH、−OC1〜4アルキル、ハロ、−CF、−OCF、−SCF、−SH、−S(O)0〜21〜4アルキル、−OSO1〜4アルキル、−CO1〜4アルキル、−COH、−COC1〜4アルキル、−N(R)R、−SONR、−NRSO、−C(=O)NR、−NOおよび−CNよりなる群から独立して選択され、ここで、RおよびRは前に定義したとおりである;
(g)非置換のまたは1、2もしくは3個の置換基Rで置換された、2−ヒドロキシフェニルもしくは2−メトキシフェニル、
ここで、各R置換基は−CH、6−C2〜4アルキル、6−C2〜4アルケニル、−OH、−OCH、6−OC2〜6アルキル、ハロ、−CF、−OCF、−SCF、−SH、−SC1〜4アルキル、−SO1〜4アルキル、−CO1〜4アルキル、−COH、−COC1〜4アルキル、−N(R)R、−SONR、−NRSO、−C(=O)NR、−NOおよび−CNよりなる群から独立して選択され、ここで、RおよびRは前に定義したとおりである;
(h)非置換のまたは1、2もしくは3個の置換基Rで置換された4−ハロフェニル、
ここで、各R置換基は−CH、2−C2〜4アルキル、2−C2〜4アルケニル、3−ヒドロキシ、4−ヒドロキシ、−OCH、2−OC2〜6アルキル、ハロ、−CF
、−OCF、−SCF、−SH、−SC1〜4アルキル、−SO1〜4アルキル、−CO1〜4アルキル、−COH、−COC1〜4アルキル、−N(R)R、−SONR、−NRSO、−C(=O)NR、−NOおよび−CNよりなる群から独立して選択され、ここで、RおよびRは前に定義したとおりである;あるいは
(i)2−ブロモフェニル、3−メチルフェニル、3−メトキシフェニル、4−メトキシフェニルもしくは3,4−ジメトキシフェニル
であり;
ここで、Arが4−フルオロフェニル、3,4−ジフルオロフェニル、4−クロロフェニルもしくは3−メトキシフェニルである場合、Arは非置換のフェニルまたは4−Cl、−NO、−CFもしくは4−COEtで置換されたフェニルではなく;そして
ここで、Arが3,4−ジクロロフェニルである場合、Arは4−Cl、−NO、−CFもしくは4−COEtで置換されたフェニルではない]
の化合物またはそのような化合物の製薬学的に許容しうる塩、製薬学的に許容しうるプロドラッグもしくは製薬学的に活性の代謝物。
【請求項2】
がメチルである請求項1に記載の化合物。
【請求項3】
Arが2−チアゾリルである請求項1に記載の化合物。
【請求項4】
Arが非置換のまたは1、2もしくは3個の置換基Rで置換された2−メトキシフェニルである請求項1に記載の化合物。
【請求項5】
Arが3,4−ジクロロフェニルである請求項1に記載の化合物。
【請求項6】
・Zが−N−もしくは>CHであり;
・Rが−Hもしくは−C1〜4アルキルであり;
・Arが、各々非置換のまたは1もしくは2個のR部分で炭素環員において置換された、2−ピリジル、3−ピリジル、4−ピリジル、2−ピリミジニル、4−ピリミジニル、5−ピリミジニルもしくはフェニルであり;
ここで、各R部分が−C1〜4アルキル、−C2〜4アルケニル、−OH、−OC1〜4アルキル、ハロ、−CF、−OCF、−SCF、−SH、−S(O)0〜21〜4アルキル、−OSO1〜4アルキル、−CO1〜4アルキル、−COH、−COC1〜4アルキル、−N(R)R、−SONR、−NRSO、−C(=O)NR、−NOおよび−CNよりなる群から独立して選択され、ここで、RおよびRが各々独立して−Hもしくは−C1〜4アルキルであり;そして・Arが:
(a)非置換の1−ナフチル;またはフェナントレニル、ピレニル、フルオレニル、2−ナフチルもしくはN−R−9H−カルバゾリル部分、ここで、Rが−H、−C1〜4アルキルおよびフェニルよりなる群から選択され、各該部分が非置換であるかまたは1、2もしくは3個のR置換基で置換され、
ここで、各R置換基が−C1〜4アルキル、−C2〜4アルケニル、−OH、−OC1〜4アルキル、ハロ、−CF、−OCF、−SCF、−SH、−S(O)0〜21〜4アルキル、−OSO1〜4アルキル、−CO1〜4アルキル、−COH、−COC1〜4アルキル、−N(R)R、−SONR、−NRSO、−C(=O)NR、−NOおよび−CNよりなる群から独立して選択され、ここで、RおよびRが前に定義したとおりである;
(b)縮合環構造を形成するために0もしくは1個の二重結合を有する−(CH3〜5−、−OCHCHO−および−OCFO−よりなる群から選択される基に2個の
隣接する環炭素原子において縮合したフェニル;または4−ベンゾ[1,3]ジオキソリルを形成するために−OCHO−で隣接する環炭素原子上で置換されたフェニル;各フェニル部分がさらに非置換であるかまたは1、2もしくは3個の前に定義したとおりのR置換基で置換される;
(c)Ar、ここで、Arが、非置換のまたは1、2もしくは3個の前に定義したとおりのR置換基で置換された、1もしくは2個の窒素へテロ原子を有する、結合点として炭素を有する6員の単環式ヘテロアリ−ルである;
(d)環結合点として炭素原子を有する、N、OおよびSよりなる群から選択される1個のヘテロ原子を有し、そして場合により窒素で置換された4個までの追加の炭素環原子を有していてもよい、9もしくは10員の縮合した二環式ヘテロアリ−ル、該縮合した二環式ヘテロアリ−ルが5個以下のヘテロ原子を有し、そして非置換であるかまたは1、2もしくは3個の前に定義したとおりのR置換基で置換される;
(e)Rで3もしくは4位において置換され、そして場合により1、2もしくは3個の置換基Rでさらに置換されていてもよいフェニル、
ここで、各Rが場合により−NR(ここで、RおよびRが各々独立して−Hもしくは−C1〜8アルキルであるか、またはRおよびRが結合の窒素環原子と一緒になって場合によりO、S、>NHもしくは>NC1〜4アルキルで置換された1個の追加の炭素環原子を有していてもよい5、6もしくは7員のヘテロシクロアルキル環を形成する)で置換されていてもよい、−C2〜8アルキル、−C2〜8アルケニル、−OC3〜8シクロアルキル、−OC3〜8ヘテロシクロアルキルおよび−O−C2〜10アルキルよりなる群から独立して選択され;そして
各R置換基が−C1〜4アルキル、−C2〜4アルケニル、−OH、−OC1〜4アルキル、ハロ、−CF、−OCF、−SCF、−SH、−S(O)0〜21〜4アルキル、−OSO1〜4アルキル、−CO1〜4アルキル、−COH、−COC1〜4アルキル、−N(R)R、−SONR、−NRSO、−C(=O)NR、−NOおよび−CNよりなる群から独立して選択され、ここで、RおよびRが前に定義したとおりである;
(f)−L−Arで3もしくは4位において置換されたフェニル、ここで:
・Lが−(CH1〜3−、−CH=CH−、−O−、−OCH−、−CHO−、−NH−、>NC1〜4アルキル、>S(=O)0〜2、−OSO−、−CΞC−、−C(=O)−および共有結合よりなる群から選択されるリンカーであり;そして
・Arが:
(1)フェニル、ナフチルおよびフェナントレニル、
(2)Ar6’、ここで、Ar6’が1もしくは2個の窒素へテロ原子を有する、結合点として炭素を有する6員の単環式ヘテロアリ−ルである、
(3)Ar5’、ここで、Ar5’がO、S、>NHおよび>NR(ここで、Rが−C1〜8アルキルもしくは−C0〜3フェンアルキルである)よりなる群から選択される1個のヘテロ原子を有し、そして0、1、2もしくは3個の追加の窒素へテロ原子を有する、結合点として炭素を有する5員の単環式ヘテロアリ−ルである、ならびに
(4)環結合点として炭素を有する、N、OおよびSよりなる群から選択される1個のヘテロ原子を有し、そして場合により窒素で置換された4個までの追加の炭素環原子を有していてもよい、9もしくは10員の縮合した二環式ヘテロアリ−ル、該縮合した二環式ヘテロアリ−ルが5個以下のヘテロ原子を有する
よりなる群から選択される部分であり;
ここで、部分(1)〜(4)の各々が縮合環構造を形成するために場合により隣接する炭素上で−OC1〜4アルキレンO−、−(CH2〜3NH−、−(CH1〜2NH(CH)−、−(CH2〜3N(C1〜4アルキル)−もしくは−(CH1〜2N(C1〜4アルキル)(CH)−でジ置換されていてもよく、そして場合により1、2もしくは3個の置換基Rでさらに置換されていてもよく、
ここで、各R置換基が−C1〜4アルキル、−C2〜4アルケニル、−OH、−OC
1〜4アルキル、ハロ、−CF、−OCF、−SCF、−SH、−S(O)0〜21〜4アルキル、−OSO1〜4アルキル、−CO1〜4アルキル、−COH、−COC1〜4アルキル、−N(R)R、−SONR、−NRSO、−C(=O)NR、−NOおよび−CNよりなる群から独立して選択され、ここで、RおよびRが前に定義したとおりである;
(g)非置換のまたは1、2もしくは3個の置換基Rで置換された2−ヒドロキシフェニル、
ここで、各R置換基が−CH、6−C2〜4アルキル、6−C2〜4アルケニル、−OH、−OCH、6−OC2〜6アルキル、ハロ、−CF、−OCF、−SCF、−SH、−SC1〜4アルキル、−SO1〜4アルキル、−CO1〜4アルキル、−COH、−COC1〜4アルキル、−N(R)R、−SONR、−NRSO、−C(=O)NR、−NOおよび−CNよりなる群から独立して選択され、ここで、RおよびRが前に定義したとおりである;
(h)非置換のまたは1、2もしくは3個の置換基Rで置換された4−ハロフェニル、
ここで、各R置換基が−CH、2−C2〜4アルキル、2−C2〜4アルケニル、3−ヒドロキシ、4−ヒドロキシ、−OCH、2−OC2〜6アルキル、ハロ、−CF、−OCF、−SCF、−SH、−SC1〜4アルキル、−SO1〜4アルキル、−CO1〜4アルキル、−COH、−COC1〜4アルキル、−N(R)R、−SONR、−NRSO、−C(=O)NR、−NOおよび−CNよりなる群から独立して選択され、ここで、RおよびRが前に定義したとおりである;あるいは
(i)2−ブロモフェニル、3−メチルフェニル、3−メトキシフェニル、4−メトキシフェニルもしくは3,4−ジメトキシフェニル
であり;
ここで、Arが4−フルオロフェニル、3,4−ジフルオロフェニル、4−クロロフェニルもしくは3−メトキシフェニルである場合、Arは非置換のフェニルまたは4−Cl、−NO、−CFもしくは4−COEtで置換されたフェニルではなく;そして
ここで、Arが3,4−ジクロロフェニルである場合、Arは4−Cl、−NO、−CFもしくは4−COEtで置換されたフェニルではない
請求項1に記載の化合物またはそのような化合物の製薬学的に許容しうる塩、製薬学的に許容しうるプロドラッグもしくは製薬学的に活性の代謝物。
【請求項7】
Zが−N−である請求項6に記載の化合物。
【請求項8】
が−Hである請求項7に記載の化合物。
【請求項9】
Arが、各々非置換のまたは1、2もしくは3個の前に定義したとおりのR置換基で置換された、フェナントレン−9−イル、ピレン−1−イル、9H−フルオレン−2−イル、1−ナフチル、2−ナフチル、1−ヒドロキシナフタレン−2−イル、6−メトキシナフタレン−2−イルもしくは9−エチル−9H−カルバゾール−3−イルである請求項7に記載の化合物。
【請求項10】
Arが、各々非置換のまたは1、2もしくは3個の前に定義したとおりのR置換基で置換された、インダニル、インデニル、テトラヒドロナフチル、2,3−ジヒドロ−ベンゾフラニル、クロマニル、2,3−ジヒドロ−ベンゾ[1,4]ジオキシニルもしくは2,2−ジフルオロ−ベンゾ[1,3]ジオキソリルである請求項7に記載の化合物。
【請求項11】
Arが、各々非置換のまたは1、2もしくは3個の前に定義したとおりのR置換基で置換された、フェニル−1H−ピロリル、2−ピリジル、3−ピリジル、4−ピリジル
もしくは6−ブロモ−ピリジン−2−イルである請求項7に記載の化合物。
【請求項12】
Arが−L−Ar(ここで、Lが−CH=CH−、−O−、−OCH−、−SO−、−OSO−もしくは共有結合である)で3もしくは4位において置換されたフェニルである請求項7に記載の化合物。
【請求項13】
Arが2−ヒドロキシフェニル、5−ブロモ−2−ヒドロキシ−3−メトキシフェニルもしくは5−ブロモ−2−ヒドロキシフェニルである請求項7に記載の化合物。
【請求項14】
Arが、各々非置換のまたは1もしくは2個の前に定義したとおりのR部分で炭素環原子において置換された、2−ピリジル、3−ピリジル、4−ピリジル、2−ピリミジニルもしくは4−ピリミジニルである請求項8に記載の化合物。
【請求項15】
Arが、非置換のまたは1もしくは2個の前に定義したとおりのR部分で炭素環原子において置換されたフェニルである請求項8に記載の化合物。
【請求項16】
Arが2−フルオロフェニル、3−フルオロフェニル、4−フルオロフェニル、2,4−ジフルオロフェニル、2−クロロフェニル、3−クロロフェニル、4−クロロフェニル、2−メチルフェニル、3−メチルフェニル、4−メチルフェニル、2−メトキシフェニル、3−メトキシフェニル、4−メトキシフェニル、2−カルボメトキシフェニル、3−カルボメトキシフェニル、4−カルボメトキシフェニル、2−カルボキシフェニル、3−カルボキシフェニルもしくは非置換のフェニルである請求項8に記載の化合物。
【請求項17】
Arが非置換の2,2−ジフルオロ−ベンゾ[1,3]ジオキソリルである請求項16に記載の化合物。
【請求項18】
Arが非置換の4−ベンゾ[1,3]ジオキソリルである請求項16に記載の化合物。
【請求項19】
Arが、各々非置換のまたは1、2もしくは3個の前に定義したとおりのR置換基で置換された、2−インドリル、3−インドリル、2−キノリニル、3−キノリニルもしくは2−キノキサリニルである請求項16に記載の化合物。
【請求項20】
Arが2−キノリニルもしくは3−キノリニルである請求項16に記載の化合物。
【請求項21】
Arが4−エチルフェニル、4−イソプロピルフェニル、3−ビニルフェニル、3−エトキシフェニル、4−エトキシフェニル、3−プロポキシフェニル、4−プロポキシフェニル、3−イソブトキシフェニル、4−イソプロポキシフェニル、3−イソブトキシフェニル、4−イソブトキシフェニル、4−シクロヘキシルオキシフェニル、3−(2−ジメチルアミノエトキシ)フェニル、3−(2−ピペリジン−1−イルエトキシ)フェニル、3−(3−ジメチルアミノプロポキシ)フェニルもしくは3−(3−ピペリジン−1−イルプロポキシ)フェニルである請求項16に記載の化合物。
【請求項22】
Arが4−クロロフェニル、3,4−ジクロロフェニル、4−メチルフェニル、4−t−ブチルフェニル、3−トリフルオロメチルフェニル、4−メトキシフェニル、3,5−ジクロロフェニル、1−ナフチル、2−ナフチル、3−クロロフェニル、9−フェナントレニル、4−カルボメトキシルフェニル、4−メタンスルホニルフェニル、3−メトキシフェニル、ベンゾ[1,3]ジオキソール−5−イルもしくは非置換のフェニルである請求項16に記載の化合物。
【請求項23】
Arが3,4−ジブロモフェニル、3−ブロモ−4−フルオロフェニルもしくは4−クロロ−3−トリフルオロメチルである請求項16に記載の化合物。
【請求項24】
Arが3,4−ジブロモフェニルである請求項16に記載の化合物。
【請求項25】
式(I):
【化2】

