Notice: Undefined variable: fterm_desc_sub in /mnt/www/biblio_conv.php on line 353
試薬調製装置、検体処理装置および試薬調製方法
説明

試薬調製装置、検体処理装置および試薬調製方法

【課題】より簡単な動作で、精度よく高濃度試薬を所望濃度に希釈することが可能な試薬調製装置を提供する。
【解決手段】この試薬調製装置4は、RO水(希釈用液体)を用いて高濃度試薬を希釈することにより、検体を処理するための試薬を調製する試薬調製装置であって、高濃度試薬およびRO水のそれぞれの定量に共用されるダイアフラムポンプ45を含み、ダイアフラムポンプ45を用いて、高濃度試薬およびRO水のそれぞれの定量を行う液体定量部50と、液体定量部50により定量された高濃度試薬およびRO水を収容する混合チャンバ43(44)とを備える。

【発明の詳細な説明】
【技術分野】
【0001】
本発明は、試薬調製装置、検体処理装置および試薬調製方法に関し、特に、希釈用液体を用いて高濃度試薬を希釈することにより試薬を調製する試薬調製装置、検体処理装置および試薬調製方法に関する。
【背景技術】
【0002】
従来、希釈用液体を用いて高濃度試薬を希釈することにより試薬を調製する試薬調製装置が知られている(たとえば、特許文献1および2参照)。
【0003】
上記特許文献1には、濃縮液(高濃度試薬)を定量するための計量管と、純水(希釈用液体)を定量するための計量タンクとを備えた試薬調製装置が開示されている。この試薬調製装置は、計量管により定量された濃縮液および計量タンクにより定量された純水を攪拌することにより試薬を調製するように構成されている。
【0004】
上記特許文献2には、高濃度試薬を定量するための試薬定量タンクと、純水(希釈用液体)を定量するための純水定量タンクと、試薬調製タンクと、純水を微量づつ試薬調製タンクに供給する定量ポンプとを備えた試薬調製装置が開示されている。この試薬調製装置は、試薬定量タンクにより定量された高濃度試薬、および、純水定量タンクにより高濃度試薬を所望濃度に希釈するよりも少ない量に定量された純水を試薬調製タンクに供給した後、定量ポンプにより純水を微量づつ試薬調製タンクに供給することにより、試薬調製タンク内の試薬を所望濃度に近づけるように構成されている。これにより、精度よく高濃度試薬を所望濃度に希釈することが可能である。
【0005】
【特許文献1】特開平1−167660号公報
【特許文献2】特開平9−33538号公報
【発明の開示】
【発明が解決しようとする課題】
【0006】
しかしながら、上記特許文献1の試薬調製装置では、濃縮液が計量管により定量され、純水が計量管とは異なる計量タンクにより定量されるので、計量管および計量タンクのそれぞれに生じる組み立て誤差などによる定量誤差によって、精度よく濃縮液を所望濃度に希釈することができないという問題点がある。
【0007】
また、上記特許文献2の試薬調製装置では、定量ポンプにより純水を微量づつ試薬調製タンクに供給することによって試薬を所望濃度に近づけるので、精度よく高濃度試薬を所望濃度に希釈することが可能である一方、試薬調製タンク内の試薬が所望濃度に達するまで、定量ポンプにより純水を微量づつ繰り返し試薬調製タンクに供給し続ける必要があるので、試薬の調製動作が複雑化する。このため、より簡単な動作で、精度よく高濃度試薬を所望濃度に希釈することが可能な試薬調製装置が望まれる。
【0008】
この発明は、上記のような課題を解決するためになされたものであり、この発明の1つの目的は、より簡単な動作で、精度よく高濃度試薬を所望濃度に希釈することが可能な試薬調製装置、検体処理装置および試薬調製方法を提供することである。
【課題を解決するための手段および発明の効果】
【0009】
上記目的を達成するために、この発明の第1の局面における試薬調製装置は、希釈用液体を用いて高濃度試薬を希釈することにより、検体を処理するための試薬を調製する試薬調製装置であって、高濃度試薬および希釈用液体のそれぞれの定量に共用される定量器を含み、定量器を用いて、高濃度試薬および希釈用液体のそれぞれの定量を行う液体定量部と、液体定量部により定量された高濃度試薬および希釈用液体を収容する収容部とを備える。
【0010】
この発明の第1の局面による試薬調製装置では、上記のように、高濃度試薬および希釈用液体のそれぞれの定量に共用される定量器を液体定量部に設けるとともに、その定量器を用いて高濃度試薬および希釈用液体のそれぞれの定量を行うことによって、定量器に組み立て誤差などによる定量誤差が生じた場合でも、高濃度試薬および希釈用液体の両方が共通の定量器により定量されるので、高濃度試薬を精度よく所望の希釈倍率に希釈することができる。また、定量ポンプにより希釈用液体を微量づつ繰り返し定量するなど、複雑な試薬の調製動作を行う必要がない。その結果、より簡単な動作で、精度よく高濃度試薬を所望濃度に希釈することができる。
【0011】
上記第1の局面による試薬調製装置において、好ましくは、定量器は、1回の定量動作で予め定められた一定量の液体を定量するように構成されている。このように1回の定量動作で定量される液量が予め定められていれば、シリンジポンプを用いる場合などと異なり、1回の定量動作で定量される液量を調整する必要がなく、定量動作の回数を制御するだけで高濃度試薬を所望濃度に希釈することができる。その結果、さらに簡単な動作で、高濃度試薬を所望濃度に希釈することができる。
