説明

臨床分析機用の試薬用カードを装填する装置

【課題】保管及び搬送トレイ内に保管できる試薬用カードの数を増やすことで、製品を冷蔵すべき必要性のある場合に、物流倉庫内及びエンドカスタマーの構内での分量を減らす。
【解決手段】トレイ等の形態の支持体から成り、該支持体は、上部が開いていると共に、互いに平行に配置される第1のカードをガイドする第1の溝が内側に設けられており、カードの1つの高さ位置を形成し、第1の溝間に介在する一連の溝を有することで、第2の高さ位置のカードを第1のカードよりも高い高さ位置に配置させることを特徴とする。

【発明の詳細な説明】
【技術分野】
【0001】
本発明は、臨床分析機用の試薬用カードを装填する装置に関する。本装置は試薬用カードを搬送及び保管するのにも用いられる。
【背景技術】
【0002】
臨床分析用のカードは、上部開口から閉鎖下端にかけて可変断面の種々のマイクロチューブ又は小型カップが平坦な支持体内に組み込まれて設けられている、それらマイクロチューブ又は小型カップを一緒に支持する支持要素から構成される。上記カードの保管及び搬送の通常の形態は、溝が設けられた開口支持体から構成され、これら溝にカードが差し込まれ、カードは実用のために並んで配置され、支持体の総容積を占め、一般に上面が開口したトレイの構造体の形をとる。カードをガイドする溝は、ボックス又はトレイの側壁の内面に形成され、上記カードを所定位置にガイドすることを可能にし、また、搬送の際に被る振動及び移動を低減する。上記ボックスは自動分析機により直接用いることができるため、当該自動分析機のロボット装置(roboticised devices)が各カードを連続したボックスから個別に取り出すことができる。
【0003】
カードを収容する上記ボックス又はトレイの特徴は、自動分析機のロボット機構を動作させるための所定のスペースを残して各カードを次のカードと隔てることにある。したがって、カードを保持するように設計されているトレイに収容されるカードの数は、カードの幅と、各2つの連続するカード間に必要とされる最小限の隔たりとによって制限され、ボックス内に収容されるカードの数が占める容積が、臨床分析機内の保管容積と、分析のために選択された反応温度にカードを維持するためのサーモスタット制御領域内を占めるスペースとの双方の観点から著しいものとなることを考慮せねばならない。
【発明の開示】
【発明が解決しようとする課題】
【0004】
現在知られているタイプの保管及び搬送トレイ内に保管することができるカードの数を増やすことができることで、それにより、取扱いとサーモスタット制御プロセッシングとの双方の観点から、臨床分析機内に収容される同量の部品に対して利用可能な数多くのカードを有するようにすることに大きな関心が集まっていることは明らかであろう。要するに、好適な目的は以下の通りである:
臨床分析機における装填又は保管容積を増大させること、
製品の搬送及び物流分配のために分量を減らすこと、
特に、製品を冷蔵すべき必要性がある場合(実験室用冷蔵庫又は同種のもの)に、物流倉庫内及びエンドカスタマーの構内での分量を減らすこと。
【課題を解決するための手段】
【0005】
この目的を達成するために、発明者らは、カードの数を、それらカードを収容するトレイの単位平面積当たり2倍にすることを可能にする、臨床分析機用のカードを搬送する(carry:担持する)トレイを備える装置を考案し、これは、このために設計された臨床分析機の領域内に配置されることができるカードの数を2倍にする実用的な方法であり、上記領域の容積を2倍にする。本発明の根底となるのは、カードを収容するトレイにおける短い縦方向距離だけ離れた2つの別の異なる高さ位置でのカードの配置であり、そのため、カードを取扱うには、臨床分析機の自動選択/搬送機が先に高い(top)高さ位置からカードを取り扱い、次に低いカード高さ位置からカードを取り扱うため、上記臨床分析機の自動部品に関して問題がない。この目的を達成するために、対応するカードを受け入れるように設計されているトレイの側壁の両側にある通常の溝とは別に、トレイは、この第1の通常の溝に対して中間位置に配置される他のカード用の中心溝であって、第1のカード間に配置されることになる他のカードを受け入れる、中心溝を有するであろう。言い換えれば、それら第1のカードは支持トレイ内に従来通りに配置され、低い高さ位置のトレイに係止することによって、又はおそらくはトレイの底面内に形成された特定の当接領域に係止することによって縦方向に支持される。トレイ内に既に存在する2つの他の溝間の中間位置に新しい溝があるため、高い高さ位置すなわち第2の高さ位置から成る各2つの連続したカード間の隔たりは、低い高さ位置すなわち第1の高さ位置の隔たりに等しく、ゆえに、カードを取り扱う上で困難がないことが理解されるであろう。
【0006】
本発明によるカード装填装置を製造することにより、トレイの単位面積当たりのカードの数が2倍となり、高い高さ位置のカードが占める高さが若干増えることは、上記カードの従来の寸法を考慮すると、高い高さ位置のカードが数ミリ余計に高くなることは取扱い又は保管の際の妨げにはならないため、不都合にはならないであろうことが理解されるであろう。
【0007】
第1の高さ位置及び第2の高さ位置のカード全ての縦方向の突起は、トレイの底面の総面積に少なくとも等しいため、トレイの平面積の最大限の使用がなされるであろう。
【0008】
本発明は、本発明の目的である臨床分析機用の試薬用カードを装填する装置を説明するものであって実施例を限定するものではない添付の図面から、より良く理解されるであろう。
【発明を実施するための最良の形態】
【0009】
臨床分析機用のカードは図5及び図6に示すように層状支持体1から成り、この層状支持体1の上に複数のマイクロチューブ又は小型カップが一列に連続して配置され、マイクロチューブ又は小型カップはそれぞれ、他よりも直径が幾分大きい上部のチャンバ2と、中間連結コーン(joining cone)4を有する、直径が小さい下部の筒状要素3とから成る。円筒チャンバ2とコーン4から成る上部は従来的に、リブ又は外側の層状突起要素5とを有し、これらは、分析機の取扱要素に対して支持機能を果たし得る。
【0010】
明確には、上記リブ5は図6に見られるようにカードの2つの側面それぞれに配され、図6では、層状突起要素5が両側面の一方に示されており、この第1の層状突起要素に対して対称的な層状突起要素5’がカードのもう一方の側面にある。
【0011】
本発明による装置は本質的に、側壁7及び8が設けられた矩形平坦構造体6から成り、側壁7及び8には、臨床分析用のカードを受け入れる通常の溝(符号9、10、11、12等で示される)が形成されており、これら溝は、図7に見られるように対向側の面にも同様に設けられ、図7には、側壁8の溝9及び10に対向して側壁7の溝9’及び10’が示されている。これにより、図7に符号13及び14で示すカードに見られるように、各2つの隣接するカードを取り扱うことができるようにするためにそれらカード間に特定のスペースを残して、カードを通常のやり方で配置することが可能となる。
【0012】
本発明によれば、通常のタイプの9、10、11、12等の各2つの溝間に、9’’、10’’、11’’、12’’等の補助溝が配置され、これら補助溝はそれぞれ、2つの主要な互いに隣接し合う溝から等距離に位置し、例えば、溝10’’は隣接し合う溝9及び10から等距離に位置する。
【0013】
このような配置により、図4に見られるように、高さ位置が低く従来通りに配置されている各2つのカードの間により高い高さ位置でカードを配置することが可能であり、図4には、カード15及び16が従来の配置で見られると共に、カード17が当該カード15及び16の間に差し込まれており、トレイの両側面の、従来のガイド溝間に配置された溝によってガイドされる。カード17等の高い高さ位置のカードは、溝によってガイドされ、図4に見られるように、すぐ隣のカード15及び16の上面に側部リブによって下部領域を支持及び当接されるか、又は、高い高さ位置のカードは、当該高い高さ位置のカードの溝(すなわち、溝9’’、10’’等)の下部で当接してもよく、ここでは、図1の18及び19等の低い当接ブロックが、上記低い当接をなすのに適した高さを有してもよい。
【0014】
本発明による装置はまた、保管及び搬送中に大気から、また、カードの機能性に影響を及ぼす可能性のある湿気及び塵埃(particles or dust)からカードを保護するように上部閉鎖カバーを備える。
【0015】
本発明を、一例(図示し且つ説明した)を参照しながら説明してきたが、開示した主題に基づき本発明を製造するのに多くの変形形態を導入してもよく、これら変形形態は、添付の特許請求の範囲内に含まれる限り本発明の一部を成すことが理解されるであろう。
【図面の簡単な説明】
【0016】
【図1】本発明の主題である、カードを装填する装置の斜視図である。
【図2】低い高さ位置に対応して第1のカードが挿入されている(incorporated)、本発明による、カードを装填する装置の斜視図である。
【図3】高い高さ位置に対応して中間位置にカードが配置されている、図2と同様の図である。
【図4】低い高さ位置に対応して第3のカードが前に配置されたカードに隣接して配置されている、図2及び図3と同様の図である。
【図5】臨床分析機用の従来設計のカードの斜視図である。
【図6】図5に示すカードの側面図である。
【図7】より良い理解のための、カードが内部に配置されている、本発明による装置の平面図である。

