Notice: Undefined variable: fterm_desc_sub in /mnt/www/biblio_conv.php on line 353
表示制御装置、及び案内経路表示方法
説明

表示制御装置、及び案内経路表示方法

【課題】進路および進路を変更する際の目印となる施設を認識しやすい表示を行う。
【解決手段】地図データベースを参照して探索された案内経路と前記地図データベースに基づいた地図画像とを表示手段に表示する表示制御手段を備えた表示制御装置において、前記表示制御手段は、前記表示手段に表示する地図画像のうち、前記案内経路に基づいた所定範囲と前記所定範囲外とを異なる表示態様で描画するとともに、前記案内経路の経路案内を行なう際に用いる案内施設と前記所定範囲外とを異なる表示態様で描画し、前記表示手段に表示することを特徴とする。

【発明の詳細な説明】
【技術分野】
【0001】
本発明は、表示制御装置、及び案内経路表示方法に関し、特に、案内経路及び案内施設を認識しやすく表示することができる表示制御装置、及び案内経路表示方法に関する。
【背景技術】
【0002】
従来、ナビゲーション装置においては、出発位置、或いは現在位置と、目的位置とを指定して経路探索を行い、その最適経路として得られた案内経路に沿って経路案内を行っている。経路案内として一般的には、案内経路上の現在位置周辺の地図画像を表示画面に表示し、進行方向や進路等を矢印等で表示することが行われ、これによりユーザが自分の進路を認識できるようになっている。
【0003】
しかしながら、案内経路に交差点が存在しているような場合、進行方向や進路が矢印で表示されているとしても、その交差点の周囲に多くの建物等の背景画像が表示されており、特に、進路と建物が同系色で表示されると非常に見にくくなってしまっていた。
【0004】
下記特許文献1(特開2006−64473号公報)は、経路案内中に分岐点や交差点まで所定距離に近づいたか否かを判定し、分岐点や交差点に近づいている場合、右左折を行う案内交差点の手前に他の交差点がある場合は誘導経路を示す矢印を赤色等の第1の態様で表示し、案内交差点の手前に他の交差点がない場合は誘導経路を示す矢印を橙色等の第2の態様で表示することによって、複雑な交差点の場合であっても誘導経路に沿って確実に案内し、間違った進路変更を阻止することが可能なナビゲーション装置を開示している。
【先行技術文献】
【特許文献】
【0005】
【特許文献1】特開2006−64473号公報
【発明の概要】
【発明が解決しようとする課題】
【0006】
しかしながら、上記特許文献1のナビゲーション装置では、誘導経路を示す矢印はユーザにとって認識しやすく表示されるとしても、矢印や案内経路そのものが、周囲の建物等の背景画像に溶け込んで表示されてしまう。そのため、ユーザが矢印や案内経路を一目見ただけで認識することが困難であるという課題が存在している。
【0007】
そのため、本願出願人は、特願2010−080883にて、表示手段に表示する地図画像のうち案内経路に基づいた所定範囲と所定範囲外とを異なる表示態様(所定範囲外をグレーアウト表示)で表示手段に表示するナビゲーション装置を提案している。
【0008】
ところで、経路案内を行っていて進路変更を行うべき交差点に近づいた際に、当該交差点付近の施設(目印)を特定し、当該施設と進行方向の案内を組み合わせた報知(例えば、「道路左側のレストランを越えると次の信号を右折です。」などの報知)を行なうナビゲーション装置が知られている(例えば、特開2003−057048号)。
【0009】
このように、交差点付近の施設(目印)を特定し、当該施設と進行方向の案内を組み合わせた報知を行なう場合には、案内経路に基づいた所定範囲と所定範囲外とを異なる表示態様で表示手段に表示するだけではなく、所定範囲に当該施設(交差点付近の施設(目印))も含めることが好ましい。すなわち、当該施設をグレーアウト表示しないことが好ましい。
【0010】
そのため、本発明の目的は、探索された案内経路の経路案内を行っている際に、ユーザが瞬時に進路(経路)及び経路案内にて用いる施設(目印)を認識できるように画像を表示することである。
【課題を解決するための手段】
【0011】
上記課題を解決するために、地図データベースを参照して探索された案内経路と前記地図データベースに基づいた地図画像とを表示手段に表示する表示制御手段を備えた表示制御装置において、前記表示制御手段は、前記表示手段に表示する地図画像のうち、前記案内経路に基づいた所定範囲と前記所定範囲外とを異なる表示態様で描画するとともに、前記案内経路の経路案内を行なう際に用いる案内施設と前記所定範囲外とを異なる表示態様で描画し、前記表示手段に表示することを特徴とする。
【0012】
また、前記案内施設は、前記案内経路の経路案内を行なう際に、音声案内される施設であることを特徴とする。
【0013】
また、前記表示制御装置は、前記地図データベース及び現在位置検出手段によって検出された現在位置に基づいて表示態様の変更が必要な地点か否かを判別するグレーアウト要否判別手段を備え、前記グレーアウト要否判別手段が前記現在位置は表示態様の変更が必要な地点であると判別した場合に、前記表示制御手段は、前記案内経路に基づいた所定範囲と前記所定範囲外とを異なる表示態様で描画するとともに、前記案内経路の経路案内を行なう際に用いる案内施設と前記所定範囲外とを異なる表示態様で描画し、前記表示手段に表示することを特徴とする。
【0014】
また、上記課題を解決するために、地図データベースを参照して探索された案内経路と前記地図データベースに基づいた地図画像とを表示手段に表示する案内経路表示方法であって、前記表示手段に表示する地図画像のうち、前記案内経路に基づいた所定範囲と前記所定範囲外とを異なる表示態様で表示するとともに、前記案内経路の経路案内を行なう際に用いる案内施設と前記所定範囲外とを異なる表示態様で表示することを特徴とする。
