蛇腹式倉庫兼作業場

【課題】本発明は、構造が単純で、組立てが簡易な倉庫兼作業場であり、その設置場所を変更移動することも簡易であり、また、荷物や部品の出し入れが容易であって、作業能率を高めることができる蛇腹式倉庫兼作業場を提供するものである。
【解決手段】トンネル状の両端部支柱と中間支柱群を立設し、該支柱群の外側を覆う被覆資材を備え、前記中間支柱群をトンネル軸方向に移動可能にし、かつ、被覆資材を該支柱群に連結して前記中間支柱群の移動とともに展開し又は畳めるように配設した蛇腹式倉庫兼作業場において、前記両端部支柱が固定されており、両端部の支柱でそれぞれ両足元と中央頂部を結んで張設して固定したワイヤ又は棒体を設け、前記各中間支柱の脚部が、前記両足元に設けたワイヤ又は棒体に遊嵌して摺動可能にすると共に、前記各中間支柱の中央頂部が、前記中央頂部に設けたワイヤ又は棒体に遊嵌して摺動可能に構成したことを特徴とする。

【発明の詳細な説明】
【技術分野】
【0001】
本発明は、空き地や農地において、一人で簡単に組み立てることができる簡易な倉庫兼作業場であって、屋根と側壁を展開又は畳めるように構成し、荷物の積降や積込みを快適にする蛇腹式倉庫兼作業場に関するものである。
【背景技術】
【0002】
農作業をするのに、電動工具等の道具類や石灰などの薬剤は雨に濡れて困るものであり、それらをを収納するのに、農圃のそばに一人で組み立てることができる簡易な倉庫があれば大変便利であり有益である。
【0003】
そこで、一人で組立てることができる倉庫が研究開発されており、例えば、部品の点数を少なくし、柱がほぞによって自立させることにより組み立て作業が楽にできる有効な手段が先行技術として開示されている〔参考文献1〕。
【先行技術文献】
【特許文献】
【0004】
【特許文献1】特開2003−166359公報(〔0003〜0014〕、〔図1〜図7〕)
【発明の概要】
【発明が解決しようとする課題】
【0005】
先行技術は、組立て作業を簡素化するために部材の種類を少なくしていても、やはり、隅柱、間柱、壁等があり部材数が多く一人で組み立てることが難しい、また、屋根を設置する作業が手間をとる高所作業となるので、簡単に設置場所を変更することができないという不便な点があった。
【0006】
本発明は、これらの問題を解決したものであって、構造が単純で、組立てが簡易な倉庫兼作業場であり、しかも、その設置場所を変更移動することも簡易であり、また、大型の倉庫や作業場としても荷物や部品の出し入れが容易であって、作業能率を高めることができる蛇腹式倉庫兼作業場を提供するものである。
【課題を解決するための手段】
【0007】
上記の目的を達成するために、本発明の請求項1に係る蛇腹式倉庫兼作業場は、トンネル状の両端部支柱と中間支柱群を立設し、該支柱群の外側を覆う被覆資材を備え、前記中間支柱群をトンネル軸方向に移動可能にし、かつ、被覆資材を該支柱群に連結して前記中間支柱群の移動とともに展開し又は畳めるように配設した蛇腹式倉庫兼作業場において、前記両端部支柱が固定されており、両端部の支柱でそれぞれ両足元と中央頂部を結んで張設して固定したワイヤ又は棒体を設け、前記各中間支柱の脚部が、前記両足元に設けたワイヤ又は棒体に遊嵌して摺動可能にすると共に、前記各中間支柱の中央頂部が、前記中央頂部に設けたワイヤ又は棒体に遊嵌して摺動可能に構成したことを特徴とする。
【0008】
この構成を採用することにより、蛇腹式倉庫兼作業場は、今までの倉庫と違い、簡易な構造であり部材も軽量であるので、設営用のクレーンも不要で一人で簡単に組み立てることができる。また、分解も簡単であるので、設置場所を変更する移設も容易である。また、組み立て後に、蛇腹式倉庫兼作業場の中間支柱群トンネル軸方向に移動して展開すれば、各支柱に被覆資材が連結されているので、被覆資材も展開されて密閉式の倉庫兼作業場を容易に形成することができる。一方、中間支柱群をその支柱の間隔を無くすように詰めて移動すれば、それに連れて被覆資材を畳めるので、蛇腹式倉庫兼作業場の側壁や屋根を開放して、オープンスペースとすることができる。前述したように、倉庫兼作業場をクローズドスペース又はオープンスペースにする作業が容易であって、倉庫又は作業場に適した作業環境を随時、任意に選択して構築することができる。