[式中:
・Zは−N−もしくは>CHであり;
・Rは−Hもしくは−C1〜4アルキルであり;
・Arは、各々非置換のまたは1もしくは2個のR部分で炭素環員において置換された、2−チアゾリル、2−ピリジル、3−ピリジル、4−ピリジル、2−ピリミジニル、4−ピリミジニル、5−ピリミジニルもしくはフェニルであり;
ここで、各R部分はエチル、イソプロピル、tert−ブチル、−C2〜4アルケニル、−OH、−OC1〜4アルキル、ハロ、−CF、−OCF、−SCF、−SH、−S(O)0〜21〜4アルキル、−OSO1〜4アルキル、−COC1〜4アルキル、−N(R)R、−SONR、−NRSO、−C(=O)NR、−NOおよび−CNよりなる群から独立して選択され、ここで、RおよびRは各々独立して−Hもしくは−C1〜4アルキルであり;そして
・Arは:
(a)縮合環構造を形成するために−OCHO−よりなる群から選択される基に2個の隣接する環炭素原子において縮合したフェニル;各フェニル部分はさらに非置換であるかまたは1、2もしくは3個のR置換基で置換され、
ここで、各R置換基は−C1〜4アルキル、−C2〜4アルケニル、−OH、−OC1〜4アルキル、ハロ、−CF、−OCF、−SCF、−SH、−S(O)0〜21〜4アルキル、−OSO1〜4アルキル、−CO1〜4アルキル、−COH、−COC1〜4アルキル、−N(R)R、−SONR、−NRSO、−C(=O)NR、−NOおよび−CNよりなる群から独立して選択され、ここで、RおよびRは前に定義したとおりである;あるいは
(b)Ar、ここで、Arは、非置換のまたは1、2もしくは3個の前に定義したとおりのR置換基で置換された、フラニル、オキサゾリル、イソオキサゾリル、1,2,3−オキサジアゾリル、1,2,4−オキサジアゾリル、チオフェニル、チアゾリル、イソチアゾリル、ピロリル、ピラゾリル、1,2,3−トリアゾリル、1,2,4−トリアゾリルもしくはテトラゾリルである
である]
の化合物またはそのような化合物の製薬学的に許容しうる塩、製薬学的に許容しうるプロドラッグもしくは製薬学的に活性の代謝物。
【請求項26】
4−ナフタレン−2−イルメチル−ピペラジン−1−カルボン酸フェニルアミド

4−キノリン−2−イルメチル−ピペラジン−1−カルボン酸フェニルアミド;
4−ベンゾ[b]チオフェン−2−イルメチル−ピペラジン−1−カルボン酸フェ
ニルアミド;
4−(3,4−ジブロモ−ベンジル)−ピペラジン−1−カルボン酸フェニルアミ
ド;
4−(1−メチル−1H−インドール−2−イルメチル)−ピペラジン−1−カル
ボン酸フェニルアミド;
4−キノリン−3−イルメチル−ピペラジン−1−カルボン酸フェニルアミド;
4−(4−ヨード−ベンジル)−ピペラジン−1−カルボン酸フェニルアミド;
4−(3−ベンジルオキシ−ベンジル)−ピペラジン−1−カルボン酸フェニルア
ミド;
4−(5−ブロモ−2−ヒドロキシ−3−メトキシ−ベンジル)−ピペラジン−1
−カルボン酸フェニルアミド;
4−(4−ブロモ−ベンジル)−ピペラジン−1−カルボン酸フェニルアミド;
4−(3−フェノキシ−ベンジル)−ピペラジン−1−カルボン酸フェニルアミド

4−(3−ブロモ−4−フルオロ−ベンジル)−ピペラジン−1−カルボン酸フェ
ニルアミド;
4−インダン−5−イルメチル−ピペラジン−1−カルボン酸フェニルアミド;
4−ベンゾ[b]チオフェン−3−イルメチル−ピペラジン−1−カルボン酸フェ
ニルアミド;
4−(4−イソプロピル−ベンジル)−ピペラジン−1−カルボン酸フェニルアミ
ド;
4−(4−エチル−ベンジル)−ピペラジン−1−カルボン酸フェニルアミド;
4−(5−ブロモ−2−ヒドロキシ−ベンジル)−ピペラジン−1−カルボン酸フ
ェニルアミド;
4−(2,3−ジヒドロ−ベンゾ[1,4]ジオキシン−6−イルメチル)−ピペ
ラジン−1−カルボン酸フェニルアミド;
4−(3−ビニル−ベンジル)−ピペラジン−1−カルボン酸フェニルアミド;
4−(2,3−ジヒドロ−ベンゾフラン−5−イルメチル)−ピペラジン−1−カ
ルボン酸フェニルアミド;
4−ナフタレン−1−イルメチル−ピペラジン−1−カルボン酸フェニルアミド;
4−(2−ヒドロキシ−ベンジル)−ピペラジン−1−カルボン酸フェニルアミド

4−(1H−インドール−5−イルメチル)−ピペラジン−1−カルボン酸フェニ
ルアミド;
4−ピリジン−4−イルメチル−ピペラジン−1−カルボン酸フェニルアミド;
4−ピリジン−2−イルメチル−ピペラジン−1−カルボン酸フェニルアミド;
4−ピリジン−3−イルメチル−ピペラジン−1−カルボン酸フェニルアミド;
4−(4−イソプロポキシ−ベンジル)−ピペラジン−1−カルボン酸フェニルア
ミド;
4−ビフェニル−4−イルメチル−ピペラジン−1−カルボン酸フェニルアミド;
4−キノリン−4−イルメチル−ピペラジン−1−カルボン酸フェニルアミド;
4−ベンゾ[1,3]ジオキソール−4−イルメチル−ピペラジン−1−カルボン
酸フェニルアミド;
4−(2,2−ジフルオロ−ベンゾ[1,3]ジオキソール−5−イルメチル)−
ピペラジン−1−カルボン酸フェニルアミド;
4−(1−メチル−1H−インドール−5−イルメチル)−ピペラジン−1−カル
ボン酸フェニルアミド;
4−(6−クロロ−キノリン−2−イルメチル)−ピペラジン−1−カルボン酸フ
ェニルアミド;
4−(8−クロロ−キノリン−2−イルメチル)−ピペラジン−1−カルボン酸フ
ェニルアミド;
4−(2−クロロ−キノリン−3−イルメチル)−ピペラジン−1−カルボン酸フ
ェニルアミド;
4−ナフタレン−2−イルメチル−ピペラジン−1−カルボン酸(4−フルオロ−
フェニル)−アミド;
4−キノリン−2−イルメチル−ピペラジン−1−カルボン酸(4−フルオロ−フ
ェニル)−アミド;
4−(1−ヒドロキシ−ナフタレン−2−イルメチル)−ピペラジン−1−カルボ
ン酸フェニルアミド;
4−[3−(4−クロロ−フェノキシ)−ベンジル]−ピペラジン−1−カルボン
酸フェニルアミド;
4−[3−(3,4−ジクロロ−フェノキシ)−ベンジル]−ピペラジン−1−カ
ルボン酸フェニルアミド;
4−(3−p−トリルオキシ−ベンジル)−ピペラジン−1−カルボン酸フェニル
アミド;
4−[3−(4−tert−ブチル−フェノキシ)−ベンジル]−ピペラジン−1
−カルボン酸フェニルアミド;
4−[3−(3−トリフルオロメチル−フェノキシ)−ベンジル]−ピペラジン−
1−カルボン酸フェニルアミド;
4−[3−(4−メトキシ−フェノキシ)−ベンジル]−ピペラジン−1−カルボ
ン酸フェニルアミド;
4−(6−メトキシ−ナフタレン−2−イルメチル)−ピペラジン−1−カルボン
酸フェニルアミド;
4−フェナントレン−9−イルメチル−ピペラジン−1−カルボン酸フェニルアミ
ド;
4−ピレン−1−イルメチル−ピペラジン−1−カルボン酸フェニルアミド;
4−(6−クロロ−キノリン−3−イルメチル)−ピペラジン−1−カルボン酸フ
ェニルアミド;
4−ビフェニル−3−イルメチル−ピペラジン−1−カルボン酸フェニルアミド;
4−(6−ブロモ−ピリジン−2−イルメチル)−ピペラジン−1−カルボン酸フ
ェニルアミド;
4−[3−(4−クロロ−ベンゼンスルホニル)−ベンジル]−ピペラジン−1−
カルボン酸フェニルアミド;
4−(1H−インドール−6−イルメチル)−ピペラジン−1−カルボン酸フェニ
ルアミド;
4−(4−フェノキシ−ベンジル)−ピペラジン−1−カルボン酸フェニルアミド