【0015】
また、前記案内施設は、前記案内経路の経路案内を行なう際に、音声案内される施設であることを特徴とする。
【0016】
また、前記地図データベース及び現在位置検出手段によって検出された現在位置に基づいて表示態様の変更が必要な地点か否かを判別し、前記現在位置は表示態様の変更が必要な地点であると判別した場合に、前記案内経路に基づいた所定範囲と前記所定範囲外とを異なる表示態様で表示するとともに、前記案内経路の経路案内を行なう際に用いる案内施設と前記所定範囲外とを異なる表示態様で表示することを特徴とする。
【発明の効果】
【0017】
本発明の表示制御装置、案内経路表示方法によれば、案内経路に基づいた所定範囲と所定範囲外とが異なる表示態様で表示手段に表示され、且つ、案内施設と案内経路に基づいた所定範囲外とが異なる表示態様で表示手段に表示されるため、案内経路周辺及び案内施設がユーザにとって見やすく表示されるようになり、ユーザは瞬時に進むべき進路及び経路案内で用いられる案内施設を認識できるようになる。
【図面の簡単な説明】
【0018】
【図1】本実施例に係るナビゲーション装置の内部ブロック図を示す。
【図2】実施例1のナビゲーション装置における経路案内の動作を示すフローチャートである。
【図3】地図画像作成の概念を示す図である。
【図4】実施例1に係るナビゲーション装置において経路案内画像をグレーアウトする概略説明図を示す。
【図5】実施例1に係るナビゲーション装置においてグレーアウトされた経路案内画像を示す。
【図6】実施例2のナビゲーション装置におけるグレーアウト表示の動作を示すフローチャートである。
【図7】実施例2において経路案内画像をグレーアウトする概略説明図を示す。
【図8】実施例1に係るナビゲーション装置において案内経路に基づくグレーアウト領域特定の概念図である。
【図9】実施例3のナビゲーション装置における経路案内の動作を示すフローチャートである。
【図10】その他の実施例にかかるナビゲーション装置においてグレーアウトされた経路案内画像を示す。
【図11】実施例1のナビゲーション装置におけるグレーアウト表示の動作を示すフローチャートである。
【発明を実施するための形態】
【0019】
以下、本願発明を実施するための最良の形態を実施例と共に図を参照して詳細に説明する。ただし、以下に示す実施例は、本発明の技術思想を具体化するための表示制御置、及び案内経路表示方法としてナビゲーション装置を例示して説明するものであって、本発明をこのナビゲーション装置に特定することを意図するものではなく特許請求の範囲に示した技術思想を逸脱することなくその他の表示制御装置、及び案内経路表示方法にも等しく適用し得るものである。
【実施例1】
【0020】
図1は、本実施例に係るナビゲーション装置10の内部ブロック図を示している。図1に示されているように、ナビゲーション装置10は制御手段100、現在位置検出手段110、表示入力手段120、表示制御手段130、経路探索手段140、記憶手段150、経路案内手段160、グレーアウト要否判別手段170、地図データベース180を備えて構成されている。
【0021】
制御手段100は、CPU101、RAM102、ROM103を備えて構成されており、RAM102又は/及びROM103に記憶された制御プログラムをCPU101において実行することにより、下記に説明する各部の動作を制御・統括する。
【0022】
現在位置検出手段110は、GPS受信手段111、自律航法手段112を備えて構成される。GPS受信手段111は、地球上空を周回している複数のGPS衛星から、各GPS衛星の位置情報及び時刻情報を含むGPS信号を受信する受信機で構成される。GPS信号には、アルマナックデータ及びエフェメリスデータの2種類のデータが含まれる。アルマナックデータは、全GPS衛星の軌道情報及び衛星時計の補正情報を含み、エフェメリスデータは、各GPS衛星の詳細な位置情報及びGPS信号を発射した時刻情報を含む。
【0023】
自律航法手段112は、ナビゲーション装置10が搭載される車両に設置された車速センサ、加速度センサ、ジャイロセンサ等に接続され、センサからの検出信号を適切な出力信号に変換して出力する。なお、加速度センサやジャイロセンサはナビゲーション装置10が備えていてもよい。
【0024】
現在位置検出手段110は、GPS受信手段111において受信したアルマナックデータ及びエフェメリスデータに基づき、緯度情報及び経度情報からなる車両の現在位置(GPS信号に基づく推定現在位置)を算出する。また、自律航法手段112において変換出力された加速度センサ、ジャイロセンサの出力値に基づいて、現在位置(自律航法手段に基づく推定現在位置)を算出する。特に、GPS信号と自律航法のセンサ出力の両方を使用できる場合には、GPS信号に基づく推定現在位置に対し、自律航法手段に基づく推定現在位置を参照して現在位置を補正する。
【0025】
表示入力手段120は表示手段121と入力手段122より構成される。表示手段121は液晶表示ユニットであり、入力手段122は液晶表示ユニットの液晶画面上に取り付けられたタッチパネルである。表示手段121は、本実施例のナビゲーション装置10で表示される地図画像、案内経路を示す表示画像等を表示し、入力手段122はユーザにより操作されて、出発位置、経由地、目的位置等の経路探索条件の入力を行うのに用いられる。
【0026】
表示制御手段130は、本願発明及び本実施例において特徴的な構成要素となるものであるが、記憶手段150に記憶された案内経路に沿って地図データベース180から抽出した地図画像を処理して表示手段121に表示したり、地図画像に案内経路を示す表示画像を重ねて表示手段121に表示したり、案内経路でなく、且つ、案内施設(詳細は後述)でない部分の表示をグレーアウト処理して表示したりするものである。このグレーアウト処理については後述する。