【0009】
請求項2に係る蛇腹式倉庫兼作業場は、請求項1に記載の蛇腹式倉庫兼作業場において、蛇腹式倉庫兼作業場の任意の相隣合う支柱間で被覆資材を分割した個所を少なくとも一つ以上設けると共に、該分割個所の該支柱同士を結合可能又は分離可能にしたことを特徴とする。
【0010】
この構成を採用することにより、中間支柱群を間隔を無くすように詰めて移動すれば、それに連れて被覆資材を畳めるので、蛇腹式倉庫兼作業場の側部(長辺部)から、作業場への出入りや荷物の搬入又は搬出が容易となる。よって、重たい荷物を搬入又は搬出する場合には、トラックなどの車を倉庫の中の側部のすぐ横に横付けられるので、楽に荷物などの搬出入の作業ができる。
【0011】
また、作業場として使用する場合にも、中間支柱群を間隔を無くすように詰めて移動し、それに連れて被覆資材を畳んで使用すれば、作業場がオープンスペースの状態となるので、換気が必要な作業、例えば、塗装作業や溶接作業を行うのに都合がよく、また、作業終了時に支柱群と被覆材を移動して展開すれば、そのまま倉庫の状態となり、片付けが楽で、しかも、作業に使った物が雨に濡れないようにすることができる。
【0012】
請求項3に係る蛇腹式倉庫兼作業場は、請求項1又は2の蛇腹式倉庫兼作業場において、妻部に妻部用被覆資材を備えており、該妻部用被覆資材がその中央部で縦方向に分割又は結合可能にしたことを特徴とする。
【0013】
この構成を採用することにより、通常の出入りは、蛇腹式倉庫兼作業場の妻部からでき、通常の荷物を搬入する場合には、支柱やそれに連結された被覆資材を動かさずに作業ができる。また、妻部にも、被覆資材を設けているので、倉庫を密閉でき窃盗を防止し、保安状態を良好にすることができる。また、作業場として使用する場合にも、妻部から風が入らないので、軽量な保管物も風であおられたり埃が入ることがなく、特に冬期において作業者は寒い思いをせずに作業できる。
【0014】
請求項4に係る蛇腹式倉庫兼作業場は、請求項1から3のいずれかの蛇腹式倉庫兼作業場において、前記棒体が、複数の棒体片に分割されており、前記棒体片同士を着脱自在に嵌合又は螺合して連結可能にしたことを特徴とする。また、請求項5に係る蛇腹式倉庫兼作業場は、前記支柱が、請求項1から4のいずれかの蛇腹式倉庫兼作業場において、前記中間支柱の両足元と中央頂部に、前記ワイヤ又は棒体と遊嵌する環体又はC字状環体を設けていることを特徴とする。また、請求項6に係る蛇腹式倉庫兼作業場は、請求項1から5のいずれかの蛇腹式倉庫兼作業場において、前記被覆資材が、屈曲自在なシート状であり、かつ、ブルーシート、熱線遮断シート及び紫外線遮断シートから少なくとも1つを選択してなることを特徴とする。
【0015】
これらの構成を採用することにより、蛇腹式倉庫兼作業場の支柱を展開し又は畳む場合に、各支柱の根元にある脚部は、蛇腹式倉庫兼作業場の床面近くの側部に敷設された棒線や撚線などのワイヤ又は丸棒や角棒などの棒体が蛇腹式倉庫兼作業場の両端位置で固定され、中間位置では床面から浮かせるように設置されており、支柱の脚部、例えばリング状に成形された脚部がワイヤ又は棒に嵌められている。また、各支柱の中央頂部は、蛇腹式倉庫兼作業場の中央の高所に張設された棒線や撚線などのワイヤ又は丸棒や角棒などの棒体が両端部で固定され、中間部を浮かせるように設置されており、支柱の中央頂部、例えばリング状に成形された環を有する中央頂部が前記ワイヤ又は棒に嵌められている。