Notice: Undefined variable: fterm_desc_sub in /mnt/www/biblio_conv.php on line 353
臨床用管状容器のキャップ
説明

臨床用管状容器のキャップ

【課題】複数種類の臨床用管状容器のいずれにも適合し、しかも着脱が容易な汎用のキャップを提供する。
【解決手段】円形の後端面2と、後端面から先細り状にのびる側面3と、側面に接続する平坦なまたはドーム状の先端面4とを有する実質上円錐台形状を有する。後端面の外周縁に環状フランジ5が設けられる。側面には、複数の環状リブ6が環状フランジに平行に一定のピッチで設けられる。先端面側から臨床用管状容器の開口部に差し込まれ、複数の環状リブのうちの少なくとも1つが臨床用管状容器の内壁面と係合することによって、臨床用管状容器の開口部に嵌合する。

【発明の詳細な説明】
【技術分野】
【0001】
本発明は、スピッツ管や試験管等の臨床用管状容器の開口部に着脱自在に取付けられるキャップに関するものである。
【背景技術】
【0002】
臨床用管状容器は、その使用用途に応じて種々のものが存在し、その径の大きさも様々である。
そして、通常、これらの臨床用管状容器の開口部には、スクリューキャップまたはスナップ係合式のキャップが着脱自在に取付けられ、管状容器の内容物が外部に溢れ出ないようになっている(例えば、特許文献1、2参照)。
【0003】
そしてこの場合、管状容器のそれぞれには、対応するキャップが各1個備えられ、1の管状容器と対応する1のキャップとが対になって使用されるようになっている。
【0004】
ところで、臨床の現場においては、互いに径の異なる複数の管状容器が同時に使用される場合や、径は同一でキャップの係合方式が異なる複数の管状容器が同時に使用される場合等がある。
かかる場合には、管状容器にキャップを取付ける際に、通常は、一箇所に集められたキャップ群の中から、当該管状容器に適合したキャップをその都度選択する必要があり、非常に作業効率が悪いという問題があった。
【0005】
加えて、スナップ係合式のキャップは、通常、キャップのヘッドが管状容器の開口部に確実に密着した状態で嵌合するような構造になっているので、キャップに対する取り付けおよび取り外しの際に、手指にかなりの力を要し、多数本の管状容器を用いて検査作業を行う場合等に、検査技師の負担となっていた。
【先行技術文献】
【特許文献】
【0006】
【特許文献1】特開平9−72913号公報
【特許文献2】三菱化学メディエンス株式会社、検査のご案内、検査容器一覧、インターネット<URL:http://www.medience.co.jp/information/container.html>
【発明の概要】
【発明が解決しようとする課題】
【0007】
したがって、本発明の課題は、複数種類の臨床用管状容器のいずれにも適合し、しかも着脱が容易な汎用のキャップを提供することにある。
【課題を解決するための手段】
【0008】
上記課題を解決するため、本発明は、臨床用管状容器の開口部に着脱自在に取付けられるキャップであって、円形の後端面と、前記後端面から先細り状にのびる側面と、前記側面に接続する平坦なまたはドーム状の先端面とを有する実質上円錐台形状を有し、前記後端面の外周縁に環状フランジが設けられるとともに、前記側面には、複数の環状リブが前記環状フランジに平行に一定のピッチで設けられ、前記先端面側から前記臨床用管状容器の開口部に差し込まれ、前記複数の環状リブのうちの少なくとも1つが前記臨床用管状容器の内壁面と係合することによって、前記臨床用管状容器の開口部に嵌合するものであることを特徴とするキャップを構成したものである。
【0009】
上記構成において、前記後端面が開口した中空構造を有していてもよい。この場合、前記後端面の開口に着脱自在に取付けられる付加的なキャップを備えていてもよい。
また、前記キャップは合成樹脂製であることが好ましい。
【発明の効果】
【0010】
本発明によれば、キャップを実質上円錐台形状とし、その側面に複数の管状リブを一定のピッチで設け、小径の先端側から臨床用管状容器の開口部に差し込み、キャップ側面のいずれかの管状リブを管状容器の内壁面と係合させることによって、管状容器の開口部に嵌合させる。そして、小径の管状容器の場合には管状容器内に浅く進入した位置で、大径の管状容器の場合には管状容器内に深く進入した位置で、それぞれ、キャップを管状容器に嵌合させることができる。
こうして、キャップは、互いに径が異なる複数種類の管状容器に適合する。
【0011】
また、本発明によれば、キャップを管状容器の開口部に差し込んで嵌合させるので、管状容器がスクリューキャップに対応する構造であっても、キャップを取り付けることができる。
さらに、本発明によれば、キャップ側面の環状リブのうち、管状容器の内径に対応する径を有する環状リブのみが管状容器の内壁と係合することで、キャップの嵌合がなされるので、キャップの着脱が容易である一方、キャップを取り付けた状態では、管状容器の開口部を確実に閉鎖できる。
【図面の簡単な説明】
【0012】
【図1】本発明の1実施例による臨床用管状容器のキャップの立体図である。
【図2】(A)は図1のキャップの側面図であり、(B)は図1のキャップの縦断面図である。
【図3】本発明のキャップの使用状態を示す側面図であり、(A)はキャップを大径の管状容器に取り付けた状態を示し、(B)はキャップを小径の管状容器に取り付けた状態を示したものである。
【図4】本発明の別の実施例による臨床用管状容器のキャップの側面図である。
【図5】本発明の別の実施例による臨床用管状容器のキャップの図1に類似の図である。
【発明を実施するための形態】
【0013】
以下、添付図面を参照して本発明の好ましい実施例を説明する。図1は、本発明の1実施例による臨床用管状容器のキャップの立体図であり、図2(A)は、図1のキャップの側面図であり、図2(B)は、図1のキャップの縦断面図である。
【0014】
図1および図2を参照して、本発明による臨床用管状容器のキャップ1は、円形の後端面2と、後端面2から先細り状にのびる側面3と、側面3に接続する平坦な先端面4とを有する実質上円錐台形状を有している。
【0015】
この実施例では、キャップ1は、図1および図2に示すように、後端面2が開口した中空構造を有しているが、その代わりに、キャップ1が、図5に示すように、中身の詰まった構造を有していてもよい。
また、この実施例では、キャップ1の先端面4は平坦になっているが、その代わりに、ドーム状になっていてもよい。
【0016】
また、キャップ1の後端面2の外周縁には環状フランジ5が設けられる。環状フランジ5によって、キャップ1の取り付けおよび取り外しの際の手指による操作がし易くなる。
さらに、キャップ1の側面3には、複数の環状リブ6が環状フランジ5に平行に一定のピッチで設けられる。
【0017】
本発明のキャップ1は、射出成形法を用いて、合成樹脂材料から一体形成することができ、それによって、キャップの製造コストが大幅に低減される。
【0018】
図3は、本発明のキャップの使用状態を示す側面図であり、(A)はキャップを大径の管状容器に取り付けた状態を示し、(B)はキャップを小径の管状容器に取り付けた状態を示したものである。
図3を参照して、本発明のキャップ1は、先端面4側から臨床用管状容器の開口部に差し込まれ、複数の環状リブのうちの少なくとも1つが臨床用管状容器の内壁面と係合することによって、臨床用管状容器の開口部に嵌合する。
【0019】
そして、図3(A)に示すように、大径の管状容器7の場合には、キャップ1は、管状容器7内に深く進入した位置で管状容器7に嵌合する(このとき、環状リブ6’が管状容器7の内壁面と係合する)。また、図3(B)に示すように、小径の管状容器8の場合には、キャップ1は、管状容器8内に浅く進入した位置で管状容器8に嵌合する(このとき、環状リブ6”が管状容器8の内壁面と係合する)。
こうして、キャップ1は、互いに径が異なる複数種類の管状容器7、8に適合する。
【0020】
この場合、本発明のキャップ1は、管状容器7、8の開口部に差し込むことによって管状容器に取り付けられるので、管状容器がスクリューキャップに対応する構造になっていても、支障なく取り付けが可能である。
また、キャップ側面3の環状リブ6のうち、管状容器7、8の内径に対応する径の環状リブ6’、6”が管状容器7、8の内壁面と係合することで、キャップ1の嵌合がなされるので、キャップ1の着脱を容易に行える一方、キャップ1を取り付けた状態では、管状容器7、8の開口部を確実に閉鎖することができる。
【0021】
図1および図2の実施例のように、キャップ1が、後端面2が開口した中空構造を有している場合には、図4に示すように、後端面2の開口に着脱自在に取付けられる付加的なキャップ9を備えていてもよい。
図4の実施例では、付加的なキャップ9は、鍋底状の本体9bと、本体9bの側壁上端に設けられた環状フランジ9aを備えている。
こうして、本発明のキャップ1を、補助的な容器として使用することができる。
【符号の説明】
【0022】
1 キャップ
2 後端面
3 側面
4 先端面
5 環状フランジ
6 環状リブ
7 臨床用管状容器
8 臨床用管状容器
9 付加的なキャップ
9a 環状フランジ
9b 本体