【0027】
経路探索手段140は、出発位置又は現在位置検出手段110によって検出された現在位置から表示入力手段120を用いてユーザが設定した目的位置に至る最適な経路(案内経路)を、地図データベース180に記憶されている地図情報を参照して探索する。
【0028】
記憶手段150は、表示入力手段120によってユーザが設定した出発位置や目的位置、また、経路探索手段140によって経路探索された最適な経路を案内経路として記憶する。また、記憶手段150には、案内施設を特定可能な情報が記憶される。
【0029】
ここで、案内施設とは、案内交差点付近の施設(目印)であり、案内交差点付近の施設と進行方向の案内を組み合わせた報知(例えば、「道路左側のレストランAを越えると次の信号を右折です。」などの報知)を行なう際に、用いられる施設である(例では「レストランA」が該当する)。
【0030】
なお、案内交差点とは、スピーカ(不図示)などを介して経路案内を行なうべき交差点であり、例えば、右左折などの進路変更を行う必要のある交差点である。
【0031】
経路案内手段160は、記憶手段150に記憶された案内経路と、現在位置検出手段110によって検出された現在位置とに基づいて、表示制御手段130に地図データベース180から現在位置周辺の地図情報の抽出と案内経路を示す表示画像の表示を指示し、表示制御手段130は、抽出した地図画像に案内経路を示す表示画像を重ねて表示手段121に表示する。また、経路案内手段160は、ナビゲーション装置10がスピーカ等を備える場合には、経路案内の音声ガイダンスを放送するなどしてユーザが案内経路に沿って移動するのを助ける。特に、本実施例においては、経路案内手段160は、案内交差点付近の施設(目印)と進行方向の案内を組み合わせた報知(例えば、「道路左側のレストランAを越えると次の信号を右折です。」などの報知)を行なうことで音声ガイダンスを行なう。なお、音声ガイダンスは、地図データベースの道路データに対応付けられて記憶されていることが好ましい。
【0032】
グレーアウト要否判別手段170は、記憶手段150に記憶された案内経路に含まれる交差点(案内交差点)や分岐点と、現在位置検出手段110によって検出される現在位置とを比較し、現在位置が交差点や分岐点から所定距離だけ近づいたか否かを判定する。所定距離だけ近づいた場合、本実施例では、表示制御手段130が後述するグレーアウト処理を行い、ユーザが交差点や分岐点でどのように進路を取ればよいか瞬時に認識できるように案内し、複雑な交差点や分岐点があっても案内経路に沿って確実に案内できるようにする。
【0033】
地図データベース180は、道路データ、建物データ、背景データ、テキストデータから構成される地図情報を保持している。
【0034】
道路データは、道路をその屈曲点、分岐点等の結節点をノードとするノードデータと、それぞれのノード間を結ぶ経路をリンクとしたリンクデータから構成される。ノードデータは、ノード番号、ノードの位置座標(緯度・経度)、交差点情報、交差点名称、接続リンク本数、接続リンク番号のデータを含んで構成される。また、リンクデータは、リンクの始点及び終点となるノード番号、高速道路、一般道、街路等の道路種別、距離又は/及び所要時間、国道○号線のような道路名称、進行方向のデータを含んで構成される。リンクデータは上記に加えて、リンク属性として橋、トンネル、踏切、料金所等のデータが付与される。
【0035】
建物データは、建物(施設)毎に、建物の少なくとも3点からなる(描画のための)位置座標(緯度・経度)、駅やビル、民家等の建物の種別、表示色のデータ、建物の(現在位置との比較に用いられる)位置座標(緯度・経度)、建物(施設)の名称を示す音声データなどを含んで構成される。
【0036】
また背景データは、海岸線、湖沼、河川形状、山林等の背景画像データとなる少なくとも3点からなる位置座標(緯度・経度)、表示色のデータを含んで構成される。
【0037】
テキストデータは、それぞれの地名や河川名等の文字(名称)、及びその座標(緯度・経度)のデータを含んで構成される。
【0038】
なお、地図データベース180を構成する建物データや背景データなどのデータは上記に限ることはなく、例えば、背景データとして、複数のポリゴンデータがふくまれ、各ポリゴンデータは1点以上の位置座標からなる。また、ポリゴンデータ毎に種別コードがあり、この種別コードと、種別コードに対応した複数の色を含むパレットとを参照することで、ポリゴンデータ毎に色を変えて描画することができる。なお、テキストデータにも種別コードが含まれる場合、テキストデータの色を変えることも可能である。
【0039】
さらに、地図データベース180には、それぞれのノードデータ又はリンクデータに対応させてグレーアウト処理が必要か否かを示す情報を記憶させ、グレーアウト要否判別手段170はこの情報をもとにグレーアウトが必要か否かを判別するようにしてもよい。このようにすることで、案内交差点に近づいた際にグレーアウト処理が行われるようになり、ユーザにとって利便性が増す。
【0040】
なお、上記のナビゲーション装置10は、地図データベース180及び経路探索手段140をナビゲーション装置10に内蔵したスタンドアロン型のものとして説明したが、本発明はこれに限定されることはない。例えば、ナビゲーション装置10に通信手段(図示せず)を設け、ナビゲーション装置10の外部の情報提供サーバ(図示せず)に接続して通信を行い、情報提供サーバに備えられた地図データベースから上記の案内経路に関連付けられた地図情報を取得するようにしてもよい。
【0041】
その場合、ナビゲーション装置10は出発位置又は現在位置と目的位置とを指定し、これを経路探索条件として情報提供サーバに送信し、経路探索を依頼する。情報提供サーバには経路探索手段と通信手段が設けられており、ナビゲーション装置10から受信した出発位置又は現在位置と目的位置とを経路探索条件として経路探索を行い、探索結果をナビゲーション装置10へ送信する。