したがって、蛇腹式倉庫兼作業場の組み立て設置が容易であり、支柱をトンネルの軸方向に移動できると共に、蛇腹式倉庫兼作業場が風に煽られて飛ばないようにすることができる。また、支柱は、中央頂部と脚部の三点で支持されているので、背丈が高い支柱となっても、支柱を垂直に支持し易く倒れることが少なく、かつ、移動も容易である。また、支柱は、トンネル状に曲げるために棒状又は板状の形状が良い。また、前述したように支柱の脚部をワイヤ又は棒体に嵌めて立設する構造であるので、脚部の先端を環状又は一部が欠除したCリングとした形状にする必要があり、加工し易い金属製か、又は成型し易く屈曲性のある合成樹脂製が好適である。また、棒体は、一つが0.3m〜2mぐらいに分割可能であり、分割された棒体の片端を凸部又はオスねじ、他端を凹部又はメスねじとして簡単に嵌合又は螺合して連結できる構造が、設営が簡単でかつ持ち運びが楽で良い。
【0016】
また、蛇腹式倉庫兼作業場の屋根や壁を形成する被覆資材には、屈曲自在な薄厚のシート状であって、蛇腹式倉庫兼作業場の目的及び用途に応じて、ブルーシート、熱線遮断シート、紫外線遮断シート等を或いはそれらを使い分けることができる。ブルーシートは、価格も安く入手も容易である。また、熱線遮断シートを使用すれば、、夏場でも作業場内の温度が高温になることを防ぐことができ、また、紫外線防止シートを用いれば、倉庫内に保管している物、例えば、プラスチック製品の劣化を抑えることができる。
【発明の効果】
【0017】
本発明に係る請求項1から6に記載の蛇腹式倉庫兼作業場によれば、倉庫兼作業場をクローズドスペース又はオープンスペースにする作業が容易であって、倉庫又は作業場に適した作業環境を随時、任意に選択して構築することができる。さらに、重量物や大型荷物を搬入、搬出する場合でも、蛇腹式倉庫兼作業場の側面部を開口して、荷物を搬入、搬出のできるので大変便利である。また、人では運べない重量物でも、屋根が開くのでクレーン車やキャブバッククレーン車(ユニック車)を使用して、重量物を搬入、搬出することが可能となる。
【0018】
また、本発明の蛇腹式倉庫兼作業場は、従来の倉庫に比べて簡易な構造であるから設備費を安くすることができる。また、組立てが容易で一人でも組み立てが可能であるから設営地の制約が少ない、特に農作業をする場合に、田畑や果樹園の近辺の空地に手軽に設置でき、また、不要になればすぐに撤去できるので、広い農地であっても、蛇腹式倉庫兼作業場を使い回すことができるから、倉庫の稼働率を上げることができる。
【図面の簡単な説明】
【0019】
【図1】本発明の実施するための形態に係る蛇腹式倉庫兼作業場であって、(a)は支柱と被覆資材を展開している場合の模式的全体斜視図、(b)は支柱脚と支柱中央頂部の摺動部の模式的斜視図である。
【図2】本発明の実施するための形態に係る蛇腹式倉庫兼作業場であって、(a)は支柱と被覆資材を畳み込んだ場合の模式的全体斜視図、(b)は支柱と被覆資材を分割している場合の模式的全体斜視図である。
【図3】本発明の実施するための形態に係る蛇腹式倉庫兼作業場であって、(a)は分割部の支柱と被覆資材を展開している場合の模式的側面図、(b)は分割部の支柱と被覆資材を分割している場合の模式的側面図である。
【発明を実施するための形態】
【0020】
本発明に係わる蛇腹式倉庫兼作業場を実施するための形態について図1、2、3を用いて説明する。図1は、本発明の実施するための形態に係る蛇腹式倉庫兼作業場であって、(a)は支柱と被覆資材を展開している場合の模式的全体斜視図、(b)は支柱脚と支柱中央頂部の摺動部の模式的斜視図であり、図2の(a)は支柱と被覆資材を畳み込んだ場合の模式的全体斜視図、(b)は支柱と被覆資材を分割している場合の模式的全体斜視図であり、図3の(a)は分割部の支柱と被覆資材を展開している場合の模式的側面図、(b)は分割部の支柱と被覆資材を分割している場合の模式的側面図である。