【特許請求の範囲】
【請求項1】
臨床用管状容器の開口部に着脱自在に取付けられるキャップであって、
円形の後端面と、前記後端面から先細り状にのびる側面と、前記側面に接続する平坦なまたはドーム状の先端面とを有する実質上円錐台形状を有し、
前記後端面の外周縁に環状フランジが設けられるとともに、前記側面には、複数の環状リブが前記環状フランジに平行に一定のピッチで設けられ、
前記先端面側から前記臨床用管状容器の開口部に差し込まれ、前記複数の環状リブのうちの少なくとも1つが前記臨床用管状容器の内壁面と係合することによって、前記臨床用管状容器の開口部に嵌合するものであることを特徴とするキャップ。
【請求項2】
前記後端面が開口した中空構造を有していることを特徴とする請求項1に記載のキャップ。
【請求項3】
前記後端面の開口に着脱自在に取付けられる付加的なキャップを備えたことを特徴とする請求項2に記載のキャップ。
【請求項4】
合成樹脂製であることを特徴とする請求項1〜請求項3のいずれかに記載のキャップ。

【図1】
image rotate

【図2】
image rotate

【図3】
image rotate

【図4】
image rotate

【図5】
image rotate


【公開番号】特開2012−250757(P2012−250757A)
【公開日】平成24年12月20日(2012.12.20)
【国際特許分類】
【出願番号】特願2011−127041(P2011−127041)
【出願日】平成23年6月7日(2011.6.7)
【出願人】(508208948)パワーサプライ株式会社 (5)
【Fターム(参考)】