【0042】
次に、図2を参照して本実施例に係るナビゲーション装置10における経路案内方法について説明する。図2は本実施例のナビゲーション装置10における経路案内の動作を示すフローチャートである。
【0043】
まず、ステップS201において、表示入力手段120を構成する入力手段122をユーザが操作することによって、出発位置と目的位置を入力・設定する。入力された出発位置、目的位置は記憶手段150に記憶される。
【0044】
次いでステップS202において、経路探索手段140が記憶手段150に記憶された出発位置と目的位置に基づき、地図データベース180を参照し、経路探索を行う。経路探索は、出発位置又は現在位置に対応する道路のノードから目的位置に対応するノードに至るまでのリンクをダイクストラ法等の手法によって探索し、リンク長(リンクコスト)や所要時間を累積し、総リンク長(走行距離)又は総所要時間が最短となる経路を案内経路とし、当該経路に属する道路のノードやリンクを案内経路データとして記憶手段150に記憶する。
【0045】
なお、上記において、ユーザが出発位置を特定しない場合には、現在位置検出手段110によって現在位置を検出し、現在位置から目的位置までの経路探索を行う。
【0046】
経路探索手段140が経路探索を行なうと、ステップS203に進み、経路案内手段160は経路案内を開始する。そして、経路案内が開始されると、ステップS204において、案内交差点における案内施設を特定する。
【0047】
ここで、上述の通り、案内交差点とは、スピーカ(不図示)などを介して経路案内を行なうべき交差点であり、また、案内施設とは、案内交差点付近の施設(目印)であり、案内交差点付近の施設と進行方向の案内を組み合わせた報知(例えば、「道路左側のレストランAを越えると次の信号を右折です。」などの報知)を行なう際に、用いられる施設である(例では「レストランA」が該当する)。
【0048】
なお、ステップS204では、案内経路上の全ての案内交差点を特定し、当該案内交差点毎に案内施設を特定するものとして説明を行なうが、現在位置と案内経路に基づいて、次に到着する案内交差点を特定し、当該案内交差点における案内施設を特定してもよい。この場合は、案内交差点を通過する毎に、次に到着する案内交差点を特定し、当該案内交差点における案内施設を特定する。なお、案内施設の特定は、経路探索時(ステップS202)に行なってもよい。
【0049】
ここで、案内交差点における案内施設の特定方法について説明を行なう。案内交差点における案内施設の特定方法については、従来から知られている種々の方法を用いることが可能であるが、例えば、予め交差点(及び、当該交差点への進入方向)と案内施設を対応付けて地図データベース180に記憶させておき、ある交差点が案内交差点である場合に、当該交差点に対応付けられた案内施設を、案内交差点における案内施設として特定することができる。そのほか、上述の特開2003−057048号公報などに記載さている方法を用いて、案内施設を特定してもよい。
【0050】
なお、説明の簡略化のため、案内交差点付近の施設(目印)を案内施設として説明するが、これに限ることはなく、経路案内において用いられる施設(目印)であれば、案内施設とすることが好ましい。
【0051】
ステップS204において、案内交差点における案内施設を特定すると、ステップS205において、表示制御手段130は、グレーアウト表示処理を行なった上で地図画像(以下の説明では、案内経路を重畳した地図画像を経路案内画像として表現)を表示手段121に表示させる。
【0052】
そして、ステップS206において、制御手段100は、経路案内が終了したか否かを判定し、経路案内が終了するまで、表示制御手段130は、グレーアウト表示処理を行なった上で経路案内画像を表示手段121に表示させる(ステップS206のNO)。
【0053】
なお、表示手段121に表示する経路案内画像は、現在位置検出手段110によって検出される現在位置に基づくものであるため、現在位置(ナビゲーション装置10)の移動に伴って、グレーアウト表示処理された経路案内画像が表示手段121に表示される。
【0054】
次に、ステップS205におけるグレーアウト表示処理について図11を参照して説明を行なう。
【0055】
まず、ステップS204において、案内施設が特定されると、表示制御手段130は現在位置周辺の地図画像を作成する(ステップS2051)。これは、地図データベース180を参照し、現在位置検出手段110によって検出された現在位置から所定の範囲内に存在している道路データ、建物データ、背景データ、テキストデータを抽出し、重ね合わせて一つの表示画像にすることによって行われる。
【0056】
なお、この地図画像作成の概念が図3に示されている。なお、以下の説明では、抽出する道路データ、建物データ、背景データ、テキストデータは、表示手段121に表示される範囲として説明するが、スクロールなどの高速化のため、表示手段121に表示される範囲より広い範囲を抽出しても良い。
【0057】
図3に示されるように、地図画像は、第1レイヤ310、第2レイヤ320、第3レイヤ330より構成される。第1レイヤ310は、現在位置を中心とした所定範囲内に存在する道路が描画される。図3では、道路311が地図データベース180から抽出され、描画されている。また、交差点312が描画されている。
【0058】
第2レイヤ320は、建物データ及び背景データが地図データベース180から抽出されて描画される。建物データ及び背景データは少なくとも3つの座標を含んでおり、それらの座標によって囲まれた領域が所定の色や塗りつぶしパターンで色付されて描画されている。図3では、画面右下方に所定領域の塗りつぶしパターン321が描画され、画面複数箇所に様々な形状の塗りつぶしパターン322が描画されている。
