薬液噴霧用ノズル及び薬液噴霧器

【課題】噴霧状態のまま仮置きすることができる薬液噴霧用ノズル及び薬液噴霧器を提供する。
【解決手段】噴口21とコンプレッサーに接続される管継ぎ手31との間に手動で開閉可能なボール弁34を設け、指先で取っ手32をつまみ回すことで噴霧の始終を行えるようにする。噴口が形成された頭部2又は管継ぎ手が備えられた尾部3の外周面に三脚を取り付けるためのネジ穴33を設け、薬液噴霧用ノズル1に三脚を取り付けられるようにする。

【発明の詳細な説明】
【技術分野】
【0001】
この発明は、除菌消臭液などの薬液を噴霧する薬液噴霧用ノズルに関し、特に噴霧状態のまま仮置きすることができる薬液噴霧用ノズル及び薬液噴霧器に関する。
【背景技術】
【0002】
薬液噴霧用ノズルとしては、ノズル内の噴口と圧力容器の吐出口に嵌着される尾部との間に、圧力容器から供給される薬液の圧力が一定値以上になったとき開弁して薬液を噴口へ供給する圧力調整バルブを取り付けることで、液ダレが発生しないようにしたものが提案されている(例えば、特許文献1参照)。
【0003】
噴霧器としては、ピストンロッドの露出部に、開閉弁を開閉操作するレバー片に当接させて継続散布状態又は散布不能状態にロックする係止突起を設けることで、レバー片を指で押し続けなくても噴霧し続けられるようにしたものが提案されている(例えば、特許文献2参照)。
【0004】
また、スプレーガンのガンスタンドとしては、ワンタッチ装着具付雄型容器に切り込みを入れることで、スプレーガンをいろいろな場所に置けるようにしたものが提案されている(例えば、特許文献3参照)。
【先行技術文献】
【特許文献】
【0005】
【特許文献1】特開平5−329212号公報(段落0006,0007、図1)
【特許文献2】特開平10−52207号公報(段落0008,0025、図2)
【特許文献3】特開2007−185645号公報(段落0004,0005、図4)
【発明の概要】
【発明が解決しようとする課題】
【0006】
しかしながら、前記特許文献1に係る薬液噴霧用ノズルでは、圧力調整バルブが、圧力容器から供給される薬液の圧力が一定値以上になったときに開弁するよう構成されているために、ノズル側で噴霧の始終を操作することはできない。
【0007】
前記特許文献2に係る噴霧器では、引き金で噴霧量を調節するものであるために、銃把が不可欠となる。また、引き金の操作は、個人差が生じやすいために、噴霧量を一定にしづらく、噴霧量の微調整にも技能が必要となる。
【0008】
前記特許文献3に係るガンスタンドでは、塗料の補充の際などスプレーガンを使用しないときにスプレーガンが転倒しないようにするものであるために、噴霧状態のまま仮置きすることができない。
【0009】
そこで、この発明では、前記した課題を解決し、ノズル側で噴霧の始終を操作することができ、噴霧状態のまま仮置きすることができる薬液噴霧用ノズル及び薬液噴霧器を提供することを目的とする。
【課題を解決するための手段】
【0010】
前記課題を解決するため、請求項1に係る発明では、噴口が形成された頭部とコンプレッサーに接続される管継ぎ手が備えられた尾部とを有する薬液噴霧用ノズルに、噴口と管継ぎ手との間に手動で開閉可能な弁を設け、頭部又は尾部の外周面に三脚を取り付けるための接続構造を設けた。
【0011】
請求項2に係る発明では、薬液噴霧器を、噴口とコンプレッサーに接続される管継ぎ手との間に手動で開閉可能な弁を備え、噴口が形成された頭部又は管継ぎ手が備えられた尾部の外周面に三脚を取り付けるための接続構造を有する薬液噴霧用ノズルと、三脚とから構成した。
【発明の効果】
【0012】
請求項1に係る発明によれば、噴口と管継ぎ手との間に手動で開閉可能な弁を設けたので、引き金を引き続けなくても、引き金から指を離した状態で噴霧し続けることができる。また、手動で開閉可能な弁は、引き金と比べて、操作に男女差や習熟度などによる個人差が生じにくく、高度な技能も不要なために、噴霧量を均一かつ一定に保ちやすくできる。
【0013】
さらに、請求項1に係る発明によれば、頭部又は尾部の外周面に三脚を取り付けるための接続構造を設けたので、この接続構造に三脚を取り付けることができる。そのために、請求項1に係る薬液噴霧用ノズルに三脚を取り付けると、作業者は除菌消臭液を自動的に噴霧させながら、同時に掃除などの他の作業をすることもでき、作業の効率化を図ることができる。