【0021】
図1に示すように、蛇腹式倉庫兼作業場1は、空地等にアーチ型の各支柱2−1、2−2、2−3をトンネル状に立設し、該支柱2−2、2−3の外側を被覆資材4、4aにより覆われて構成される。。そして、固定された両端部の支柱2−1を除き中間部の各支柱2−2、2−3をトンネルの軸方向に移動可能にし、かつ、被覆資材4を該支柱2−2、2−3に連結して支柱2−2、2−3とともに展開し又は畳めるように配設している。分割箇所では、任意の分割箇所で分割部支柱2−3を配設しており、図2(a)で示すように、両端部では端部支柱2−1と、また、図2(b)で示すように、中間部では分割部支柱2−3同士が、支柱分割部連結部材5によって、結合及び分割が自在にできるようになっている。前述したのは一例であって、任意の箇所で、適宜、分割個所を選択できる。また、妻部には、二分割している妻部用の被覆資材4aを端部支柱2−1に連結している。これらの構成により蛇腹式倉庫兼作業場1は、構造が簡易で設備が安く、しかもクレーン等を用いずに一人で簡単に組立、解体ができるのである。
【0022】
各中間部支柱2−2及び分割部支柱2−3の脚部2−2−aは、図1(b)に示すように、置き場兼作業床11の両側端に敷設された脚部レール3aに摺動可能に嵌められる。また、同様にして各中間部支柱2−2及び分割部支柱2−3の中央頂部2−2−bは、頂部レール3bに、摺動可能に嵌められる。ここで、脚部レール3a及び頂部レール3bは、棒線や撚線などのワイヤ又は丸棒や角棒などの棒体で作られている。本発明の蛇腹式倉庫兼作業場1は、両脚部2−2−aと頂部2−2−bの三点で各支柱2−2、2−3を支持するので、支柱2−2、2−3は安定して立設され、転倒のおそれがなくなる。この場合、脚部レール3a及び頂部レール3bは両端が端部支柱2−1の脚部2−1−aと頂部2−1−bで支持され固定されており、中間部を浮かせるように設置される。特に、脚部レール3及び頂部レール3bがワイヤの場合には、ワイヤに張力を掛けるように、緊張させるの必要がある。なお、端部支柱2−1は、置き場兼作業床11が舗装或いはコンクリートの場合には、コンクリートブロック等の重量のある端部支柱固定部材6を使用して自立している。なお、強風時には端部支柱2−1が転倒しないように控えを取るのが良い。また、置き場兼作業床11が未舗装部であれば、端部支柱固定具(図示しない)を土中深く差し込み、それに端部支柱2−1を固結させて固定することもできる。支柱2−2、2−3の脚部2−2−a及び頂部2−2−bの構造は、脚部3a及び頂部3bがワイヤ又は棒に嵌められていて、支柱に対して直角方向に移動するため、及び、蛇腹式倉庫兼作業場1が風に煽られて飛ばないようにするために、環状又は一部が欠除したCリングとした形状にするのがよい。また、支柱2−1、2−2、2−3は、全体がΩ型のアーチ状に曲げられた丸棒状又は板状の形状であると共に、前述したようにその脚部3a及び頂部3bを環状又は一部が欠除したCリングとした形状に加工する必要があり、加工し易い金属製か、又は成型し易く、屈曲性のある合成樹脂製が良い。また、棒体は、一つが0.3m〜2mぐらいの単位で分割可能であり、分割された棒体の片端を凸部又はオスねじ、他端を凹部又はメスねじとして簡単に嵌合又は螺合して連結できる構造が、設営が簡単で持ち運びが楽で良い。
【0023】
被覆資材4は、屈曲自在な薄厚状のシートであって、支柱2−2、2−3と一緒に移動できるようにするために、支柱を内骨として連結する必要があり、支柱2−2,2−3の複数箇所に、支柱2−2、2−3が挿通できるリング状の被覆資材支柱連結部4bを予め被覆資材4に形成して置くか、又は、支柱2−2、2−3の骨材に対して被覆資材4と同じ共布地で挟んで接着して被覆資材支柱連結部4bとすることで連結可能である。
【0024】