【0012】
上記第1の局面による試薬調製装置において、好ましくは、定量器はダイアフラムポンプであり、液体定量部はダイアフラムポンプを駆動するための空圧部を含む。このように構成すれば、空圧部によりダイアフラムポンプを駆動することによって、容易に、高濃度試薬および希釈用液体を定量することができる。
【0013】
上記第1の局面による試薬調製装置において、好ましくは、液体定量部の動作を制御する定量制御部をさらに備える。このように構成すれば、定量制御部により、高濃度試薬が所望濃度に希釈されるように液体定量部による定量動作を制御することができる。
【0014】
この場合、好ましくは、定量制御部は、試薬を調製する際、高濃度試薬が収容部に移送される前に、希釈用液体が収容部に移送されるように液体定量部の動作を制御するように構成されている。このように構成すれば、希釈用液体が収容された状態の収容部に、高濃度試薬が移送されるので、高濃度試薬による収容部内の汚染を抑制することができるとともに、効率よく高濃度試薬と希釈用液体とを混合することができる。
【0015】
上記定量制御部を備える構成において、好ましくは、定量制御部は、試薬を調製する際、高濃度試薬が収容部に移送された後に、希釈用液体が収容部に移送されるように液体定量部の動作を制御するように構成されている。このように構成すれば、高濃度試薬と希釈用液体との混合を効率的に行うことができる。
【0016】
上記第1の局面による試薬調製装置において、好ましくは、液体定量部は定量器から収容部に液体を移送するための移送流路を含み、高濃度試薬および希釈用液体は、移送流路を介して定量器から収容部に移送される。このように構成すれば、移送流路に残留する高濃度試薬を、その後に移送される希釈用液体とともに収容部に移送することができるので、定量された高濃度試薬が移送流路に残留するのを抑制することができ、その結果、精度よく高濃度試薬を所望濃度に希釈することができる。また、高濃度試薬を所望濃度に希釈した後、高濃度試薬が移送流路に残留するのが抑制されるので、次に高濃度試薬を希釈する際にも、精度よく希釈することができる。
【0017】
この場合、好ましくは、液体定量部は、上記移送流路に接続され、高濃度試薬を上記移送流路を介して定量器に移送するための第2移送流路と、第2移送流路上の上記移送流路近傍に配置され、高濃度試薬を上記移送流路に供給するためのバルブとを含む。このように構成すれば、第2移送流路のバルブと上記移送流路との間に残留される高濃度試薬の液量を低減することができる。
【0018】
上記第1の局面による試薬調製装置において、好ましくは、収容部に収容された試薬の濃度に関する物性を示す値を検出する物性検出部と、物性検出部で検出された検出値が所定範囲にあるか否かを判定する判定手段と、検出値が所定範囲にない場合に、収容部に収容された試薬を廃棄する廃棄手段とをさらに備える。このように構成すれば、濃度が所定範囲内にない試薬(検出値が所定範囲内にない試薬)が、検体を処理するための試薬として用いられるのを防止することができる。
【0019】
上記移送流路を備える構成において、好ましくは、液体定量部により定量された高濃度試薬および希釈用液体を収容する第2収容部をさらに備え、液体定量部は、定量器から第2収容部に液体を移送するための第3移送流路を含み、定量器内の液体が収容部または第2収容部に移送されるように、上記移送流路と第3移送流路との間で液体の流路を切り替えるための流路切替部をさらに備える。このように構成すれば、流路切替部により上記移送流路と第3移送流路とを切り替えながら、収容部および第2収容部の両方を用いて高濃度試薬を希釈することができるので、迅速に、より多くの試薬を調製することができる。
【0020】
この場合、上記移送流路は、定量器から所定位置までの区間において第3移送流路と共用される共用流路と、上記所定位置と収容部との間の第1専用流路とを含み、第3移送流路は、共用流路と、上記所定位置と第2収容部との間の第2専用流路とを含んでいてもよい。
【0021】
この発明の第2の局面における検体処理装置は、高濃度試薬および希釈用液体のそれぞれの定量に共用される定量器を含み、定量器を用いて、高濃度試薬および希釈用液体のそれぞれの定量を行う液体定量部と、液体定量部により定量された高濃度試薬および希釈用液体を収容する収容部と、収容部に収容された試薬を用いて検体の処理を行う検体処理部とを備える。
【0022】
この発明の第2の局面による検体処理装置では、上記のように、高濃度試薬および希釈用液体のそれぞれの定量に共用される定量器を液体定量部に設けるとともに、その定量器を用いて高濃度試薬および希釈用液体のそれぞれの定量を行うことによって、定量器に組み立て誤差などによる定量誤差が生じた場合でも、高濃度試薬および希釈用液体の両方が共通の定量器により定量されるので、高濃度試薬を精度よく所望の希釈倍率に希釈することができる。また、定量ポンプにより希釈用液体を微量づつ繰り返し定量するなど、複雑な試薬の調製動作を行う必要がないので、より簡単な動作で、精度よく高濃度試薬を所望濃度に希釈することができる。その結果、精度よく所望濃度に調製された試薬を用いて、検体処理部により、精度よく検体の処理を行うことができる。
【0023】