【0059】
第3レイヤ330は、テキストデータが描画されており、図3では、画面右下方に「○○庭園」、画面中央に「△△ビル」のテキスト表示331が設けられている。
【0060】
表示制御手段130はこれらの第1レイヤ310〜第3レイヤ330を合成することによって図4のレイヤ400で表される現在位置周辺の地図画像を作成する。
【0061】
なお、図4は、本実施例に係るナビゲーション装置10において案内経路をグレーアウトする概略説明図であり、図5はグレーアウトされた経路案内画像を示す。なお、第1レイヤ310〜第3レイヤ330を合成する順番はこれに限らず、背景のレイヤ320が一番下位であってもよい。
【0062】
次いで、表示制御手段130は、上述の現在位置周辺の地図画像に案内経路を示す表示画像を合成し、経路案内画像を作成する。表示制御手段130は、記憶手段150に記憶されている案内経路のデータを参照し、地図画像の範囲内に存在する案内経路のノードとリンクを取得し、これらで構成される経路に沿って案内経路を示す表示画像を作成して合成する。これは、例えば、図4の第4レイヤ440で示されるように、例えば、ピンク色などの目立つ色の線で構成され、この第4レイヤ440を上述のレイヤ1+2+3(レイヤ400)に合成する。或いは、案内経路を示す表示画像は、現在位置から所定距離内の進行方向を示す矢印画像等であり、これを上述のレイヤに合成してもよい。
【0063】
次にステップS2052において、表示制御手段130は、第5レイヤ450として、表示画面上の案内経路に対して平行な線を作成する。さらに、ステップS2053において、表示制御手段130は画面上の端点(縁辺)、つまり四隅から上記の平行線までの領域を特定し、ステップS2054において、上述の領域をグレーで塗りつぶしを行う。また、ステップS2055において、案内施設の領域を特定し、ステップS2056において、第5レイヤ450の案内施設の領域を透明(透過率100%)とする。
【0064】
上記のステップS2052〜S2056までの処理を図8を参照して詳細に説明する。なお、図8は本実施例のナビゲーション装置10においてグレーアウト領域を特定する概念図である。
【0065】
具体的には、ステップS2051において、現在位置検出手段110によって検出された現在位置から所定の範囲内に存在している道路データを、地図データベース180から抽出するが、この抽出した道路データのうち、案内経路のノード・リンク801、802を特定する。すなわち、表示手段121に表示する道路のうち、案内経路に含まれる道路を特定する。
【0066】
次に、表示画面上において、特定したリンクの進行方向に対して、左右(横方向)にずらした平行な線803〜806を左右1本ずつ計2本作成する。なお、この特定したリンク(現在位置周辺における案内経路に含まれるリンク)の進行方向に対して平行な線は、特定したリンク各々について作成する。
【0067】
また、左右(横方向)にずらす距離は、予め定められた距離でもよいが、表示手段121に表示する地図画像の縮尺に応じて、左右(横方向)にずらす距離が異なることが好ましい。
【0068】
次に、特定したリンクのうち隣接するリンク(ノードを介して結合(連続)しているリンク)毎に、作成した線の交点807、808を特定する。詳細には、あるリンク801の進行方向に対して右方向にずらした線803と、あるリンク801に隣接するリンク802の進行方向に対して右方向にずらした線804とが交わる交点807を特定する。
【0069】
なお、作成した線が交わらない場合(案内経路が右折する場合の左側の線、案内経路が左折する場合の右側の線)は、作成した線を延長(809、810)することで交点808を特定する。
【0070】
また、作成した線と表示画面上の縁辺が交わる点も交点811〜814として特定する。これは、ステップS2051で抽出した道路データに含まれる案内経路のリンクを表示画面上の位置(ドット位置)に変換した際に表示画面上の位置の最小値或いは最大値を跨ぐリンクか否かを判別し、跨ぐリンクを特定し、特定したリンクとその特定したリンクが跨ぐ表示画面上の位置の最小値或いは最大値との交点を特定する。そして、特定した跨ぐリンクの平行な線を、表示画面上の位置の最小値或いは最大値との交点を左右にずらした位置から表示画面の位置の内側に作成する。そして、この表示画面上の位置の最小値或いは最大値との交点を左右にずらした位置を、作成した線と表示画面上の縁辺との交点811〜814として特定する。
【0071】
そして、これらの特定した交点807、808、811〜814(作成した線の交点、作成した線と表示画面上の縁辺との交点)と表示画面上の端点(4隅)815〜819に基づき多辺形を特定する。詳細には、案内経路のリンクの表示画面上の位置に対して右側の交点807、812、813(すなわち、リンクの右側に作成した線の交点、右側に作成した線と表示画面上の縁辺との交点)と、表示画面の案内経路の進行方向の右側の端点819とから多辺形を作成する。また、案内経路のリンクの表示画面上の位置に対して左側に対しても同様に、交点808、811、814、表示画面の案内経路の進行方向の左側の端点816、817、815から多辺形を作成する。この多辺形を領域として、その領域内を透過性のあるグレーなどで地図画像400とは異なるレイヤ450に描画する。また、レイヤ450には、同様に左側の多辺形を透過性のあるグレーなどで描画する。なお、多辺形を作成する際の交点及び端点は、作成した線と表示画面上の縁辺との交点811〜814の位置に応じて異なる。
【0072】
なお、出発地や目的地を表示画面上に含む場合、すなわち、案内経路が表示画面上を横断或いは縦断しない場合においては、出発位置又は目的位置に対応したノードに接続したリンクに平行な線を作成する際に、当該平行な線を出発位置又は目的位置方向に所定距離伸ばして作成し、伸ばした平行な線(左右)の線の頂点を交点として特定する。そして、この交点と、上記の作成した線の交点、作成した線と表示画面上の縁辺との交点と表示画面上の端点(4隅)に基づき、多辺形を作成し、透過性のあるグレーなどで描画する。