4−(2−クロロ−8−メチル−キノリン−3−イルメチル)−ピペラジン−1−
カルボン酸フェニルアミド;
4−(1−メチル−1H−インドール−6−イルメチル)−ピペラジン−1−カル
ボン酸フェニルアミド;
4−(4−ベンジルオキシ−ベンジル)−ピペラジン−1−カルボン酸フェニルア
ミド;
4−[3−(3,5−ジクロロ−フェノキシ)−ベンジル]−ピペラジン−1−カ
ルボン酸フェニルアミド;
4−(9H−フルオレン−2−イルメチル)−ピペラジン−1−カルボン酸フェニ
ルアミド;
4−(9−エチル−9H−カルバゾール−3−イルメチル)−ピペラジン−1−カ
ルボン酸フェニルアミド;
4−(4−スチリル−ベンジル)−ピペラジン−1−カルボン酸フェニルアミド;
4−(4−クロロ−3−トリフルオロメチル−ベンジル)−ピペラジン−1−カル
ボン酸フェニルアミド;
4−[2,5−ジメチル−1−(3−トリフルオロメチル−フェニル)−1H−ピ
ロール−3−イルメチル]−ピペラジン−1−カルボン酸フェニルアミド;
4−(2−ブロモ−ベンジル)−ピペラジン−1−カルボン酸フェニルアミド;
4−(3,4−ジブロモ−ベンジル)−ピペラジン−1−カルボン酸(3−フルオ
ロ−フェニル)−アミド;
4−(3,4−ジブロモ−ベンジル)−ピペラジン−1−カルボン酸(4−フルオ
ロ−フェニル)−アミド;
4−(3,4−ジブロモ−ベンジル)−ピペラジン−1−カルボン酸(3−メトキ
シ−フェニル)−アミド;
4−(3,4−ジブロモ−ベンジル)−ピペラジン−1−カルボン酸m−トリルア
ミド;
4−(3,4−ジブロモ−ベンジル)−ピペラジン−1−カルボン酸(2−フルオ
ロ−フェニル)−アミド;
4−(3,4−ジブロモ−ベンジル)−ピペラジン−1−カルボン酸(4−メトキ
シ−フェニル)−アミド;
4−(3,4−ジブロモ−ベンジル)−ピペラジン−1−カルボン酸(2−メトキ
シ−フェニル)−アミド;
4−(3,4−ジブロモ−ベンジル)−ピペラジン−1−カルボン酸(3−クロロ
−フェニル)−アミド;
4−(3,4−ジブロモ−ベンジル)−ピペラジン−1−カルボン酸(2−クロロ
−フェニル)−アミド;
4−(3,4−ジブロモ−ベンジル)−ピペラジン−1−カルボン酸p−トリルア
ミド;
4−(3,4−ジブロモ−ベンジル)−ピペラジン−1−カルボン酸(4−クロロ
−フェニル)−アミド;
4−(3,4−ジブロモ−ベンジル)−ピペラジン−1−カルボン酸o−トリルア
ミド;
4−キノリン−3−イルメチル−ピペラジン−1−カルボン酸(3−フルオロ−フ
ェニル)−アミド;
4−キノリン−3−イルメチル−ピペラジン−1−カルボン酸(4−フルオロ−フ
ェニル)−アミド;
4−キノリン−3−イルメチル−ピペラジン−1−カルボン酸(2−クロロ−フェ
ニル)−アミド;
4−キノリン−3−イルメチル−ピペラジン−1−カルボン酸(3−クロロ−フェ
ニル)−アミド;
4−キノリン−3−イルメチル−ピペラジン−1−カルボン酸(4−クロロ−フェ
ニル)−アミド;
4−キノリン−3−イルメチル−ピペラジン−1−カルボン酸(2−メトキシ−フ
ェニル)−アミド;
4−キノリン−3−イルメチル−ピペラジン−1−カルボン酸o−トリルアミド;
4−キノリン−3−イルメチル−ピペラジン−1−カルボン酸p−トリルアミド;
2−[(4−キノリン−3−イルメチル−ピペラジン−1−カルボニル)−アミノ
]−安息香酸メチルエステル;
3−[(4−キノリン−3−イルメチル−ピペラジン−1−カルボニル)−アミノ
]−安息香酸メチルエステル;
4−[(4−キノリン−3−イルメチル−ピペラジン−1−カルボニル)−アミノ
]−安息香酸メチルエステル;
4−キノリン−3−イルメチル−ピペラジン−1−カルボン酸(4−メトキシ−フ
ェニル)−アミド;
4−キノリン−3−イルメチル−ピペラジン−1−カルボン酸m−トリルアミド;
4−キノリン−3−イルメチル−ピペラジン−1−カルボン酸(3−メトキシ−フ
ェニル)−アミド;
4−キノリン−3−イルメチル−ピペラジン−1−カルボン酸(2,4−ジフルオ
ロ−フェニル)−アミド;
4−キノリン−3−イルメチル−ピペラジン−1−カルボン酸(2−フルオロ−フ
ェニル)−アミド;
4−ベンジル−ピペリジン−1−カルボン酸p−トリルアミド;
4−ベンジル−ピペリジン−1−カルボン酸m−トリルアミド;
4−ベンジル−ピペリジン−1−カルボン酸(2−クロロ−フェニル)−アミド;
4−(3,4−ジブロモ−ベンジル)−ピペラジン−1−カルボン酸ピリジン−4
−イルアミド;
4−(3,4−ジブロモ−ベンジル)−ピペラジン−1−カルボン酸ピリジン−2
−イルアミド;
4−(3,4−ジブロモ−ベンジル)−ピペラジン−1−カルボン酸ピリジン−3
−イルアミド;
4−(4−シクロヘキシルオキシ−ベンジル)−ピペラジン−1−カルボン酸フェ
ニルアミド;
4−(3−プロポキシ−ベンジル)−ピペラジン−1−カルボン酸フェニルアミド

4−(3−イソブトキシ−ベンジル)−ピペラジン−1−カルボン酸フェニルアミ
ド;
4−(3−エトキシ−ベンジル)−ピペラジン−1−カルボン酸フェニルアミド;
4−(4−プロポキシ−ベンジル)−ピペラジン−1−カルボン酸フェニルアミド

4−(4−イソブトキシ−ベンジル)−ピペラジン−1−カルボン酸フェニルアミ
ド;
4−[3−(2−ジメチルアミノ−エトキシ)−ベンジル]−ピペラジン−1−カ
ルボン酸フェニルアミド;
4−[3−(2−ピペリジン−1−イル−エトキシ)−ベンジル]−ピペラジン−
1−カルボン酸フェニルアミド;
4−[3−(3−ジメチルアミノ−プロポキシ)−ベンジル]−ピペラジン−1−
カルボン酸フェニルアミド;
4−[3−(3−ピペリジン−1−イル−プロポキシ)−ベンジル]−ピペラジン
−1−カルボン酸フェニルアミド;
4−(4−エトキシ−ベンジル)−ピペラジン−1−カルボン酸フェニルアミド;
4−[3−(3−クロロ−フェノキシ)−ベンジル]−ピペラジン−1−カルボン
酸フェニルアミド;
4−[3−(ナフタレン−2−イルオキシ)−ベンジル]−ピペラジン−1−カル
ボン酸フェニルアミド;
4−[3−(フェナントレン−9−イルオキシ)−ベンジル]−ピペラジン−1−
カルボン酸フェニルアミド;
4−[3−(4−フェニルカルバモイル−ピペラジン−1−イルメチル)−フェノ
キシ]−安息香酸メチルエステル;
4−[3−(4−メタンスルホニル−フェノキシ)−ベンジル]−ピペラジン−1
−カルボン酸フェニルアミド;
4−[3−(3−メトキシ−フェノキシ)−ベンジル]−ピペラジン−1−カルボ
ン酸フェニルアミド;
4−[3−(ベンゾ[1,3]ジオキソール−5−イルオキシ)−ベンジル]−ピ
ペラジン−1−カルボン酸フェニルアミド;
メタンスルホン酸3−(4−フェニルカルバモイル−ピペラジン−1−イルメチル
)−フェニルエステル;
ベンゼンスルホン酸3−(4−フェニルカルバモイル−ピペラジン−1−イルメチ
ル)−フェニルエステル;
4−クロロ−ベンゼンスルホン酸3−(4−フェニルカルバモイル−ピペラジン−
1−イルメチル)−フェニルエステル;
2−[(4−キノリン−3−イルメチル−ピペラジン−1−カルボニル)−アミノ
]−安息香酸;
3−[(4−キノリン−3−イルメチル−ピペラジン−1−カルボニル)−アミノ
]−安息香酸;
4−キノリン−3−イルメチル−ピペラジン−1−カルボン酸ピリジン−3−イル
アミド;
4−キノリン−3−イルメチル−ピペラジン−1−カルボン酸ピリジン−2−イル
アミド;
4−キノリン−3−イルメチル−ピペラジン−1−カルボン酸ピリジン−4−イル
アミド;
4−キノリン−3−イルメチル−ピペラジン−1−カルボン酸ピリミジン−2−イ
ルアミド;
4−ベンゾ[1,3]ジオキソール−5−イルメチル−ピペラジン−1−カルボン
酸ピリジン−3−イルアミド;
4−ベンゾ[1,3]ジオキソール−5−イルメチル−ピペラジン−1−カルボン
酸ピリジン−4−イルアミド;
4−ベンゾ[1,3]ジオキソール−5−イルメチル−ピペラジン−1−カルボン
酸ピリミジン−2−イルアミド;
4−ベンゾ[1,3]ジオキソール−5−イルメチル−ピペラジン−1−カルボン
酸ピリジン−2−イルアミド;
4−(2,2−ジフルオロ−ベンゾ[1,3]ジオキソール−5−イルメチル)−
ピペラジン−1−カルボン酸ピリジン−3−イルアミド;
4−(2,2−ジフルオロ−ベンゾ[1,3]ジオキソール−5−イルメチル)−
ピペラジン−1−カルボン酸ピリジン−4−イルアミド;
4−キノリン−3−イルメチル−ピペラジン−1−カルボン酸ピリミジン−4−イ
ルアミド;
4−(2,2−ジフルオロ−ベンゾ[1,3]ジオキソール−5−イルメチル)−
ピペラジン−1−カルボン酸ピリミジン−4−イルアミド;
4−(3,4−ジブロモ−ベンジル)−ピペラジン−1−カルボン酸ピリミジン−
4−イルアミド;
4−[(4−キノリン−3−イルメチル−ピペラジン−1−カルボニル)−アミノ
]−安息香酸;および
4−キノキサリン−2−イルメチル−ピペラジン−1−カルボン酸フェニルアミド

よりなる群から選択される化合物ならびにその製薬学的に許容しうる塩。
【請求項27】
4−(3,4−ジクロロ−ベンジル)−ピペラジン−1−カルボン酸フェニルア
ミド;
4−キノリン−3−イルメチル−ピペラジン−1−カルボン酸チアゾール−2−イ
ルアミド;
4−ベンゾ[1,3]ジオキソール−5−イルメチル−ピペラジン−1−カルボン
酸チアゾール−2−イルアミド;
4−(3,4−ジブロモ−ベンジル)−ピペラジン−1−カルボン酸メチル−フェ
ニル−アミド;
4−(2−メトキシ−ベンジル)−ピペラジン−1−カルボン酸フェニルアミド;
4−ベンゾフラン−2−イルメチル−ピペラジン−1−カルボン酸フェニルアミド

4−(3,4−ジブロモ−ベンジル)−ピペラジン−1−カルボン酸(4−ニトロ
−フェニル)−アミド;および
4−(3,4−ジブロモ−ベンジル)−ピペラジン−1−カルボン酸(4−トリフ
ルオロメチル−フェニル)−アミド
よりなる群から選択される化合物ならびにその製薬学的に許容しうる塩。
【請求項28】
式(I):
【化3】