この発明の第3の局面における試薬調製方法は、希釈用液体を用いて高濃度試薬を希釈することにより、検体を処理するための試薬を調製する試薬調製方法であって、高濃度試薬および希釈用液体のそれぞれの定量に共用される定量器を用いて、高濃度試薬および希釈用液体のそれぞれの定量を行う第1ステップと、第1ステップにおいて定量された高濃度試薬および希釈用液体を混合する第2ステップとを備える。
【0024】
この発明の第3の局面による試薬調製方法では、上記のように、高濃度試薬および希釈用液体のそれぞれの定量に共用される定量器を用いて、高濃度試薬および希釈用液体のそれぞれの定量を行う第1ステップを設けることによって、定量器に組み立て誤差などによる定量誤差が生じた場合でも、高濃度試薬および希釈用液体の両方が共通の定量器により定量されるので、高濃度試薬を精度よく所望の希釈倍率に希釈することができる。また、定量ポンプにより希釈用液体を微量づつ繰り返し定量するなど、複雑な試薬の調製動作を行う必要がない。その結果、より簡単な動作で、精度よく高濃度試薬を所望濃度に希釈することができる。
【発明を実施するための最良の形態】
【0025】
以下、本発明の実施形態を図面に基づいて説明する。
【0026】
図1は、本発明の一実施形態による試薬調製装置の使用状態を示した斜視図である。図2〜図14は、図1に示した一実施形態による試薬調製装置の構成を説明するための図である。まず、図1〜図14を参照して、本発明の一実施形態による試薬調製装置4の構成について説明する。なお、本実施形態では、血液検査を行うための血液分析装置1の一部として、本発明による試薬調製装置4を使用する場合について説明する。
【0027】
血液分析装置1は、図1に示すように、血液の測定を行う機能を有する測定部2と、測定部2から出力された測定データを分析して分析結果を得るデータ処理部3と、検体の処理に用いられる試薬を調製する、本発明の一実施形態による試薬調製装置4とにより構成されている。測定部2は、フローサイトメトリー法により、血液中の白血球、網状赤血球および血小板の測定を行うように構成されている。なお、フローサイトメトリー法とは、測定試料を含む試料流を形成するとともに、その試料流にレーザ光を照射することによって、測定試料中の粒子(血球)が発する前方散乱光、側方散乱光および側方蛍光を検出する粒子(血球)の測定方法である。
【0028】
測定部2は、図2に示すように、測定試料調製部21と、測定試料の測定を行う検出部22と、検出部22の出力に対するアナログ処理部23と、表示・操作部24と、測定部2を制御するためのマイクロコンピュータ部25とを備えている。
【0029】
測定試料調製部21は、白血球測定用試料と、網状赤血球測定用試料と、血小板測定用試料とを調製するために設けられている。測定試料調製部21は、図3に示すように、血液が所定量充填されている採血管21aと、血液が吸引されるサンプリングバルブ21bと、反応チャンバ21cとを含んでいる。採血管21aは、取り替え可能であり、血液の交換を行うことが可能に構成されている。
【0030】
サンプリングバルブ21bは、吸引ピペット(図示せず)により吸引された採血管21aの血液を所定の量だけ定量する機能を有する。また、サンプリングバルブ21bは、吸引された血液に所定の試薬を混合することが可能に構成されている。つまり、サンプリングバルブ21bは、所定量の血液に試薬調製装置4から供給される所定量の試薬が混合された希釈試料を生成可能に構成されている。
【0031】
反応チャンバ21cは、サンプリングバルブ21bから供給される希釈試料に所定の染色液をさらに混合して所定の時間反応させるように構成されている。これにより、測定試料調製部21は、白血球が染色されるとともに赤血球が溶血された、白血球測定用試料を調製する機能を有する。また、測定試料調製部21は、網状赤血球が染色された網状赤血球測定用試料を調製するとともに、血小板が染色された血小板測定用試料を調製する機能を有する。
【0032】
また、測定試料調製部21は、白血球分類測定(以下、「DIFF測定」という)モード時に、白血球測定用試料をシース液とともに測定試料調製部21から後述するシースフローセル22c(図4参照)に供給するように構成されている。また、測定試料調製部21は、網状赤血球測定(以下、「RET測定」という)モード時に、網状赤血球測定用試料をシース液とともに測定試料調製部21からシースフローセル22cに供給するように構成されている。また、測定試料調製部21は、血小板測定(以下、「PLT測定」という)モード時に、血小板測定用試料をシース液とともに測定試料調製部21からシースフローセル22cに供給するように構成されている。
【0033】
検出部22は、図4に示すように、レーザ光を出射する発光部22aと、照射レンズユニット22bと、レーザ光が照射されるシースフローセル22cと、発光部22aから出射されるレーザ光が進む方向の延長線上に配置されている集光レンズ22d、ピンホール22eおよびPD(フォトダイオード)22fと、発光部22aから出射されるレーザ光が進む方向と交差する方向に配置されている集光レンズ22g、ダイクロイックミラー22h、光学フィルタ22i、ピンホール22jおよびAPD(アバランシェフォトダイオード)22kと、ダイクロイックミラー22hの側方に配置されているPD22lとを含んでいる。
【0034】