【0073】
続いて、案内施設の領域を特定する。案内施設の領域は、地図データベース180に記憶されている建物データに含まれる「建物の少なくとも3点からなる位置座標(緯度・経度)」に基づいて特定される。
【0074】
本実施例においては、案内施設の領域とは、案内施設の形状(建物の少なくとも3点からなる位置座標(緯度・経度)によって特定される領域)よりも所定領域広げた領域を案内施設の領域とする(例えば案内施設の形状を20%拡大させた領域)。
【0075】
そして、レイヤ450において、特定した案内施設の領域を透明(透過率100%)で描画する。これにより、図4のレイヤ450を作成する。
【0076】
さらに、ステップS2057において、表示制御手段130は地図データベース180の建物データを参照し表示画面上に位置する建物等の情報を取得し、これらの建物を異なる濃度のグレーで塗りつぶした第6レイヤ460を作成する。なお、表示画面上に位置する建物のうち、案内施設については、第6レイヤ460に描画しない、或いは、グレーで塗りつぶさず、本来の色(地図データベース180に記憶された表示色データに基づく色)で第6レイヤ460に描画する。
【0077】
そして、第1レイヤ310〜第6レイヤ460を合成した経路案内画像を表示手段121に表示する。この経路案内画像の一例が参照符号500として図5に示されている。
【0078】
図5に示すように、案内経路から所定距離範囲内の領域及び、案内施設501、502の領域のみがカラー表示され、その他の部分がグレーで表示されるようになるから、ユーザは瞬時に進路を認識することができるようになり、間違った進路変更を行うことがないように促されることが可能となり、また、案内施設501、502を含む、案内施設の領域がカラー表示されているため、施設と進行方向の案内を組み合わせた報知(例えば、「道路左側のレストランAを越えると次の信号を右折です。」などの報知)を行なう場合において、経路案内にて用いる施設(目印)を瞬時に認識できるようになる。
【0079】
なお、上記では、案内経路から所定距離範囲内の領域及び案内施設の領域をカラー表示し、その他の領域をグレーで表示することを例示として説明したが、本発明はこれに限られず、案内経路から所定距離範囲内の領域及び案内施設の領域が明確に目立つようにし、それ以外の領域が目立たないようになる表示態様であってもよい。例えば、案内経路の周辺の領域及び案内施設の領域の明度・彩度を増して表示し、案内経路から所定範囲の領域及び案内施設の領域以外の領域の明度・彩度を低下させて表示させるようにしてもよい。また、グレーアウト表示領域と案内経路周辺及び案内施設の領域の通常の表示領域との境界付近の明度・彩度を段階的或いは連続的に変化させてもよい。
【実施例2】
【0080】
次に、本発明の実施例2にかかるナビゲーション装置について図6、及び図7を参照して説明する。なお、実施例2のナビゲーション装置は、実施例1のナビゲーション装置10とその構成は同一であるので、図1に示した内部ブロック図における参照符号を用いて以下の説明を行う。なお、図6は実施例2のナビゲーション装置10におけるグレーアウト処理(グレーアウト表示)の動作を示すフローチャートである。また、図7は、実施例2におけるグレーアウト表示された経路案内画像作成の概念を示す図である。
【0081】
まず、ステップS2058において、実施例1のステップS2051の処理と同様に、表示制御手段130が現在位置周辺の地図画像を作成し、さらにそれに案内経路を示す表示画像を合成する。この現在位置周辺の地図画像と案内経路を示す表示画像を合成した一例が図7に示されている。なお、実施例2ではこの画像を第1レイヤ710とする。
【0082】
ステップS2059において、表示制御手段130は図7に示されるような、所定透過率の黒レイヤ、例えば透過率50%の黒レイヤ720を作成するとともに、記憶手段150に記憶された案内経路を参照し、この黒レイヤがレイヤ1と重ねあわされた際に第1レイヤ710上に描画されている案内経路にちょうど沿うような形状の太幅の透過率100%のライン730を黒レイヤ720に描画し、また、ステップS20510において、案内施設の領域を特定し、ステップS20511において、案内施設の領域を透過率100%で黒レイヤ720に描画し、これを第2レイヤ740とする。
【0083】
図7には第2レイヤ740の一例が図示されている。すなわち、透過率50%の黒レイヤ720に透過率100%の線を案内経路に基づき太幅の線で描画する。また、案内施設の領域を透過率100%で黒レイヤ720に描画する。なお、太幅の線の描画は、図4のレイヤ440を作成するときと同様であり、色(透過率)と線の幅がレイヤ440とは異なる。
【0084】
ステップS20512において、表示制御手段130は、図7に示すような第1レイヤ710と第2レイヤ740を重ね合わせることによって合成し、最終的な経路案内画像(図5参照)として表示手段121に表示する。
【0085】
これにより、案内経路から所定距離範囲内の領域及び案内施設の領域がカラー表示され、その他の部分がグレーで表示されるようになるから、ユーザは瞬時に進路を認識することができるようになり、間違った進路変更を行うことがないように促されることが可能となり、また、案内施設を含む、案内施設の領域がカラー表示されているため、施設と進行方向の案内を組み合わせた報知(例えば、「道路左側のレストランAを越えると次の信号を右折です。」などの報知)を行なう場合において、経路案内にて用いる施設(目印)を瞬時に認識できるようになる。
【実施例3】
【0086】