[式中:
・Zは−N−もしくは>CHであり;
・Rは−Hもしくは−C1〜4アルキルであり;
・Arは、各々非置換のまたは1もしくは2個のR部分で炭素環員において置換された、2−チアゾリル、2−ピリジル、3−ピリジル、4−ピリジル、2−ピリミジニル、4−ピリミジニル、5−ピリミジニルもしくはフェニルであり;
ここで、各R部分は−C1〜4アルキル、−C2〜4アルケニル、−OH、−OC1〜4アルキル、ハロ、−CF、−OCF、−SCF、−SH、−S(O)0〜21〜4アルキル、−OSO1〜4アルキル、−CO1〜4アルキル、−COH、−COC1〜4アルキル、−N(R)R、−SONR、−NRSO、−C(=O)NR、−NOおよび−CNよりなる群から独立して選択され、ここで、RおよびRは各々独立して−Hもしくは−C1〜4アルキルであり;そして・Arは:
(a)フェナントレニル、ピレニル、フルオレニル、ナフチルもしくはN−R−9H−カルバゾリル部分、ここで、Rは−H、−C1〜4アルキルおよびフェニルよりなる群から選択され、各該部分は非置換であるかまたは1、2もしくは3個のR置換基で置換され、
ここで、各R置換基は−C1〜4アルキル、−C2〜4アルケニル、−OH、−OC1〜4アルキル、ハロ、−CF、−OCF、−SCF、−SH、−S(O)0〜21〜4アルキル、−OSO1〜4アルキル、−CO1〜4アルキル、−COH、−COC1〜4アルキル、−N(R)R、−SONR、−NRSO、−C(=O)NR、−NOおよび−CNよりなる群から独立して選択され、ここで、RおよびRは前に定義したとおりである;
(b)非置換のまたは1、2もしくは3個の前に定義したとおりのR置換基で置換された、縮合環構造を形成するために0もしくは1個の二重結合を有する−(CH3〜5−、−OCHCHO−、−OCFO−および−OCHO−よりなる群から選択される基に2個の隣接する環炭素原子において縮合したフェニル;
(c)Ar、ここで、Arは非置換のまたは1、2もしくは3個の前に定義したとおりのR置換基で置換された、1もしくは2個の窒素へテロ原子を有する、結合点として炭素を有する6員の単環式ヘテロアリ−ルである;
(d)環結合点として炭素原子を有する、N、OおよびSよりなる群から選択される1個のヘテロ原子を有し、そして場合により窒素で置換された4個までの追加の炭素環原子を有していてもよい、9もしくは10員の縮合した二環式ヘテロアリ−ル、該縮合した二環式ヘテロアリ−ルは5個以下のヘテロ原子を有し、そして非置換であるかまたは1、2もしくは3個の前に定義したとおりのR置換基で置換される;
(e)Rで3もしくは4位において置換され、そして場合により1、2もしくは3個の
置換基Rでさらに置換されていてもよいフェニル、
ここで、各Rは場合により−NR(ここで、RおよびRは各々独立して−Hもしくは−C1〜8アルキルであるか、またはRおよびRは結合の窒素環原子と一緒になって場合によりO、S、>NHもしくは>NC1〜4アルキルで置換された1個の追加の炭素環原子を有していてもよい5、6もしくは7員のヘテロシクロアルキル環を形成する)で置換されていてもよい−C2〜8アルキル、−C2〜8アルケニル、−OC3〜8シクロアルキル、−OC3〜8ヘテロシクロアルキルおよび−O−C2〜10アルキルよりなる群から独立して選択され;そして
各R置換基は−C1〜4アルキル、−C2〜4アルケニル、−OH、−OC1〜4アルキル、ハロ、−CF、−OCF、−SCF、−SH、−S(O)0〜21〜4アルキル、−OSO1〜4アルキル、−CO1〜4アルキル、−COH、−COC1〜4アルキル、−N(R)R、−SONR、−NRSO、−C(=O)NR、−NOおよび−CNよりなる群から独立して選択され、ここで、RおよびRは前に定義したとおりである;
(f)−L−Arで3もしくは4位において置換されたフェニル、ここで:
・Lは−(CH1〜3−、−CH=CH−、−O−、−OCH−、−CHO−、−NH−、>NC1〜4アルキル、>S(=O)0〜2、−OSO−、−CΞC−、−C(=O)−および共有結合よりなる群から選択されるリンカーであり;そして
・Arは:
(1)フェニル、ナフチルおよびフェナントレニル、
(2)Ar6’、ここで、Ar6’は1もしくは2個の窒素へテロ原子を有する、結合点として炭素を有する6員の単環式ヘテロアリ−ルである、
(3)Ar5’、ここで、Ar5’はO、S、>NHおよび>NR(ここで、Rは−C1〜8アルキルもしくは−C0〜3フェンアルキルである)よりなる群から選択される1個のヘテロ原子を有し、そして0、1、2もしくは3個の追加の窒素へテロ原子を有する、結合点として炭素を有する5員の単環式ヘテロアリ−ルである、ならびに
(4)環結合点として炭素を有する、N、OおよびSよりなる群から選択される1個のヘテロ原子を有し、そして場合により窒素で置換された4個までの追加の炭素環原子を有していてもよい、9もしくは10員の縮合した二環式ヘテロアリ−ル、該縮合した二環式ヘテロアリ−ルは5個以下のヘテロ原子を有する
よりなる群から選択される部分であり;
ここで、部分(1)〜(4)の各々は縮合環構造を形成するために場合により隣接する炭素上で−OC1〜4アルキレンO−、−(CH2〜3NH−、−(CH1〜2NH(CH)−、−(CH2〜3N(C1〜4アルキル)−もしくは−(CH1〜2N(C1〜4アルキル)(CH)−でジ置換されていてもよく、そして場合により1、2もしくは3個の置換基Rでさらに置換されていてもよく、
ここで、各R置換基は−C1〜4アルキル、−C2〜4アルケニル、−OH、−OC1〜4アルキル、ハロ、−CF、−OCF、−SCF、−SH、−S(O)0〜21〜4アルキル、−OSO1〜4アルキル、−CO1〜4アルキル、−COH、−COC1〜4アルキル、−N(R)R、−SONR、−NRSO、−C(=O)NR、−NOおよび−CNよりなる群から独立して選択され、ここで、RおよびRは前に定義したとおりである;
(g)非置換のまたは1、2もしくは3個の置換基Rで置換された、2−ヒドロキシフェニルもしくは2−メトキシフェニル、
ここで、各R置換基は−CH、6−C2〜4アルキル、6−C2〜4アルケニル、−OH、−OCH、6−OC2〜6アルキル、ハロ、−CF、−OCF、−SCF、−SH、−SC1〜4アルキル、−SO1〜4アルキル、−CO1〜4アルキル、−COH、−COC1〜4アルキル、−N(R)R、−SONR、−NRSO、−C(=O)NR、−NOおよび−CNよりなる群から独立して選択され、ここで、RおよびRは前に定義したとおりである;
(h)非置換のまたは1、2もしくは3個の置換基Rで置換された4−ハロフェニル、
ここで、各R置換基は−CH、2−C2〜4アルキル、2−C2〜4アルケニル、3−ヒドロキシ、4−ヒドロキシ、−OCH、2−OC2〜6アルキル、ハロ、−CF、−OCF、−SCF、−SH、−SC1〜4アルキル、−SO1〜4アルキル、−CO1〜4アルキル、−COH、−COC1〜4アルキル、−N(R)R、−SONR、−NRSO、−C(=O)NR、−NOおよび−CNよりなる群から独立して選択され、ここで、RおよびRは前に定義したとおりである;あるいは
(i)2−ブロモフェニル、3−メチルフェニル、3−メトキシフェニル、4−メトキシフェニルもしくは3,4−ジメトキシフェニル
である]
の化合物またはそのような化合物の製薬学的に許容しうる塩、製薬学的に許容しうるプロドラッグもしくは製薬学的に活性の代謝物の有効量を処置を必要とする患者に投与することを含んでなる、FAAH活性により媒介される疾患、障害もしくは医学的症状を患っているかもしくは診断される患者の処置方法。
【請求項29】
式(I):
【化4】

[式中:
・Zは−N−もしくは>CHであり;
・Rは−Hもしくは−C1〜4アルキルであり;
・Arは、各々非置換のまたは1もしくは2個のR部分で炭素環員において置換された、2−チアゾリル、2−ピリジル、3−ピリジル、4−ピリジル、2−ピリミジニル、4−ピリミジニル、5−ピリミジニルもしくはフェニルであり;
ここで、各R部分はエチル、イソプロピル、tert−ブチル、−C2〜4アルケニル、−OH、−OC1〜4アルキル、ハロ、−CF、−OCF、−SCF、−SH、−S(O)0〜21〜4アルキル、−OSO1〜4アルキル、−COC1〜4アルキル、−N(R)R、−SONR、−NRSO、−C(=O)NR、−NOおよび−CNよりなる群から独立して選択され、ここで、RおよびRは各々独立して−Hもしくは−C1〜4アルキルであり;そして
・Arは:
(a)縮合環構造を形成するために−OCHO−よりなる群から選択される基に2個の隣接する環炭素原子において縮合したフェニル;各フェニル部分はさらに非置換であるかまたは1、2もしくは3個のR置換基で置換され、
ここで、各R置換基は−C1〜4アルキル、−C2〜4アルケニル、−OH、−OC1〜4アルキル、ハロ、−CF、−OCF、−SCF、−SH、−S(O)0〜21〜4アルキル、−OSO1〜4アルキル、−CO1〜4アルキル、−COH、−COC1〜4アルキル、−N(R)R、−SONR、−NRSO、−C(=O)NR、−NOおよび−CNよりなる群から独立して選択され、ここで、RおよびRは前に定義したとおりである;あるいは
(b)Ar、ここで、Arは、非置換のまたは1、2もしくは3個の前に定義したとおりのR置換基で置換された、フラニル、オキサゾリル、イソオキサゾリル、1,2,3−オキサジアゾリル、1,2,4−オキサジアゾリル、チオフェニル、チアゾリル、イソチアゾリル、ピロリル、ピラゾリル、1,2,3−トリアゾリル、1,2,4−トリアゾリルもしくはテトラゾリルである
である]
の化合物またはそのような化合物の製薬学的に許容しうる塩、製薬学的に許容しうるプロドラッグもしくは製薬学的に活性の代謝物の有効量を処置を必要とする患者に投与することを含んでなる、FAAH活性により媒介される疾患、障害もしくは医学的症状を患っているかもしくは診断される患者の処置方法。
【請求項30】
4−ナフタレン−2−イルメチル−ピペラジン−1−カルボン酸フェニルアミド

4−キノリン−2−イルメチル−ピペラジン−1−カルボン酸フェニルアミド;
4−ベンゾ[b]チオフェン−2−イルメチル−ピペラジン−1−カルボン酸フェ
ニルアミド;
4−(3,4−ジブロモ−ベンジル)−ピペラジン−1−カルボン酸フェニルアミ
ド;
4−(1−メチル−1H−インドール−2−イルメチル)−ピペラジン−1−カル
ボン酸フェニルアミド;
4−キノリン−3−イルメチル−ピペラジン−1−カルボン酸フェニルアミド;
4−(4−ヨード−ベンジル)−ピペラジン−1−カルボン酸フェニルアミド;
4−(3−ベンジルオキシ−ベンジル)−ピペラジン−1−カルボン酸フェニルア
ミド;
4−(5−ブロモ−2−ヒドロキシ−3−メトキシ−ベンジル)−ピペラジン−1
−カルボン酸フェニルアミド;
4−(4−ブロモ−ベンジル)−ピペラジン−1−カルボン酸フェニルアミド;
4−(3−フェノキシ−ベンジル)−ピペラジン−1−カルボン酸フェニルアミド