発光部22aは、シースフローセル22cの内部を通過する測定試料を含む試料流に対して光を出射するために設けられている。また、照射レンズユニット22bは、発光部22aから出射された光を平行光にするために設けられている。また、PD22fは、シースフローセル22cから出射された前方散乱光を受光するために設けられている。なお、シースフローセル22cから出射された前方散乱光により、測定試料中の粒子(血球)の大きさに関する情報を得ることが可能である。
【0035】
ダイクロイックミラー22hは、シースフローセル22cから出射された側方散乱光および側方蛍光を分離するために設けられている。具体的には、ダイクロイックミラー22hは、シースフローセル22cから出射された側方散乱光をPD22lに入射させるとともに、シースフローセル22cから出射された側方蛍光をAPD22kに入射させるために設けられている。また、PD22lは、側方散乱光を受光するために設けられている。なお、シースフローセル22cから出射された側方散乱光により、測定試料中の粒子(血球)の核の大きさなどの内部情報を得ることが可能である。また、APD22kは、側方蛍光を受光するために設けられている。なお、シースフローセル22cから出射された側方蛍光により、測定試料中の粒子(血球)の染色度合いに関する情報を得ることが可能である。また、PD22f、22lおよびAPD22kは、それぞれ、受光した光信号を電気信号に変換する機能を有する。
【0036】
アナログ処理部23は、図4に示すように、アンプ23a、23bおよび23cを含んでいる。また、アンプ23a、23bおよび23cは、それぞれ、PD22f、22lおよびAPD22kから出力された電気信号を増幅および波形処理するために設けられている。
【0037】
マイクロコンピュータ部25は、図2に示すように、制御用プロセッサおよび制御用プロセッサを動作させるためのメモリを有する制御部251と、アナログ処理部23から出力された信号をデジタル信号に変換するA/D変換部252と、A/D変換部252から出力されたデジタル信号に所定の処理を行うための演算部253とを含んでいる。
【0038】
制御部251は、バス254aおよびインターフェース255aを介して測定試料調製部21および検出部22を制御する機能を有する。また、制御部251は、バス254aおよびインターフェース255bを介して表示・操作部24と接続されるとともに、バス254bおよびインターフェース255cを介してデータ処理部3と接続されている。また、演算部253は、インターフェース255dおよびバス254aを介して制御部251に演算結果を出力する機能を有する。また、制御部251は、演算結果(測定データ)をデータ処理部3に送信する機能を有する。
【0039】
データ処理部3は、図1に示すように、パーソナルコンピュータ(PC)などからなり、測定部2の測定データを分析するとともに、その分析結果を表示する機能を有する。また、データ処理部3は、図5に示すように、制御部31と、表示部32と、入力デバイス33とを含んでいる。
【0040】
制御部31は、測定モード情報を含む測定開始信号およびシャットダウン信号を測定部2に送信する機能を有する。また、制御部31は、図5に示すように、CPU31aと、ROM31bと、RAM31cと、ハードディスク31dと、読出装置31eと、入出力インターフェース31fと、画像出力インターフェース31gと、通信インターフェース31iとから構成されている。CPU31a、ROM31b、RAM31c、ハードディスク31d、読出装置31e、入出力インターフェース31f、画像出力インターフェース31gおよび通信インターフェース31iは、バス31hによって接続されている。
【0041】
CPU31aは、ROM31bに記憶されているコンピュータプログラムおよびRAM31cにロードされたコンピュータプログラムを実行するために設けられている。ROM31bは、マスクROM、PROM、EPROM、EEPROMなどによって構成されており、CPU31aに実行されるコンピュータプログラムおよびこれに用いるデータなどが記録されている。
【0042】
RAM31cは、SRAMまたはDRAMなどによって構成されている。RAM31cは、ROM31bおよびハードディスク31dに記録されているコンピュータプログラムの読み出しに用いられる。また、これらのコンピュータプログラムを実行するときに、CPU31aの作業領域として利用される。
【0043】
ハードディスク31dは、オペレーティングシステムおよびアプリケーションプログラムなど、CPU31aに実行させるための種々のコンピュータプログラムおよびそのコンピュータプログラムの実行に用いるデータがインストールされている。後述するアプリケーションプログラム34aも、このハードディスク31dにインストールされている。
【0044】
読出装置31eは、フレキシブルディスクドライブ、CD−ROMドライブ、またはDVD−ROMドライブなどによって構成されており、可搬型記録媒体34に記録されたコンピュータプログラムまたはデータを読み出すことができる。また、可搬型記録媒体34には、コンピュータに所定の機能を実現させるためのアプリケーションプログラム34aが格納されている。そして、データ処理部3としてのコンピュータは、その可搬型記録媒体34からアプリケーションプログラム34aを読み出し、そのアプリケーションプログラム34aをハードディスク31dにインストールするように構成されている。