次に、本発明の実施例3にかかるナビゲーション装置について図9を参照して説明する。なお、実施例3のナビゲーション装置は、実施例1のナビゲーション装置10とその構成は同一であるので、図1に示した内部ブロック図における参照符号を用いて以下の説明を行う。なお、図9は実施例3のナビゲーション装置10における経路案内の動作を示すフローチャートである。
【0087】
ステップS901〜903と図2のステップS201〜203、ステップS905〜906と図2のステップS204〜205は同一の処理であるため説明を省略する。
【0088】
ステップ901〜903では、まず、経路探索を行い、次いで案内経路に沿って経路案内を行う。次いで、ステップS904において、グレーアウト要否判別手段170は、現在位置検出手段110によって検出された現在位置と、記憶手段150に記憶されている案内経路とを比較し、案内交差点から所定距離範囲内、例えば、100m以内にいるかどうかを判定する。案内交差点から所定距離範囲内にいないと判断された場合は、ステップS910へ進み、通常表示(第1レイヤ310〜第4レイヤ440までのレイヤを合成した経路案内画像を表示手段121に表示)が行なわれる。
【0089】
ステップS904において、現在位置が案内交差点から所定距離範囲内であれば、表示制御手段130は、ステップS905、ステップS906の処理を行い図5に示すような経路案内画像を表示手段121に表示する。
【0090】
次に、グレーアウト要否判別手段170は、ステップS904において現在位置から所定距離範囲内にあると判定した案内交差点を通過したか否かを判定する(ステップS907)。
【0091】
ステップS907において、案内交差点を通過したと判定した場合に、ステップS908の処理に進み、表示制御手段130がグレーアウトの処理を解除し、上述した第1レイヤ310〜第4レイヤ440までのレイヤを合成した経路案内画像を表示手段121に表示(通常表示)し、ステップS909の処理へ進む。なお、ステップS907において、案内交差点を通過していないと判定した場合は、グレーアウトの処理を解除しない。
【0092】
ステップS909の処理では、経路案内が終了した否か(例えば、目的地に到着したか否か)を判定し、経路案内が終了していなければ、ステップS904へ戻り、経路案内を継続する。
【0093】
これにより、実施例1及び2の効果に加え、経路案内を行っていて案内交差点に近づいた際に、ユーザが瞬時に進路を認識できるように案内経路を表示することができるため、経路案内が必要なときにのみユーザにとって見やすい表示ができるようになる。
[その他の実施例]
本発明は、上記の実施例に限らず種々の変更が可能である。
【0094】
例えば、上記実施例では、レイヤ450において、特定した案内施設の領域を透明(透過率100%)とする場合について説明を行なったが、これに限ることはなく、案内施設を認識できる表示であればよいため、特定した案内施設の領域を透明(透過率100%)とせず、レイヤ460において、案内施設のみ本来の色(グレーで塗りつぶさない)で描画し、第1レイヤ310〜第6レイヤ460を合成した経路案内画像を表示手段121に表示してもよい。この経路案内画像の一例が参照符号1000として図10に示されている。
【0095】
図10では、案内施設1001、1002は、レイヤ450(案内経路周辺以外の領域がグレーで描画されたレイヤ)に、案内施設のみ本来の色(グレーで塗りつぶさない)で描画されたレイヤ460を重畳しているため、案内経路周辺以外の領域及び、案内施設以外の建物等がグレーアウトされ、案内経路及び案内施設を瞬時に認識することが可能である。
【0096】
また、本実施例においては、現在位置検出手段110や地図データベース180をナビゲーション装置10が備える構成を例示したが、これに限ることはなく、例えば、ナビゲーション装置10が通信手段を備え、現在位置検出手段を備える他の通信装置と近距離無線通信を行なって現在位置を取得してもよいし、同様に、地図データベースを備える他の通信装置と通信を行なって地図データベースにアクセスしてもよい。その他の手段においても同様である。
【0097】
また、本実施例においては、案内施設とは、案内交差点付近の施設(目印)であり、案内交差点付近の施設と進行方向の案内を組み合わせた報知(例えば、「道路左側のレストランAを越えると次の信号を右折です。」などの報知)を行なう際に用いられる施設(例では「レストランA」が該当する)として、説明したが、その他にも、経由地や目的地も案内施設としてもよい。すなわち、案内経路の経路案内を行なう際に用いる案内施設とは、経路案内において、案内される(特に音声案内される)施設であることが好ましい。
【0098】
これにより、案内される経由地や目的地などの施設はグレーアウトされないため、経由地や目的地を瞬時に認識することが可能である。
【0099】
さらに、本実施例においては、案内施設の領域を本来の色(グレーで塗りつぶさない)で描画したが、当該案内施設に対応付けられたテキストデータ(案内施設の名称)に基づいて、テキストデータの領域(テキストが描画される位置、テキストの文字の大きさ、文字数に基づいて決定される領域)もグレーで塗りつぶさないように描画してもよい。
【0100】
また、第1実施例において、図4のレイヤ460も合成する場合を例示したが、レイヤ460は合成させずに、レイヤ400、440、450を合成してグレーアウトされた経路案内画像を作成してもよい。
【符号の説明】
【0101】
10 ナビゲーション装置
100 制御手段
101 CPU
102 RAM
103 ROM
110 現在位置検出手段
111 GPS受信手段
112 自律航法手段
120 表示入力手段
121 表示手段
122 入力手段
130 表示制御手段
140 経路探索手段
150 記憶手段
160 経路案内手段
170 グレーアウト要否判別手段
180 地図データベース