4−(3−ブロモ−4−フルオロ−ベンジル)−ピペラジン−1−カルボン酸フェ
ニルアミド;
4−インダン−5−イルメチル−ピペラジン−1−カルボン酸フェニルアミド;
4−ベンゾ[b]チオフェン−3−イルメチル−ピペラジン−1−カルボン酸フェ
ニルアミド;
4−(4−イソプロピル−ベンジル)−ピペラジン−1−カルボン酸フェニルアミ
ド;
4−(4−エチル−ベンジル)−ピペラジン−1−カルボン酸フェニルアミド;
4−(5−ブロモ−2−ヒドロキシ−ベンジル)−ピペラジン−1−カルボン酸フ
ェニルアミド;
4−(2,3−ジヒドロ−ベンゾ[1,4]ジオキシン−6−イルメチル)−ピペ
ラジン−1−カルボン酸フェニルアミド;
4−(4−メトキシ−ベンジル)−ピペラジン−1−カルボン酸フェニルアミド;
4−(3−ビニル−ベンジル)−ピペラジン−1−カルボン酸フェニルアミド;
4−(2,3−ジヒドロ−ベンゾフラン−5−イルメチル)−ピペラジン−1−カ
ルボン酸フェニルアミド;
4−(3−メトキシ−ベンジル)−ピペラジン−1−カルボン酸フェニルアミド;
4−ナフタレン−1−イルメチル−ピペラジン−1−カルボン酸フェニルアミド;
4−(2−ヒドロキシ−ベンジル)−ピペラジン−1−カルボン酸フェニルアミド

4−(3−メチル−ベンジル)−ピペラジン−1−カルボン酸フェニルアミド;
4−(1H−インドール−5−イルメチル)−ピペラジン−1−カルボン酸フェニ
ルアミド;
4−(3,4−ジメトキシ−ベンジル)−ピペラジン−1−カルボン酸フェニルア
ミド;
4−ピリジン−4−イルメチル−ピペラジン−1−カルボン酸フェニルアミド;
4−ピリジン−2−イルメチル−ピペラジン−1−カルボン酸フェニルアミド;
4−ピリジン−3−イルメチル−ピペラジン−1−カルボン酸フェニルアミド;
4−(4−イソプロポキシ−ベンジル)−ピペラジン−1−カルボン酸フェニルア
ミド;
4−ビフェニル−4−イルメチル−ピペラジン−1−カルボン酸フェニルアミド;
4−キノリン−4−イルメチル−ピペラジン−1−カルボン酸フェニルアミド;
4−ベンゾ[1,3]ジオキソール−4−イルメチル−ピペラジン−1−カルボン
酸フェニルアミド;
4−(2,2−ジフルオロ−ベンゾ[1,3]ジオキソール−5−イルメチル)−
ピペラジン−1−カルボン酸フェニルアミド;
4−(1−メチル−1H−インドール−5−イルメチル)−ピペラジン−1−カル
ボン酸フェニルアミド;
4−(6−クロロ−キノリン−2−イルメチル)−ピペラジン−1−カルボン酸フ
ェニルアミド;
4−(8−クロロ−キノリン−2−イルメチル)−ピペラジン−1−カルボン酸フ
ェニルアミド;
4−(2−クロロ−キノリン−3−イルメチル)−ピペラジン−1−カルボン酸フ
ェニルアミド;
4−ナフタレン−2−イルメチル−ピペラジン−1−カルボン酸(4−フルオロ−
フェニル)−アミド;
4−キノリン−2−イルメチル−ピペラジン−1−カルボン酸(4−フルオロ−フ
ェニル)−アミド;
4−(1−ヒドロキシ−ナフタレン−2−イルメチル)−ピペラジン−1−カルボ
ン酸フェニルアミド;
4−[3−(4−クロロ−フェノキシ)−ベンジル]−ピペラジン−1−カルボン
酸フェニルアミド;
4−[3−(3,4−ジクロロ−フェノキシ)−ベンジル]−ピペラジン−1−カ
ルボン酸フェニルアミド;
4−(3−p−トリルオキシ−ベンジル)−ピペラジン−1−カルボン酸フェニル
アミド;
4−[3−(4−tert−ブチル−フェノキシ)−ベンジル]−ピペラジン−1
−カルボン酸フェニルアミド;
4−[3−(3−トリフルオロメチル−フェノキシ)−ベンジル]−ピペラジン−
1−カルボン酸フェニルアミド;
4−[3−(4−メトキシ−フェノキシ)−ベンジル]−ピペラジン−1−カルボ
ン酸フェニルアミド;
4−(6−メトキシ−ナフタレン−2−イルメチル)−ピペラジン−1−カルボン
酸フェニルアミド;
4−フェナントレン−9−イルメチル−ピペラジン−1−カルボン酸フェニルアミ
ド;
4−ピレン−1−イルメチル−ピペラジン−1−カルボン酸フェニルアミド;
4−(6−クロロ−キノリン−3−イルメチル)−ピペラジン−1−カルボン酸フ
ェニルアミド;
4−ビフェニル−3−イルメチル−ピペラジン−1−カルボン酸フェニルアミド;
4−(6−ブロモ−ピリジン−2−イルメチル)−ピペラジン−1−カルボン酸フ
ェニルアミド;
4−[3−(4−クロロ−ベンゼンスルホニル)−ベンジル]−ピペラジン−1−
カルボン酸フェニルアミド;
4−(1H−インドール−6−イルメチル)−ピペラジン−1−カルボン酸フェニ
ルアミド;
4−(4−フェノキシ−ベンジル)−ピペラジン−1−カルボン酸フェニルアミド

4−(2−クロロ−8−メチル−キノリン−3−イルメチル)−ピペラジン−1−
カルボン酸フェニルアミド;
4−(1−メチル−1H−インドール−6−イルメチル)−ピペラジン−1−カル
ボン酸フェニルアミド;
4−(4−ベンジルオキシ−ベンジル)−ピペラジン−1−カルボン酸フェニルア
ミド;
4−[3−(3,5−ジクロロ−フェノキシ)−ベンジル]−ピペラジン−1−カ
ルボン酸フェニルアミド;
4−(9H−フルオレン−2−イルメチル)−ピペラジン−1−カルボン酸フェニ
ルアミド;
4−(9−エチル−9H−カルバゾール−3−イルメチル)−ピペラジン−1−カ
ルボン酸フェニルアミド;
4−(4−スチリル−ベンジル)−ピペラジン−1−カルボン酸フェニルアミド;
4−(4−クロロ−3−トリフルオロメチル−ベンジル)−ピペラジン−1−カル
ボン酸フェニルアミド;
4−[2,5−ジメチル−1−(3−トリフルオロメチル−フェニル)−1H−ピ
ロール−3−イルメチル]−ピペラジン−1−カルボン酸フェニルアミド;
4−(2−ブロモ−ベンジル)−ピペラジン−1−カルボン酸フェニルアミド;
4−(3,4−ジブロモ−ベンジル)−ピペラジン−1−カルボン酸(3−フルオ
ロ−フェニル)−アミド;
4−(3,4−ジブロモ−ベンジル)−ピペラジン−1−カルボン酸(4−フルオ
ロ−フェニル)−アミド;
4−(3,4−ジブロモ−ベンジル)−ピペラジン−1−カルボン酸(3−メトキ
シ−フェニル)−アミド;
4−(3,4−ジブロモ−ベンジル)−ピペラジン−1−カルボン酸m−トリルア
ミド;
4−(3,4−ジブロモ−ベンジル)−ピペラジン−1−カルボン酸(2−フルオ
ロ−フェニル)−アミド;
4−(3,4−ジブロモ−ベンジル)−ピペラジン−1−カルボン酸(4−メトキ
シ−フェニル)−アミド;
4−(3,4−ジブロモ−ベンジル)−ピペラジン−1−カルボン酸(2−メトキ
シ−フェニル)−アミド;
4−(3,4−ジブロモ−ベンジル)−ピペラジン−1−カルボン酸(3−クロロ
−フェニル)−アミド;
4−(3,4−ジブロモ−ベンジル)−ピペラジン−1−カルボン酸(2−クロロ
−フェニル)−アミド;
4−(3,4−ジブロモ−ベンジル)−ピペラジン−1−カルボン酸p−トリルア
ミド;
4−(3,4−ジブロモ−ベンジル)−ピペラジン−1−カルボン酸(4−クロロ
−フェニル)−アミド;
4−(3,4−ジブロモ−ベンジル)−ピペラジン−1−カルボン酸o−トリルア
ミド;
4−キノリン−3−イルメチル−ピペラジン−1−カルボン酸(3−フルオロ−フ
ェニル)−アミド;
4−キノリン−3−イルメチル−ピペラジン−1−カルボン酸(4−フルオロ−フ
ェニル)−アミド;
4−キノリン−3−イルメチル−ピペラジン−1−カルボン酸(2−クロロ−フェ
ニル)−アミド;
4−キノリン−3−イルメチル−ピペラジン−1−カルボン酸(3−クロロ−フェ
ニル)−アミド;
4−キノリン−3−イルメチル−ピペラジン−1−カルボン酸(4−クロロ−フェ
ニル)−アミド;
4−キノリン−3−イルメチル−ピペラジン−1−カルボン酸(2−メトキシ−フ
ェニル)−アミド;
4−キノリン−3−イルメチル−ピペラジン−1−カルボン酸o−トリルアミド;
4−キノリン−3−イルメチル−ピペラジン−1−カルボン酸p−トリルアミド;
2−[(4−キノリン−3−イルメチル−ピペラジン−1−カルボニル)−アミノ
]−安息香酸メチルエステル;
3−[(4−キノリン−3−イルメチル−ピペラジン−1−カルボニル)−アミノ
]−安息香酸メチルエステル;
4−[(4−キノリン−3−イルメチル−ピペラジン−1−カルボニル)−アミノ
]−安息香酸メチルエステル;
4−キノリン−3−イルメチル−ピペラジン−1−カルボン酸(4−メトキシ−フ
ェニル)−アミド;
4−キノリン−3−イルメチル−ピペラジン−1−カルボン酸m−トリルアミド;
4−キノリン−3−イルメチル−ピペラジン−1−カルボン酸(3−メトキシ−フ
ェニル)−アミド;
4−キノリン−3−イルメチル−ピペラジン−1−カルボン酸(2,4−ジフルオ
ロ−フェニル)−アミド;
4−キノリン−3−イルメチル−ピペラジン−1−カルボン酸(2−フルオロ−フ
ェニル)−アミド;
4−ベンジル−ピペリジン−1−カルボン酸p−トリルアミド;
4−ベンジル−ピペリジン−1−カルボン酸m−トリルアミド;
4−ベンジル−ピペリジン−1−カルボン酸(2−クロロ−フェニル)−アミド;
4−(3,4−ジブロモ−ベンジル)−ピペラジン−1−カルボン酸ピリジン−4
−イルアミド;
4−(3,4−ジブロモ−ベンジル)−ピペラジン−1−カルボン酸ピリジン−2
−イルアミド;
4−(3,4−ジブロモ−ベンジル)−ピペラジン−1−カルボン酸ピリジン−3
−イルアミド;
4−(4−シクロヘキシルオキシ−ベンジル)−ピペラジン−1−カルボン酸フェ
ニルアミド;
4−(3−プロポキシ−ベンジル)−ピペラジン−1−カルボン酸フェニルアミド

4−(3−イソブトキシ−ベンジル)−ピペラジン−1−カルボン酸フェニルアミ
ド;
4−(3−エトキシ−ベンジル)−ピペラジン−1−カルボン酸フェニルアミド;
4−(4−プロポキシ−ベンジル)−ピペラジン−1−カルボン酸フェニルアミド