【0014】
請求項2に係る発明によれば、薬液噴霧器を、噴口とコンプレッサーに接続される管継ぎ手との間に手動で開閉可能な弁を備え、噴口が形成された頭部又は管継ぎ手が備えられた尾部の外周面に三脚を取り付けるための接続構造を有する薬液噴霧用ノズルと、三脚とから構成したので、薬液噴霧器を持ち運びながら、いろいろな場所に仮置くことで、いろいろな場所に薬液を噴霧することができる。
【0015】
例えば、請求項2に係る薬液噴霧器をアスベストの封じ込めに用いると、エレベーターシャフト、ケーブルシャフト、屋根裏や機械室などの作業者が入りにくい高所や狭小空間でも、薬液噴霧器さえ置ければ石綿飛散防止剤を噴霧することができるので、従来は施工できなかった場所でもアスベスト対策が可能となった。そして、請求項2に係る薬液噴霧器では、作業者が作業するための足場の設置や天井材の取り外しなどの大掛かりな作業も不要となるため、工期を短縮することができる。
【0016】
また、請求項2に係る薬液噴霧器では、噴霧状態のまま仮置きできるので、無人で石綿飛散防止剤を噴霧でき、作業者の二次被害を回避し、作業者の安全を図ることができる。特に、薬液噴霧用ノズルに噴口と管継ぎ手との間に手動で開閉可能な弁を設けたので、所望の噴霧量になるように予め開弁しておくと、作業空間外に置いたコンプレッサーのオンオフによって噴霧の始終を操作できる。そのために、作業者が石綿飛散防止剤を浴びることを回避することができる。
【図面の簡単な説明】
【0017】
【図1】この発明に係る薬液噴霧用ノズルの斜視図である。
【図2】実施形態に係る薬液噴霧器の正面図である。
【図3】実施形態に係る薬液噴霧器の他形態の正面図である。
【図4】他の実施形態に係る薬液噴霧器の正面図である。
【発明を実施するための形態】
【0018】
まず、この発明の創作の基礎となる事項について簡単に説明する。発明者は、除菌消臭液を製造販売していたところ、高低所や狭所など作業者が入りにくい空間や、衛生上作業者が滞在することが好ましくない空間においても、除菌消臭液などの薬液を噴霧したいとの要望があることに着目した。
【0019】
また、発明者は、薬液を均一粒径の超微細粒子にして射出噴霧できるノズルを使用すると、射出された超微粒子粒径の薬液が、ブラウン運動すなわち粒子の不規則運動によって空間の隅々まで拡散することに着目した。
【0020】
そして、発明者は、従来の噴霧器では銃把を握った状態で引き金を引くことで噴霧の始終や噴霧量を調節していたところ、薬液噴霧ノズルに手動で開閉可能な弁を設けることで、引き金を引き続けなくても、無人で噴霧し続けることができることを見いだした。また、発明者は、引き金が不要になると銃把も不要になり、銃把の代わりに三脚を取り付けることで、噴霧状態のまま仮置きすることができることを見いだし、この発明を創作するに至ったものである。
【0021】
次に、この発明の実施形態について、適宜図面を参照しながら詳細に説明する。図1は、この発明に係る薬液噴霧用ノズルの斜視図である。
【0022】
図1に示すように、薬液噴霧用ノズル1は、噴口が形成された頭部2と、コンプレッサーに接続される管継ぎ手が備えられた尾部3とを有して構成されている。
【0023】
頭部2は、筒状の部材であって、その先端面の中央に薬液を霧状にして噴出する噴口21と、その外周面に薬液を吸引する吸口22が形成されている。
【0024】
尾部3は、外観四角形の筒状部材であって、噴口21の対向面にコンプレッサーに接続される管継ぎ手31が設けられている。また、尾部3には、噴口21と管継ぎ手31との間に、より詳しくは噴口21と管継ぎ手31との間の流路に、図示しないボール弁が内設されている。そして、尾部3には、流路と平行する一側面に、ボール弁の開閉を手動で操作する取っ手32が設けられている。さらに、尾部3には、取っ手32の対向面に三脚を取り付けるためのネジ穴33が形成されている。
【0025】
図2は、実施形態に係る薬液噴霧器の正面図であり、図3は、実施形態に係る薬液噴霧器の他形態の正面図である。
【0026】
図2、3に示すように、薬液噴霧器4は、薬液噴霧用ノズル1と、三脚5とを有して構成されている。
【0027】