【特許請求の範囲】
【請求項1】
地図データベースを参照して探索された案内経路と前記地図データベースに基づいた地図画像とを表示手段に表示する表示制御手段を備えた表示制御装置において、
前記表示制御手段は、前記表示手段に表示する地図画像のうち、前記案内経路に基づいた所定範囲と前記所定範囲外とを異なる表示態様で描画するとともに、前記案内経路の経路案内を行なう際に用いる案内施設と前記所定範囲外とを異なる表示態様で描画し、前記表示手段に表示することを特徴とする表示制御装置。
【請求項2】
前記案内施設は、前記案内経路の経路案内を行なう際に、音声案内される施設であることを特徴とする請求項1に記載の表示制御装置。
【請求項3】
前記表示制御装置は、前記地図データベース及び現在位置検出手段によって検出された現在位置に基づいて表示態様の変更が必要な地点か否かを判別するグレーアウト要否判別手段を備え、
前記グレーアウト要否判別手段が前記現在位置は表示態様の変更が必要な地点であると判別した場合に、前記表示制御手段は、前記案内経路に基づいた所定範囲と前記所定範囲外とを異なる表示態様で描画するとともに、前記案内経路の経路案内を行なう際に用いる案内施設と前記所定範囲外とを異なる表示態様で描画し、前記表示手段に表示することを特徴とする請求項1または請求項2に記載の表示制御装置。
【請求項4】
地図データベースを参照して探索された案内経路と前記地図データベースに基づいた地図画像とを表示手段に表示する案内経路表示方法であって、
前記表示手段に表示する地図画像のうち、前記案内経路に基づいた所定範囲と前記所定範囲外とを異なる表示態様で表示するとともに、前記案内経路の経路案内を行なう際に用いる案内施設と前記所定範囲外とを異なる表示態様で表示することを特徴とする案内経路表示方法。
【請求項5】
前記案内施設は、前記案内経路の経路案内を行なう際に、音声案内される施設であることを特徴とする請求項4に記載の案内経路表示方法。
【請求項6】
前記地図データベース及び現在位置検出手段によって検出された現在位置に基づいて表示態様の変更が必要な地点か否かを判別し、前記現在位置は表示態様の変更が必要な地点であると判別した場合に、前記案内経路に基づいた所定範囲と前記所定範囲外とを異なる表示態様で表示するとともに、前記案内経路の経路案内を行なう際に用いる案内施設と前記所定範囲外とを異なる表示態様で表示することを特徴とする請求項4または請求項5に記載の案内経路表示方法。

【図1】
image rotate

【図2】
image rotate

【図3】
image rotate

【図4】
image rotate

【図5】
image rotate

【図6】
image rotate

【図7】
image rotate

【図8】
image rotate

【図9】
image rotate

【図10】
image rotate

【図11】
image rotate


【公開番号】特開2013−3005(P2013−3005A)
【公開日】平成25年1月7日(2013.1.7)
【国際特許分類】
【出願番号】特願2011−135416(P2011−135416)
【出願日】平成23年6月17日(2011.6.17)
【出願人】(000001889)三洋電機株式会社 (18,308)
【Fターム(参考)】