4−(4−イソブトキシ−ベンジル)−ピペラジン−1−カルボン酸フェニルアミ
ド;
4−[3−(2−ジメチルアミノ−エトキシ)−ベンジル]−ピペラジン−1−カ
ルボン酸フェニルアミド;
4−[3−(2−ピペリジン−1−イル−エトキシ)−ベンジル]−ピペラジン−
1−カルボン酸フェニルアミド;
4−[3−(3−ジメチルアミノ−プロポキシ)−ベンジル]−ピペラジン−1−
カルボン酸フェニルアミド;
4−[3−(3−ピペリジン−1−イル−プロポキシ)−ベンジル]−ピペラジン
−1−カルボン酸フェニルアミド;
4−(4−エトキシ−ベンジル)−ピペラジン−1−カルボン酸フェニルアミド;
4−[3−(3−クロロ−フェノキシ)−ベンジル]−ピペラジン−1−カルボン
酸フェニルアミド;
4−[3−(ナフタレン−2−イルオキシ)−ベンジル]−ピペラジン−1−カル
ボン酸フェニルアミド;
4−[3−(フェナントレン−9−イルオキシ)−ベンジル]−ピペラジン−1−
カルボン酸フェニルアミド;
4−[3−(4−フェニルカルバモイル−ピペラジン−1−イルメチル)−フェノ
キシ]−安息香酸メチルエステル;
4−[3−(4−メタンスルホニル−フェノキシ)−ベンジル]−ピペラジン−1
−カルボン酸フェニルアミド;
4−[3−(3−メトキシ−フェノキシ)−ベンジル]−ピペラジン−1−カルボ
ン酸フェニルアミド;
4−[3−(ベンゾ[1,3]ジオキソール−5−イルオキシ)−ベンジル]−ピ
ペラジン−1−カルボン酸フェニルアミド;
メタンスルホン酸3−(4−フェニルカルバモイル−ピペラジン−1−イルメチル
)−フェニルエステル;
ベンゼンスルホン酸3−(4−フェニルカルバモイル−ピペラジン−1−イルメチ
ル)−フェニルエステル;
4−クロロ−ベンゼンスルホン酸3−(4−フェニルカルバモイル−ピペラジン−
1−イルメチル)−フェニルエステル;
2−[(4−キノリン−3−イルメチル−ピペラジン−1−カルボニル)−アミノ
]−安息香酸;
3−[(4−キノリン−3−イルメチル−ピペラジン−1−カルボニル)−アミノ
]−安息香酸;
4−キノリン−3−イルメチル−ピペラジン−1−カルボン酸ピリジン−3−イル
アミド;
4−キノリン−3−イルメチル−ピペラジン−1−カルボン酸ピリジン−2−イル
アミド;
4−キノリン−3−イルメチル−ピペラジン−1−カルボン酸ピリジン−4−イル
アミド;
4−キノリン−3−イルメチル−ピペラジン−1−カルボン酸ピリミジン−2−イ
ルアミド;
4−ベンゾ[1,3]ジオキソール−5−イルメチル−ピペラジン−1−カルボン
酸ピリジン−3−イルアミド;
4−ベンゾ[1,3]ジオキソール−5−イルメチル−ピペラジン−1−カルボン
酸ピリジン−4−イルアミド;
4−ベンゾ[1,3]ジオキソール−5−イルメチル−ピペラジン−1−カルボン
酸ピリミジン−2−イルアミド;
4−ベンゾ[1,3]ジオキソール−5−イルメチル−ピペラジン−1−カルボン
酸ピリジン−2−イルアミド;
4−(2,2−ジフルオロ−ベンゾ[1,3]ジオキソール−5−イルメチル)−
ピペラジン−1−カルボン酸ピリジン−3−イルアミド;
4−(2,2−ジフルオロ−ベンゾ[1,3]ジオキソール−5−イルメチル)−
ピペラジン−1−カルボン酸ピリジン−4−イルアミド;
4−キノリン−3−イルメチル−ピペラジン−1−カルボン酸ピリミジン−4−イ
ルアミド;
4−(2,2−ジフルオロ−ベンゾ[1,3]ジオキソール−5−イルメチル)−
ピペラジン−1−カルボン酸ピリミジン−4−イルアミド;
4−(3,4−ジブロモ−ベンジル)−ピペラジン−1−カルボン酸ピリミジン−
4−イルアミド;
4−[(4−キノリン−3−イルメチル−ピペラジン−1−カルボニル)−アミノ
]−安息香酸;
4−キノキサリン−2−イルメチル−ピペラジン−1−カルボン酸フェニルアミド

4−(3,4−ジクロロ−ベンジル)−ピペラジン−1−カルボン酸フェニルアミ
ド;
4−キノリン−3−イルメチル−ピペラジン−1−カルボン酸チアゾール−2−イ
ルアミド;
4−ベンゾ[1,3]ジオキソール−5−イルメチル−ピペラジン−1−カルボン
酸チアゾール−2−イルアミド;
4−(3,4−ジブロモ−ベンジル)−ピペラジン−1−カルボン酸メチル−フェ
ニル−アミド;
4−(2−メトキシ−ベンジル)−ピペラジン−1−カルボン酸フェニルアミド;
4−ベンゾフラン−2−イルメチル−ピペラジン−1−カルボン酸フェニルアミド

4−(3,4−ジブロモ−ベンジル)−ピペラジン−1−カルボン酸(4−ニトロ
−フェニル)−アミド;
4−(3,4−ジブロモ−ベンジル)−ピペラジン−1−カルボン酸(4−トリフ
ルオロメチル−フェニル)−アミド;
4−ベンゾ[1,3]ジオキソール−5−イルメチル−ピペラジン−1−カルボン
酸フェニルアミド;および
4−ベンゾ[1,3]ジオキソール−5−イルメチル−ピペラジン−1−カルボン
酸(4−フルオロ−フェニル)−アミド;
ならびにその製薬学的に許容しうる塩よりなる群から選択される薬剤の有効量を処置を必要とする患者に投与することを含んでなる、FAAH活性により媒介される疾患、障害もしくは医学的症状を患っているかもしくは診断される患者の処置方法。
【請求項31】
疾患、障害もしくは医学的症状が:不安、疼痛、睡眠障害、摂食障害、炎症、運動障害、HIV消耗性症候群、閉鎖性頭部損傷、発作、アルツハイマー病、癲癇、トゥーレット症候群、ニーマン・ピック病、パーキンソン病、ハンチントン舞踏病、視神経炎、自己免疫性ブドウ膜炎、薬物離脱症状、悪心、嘔吐、性機能障害、外傷後ストレス障害、脳血管痙攣、緑内障、過敏性腸症候群、炎症性腸疾患、免疫抑制、胃食道逆流性疾患、麻痺性イレウス、分泌性下痢、胃潰瘍、関節リウマチ、望まれていない妊娠、高血圧、癌、肝炎、アレルギー性気道疾患、自己免疫性糖尿病、難治性掻痒および神経炎症よりなる群から選択される請求項28もしくは29に記載の方法。
【請求項32】
疾患、障害もしくは医学的症状が:不安、疼痛、炎症、睡眠障害、摂食障害および運動障害よりなる群から選択される請求項28もしくは29に記載の方法。
【請求項33】
疾患、障害もしくは医学的症状が多発性硬化症である請求項28もしくは29に記載の方法。
【請求項34】
疾患、障害もしくは医学的症状が炎症における疼痛である請求項28もしくは29に記載の方法。
【請求項35】
(a)式(I):
【化5】

[式中:
・Zは−N−もしくは>CHであり;
・Rは−Hもしくは−C1〜4アルキルであり;
・Arは、各々非置換のまたは1もしくは2個のR部分で炭素環員において置換された、2−チアゾリル、2−ピリジル、3−ピリジル、4−ピリジル、2−ピリミジニル、4−ピリミジニル、5−ピリミジニルもしくはフェニルであり;
ここで、各R部分は−C1〜4アルキル、−C2〜4アルケニル、−OH、−OC1〜4アルキル、ハロ、−CF、−OCF、−SCF、−SH、−S(O)0〜21〜4アルキル、−OSO1〜4アルキル、−CO1〜4アルキル、−COH、−COC1〜4アルキル、−N(R)R、−SONR、−NRSO、−C(=O)NR、−NOおよび−CNよりなる群から独立して選択され、ここで、RおよびRは各々独立して−Hもしくは−C1〜4アルキルであり;そして・Arは:
(a)非置換の1−ナフチル;またはフェナントレニル、ピレニル、フルオレニル、2−ナフチルもしくはN−R−9H−カルバゾリル部分、ここで、Rは−H、−C1〜4アルキルおよびフェニルよりなる群から選択され、各該部分は非置換であるかまたは1、2もしくは3個のR置換基で置換され、
ここで、各R置換基は−C1〜4アルキル、−C2〜4アルケニル、−OH、−OC1〜4アルキル、ハロ、−CF、−OCF、−SCF、−SH、−S(O)0〜21〜4アルキル、−OSO1〜4アルキル、−CO1〜4アルキル、−COH、−COC1〜4アルキル、−N(R)R、−SONR、−NRSO、−C(=O)NR、−NOおよび−CNよりなる群から独立して選択され、ここで、RおよびRは前に定義したとおりである;
(b)縮合環構造を形成するために0もしくは1個の二重結合を有する−(CH3〜5−、−OCHCHO−および−OCFO−から選択される基に2個の隣接する環炭素原子において縮合したフェニル;または4−ベンゾ[1,3]ジオキソリルを形成するために−OCHO−で隣接する環炭素原子上で置換されたフェニル;各フェニル部分はさらに非置換であるかまたは1、2もしくは3個の前に定義したとおりのR置換基で置換される;
(c)Ar、ここで、Arは、非置換のまたは1、2もしくは3個の前に定義したとおりのR置換基で置換された、1もしくは2個の窒素へテロ原子を有する、結合点として炭素を有する6員の単環式ヘテロアリ−ルである;
(d)環結合点として炭素原子を有する、N、OおよびSよりなる群から選択される1個のヘテロ原子を有し、そして場合により窒素で置換された4個までの追加の炭素環原子を有していてもよい、9もしくは10員の縮合した二環式ヘテロアリ−ル、該縮合した二環式ヘテロアリ−ルは5個以下のヘテロ原子を有し、そして非置換であるかまたは1、2もしくは3個の前に定義したとおりのR置換基で置換される;
(e)Rで3もしくは4位において置換され、そして場合により1、2もしくは3個の置換基Rでさらに置換されていてもよいフェニル、
ここで、各Rは場合により−NR(ここで、RおよびRは各々独立して−Hもしくは−C1〜8アルキルであるか、またはRおよびRは結合の窒素環原子と一緒になって場合によりO、S、>NHもしくは>NC1〜4アルキルで置換された1個の追加の炭素環原子を有していてもよい5、6もしくは7員のヘテロシクロアルキル環を形成する)で置換されていてもよい−C2〜8アルキル、−C2〜8アルケニル、−OC
〜8シクロアルキル、−OC3〜8ヘテロシクロアルキルおよび−O−C2〜10アルキルよりなる群から独立して選択され;そして
各R置換基は−C1〜4アルキル、−C2〜4アルケニル、−OH、−OC1〜4アルキル、ハロ、−CF、−OCF、−SCF、−SH、−S(O)0〜21〜4アルキル、−OSO1〜4アルキル、−CO1〜4アルキル、−COH、−COC1〜4アルキル、−N(R)R、−SONR、−NRSO、−C(=O)NR、−NOおよび−CNよりなる群から独立して選択され、ここで、RおよびRは前に定義したとおりである;
(f)−L−Arで3もしくは4位において置換されたフェニル、ここで:
・Lは−(CH1〜3−、−CH=CH−、−O−、−OCH−、−CHO−、−NH−、>NC1〜4アルキル、>S(=O)0〜2、−OSO−、−CΞC−、−C(=O)−および共有結合よりなる群から選択されるリンカーであり;そして
・Arは:
(1)フェニル、ナフチルおよびフェナントレニル、
(2)Ar6’、ここで、Ar6’は1もしくは2個の窒素へテロ原子を有する、結合点として炭素を有する6員の単環式ヘテロアリ−ルである、
(3)Ar5’、ここで、Ar5’はO、S、>NHおよび>NR(ここで、Rは−C1〜8アルキルもしくは−C0〜3フェンアルキルである)よりなる群から選択される1個のヘテロ原子を有し、そして0、1、2もしくは3個の追加の窒素へテロ原子を有する、結合点として炭素を有する5員の単環式ヘテロアリ−ルである、ならびに
(4)環結合点として炭素を有する、N、OおよびSよりなる群から選択される1個のヘテロ原子を有し、そして場合により窒素で置換された4個までの追加の炭素環原子を有していてもよい、9もしくは10員の縮合した二環式ヘテロアリ−ル、該縮合した二環式ヘテロアリ−ルは5個以下のヘテロ原子を有する
よりなる群から選択される部分であり;
ここで、部分(1)〜(4)の各々は縮合環構造を形成するために場合により隣接する炭素上で−OC1〜4アルキレンO−、−(CH2〜3NH−、−(CH1〜2NH(CH)−、−(CH2〜3N(C1〜4アルキル)−もしくは−(CH1〜2N(C1〜4アルキル)(CH)−でジ置換されていてもよく、そして場合により1、2もしくは3個の置換基Rでさらに置換されていてもよく、
ここで、各R置換基は−C1〜4アルキル、−C2〜4アルケニル、−OH、−OC1〜4アルキル、ハロ、−CF、−OCF、−SCF、−SH、−S(O)0〜21〜4アルキル、−OSO1〜4アルキル、−CO1〜4アルキル、−COH、−COC1〜4アルキル、−N(R)R、−SONR、−NRSO、−C(=O)NR、−NOおよび−CNよりなる群から独立して選択され、ここで、RおよびRは前に定義したとおりである;
(g)非置換のまたは1、2もしくは3個の置換基Rで置換された、2−ヒドロキシフェニルもしくは2−メトキシフェニル、
ここで、各R置換基は−CH、6−C2〜4アルキル、6−C2〜4アルケニル、−OH、−OCH、6−OC2〜6アルキル、ハロ、−CF、−OCF、−SCF、−SH、−SC1〜4アルキル、−SO1〜4アルキル、−CO1〜4アルキル、−COH、−COC1〜4アルキル、−N(R)R、−SONR、−NRSO、−C(=O)NR、−NOおよび−CNよりなる群から独立して選択され、ここで、RおよびRは前に定義したとおりである;
(h)非置換のまたは1、2もしくは3個の置換基Rで置換された4−ハロフェニル、
ここで、各R置換基は−CH、2−C2〜4アルキル、2−C2〜4アルケニル、3−ヒドロキシ、4−ヒドロキシ、−OCH、2−OC2〜6アルキル、ハロ、−CF、−OCF、−SCF、−SH、−SC1〜4アルキル、−SO1〜4アルキル、−CO1〜4アルキル、−COH、−COC1〜4アルキル、−N(R)R、−SONR、−NRSO、−C(=O)NR、−NOおよ
び−CNよりなる群から独立して選択され、ここで、RおよびRは前に定義したとおりである;あるいは
(i)2−ブロモフェニル、3−メチルフェニル、3−メトキシフェニル、4−メトキシフェニルもしくは3,4−ジメトキシフェニル
であり;
ここで、Arが4−フルオロフェニル、3,4−ジフルオロフェニル、4−クロロフェニルもしくは3−メトキシフェニルである場合、Arは非置換のフェニルまたは4−Cl、−NO、−CFもしくは4−COEtで置換されたフェニルではなく;そして
ここで、Arが3,4−ジクロロフェニルである場合、Arは4−Cl、−NO、−CFもしくは4−COEtで置換されたフェニルではない]
の化合物ならびにその製薬学的に許容しうる塩、製薬学的に許容しうるプロドラッグおよび製薬学的に活性の代謝物よりなる群から選択される薬剤の有効量;および
(b)製薬学的に許容しうる賦形剤
を含んでなる、FAAH活性により媒介される疾患、障害もしくは医学的症状を処置するための製薬学的組成物。
【請求項36】
(a)式(I):
【化6】