【0045】
なお、上記アプリケーションプログラム34aは、可搬型記録媒体34によって提供されるのみならず、電気通信回線(有線、無線を問わない)によってデータ処理部3と通信可能に接続された外部の機器から上記電気通信回線を通じて提供することも可能である。たとえば、上記アプリケーションプログラム34aがインターネット上のサーバコンピュータのハードディスク内に格納されており、このサーバコンピュータにデータ処理部3がアクセスして、そのアプリケーションプログラム34aをダウンロードし、これをハードディスク31dにインストールすることも可能である。
【0046】
また、ハードディスク31dには、たとえば、米マイクロソフト社が製造販売するWindows(登録商標)などのグラフィカルユーザインターフェース環境を提供するオペレーティングシステムがインストールされている。以下の説明においては、本実施形態に係るアプリケーションプログラム34aは上記オペレーティングシステム上で動作するものとしている。
【0047】
入出力インターフェース31fは、たとえば、USB、IEEE1394、RS−232Cなどのシリアルインターフェース、SCSI、IDE、IEEE1284などのパラレルインターフェース、およびD/A変換器、A/D変換器などからなるアナログインターフェースなどから構成されている。入出力インターフェース31fには、キーボードおよびマウスからなる入力デバイス33が接続されており、ユーザがその入力デバイス33を使用することにより、データ処理部3にデータを入力することが可能である。また、入力デバイス33は、測定モードを受け付ける機能を有する。
【0048】
画像出力インターフェース31gは、LCDまたはCRTなどで構成された表示部32に接続されており、CPU31aから与えられた画像データに応じた映像信号を表示部32に出力するようになっている。表示部32は、入力された映像信号にしたがって、画像(画面)を表示する。
【0049】
ここで、本実施形態では、試薬調製装置4は、測定部2の測定試料調製部21で用いられる試薬を調製するために設けられている。具体的には、試薬調製装置4は、水道水から作製されるRO水を用いて高濃度試薬を希釈することにより、血液分析に用いられる試薬を調製するように構成されている。ここで、RO水とは、RO(Reverse Osmosis)膜(逆浸透膜)を透過することによって、不純物を取り除かれた水である。
【0050】
試薬調製装置4は、図6に示すように、高濃度試薬チャンバ41と、RO水チャンバ42と、2つの混合チャンバ43および44と、ダイアフラムポンプ45と、移送チャンバ46と、供給チャンバ47と、RO水作製部48と、試薬調製装置4の各部の動作を制御する制御部49とを含んでいる。さらに、試薬調製装置4は、筐体外に設置された空圧部6(図1参照)を含み、空圧部6から供給される陰圧および陽圧を用いて、装置内における各液体の移送を行うように構成されている。空圧部6は、試薬調製装置4に対して陰圧を供給するための陰圧源61、および、陽圧を供給するための陽圧源62を有している。
【0051】
高濃度試薬チャンバ41は、高濃度試薬タンク5から高濃度試薬が供給されるように構成されている。高濃度試薬チャンバ41には、チャンバ内に所定量の高濃度試薬が収容されていることを検知するためのフロートスイッチ100が設けられている。また、高濃度試薬チャンバ41は、電磁バルブ200を介して高濃度試薬タンク5に接続され、電磁バルブ201を介して空圧部6の陰圧源61に接続されている。また、高濃度試薬チャンバ41は、電磁バルブ202の開閉により、大気に開放され、または、閉塞されるように構成されている。また、高濃度試薬チャンバ41は、流路300により、ダイアフラムポンプ45から混合チャンバ43および44に液体を移送するための流路301に接続されている。また、流路300上には、電磁バルブ203が設けられており、電磁バルブ203は、流路301の近傍に配置されている。具体的には、電磁バルブ203と流路301との間の流路300aの長さは、約15mmの小さい長さに設定されている。また、高濃度試薬チャンバ41に接続される流路300(300a)は、約1.8mmの内径を有しており、流路301は、約4.0mmの内径を有している。
【0052】
RO水チャンバ42は、高濃度試薬を希釈するためのRO水がRO水作製部48から供給されるように構成されている。RO水チャンバ42には、チャンバ内に収容されるRO水が上限量に達したこと、および、下限量に達したことをそれぞれ検知するためのフロートスイッチ101および102が設けられている。また、RO水チャンバ42は、電磁バルブ204を開放することにより、チャンバ内のRO水を廃棄可能に構成されている。また、RO水チャンバ42は、常時大気開放された状態となるように構成されている。また、RO水チャンバ42は、電磁バルブ205を介して後述するRO水作製部48のRO水貯留タンク48aに接続されている。また、RO水チャンバ42は、電磁バルブ206を介して、流路302によりダイアフラムポンプ45に接続されている。
【0053】