また、妻部には、被覆資材支柱連結部4bを用いて、端部支柱2−1に妻部用被覆資材4aを連結している。妻部用被覆資材4aは、中央部付近で縦に二分割しており、荷物10を蛇腹式倉庫兼作業場1に搬入出するときには、二分割された妻部用被覆資材4aをファスナーやマジックテープ(登録商標)等の留め具をはずして片側又は両側の妻部用被覆資材4aを捲って中に入る。他方、妻部用被覆資材4aをファスナーやマジックテープ(登録商標)等の留め具で連結すれば、埃や泥が蛇腹式倉庫兼作業場1内に入って荷物10が汚れることを防ぐことができる。
【0025】
また、蛇腹式倉庫兼作業場1の屋根や壁を形成する被覆資材4には、蛇腹式倉庫兼作業場1の目的及び用途に応じて、ブルーシート、熱線遮断シート、紫外線遮断シート等を使い分ける。ブルーシートは、安価で入手し易いので、頻繁に蛇腹式倉庫兼作業場1を移設する場合に用いれば、移設時に被覆資材4が傷んでも設備費を安く抑えることができる。熱線遮断シートを使用するれば、夏場でも作業場1内の気温が高温になることを防ぐことができ、また紫外線遮断シートを用いれば、倉庫1内に保管している物、例えば、プラスチック製品の劣化を抑えることができる。
【0026】
次に、図2、3を用いて使用方法を説明する。通常は、蛇腹式倉庫兼作業場1の妻部側から人が出入りし、荷物10を出入れする。また、荷物10を保管する場合には、中間部支柱2−2、分割部支柱2−3及び被覆資材4を展開して、分割部支柱2−3同士、分割部支柱2−3と端部支柱2−1と、を結合させて固定する。これによって、荷物10が被覆資材4によって完全に覆われるので、雨、ほこりによって荷物10が汚れたり、紫外線による劣化を防止することができる。
【0027】
蛇腹式倉庫兼作業場1は、分割個所を複数とることができる(本例では二分割)。隣合う分割部支柱2−3同士の間、或いは、端部支柱2−1と分割部支柱2−3間は、支柱分割部連結部材5を用いて、結合可能に又は分割可能に自在に構成している。なお、分割位置である分割部支柱2−3同士の間、或いは、端部支柱2−1と分割部支柱2−3との間には、被覆資材4はない。よって、分割した分割部支柱2−3同士の間、或いは、端部支柱2−1と分割部支柱2−3との間の、結合又は分割が簡易に行える。
【0028】
即ち、中間部支柱2−2、分割部支柱2−3及び被覆資材4を畳むこと又は分割部支柱2−3を分割させることによって、蛇腹式倉庫兼作業場1の側部から、人の出入りや荷物の搬出入をし易くできる。したがって、長さが長い蛇腹式倉庫兼作業場1を使用する場合や、重量のある荷物10を搬出入する場合に、妻部の出入り口まで行く必要がなく、任意の側部を開放できるので、トラックや車を倉庫に横付けすることによって、荷物10を手で運ぶ距離を短くすることができ大変快適である。
【0029】
また、人力で運ぶことができない程の重量のある荷物10を蛇腹式倉庫兼作業場1に搬出入する場合にも、中間部支柱2−2、分割部支柱2−3及び被覆資材4を畳むこと又は分割部支柱2−3を分割させることによって、屋根が開かれるので、クレーン車12やキャブバッククレーン車(ユニック車)を使用して荷物10を吊上げることができるので、搬出入が可能となる。
【0030】
また、蛇腹式倉庫兼作業場1を作業場として使用する場合において、中間部支柱2−2、分割部支柱2−3及び被覆資材4を畳むこと又は分割部支柱2−3を分割させて使用すれば、作業場の屋根と側壁が存在しない存在しない状態となるので、換気が必要な作業、例えば、塗装や溶接作業を行うのに都合がよい。
【0031】
また、同様に、蛇腹式倉庫兼作業場1を作業場として使用する場合において、作業終了時の作業場11における片付けが、分割又は畳んでいた中間部支柱2−2、分割部支柱2−3及び被覆資材4を展開するだけで倉庫の状態となり、大変楽で、しかも、簡単に、作業に使った物が盗難にあわず、また、雨に濡れないようにすることができる。