[式中:
・Zは−N−もしくは>CHであり;
・Rは−Hもしくは−C1〜4アルキルであり;
・Arは、各々非置換のまたは1もしくは2個のR部分で炭素環員において置換された、2−チアゾリル、2−ピリジル、3−ピリジル、4−ピリジル、2−ピリミジニル、4−ピリミジニル、5−ピリミジニルもしくはフェニルであり;
ここで、各R部分はエチル、イソプロピル、tert−ブチル、−C2〜4アルケニル、−OH、−OC1〜4アルキル、ハロ、−CF、−OCF、−SCF、−SH、−S(O)0〜21〜4アルキル、−OSO1〜4アルキル、−COC1〜4アルキル、−N(R)R、−SONR、−NRSO、−C(=O)NR、−NOおよび−CNよりなる群から独立して選択され、ここで、RおよびRは各々独立して−Hもしくは−C1〜4アルキルであり;そして
・Arは:
(a)縮合環構造を形成するために−OCHO−よりなる群から選択される基に2個の隣接する環炭素原子において縮合したフェニル;各フェニル部分はさらに非置換であるかまたは1、2もしくは3個のR置換基で置換され、
ここで、各R置換基は−C1〜4アルキル、−C2〜4アルケニル、−OH、−OC1〜4アルキル、ハロ、−CF、−OCF、−SCF、−SH、−S(O)0〜21〜4アルキル、−OSO1〜4アルキル、−CO1〜4アルキル、−COH、−COC1〜4アルキル、−N(R)R、−SONR、−NRSO、−C(=O)NR、−NOおよび−CNよりなる群から独立して選択され、ここで、RおよびRは前に定義したとおりである;あるいは
(b)Ar、ここで、Arは、非置換のまたは1、2もしくは3個の前に定義したとおりのR置換基で置換された、フラニル、オキサゾリル、イソオキサゾリル、1,2,3−オキサジアゾリル、1,2,4−オキサジアゾリル、チオフェニル、チアゾリル、イソチアゾリル、ピロリル、ピラゾリル、1,2,3−トリアゾリル、1,2,4−トリア
ゾリルもしくはテトラゾリルである
である]
の化合物ならびにそのような化合物の製薬学的に許容しうる塩、製薬学的に許容しうるプロドラッグおよび製薬学的に活性の代謝物よりなる群から選択される薬剤の有効量;および
(b)製薬学的に許容しうる賦形剤
を含んでなる、FAAH活性により媒介される疾患、障害もしくは医学的症状を処置するための製薬学的組成物。
【請求項37】
(a)4−ナフタレン−2−イルメチル−ピペラジン−1−カルボン酸フェニル
アミド;
4−キノリン−2−イルメチル−ピペラジン−1−カルボン酸フェニルアミド;
4−ベンゾ[b]チオフェン−2−イルメチル−ピペラジン−1−カルボン酸フェ
ニルアミド;
4−(3,4−ジブロモ−ベンジル)−ピペラジン−1−カルボン酸フェニルアミ
ド;
4−(1−メチル−1H−インドール−2−イルメチル)−ピペラジン−1−カル
ボン酸フェニルアミド;
4−キノリン−3−イルメチル−ピペラジン−1−カルボン酸フェニルアミド;
4−(4−ヨード−ベンジル)−ピペラジン−1−カルボン酸フェニルアミド;
4−(3−ベンジルオキシ−ベンジル)−ピペラジン−1−カルボン酸フェニルア
ミド;
4−(5−ブロモ−2−ヒドロキシ−3−メトキシ−ベンジル)−ピペラジン−1
−カルボン酸フェニルアミド;
4−(4−ブロモ−ベンジル)−ピペラジン−1−カルボン酸フェニルアミド;
4−(3−フェノキシ−ベンジル)−ピペラジン−1−カルボン酸フェニルアミド

4−(3−ブロモ−4−フルオロ−ベンジル)−ピペラジン−1−カルボン酸フェ
ニルアミド;
4−インダン−5−イルメチル−ピペラジン−1−カルボン酸フェニルアミド;
4−ベンゾ[b]チオフェン−3−イルメチル−ピペラジン−1−カルボン酸フェ
ニルアミド;
4−(4−イソプロピル−ベンジル)−ピペラジン−1−カルボン酸フェニルアミ
ド;
4−(4−エチル−ベンジル)−ピペラジン−1−カルボン酸フェニルアミド;
4−(5−ブロモ−2−ヒドロキシ−ベンジル)−ピペラジン−1−カルボン酸フ
ェニルアミド;
4−(2,3−ジヒドロ−ベンゾ[1,4]ジオキシン−6−イルメチル)−ピペ
ラジン−1−カルボン酸フェニルアミド;
4−(3−ビニル−ベンジル)−ピペラジン−1−カルボン酸フェニルアミド;
4−(2,3−ジヒドロ−ベンゾフラン−5−イルメチル)−ピペラジン−1−カ
ルボン酸フェニルアミド;
4−ナフタレン−1−イルメチル−ピペラジン−1−カルボン酸フェニルアミド;
4−(2−ヒドロキシ−ベンジル)−ピペラジン−1−カルボン酸フェニルアミド

4−(1H−インドール−5−イルメチル)−ピペラジン−1−カルボン酸フェニ
ルアミド;
4−ピリジン−4−イルメチル−ピペラジン−1−カルボン酸フェニルアミド;
4−ピリジン−2−イルメチル−ピペラジン−1−カルボン酸フェニルアミド;
4−ピリジン−3−イルメチル−ピペラジン−1−カルボン酸フェニルアミド;
4−(4−イソプロポキシ−ベンジル)−ピペラジン−1−カルボン酸フェニルア
ミド;
4−ビフェニル−4−イルメチル−ピペラジン−1−カルボン酸フェニルアミド;
4−キノリン−4−イルメチル−ピペラジン−1−カルボン酸フェニルアミド;
4−ベンゾ[1,3]ジオキソール−4−イルメチル−ピペラジン−1−カルボン
酸フェニルアミド;
4−(2,2−ジフルオロ−ベンゾ[1,3]ジオキソール−5−イルメチル)−
ピペラジン−1−カルボン酸フェニルアミド;
4−(1−メチル−1H−インドール−5−イルメチル)−ピペラジン−1−カル
ボン酸フェニルアミド;
4−(6−クロロ−キノリン−2−イルメチル)−ピペラジン−1−カルボン酸フ
ェニルアミド;
4−(8−クロロ−キノリン−2−イルメチル)−ピペラジン−1−カルボン酸フ
ェニルアミド;
4−(2−クロロ−キノリン−3−イルメチル)−ピペラジン−1−カルボン酸フ
ェニルアミド;
4−ナフタレン−2−イルメチル−ピペラジン−1−カルボン酸(4−フルオロ−
フェニル)−アミド;
4−キノリン−2−イルメチル−ピペラジン−1−カルボン酸(4−フルオロ−フ
ェニル)−アミド;
4−(1−ヒドロキシ−ナフタレン−2−イルメチル)−ピペラジン−1−カルボ
ン酸フェニルアミド;
4−[3−(4−クロロ−フェノキシ)−ベンジル]−ピペラジン−1−カルボン
酸フェニルアミド;
4−[3−(3,4−ジクロロ−フェノキシ)−ベンジル]−ピペラジン−1−カ
ルボン酸フェニルアミド;
4−(3−p−トリルオキシ−ベンジル)−ピペラジン−1−カルボン酸フェニル
アミド;
4−[3−(4−tert−ブチル−フェノキシ)−ベンジル]−ピペラジン−1
−カルボン酸フェニルアミド;
4−[3−(3−トリフルオロメチル−フェノキシ)−ベンジル]−ピペラジン−
1−カルボン酸フェニルアミド;
4−[3−(4−メトキシ−フェノキシ)−ベンジル]−ピペラジン−1−カルボ
ン酸フェニルアミド;
4−(6−メトキシ−ナフタレン−2−イルメチル)−ピペラジン−1−カルボン
酸フェニルアミド;
4−フェナントレン−9−イルメチル−ピペラジン−1−カルボン酸フェニルアミ
ド;
4−ピレン−1−イルメチル−ピペラジン−1−カルボン酸フェニルアミド;
4−(6−クロロ−キノリン−3−イルメチル)−ピペラジン−1−カルボン酸フ
ェニルアミド;
4−ビフェニル−3−イルメチル−ピペラジン−1−カルボン酸フェニルアミド;
4−(6−ブロモ−ピリジン−2−イルメチル)−ピペラジン−1−カルボン酸フ
ェニルアミド;
4−[3−(4−クロロ−ベンゼンスルホニル)−ベンジル]−ピペラジン−1−
カルボン酸フェニルアミド;
4−(1H−インドール−6−イルメチル)−ピペラジン−1−カルボン酸フェニ
ルアミド;
4−(4−フェノキシ−ベンジル)−ピペラジン−1−カルボン酸フェニルアミド