混合チャンバ43および44は、高濃度試薬とRO水とを収容し、血液分析に用いられる試薬を混合するために設けられている。また、混合チャンバ43には、収容された高濃度試薬とRO水とを混合攪拌するための攪拌部43aが設けられており、攪拌部43aは、モータ43bにより駆動されるように構成されている。また、混合チャンバ43は、常時大気開放された状態となるように構成されている。また、混合チャンバ43は、電磁バルブ207を介して、流路303により流路301に接続されている。流路303は、流路301と同様に、約4mmの内径を有している。
【0054】
混合チャンバ44は、混合チャンバ43と同様に構成されており、攪拌部44aおよびモータ44bは、それぞれ、攪拌部43aおよびモータ43bに対応している。また、電磁バルブ208および流路304は、それぞれ、電磁バルブ207および流路303に対応している。なお、電磁バルブ208を閉じた状態で、電磁バルブ207を開放することによって、流路301を介して移送される液体(RO水および高濃度試薬)を混合チャンバ43に移送することが可能である。一方、電磁バルブ207を閉じた状態で、電磁バルブ208を開放すれば、流路301を介して移送される液体(RO水および高濃度試薬)を混合チャンバ43に移送することが可能である。すなわち、電磁バルブ207および208は、それぞれ、流路303および304の流路切替部として機能するように構成されている。
【0055】
ダイアフラムポンプ45は、1回の定量動作で高濃度試薬およびRO水をそれぞれ約6.0ml(一定量)分定量する機能を有している。また、ダイアフラムポンプ45は、電磁バルブ209を介して陰圧源61に接続されているとともに、電磁バルブ210を介して陽圧源62に接続されている。
【0056】
ダイアフラムポンプ45は、図7に示すように、平面的に見て、円形形状を有している。また、ダイアフラムポンプ45は、図8および図9に示すように、EPDMなどのゴム材からなる膜体451と、膜体451を両側から挟みこむように構成された一対のケース片452および453とを含んでいる。
【0057】
膜体451は、図10に示すように、平面的に見て円形形状を有する平板状に形成されており、ネジ454を貫通させるための6つのネジ孔451aを有している。また、膜体451は、図8および図9に示すように、ケース片452および453により、両側から挟み込まれるように構成されている。
【0058】
ケース片452は、図8、図9および図11に示すように、流通口部452a(図8および図9参照)と、円錐台形状に形成された内壁部452bと、平面的に見て内壁部452bの略中央に配置された十字形状の溝部452cと、6つのネジ孔452d(図11参照)と、平面的に見て、内壁部452bを取り囲むように形成された輪形状の挟持部452eとを有している。なお、ケース片453は、図8、図9および図11に示すように、ケース片452と同様に構成されており、流通口部453a(図8および図9参照)、内壁部453b、溝部453c、ネジ孔453d(図11参照)および挟持部453eは、それぞれ、流通口部452a、内壁部452b、溝部452c、ネジ孔452dおよび挟持部452eに対応している。
【0059】
ケース片452および453は、図9に示すように、挟持部452eおよび453eで膜体451を挟み込んだ状態で、互いに6つのネジ454(図7参照)により接合されている。これにより、内壁部452bおよび膜体451により囲まれた室部452fと、内壁部453bおよび膜体451により囲まれた室部453fとが形成される。また、流通口部452aおよび室部452fは、溝部452cを介して、互いに空間的に接続されているとともに、流通口部453aおよび室部453fは、溝部453cを介して、互いに空間的に接続されている。また、室部452fおよび453fは、膜体451により、互いに空間的に隔離されている。
【0060】
また、流通口部452aは、陰圧源61および陽圧源62に接続されている。また、流通口部453aは、RO水チャンバ42に接続される流路302および混合チャンバ43(44)に液体を移送するための流路301に接続されている。ダイアフラムポンプ45は、流通口部452aに接続される陰圧源61により、室部452fに陰圧が供給されると、図12に示すように、膜体451が内壁部452bに密着されるように構成されている。これにより、膜体451により隔てられた室部453fの容積が拡大され、流通口部453aを介して室部453f内に液体(RO水、高濃度試薬またはRO水および高濃度試薬の混合液)が流入される。また、ダイアフラムポンプ45は、流通口部452aに接続される陽圧源62により、室部452fに陽圧が供給されると、図13に示すように、膜体451が内壁部453bに密着されるように構成されている。これにより、膜体451により隔てられた室部453fの容積が実質的にゼロとなるので、室部453f内の液体が流通口部453aを介して流路301に流出(押し出)される。ダイアフラムポンプ45は、この際流出される液量が約6.0mlとなるように構成されている。なお、高濃度試薬チャンバ41、RO水チャンバ42、ダイアフラムポンプ45、空圧部6、流路300〜304および電磁バルブ200〜210により、試薬調製装置4の液体定量部50(図6参照)が構成されている。
【0061】
移送チャンバ46(図6参照)は、混合チャンバ43および44で混合された試薬を貯留するために設けられている。また、移送チャンバ46は、電磁バルブ211を介して混合チャンバ43に接続されているとともに、電磁バルブ212を介して混合チャンバ44に接続されている。また、移送チャンバ46は、電磁バルブ213を介して陰圧源61に接続されているとともに、電磁バルブ214を介して陽圧源62に接続されている。