【0032】
また、同様に背丈の低い蛇腹式倉庫兼作業場1を作業場として使用して作業する場合に、中間部支柱2−2、分割部支柱2−3及び被覆資材4を分割又は畳めば、作業員は屋根で頭をぶつけることなく作業でき、作業終了時に展開すれば、すばやく片付けができる。したがって、背の低い工作物を作る作業場においては、蛇腹式倉庫兼作業場1を低くすることで、材料費を安く抑えることもできる。
【0033】
また、作業場11として使用する場合において、支柱2−2、2−3及び被覆資材4を展開すれば、作業場11内に風が入らないので、軽量な物も風であおられたり、埃が入ることがなく、特に冬期において作業者は寒い思いをせずに作業できる。
【0034】
また、支柱2−2、2−3を畳んだ状態にすれば、蛇腹式倉庫兼作業場を清掃した場合においても、換気ができて、荷物置き場兼作業場11の乾きも早く大変便利である。
【産業上の利用可能性】
【0035】
簡易な倉庫や作業場として、広く利用することができる。
【符号の説明】
【0036】
1:蛇腹式倉庫兼作業場
2−1:端部支柱(固定) 2−2:中間部支柱(摺動)
2−3:分割部支柱(摺動)
2−1−a:端部支柱脚部(緊張固定部)
2−1−b:端部支柱頂部(緊張固定部)
2−2−a:中間部支柱脚部 2−2−b:中間部支柱頂部
3a:脚部レール 3b:頂部レール
4:被覆資材
4a:妻部用被覆資材 4b:被覆資材支柱連結部
5:支柱分割部連結部材
6:端部支柱固定具
7:妻部用被覆資材固定具
10:荷物
11:置き場兼作業床
12:クレーン車

【特許請求の範囲】
【請求項1】
トンネル状の両端部支柱と中間支柱群を立設し、該支柱群の外側を覆う被覆資材を備え、前記中間支柱群をトンネル軸方向に移動可能にし、かつ、被覆資材を該支柱群に連結して前記中間支柱群の移動とともに展開し又は畳めるように配設した蛇腹式倉庫兼作業場において、前記両端部支柱が固定されており、両端部の支柱でそれぞれ両足元と中央頂部を結んで張設して固定したワイヤ又は棒体を設け、前記各中間支柱の脚部が、前記両足元に設けたワイヤ又は棒体に遊嵌して摺動可能にすると共に、前記各中間支柱の中央頂部が、前記中央頂部に設けたワイヤ又は棒体に遊嵌して摺動可能に構成したことを特徴とする蛇腹式倉庫兼作業場。
【請求項2】
蛇腹式倉庫兼作業場の任意の相隣合う支柱間で被覆資材を分割した個所を少なくとも一つ以上設けると共に、該分割個所の該支柱同士を結合可能又は分離可能にしたことを特徴とする請求項1に記載の蛇腹式倉庫兼作業場。
【請求項3】
妻部に妻部用被覆資材を備えており、該妻部用被覆資材がその中央部で縦方向に分割又は結合可能にしたことを特徴とする請求項1又は2に記載の蛇腹式倉庫兼作業場。
【請求項4】
前記棒体が、複数の棒体片に分割されており、前記棒体片同士を着脱自在に嵌合又は螺合して連結可能にしたことを特徴とする請求項1から3のいずれかに記載の蛇腹式倉庫兼作業場。
【請求項5】
前記中間支柱の両足元と中央頂部に、前記ワイヤ又は棒体と遊嵌する環体又はC字状環体を設けていることを特徴とする請求項1から4のいずれかに記載の蛇腹式倉庫兼作業場。
【請求項6】
前記被覆資材が、屈曲自在なシート状であり、かつ、ブルーシート、熱線遮断シート及び紫外線遮断シートから少なくとも1つを選択してなることを特徴とする請求項1から5のいずれかに記載の蛇腹式倉庫兼作業場。

【図1】
image rotate

【図2】
image rotate

【図3】
image rotate


【公開番号】特開2013−11113(P2013−11113A)
【公開日】平成25年1月17日(2013.1.17)
【国際特許分類】
【出願番号】特願2011−145000(P2011−145000)
【出願日】平成23年6月29日(2011.6.29)
【出願人】(510158200)株式会社 ダイツウ (17)