4−(2−クロロ−8−メチル−キノリン−3−イルメチル)−ピペラジン−1−
カルボン酸フェニルアミド;
4−(1−メチル−1H−インドール−6−イルメチル)−ピペラジン−1−カル
ボン酸フェニルアミド;
4−(4−ベンジルオキシ−ベンジル)−ピペラジン−1−カルボン酸フェニルア
ミド;
4−[3−(3,5−ジクロロ−フェノキシ)−ベンジル]−ピペラジン−1−カ
ルボン酸フェニルアミド;
4−(9H−フルオレン−2−イルメチル)−ピペラジン−1−カルボン酸フェニ
ルアミド;
4−(9−エチル−9H−カルバゾール−3−イルメチル)−ピペラジン−1−カ
ルボン酸フェニルアミド;
4−(4−スチリル−ベンジル)−ピペラジン−1−カルボン酸フェニルアミド;
4−(4−クロロ−3−トリフルオロメチル−ベンジル)−ピペラジン−1−カル
ボン酸フェニルアミド;
4−[2,5−ジメチル−1−(3−トリフルオロメチル−フェニル)−1H−ピ
ロール−3−イルメチル]−ピペラジン−1−カルボン酸フェニルアミド;
4−(2−ブロモ−ベンジル)−ピペラジン−1−カルボン酸フェニルアミド;
4−(3,4−ジブロモ−ベンジル)−ピペラジン−1−カルボン酸(3−フルオ
ロ−フェニル)−アミド;
4−(3,4−ジブロモ−ベンジル)−ピペラジン−1−カルボン酸(4−フルオ
ロ−フェニル)−アミド;
4−(3,4−ジブロモ−ベンジル)−ピペラジン−1−カルボン酸(3−メトキ
シ−フェニル)−アミド;
4−(3,4−ジブロモ−ベンジル)−ピペラジン−1−カルボン酸m−トリルア
ミド;
4−(3,4−ジブロモ−ベンジル)−ピペラジン−1−カルボン酸(2−フルオ
ロ−フェニル)−アミド;
4−(3,4−ジブロモ−ベンジル)−ピペラジン−1−カルボン酸(4−メトキ
シ−フェニル)−アミド;
4−(3,4−ジブロモ−ベンジル)−ピペラジン−1−カルボン酸(2−メトキ
シ−フェニル)−アミド;
4−(3,4−ジブロモ−ベンジル)−ピペラジン−1−カルボン酸(3−クロロ
−フェニル)−アミド;
4−(3,4−ジブロモ−ベンジル)−ピペラジン−1−カルボン酸(2−クロロ
−フェニル)−アミド;
4−(3,4−ジブロモ−ベンジル)−ピペラジン−1−カルボン酸p−トリルア
ミド;
4−(3,4−ジブロモ−ベンジル)−ピペラジン−1−カルボン酸(4−クロロ
−フェニル)−アミド;
4−(3,4−ジブロモ−ベンジル)−ピペラジン−1−カルボン酸o−トリルア
ミド;
4−キノリン−3−イルメチル−ピペラジン−1−カルボン酸(3−フルオロ−フ
ェニル)−アミド;
4−キノリン−3−イルメチル−ピペラジン−1−カルボン酸(4−フルオロ−フ
ェニル)−アミド;
4−キノリン−3−イルメチル−ピペラジン−1−カルボン酸(2−クロロ−フェ
ニル)−アミド;
4−キノリン−3−イルメチル−ピペラジン−1−カルボン酸(3−クロロ−フェ
ニル)−アミド;
4−キノリン−3−イルメチル−ピペラジン−1−カルボン酸(4−クロロ−フェ
ニル)−アミド;
4−キノリン−3−イルメチル−ピペラジン−1−カルボン酸(2−メトキシ−フ
ェニル)−アミド;
4−キノリン−3−イルメチル−ピペラジン−1−カルボン酸o−トリルアミド;
4−キノリン−3−イルメチル−ピペラジン−1−カルボン酸p−トリルアミド;
2−[(4−キノリン−3−イルメチル−ピペラジン−1−カルボニル)−アミノ
]−安息香酸メチルエステル;
3−[(4−キノリン−3−イルメチル−ピペラジン−1−カルボニル)−アミノ
]−安息香酸メチルエステル;
4−[(4−キノリン−3−イルメチル−ピペラジン−1−カルボニル)−アミノ
]−安息香酸メチルエステル;
4−キノリン−3−イルメチル−ピペラジン−1−カルボン酸(4−メトキシ−フ
ェニル)−アミド;
4−キノリン−3−イルメチル−ピペラジン−1−カルボン酸m−トリルアミド;
4−キノリン−3−イルメチル−ピペラジン−1−カルボン酸(3−メトキシ−フ
ェニル)−アミド;
4−キノリン−3−イルメチル−ピペラジン−1−カルボン酸(2,4−ジフルオ
ロ−フェニル)−アミド;
4−キノリン−3−イルメチル−ピペラジン−1−カルボン酸(2−フルオロ−フ
ェニル)−アミド;
4−ベンジル−ピペリジン−1−カルボン酸p−トリルアミド;
4−ベンジル−ピペリジン−1−カルボン酸m−トリルアミド;
4−ベンジル−ピペリジン−1−カルボン酸(2−クロロ−フェニル)−アミド;
4−(3,4−ジブロモ−ベンジル)−ピペラジン−1−カルボン酸ピリジン−4
−イルアミド;
4−(3,4−ジブロモ−ベンジル)−ピペラジン−1−カルボン酸ピリジン−2
−イルアミド;
4−(3,4−ジブロモ−ベンジル)−ピペラジン−1−カルボン酸ピリジン−3
−イルアミド;
4−(4−シクロヘキシルオキシ−ベンジル)−ピペラジン−1−カルボン酸フェ
ニルアミド;
4−(3−プロポキシ−ベンジル)−ピペラジン−1−カルボン酸フェニルアミド

4−(3−イソブトキシ−ベンジル)−ピペラジン−1−カルボン酸フェニルアミ
ド;
4−(3−エトキシ−ベンジル)−ピペラジン−1−カルボン酸フェニルアミド;
4−(4−プロポキシ−ベンジル)−ピペラジン−1−カルボン酸フェニルアミド

4−(4−イソブトキシ−ベンジル)−ピペラジン−1−カルボン酸フェニルアミ
ド;
4−[3−(2−ジメチルアミノ−エトキシ)−ベンジル]−ピペラジン−1−カ
ルボン酸フェニルアミド;
4−[3−(2−ピペリジン−1−イル−エトキシ)−ベンジル]−ピペラジン−
1−カルボン酸フェニルアミド;
4−[3−(3−ジメチルアミノ−プロポキシ)−ベンジル]−ピペラジン−1−
カルボン酸フェニルアミド;
4−[3−(3−ピペリジン−1−イル−プロポキシ)−ベンジル]−ピペラジン
−1−カルボン酸フェニルアミド;
4−(4−エトキシ−ベンジル)−ピペラジン−1−カルボン酸フェニルアミド;
4−[3−(3−クロロ−フェノキシ)−ベンジル]−ピペラジン−1−カルボン
酸フェニルアミド;
4−[3−(ナフタレン−2−イルオキシ)−ベンジル]−ピペラジン−1−カル
ボン酸フェニルアミド;
4−[3−(フェナントレン−9−イルオキシ)−ベンジル]−ピペラジン−1−
カルボン酸フェニルアミド;
4−[3−(4−フェニルカルバモイル−ピペラジン−1−イルメチル)−フェノ
キシ]−安息香酸メチルエステル;
4−[3−(4−メタンスルホニル−フェノキシ)−ベンジル]−ピペラジン−1
−カルボン酸フェニルアミド;
4−[3−(3−メトキシ−フェノキシ)−ベンジル]−ピペラジン−1−カルボ
ン酸フェニルアミド;
4−[3−(ベンゾ[1,3]ジオキソール−5−イルオキシ)−ベンジル]−ピ
ペラジン−1−カルボン酸フェニルアミド;
メタンスルホン酸3−(4−フェニルカルバモイル−ピペラジン−1−イルメチル
)−フェニルエステル;
ベンゼンスルホン酸3−(4−フェニルカルバモイル−ピペラジン−1−イルメチ
ル)−フェニルエステル;
4−クロロ−ベンゼンスルホン酸3−(4−フェニルカルバモイル−ピペラジン−
1−イルメチル)−フェニルエステル;
2−[(4−キノリン−3−イルメチル−ピペラジン−1−カルボニル)−アミノ
]−安息香酸;
3−[(4−キノリン−3−イルメチル−ピペラジン−1−カルボニル)−アミノ
]−安息香酸;
4−キノリン−3−イルメチル−ピペラジン−1−カルボン酸ピリジン−3−イル
アミド;
4−キノリン−3−イルメチル−ピペラジン−1−カルボン酸ピリジン−2−イル
アミド;
4−キノリン−3−イルメチル−ピペラジン−1−カルボン酸ピリジン−4−イル
アミド;
4−キノリン−3−イルメチル−ピペラジン−1−カルボン酸ピリミジン−2−イ
ルアミド;
4−ベンゾ[1,3]ジオキソール−5−イルメチル−ピペラジン−1−カルボン
酸ピリジン−3−イルアミド;
4−ベンゾ[1,3]ジオキソール−5−イルメチル−ピペラジン−1−カルボン
酸ピリジン−4−イルアミド;
4−ベンゾ[1,3]ジオキソール−5−イルメチル−ピペラジン−1−カルボン
酸ピリミジン−2−イルアミド;
4−ベンゾ[1,3]ジオキソール−5−イルメチル−ピペラジン−1−カルボン
酸ピリジン−2−イルアミド;
4−(2,2−ジフルオロ−ベンゾ[1,3]ジオキソール−5−イルメチル)−
ピペラジン−1−カルボン酸ピリジン−3−イルアミド;
4−(2,2−ジフルオロ−ベンゾ[1,3]ジオキソール−5−イルメチル)−
ピペラジン−1−カルボン酸ピリジン−4−イルアミド;
4−キノリン−3−イルメチル−ピペラジン−1−カルボン酸ピリミジン−4−イ
ルアミド;
4−(2,2−ジフルオロ−ベンゾ[1,3]ジオキソール−5−イルメチル)−
ピペラジン−1−カルボン酸ピリミジン−4−イルアミド;
4−(3,4−ジブロモ−ベンジル)−ピペラジン−1−カルボン酸ピリミジン−
4−イルアミド;
4−[(4−キノリン−3−イルメチル−ピペラジン−1−カルボニル)−アミノ
]−安息香酸;および
4−キノキサリン−2−イルメチル−ピペラジン−1−カルボン酸フェニルアミド

ならびにその製薬学的に許容しうる塩よりなる群から選択される薬剤の有効量;および
(b)製薬学的に許容しうる賦形剤
を含んでなる、FAAH活性により媒介される疾患、障害もしくは医学的症状を処置するための製薬学的組成物。
【請求項38】
オピオイドおよび非ステロイド性抗炎症薬よりなる群から選択される鎮痛剤をさらに含んでなる請求項35もしくは36に記載の製薬学的組成物。
【請求項39】
アスピリン、アセトアミノフェン、オピオイド、イブプロフェン、ナプロキセン、COX−2インヒビター、ガバペンチン、プレガバリンおよびトラマドールよりなる群から選択される追加の有効成分をさらに含んでなる請求項35もしくは36に記載の製薬学的組成物。
【請求項40】
請求項1に記載の式(I)の化合物もしくはそのような化合物の製薬学的に許容しうる塩。
【請求項41】
請求項25に記載の式(I)の化合物もしくはそのような化合物の製薬学的に許容しうる塩。

【公開番号】特開2012−236848(P2012−236848A)
【公開日】平成24年12月6日(2012.12.6)
【国際特許分類】
【出願番号】特願2012−173902(P2012−173902)
【出願日】平成24年8月6日(2012.8.6)
【分割の表示】特願2007−549603(P2007−549603)の分割
【原出願日】平成17年12月29日(2005.12.29)
【出願人】(390033008)ジヤンセン・フアーマシユーチカ・ナームローゼ・フエンノートシヤツプ (616)
【氏名又は名称原語表記】JANSSEN PHARMACEUTICA NAAMLOZE VENNOOTSCHAP
【Fターム(参考)】