【0062】
供給チャンバ47は、調製された試薬を測定部2に供給するために設けられている。供給チャンバ47には、チャンバ内に収容される試薬が上限量に達したこと、および、下限量に達したことをそれぞれ検知するためのフロートスイッチ103および104が設けられている。また、供給チャンバ47は、電磁バルブ215を介して移送チャンバ46に接続されている。また、供給チャンバ47は、電磁バルブ216を介して、測定部2に接続されているとともに、電磁バルブ217を開放することにより、チャンバ内の試薬を廃棄可能に構成されている。また、供給チャンバ47は、常時大気開放された状態となるように構成されている。
【0063】
移送チャンバ46と供給チャンバ47との間には、試薬の電気伝導度を測定するための導電率センサ400が設けられている。導電率センサ400は、導電率センサ400が配置された位置における試薬の温度を測定するための温度センサ401を含んでいる。
【0064】
RO水作製部48は、高濃度試薬を希釈するための希釈用液体としてのRO水を、水道水を用いて作製することが可能なように構成されている。また、RO水作製部48は、RO水貯留タンク48aと、RO膜48bと、水道水に含まれる不純物を取り除くことによって、RO膜48bを保護するためのフィルタ48cとを含んでいる。さらに、RO水作製部48は、水分子がRO膜48bを透過するようにフィルタ48cを通過した水に高圧をかける高圧ポンプ48dと、水道水の供給を制御する電磁バルブ218とを含んでいる。
【0065】
RO水貯留タンク48aは、RO膜48bを透過したRO水を貯留するために設けられている。RO水貯留タンク48aには、所定量のRO水が貯留されていることを検知するためのフロートスイッチ105が設けられている。さらに、RO水貯留タンク48aには、RO水貯留タンク48a内のRO水の電気伝導度を測定するための導電率センサ402が設けられている。導電率センサ402は、RO水の温度を測定するための温度センサ403を含んでいる。
【0066】
図14に示すように、制御部49は、CPU49aと、ROM49bと、RAM49cと、データ処理部3に接続される通信インターフェース49dと、各回路を介して、試薬調製装置4内の各部に接続されるI/O(Input/Output)部49eとを含んでいる。
【0067】
CPU49aは、ROM49bに記憶されているコンピュータプログラムおよびRAM49cにロードされたコンピュータプログラムを実行するために設けられている。また、CPU49aは、これらのコンピュータプログラムを実行するときに、RAM49cを作業領域として利用するように構成されている。
【0068】
次に、試薬の電気伝導度の目標値を求める一般式を以下の式(1)に示す。
【0069】
={X+(A−1)Y}/A・・・・・(1)
上記式(1)において、Zは、高濃度試薬とRO水とが混合攪拌された試薬の25℃における電気伝導度の目標値(ms/cm)、Xは、高濃度試薬の25℃における電気伝導度(ms/cm)、Yは、RO水の25℃における電気伝導度(ms/cm)、Aは、希釈倍率(既知)(本実施形態では25倍)をそれぞれ表す。なお、Xは、高濃度試薬固有の値であり、予め実験などにより得られた既知の値である。
【0070】
また、温度センサ403により得られるRO水の温度、および、温度センサ401により得られる試薬の温度を考慮するための補正式を以下の式(2)に示す。
【0071】
Z=[{X+(A−1)Y}/A]×{1+α1(T2−25)}=[[X+(A−1)Y1/{1+α0(T1−25)}]/A]×{1+α1(T2−25)}・・・・・(2)
上記式(2)において、Zは、高濃度試薬とRO水とが混合攪拌された試薬のT2℃における電気伝導度の目標値(ms/cm)、Y1は、RO水のT1℃における電気伝導度(ms/cm)、T1は、RO水の温度(℃)、T2は、高濃度試薬とRO水とが混合攪拌された試薬の温度(℃)、α0は、RO水の電気伝導度の25℃に対する温度係数、α1は、高濃度試薬とRO水とが混合攪拌された試薬の電気伝導度の25℃に対する温度係数をそれぞれ表す。なお、温度係数α0およびα1は、液体の種類や濃度によって異なるが、JIS(日本工業規格)では、簡易的に0.02が用いられる。
【0072】
本実施形態では、CPU49aは、上記した式(2)により目標値Zを算出するように構成されている。したがって、CPU49aは、所望する希釈倍率A(既知)、RO水の電気伝導度の検出値Y1、RO水の温度の測定値T1、混合攪拌された試薬の温度の測定値T2および高濃度試薬の電気伝導度X(既知)に基づいて、目標値を決定する。
【0073】
通信インターフェース49dは、ユーザが試薬調製装置4内で発生したエラーを確認することができるように、エラー情報をデータ処理部3に伝達可能に構成されている。エラー情報としては、高濃度試薬タンク5の交換を促すための情報、RO水が供給されなくなったことを知らせる情報、陰圧源61および陽圧源62の異常を知らせる情報などがある。これらのエラー情報に基づいて、データ処理部3の表示部32にエラー通知が表示される。
【0074】