薬液噴霧用ノズル1は、噴口21と管継ぎ手31との間の流路に、ボール弁34が内設されている。そして、ボール弁34は、取っ手32を指先でつまんで回すと、弁を開閉できるように構成されている。
【0028】
三脚5は、市販されているカメラやビデオ用のものである。三脚5は、図2に示すように、脚を広げると三脚として使える。また、三脚5は、図3に示すように、脚を畳むと銃把のような形になり、握り手として使えるものである。三脚5には、雲台にカメラなどを取り付けるためのネジ51が設けられている。そして、三脚5は、ネジ51をネジ穴33にねじ込むと、薬液噴霧用ノズル1を取り付けられるように構成されている。
【0029】
図4は、他の実施形態に係る薬液噴霧器の正面図である。他の実施形態に係る薬液噴霧器4’では、三脚5’の形態が異なる以外は前述のとおりである。
【0030】
以上のように構成された薬液噴霧用ノズル1では、噴口21と管継ぎ手31との間の流路に、取っ手32を指先でつまんで回すと弁を開閉できるボール弁34が設けられている。そのために、図2に示すように、薬液噴霧用ノズル1は、薬液噴霧器4から手を離しても、薬液を噴霧し続ける。また、図3に示すように、薬液噴霧用ノズル1は、従来の噴霧器のように引き金を引き続けなくても、薬液を噴霧し続ける。
【0031】
また、薬液噴霧用ノズル1では、尾部3に三脚5,5’を取り付けるためのネジ穴33が形成されている。そのために、薬液噴霧用ノズル1は、三脚5,5’に取り付く。なお、ネジ穴33は、規格が統一されているネジ51に適合している。そのために、薬液噴霧用ノズル1は、あらゆる三脚5,5’に取り付く。
【0032】
次に、以上のように構成された薬液噴霧器4,4’では、前述の薬液噴霧用ノズル1と三脚5とから構成されている。そのために、薬液噴霧器4,4’は、噴霧状態のままで、いろいろな場所に仮置かれる。ここで、薬液噴霧器4,4’は、タイマー機能を有するようにすると、自動的に噴霧を止められる。
【0033】
以上、この発明の実施形態について説明したが、この発明は前記実施形態には限定されない。例えば、この発明に係る三脚を取り付けるための接続構造は、ネジ穴33に限られるものではなく、留め金でも構わない。また、接続構造が設けられる位置は、尾部3に限られるものではなく、頭部2でも構わない。さらに、手動で開閉可能な弁は、ボール弁34に限られるものでもない。
【0034】
この発明において噴口21と管継ぎ手31との間とは、噴口21と管継ぎ手31との間に形成される流路の間のことをいう。
【0035】
この発明において手動で開閉可能な弁とは、例えばボール弁34のように、取っ手32を指先でつまんで回すことで、弁を開閉できる弁のことをいう。
【0036】
この発明において頭部又は尾部の外周面に接続構造を有するとは、この発明の実施形態のように尾部3に直接ネジ穴33を設ける以外にも、頭部2又は尾部3の外周面に板部材などを取り付け、その板部材などにネジ穴などの接続構造を設けることも含む。
【符号の説明】
【0037】
1 薬液噴霧用ノズル
2 頭部
21 噴口
3 尾部
31 管継ぎ手
32 取っ手
33 ネジ穴
34 ボール弁
4 薬液噴霧器
5 三脚

【特許請求の範囲】
【請求項1】
噴口が形成された頭部と、コンプレッサーに接続される管継ぎ手が備えられた尾部とを有する薬液噴霧用ノズルにおいて、
前記噴口と前記管継ぎ手との間に手動で開閉可能な弁を備え、
前記頭部又は前記尾部の外周面に三脚を取り付けるための接続構造を有することを特徴とする薬液噴霧用ノズル。
【請求項2】
噴口と、コンプレッサーに接続される管継ぎ手との間に手動で開閉可能な弁を備え、
前記噴口が形成された頭部又は前記管継ぎ手が備えられた尾部の外周面に三脚を取り付けるための接続構造を有する薬液噴霧用ノズルと、
三脚とから成ることを特徴とする薬液噴霧器。

【図1】
image rotate

【図2】
image rotate

【図3】
image rotate

【図4】
image rotate


【公開番号】特開2011−110545(P2011−110545A)
【公開日】平成23年6月9日(2011.6.9)
【国際特許分類】
【出願番号】特願2009−272490(P2009−272490)
【出願日】平成21年11月30日(2009.11.30)
【出願人】(509226417)中島産業株式会社 (1)
【Fターム(参考)】