【特許請求の範囲】
【請求項1】
トレイ等の形態の支持体から成るタイプの、臨床分析機用の試薬用カードを装填する装置であって、該支持体は、上部が開いていると共に、互いに平行に配置される第1のカードをガイドする第1の溝が内側に設けられており、前記カードの1つの高さ位置(level:レベル)を形成する、臨床分析機用の試薬用カードを装填する装置であって、前記第1の溝間に介在する一連の溝を有することで、第2の高さ位置のカードを前記第1のカードよりも高く配置させることを特徴とする、臨床分析機用の試薬用カードを装填する装置。
【請求項2】
前記第1の溝間に介在する一連の第2の溝の溝は、該第2の溝のそれぞれが2つの隣接する前記従来の溝から等しい距離に位置するように配置されることを特徴とする、請求項1に記載の臨床分析機用の試薬用カードを装填する装置。
【請求項3】
前記第2の高さ位置のカードは、前記第1の高さ位置のカードの上面に側部リブによって係止することを特徴とする、請求項1に記載の臨床分析機用の試薬用カードを装填する装置。
【請求項4】
前記高い高さ位置のカードは、前記支持体の当接部に各自の下縁によって係止することを特徴とする、請求項1に記載の臨床分析機用の試薬用カードを装填する装置。
【請求項5】
前記第1の高さ位置及び前記第2の高さ位置の前記カードのすべての縦方向の突起は、前記トレイの底面の総面積に少なくとも等しいことを特徴とする、請求項1に記載の臨床分析機用の試薬用カードを装填する装置。

【図1】
image rotate

【図2】
image rotate

【図3】
image rotate

【図4】
image rotate

【図5】
image rotate

【図6】
image rotate

【図7】
image rotate


【公開番号】特開2008−116455(P2008−116455A)
【公開日】平成20年5月22日(2008.5.22)
【国際特許分類】
【出願番号】特願2007−282659(P2007−282659)
【出願日】平成19年10月31日(2007.10.31)
【出願人】(505395973)
【Fターム(参考)】