I/O部49eは、図14に示すように、各センサ回路を介して、フロートスイッチ100〜105、導電率センサ400、402および温度センサ401、403から信号が入力されるように構成されている。また、I/O部49eは、各駆動回路を介して、電磁バルブ200〜218、モータ43b、44bおよび高圧ポンプ48dの駆動を制御するために、各駆動回路に信号を出力するように構成されている。
【0075】
図15は、図1に示した一実施形態による試薬調製装置の試薬調製処理動作を説明するためのフローチャートである。次に、図6および図15を参照して、本発明の一実施形態による試薬調製装置4の試薬調製処理動作について説明する。
【0076】
まず、図15のステップS1において、CPU49aにより、ROM49bに記憶されているコンピュータプログラムの初期化が行われる。次に、ステップS2において、CPU49aにより、フロートスイッチ105の検知結果に基づいて、図6に示すRO水貯留タンク48aに所定量のRO水が収容されているか否かが判断される。所定量のRO水がRO水貯留タンク48aに貯留されていない場合には、ステップS3において、RO水作製部48によりRO水作製処理が行われる。なお、RO水は、RO水貯留タンク48aから電磁バルブ205を介してRO水チャンバ42に供給され、フロートスイッチ101によりRO水が上限量に達したことが検知されると、CPU49aにより、電磁バルブ205が閉じられて、RO水の供給が停止される。
【0077】
図16は、図15に示した試薬調製処理動作のステップS3におけるRO水作製処理動作を説明するためのフローチャートである。次に、図6および図16を参照して、図15に示した試薬調製処理動作のステップS3におけるRO水作製処理動作について説明する。
【0078】
まず、図16のステップS301において、CPU49aにより、図6に示す電磁バルブ218が開放され、水道水がフィルタ48cを通過する。次に、ステップS302において、CPU49aにより、高圧ポンプ48dが駆動され、フィルタ48cを通過した水が高圧によりRO膜48bを透過する。そして、ステップS303において、フロートスイッチ105の検知結果に基づいて、所定量のRO水がRO水貯留タンク48aに収容されているか否かが判断される。RO水が所定量に満たない場合には、この判断が繰り返され、RO水貯留タンク48aに継続してRO膜48bを透過したRO水が供給される。一方、RO水が所定量に達した場合には、ステップS304において、電磁バルブ218が閉じられるとともに、高圧ポンプ48dの駆動が停止されて、動作が終了される。
【0079】
図15のステップS2の判断において、RO水貯留タンク48aに所定量のRO水が収容されている場合には、ステップS4において、CPU49aにより、フロートスイッチ100の検知結果に基づいて、高濃度試薬チャンバ41に所定量の高濃度試薬が収容されているか否かが判断される。所定量の高濃度試薬が貯留されていない場合には、ステップS5において、高濃度試薬タンク5から高濃度試薬チャンバ41に高濃度試薬が補充される。具体的には、電磁バルブ202および203が閉じられた状態で、電磁バルブ200および201が開放されることにより、高濃度試薬が陰圧力により高濃度試薬チャンバ41に流入される。
【0080】
所定量の高濃度試薬が高濃度試薬チャンバ41に収容されている場合には、ステップS6において、CPU49aにより、供給チャンバ47に所定量の試薬が貯留されているか否かが判断される。所定量の試薬が貯留されている場合には、ステップS14に移行される。一方、所定量の試薬が貯留されていない場合には、ステップS7において、高濃度試薬およびRO水の供給処理が行われる。
【0081】
図17は、図15に示した試薬調製処理動作のステップS7における高濃度試薬およびRO水の供給処理動作を説明するためのフローチャートである。次に、図6、図12、図13および図17を参照して、図15に示した試薬調製処理動作のステップS7における高濃度試薬およびRO水の供給処理動作について説明する。
【0082】
まず、試薬調製装置4の初期状態(試薬調製処理の直前の状態)として、図6に示す流路301〜304は、実質的にRO水により満たされているとともに、流路300は、実質的に高濃度試薬により満たされている。なお、流路300と流路301とは直接接続されているが、流路301の約4.0mmの内径に対して、流路300(300a)の内径は約1.8mmと小さいため、流路300内の高濃度試薬は、流路301内のRO水と混合され難くなっている。また、電磁バルブ203と流路301との間の流路300aは、内径が約1.8mmかつ約15mmの小さい長さに設定されているので、流路300aに存在する高濃度試薬の量は極めて少量である。
【0083】
図17のステップS701において、ダイアフラムポンプ45により、RO水チャンバ42から約6.0mlのRO水が吸引される。具体的には、電磁バルブ206および209が開放されることにより、図12に示すように、ダイアフラムポンプ45の室部452fに陰圧が供給されて、流路302を介して室部453fにRO水が流入される。次に、ステップS702において、電磁バルブ206および209が閉じられた後、電磁バルブ207および210が開放されることにより、図13に示すように、室部452fに陽圧が供給されて、室部453fからRO水が吐出される。これにより、流路301および303を介して、約6.0mlのRO水が混合チャンバ43に供給される。
【0084】
その後、ステップS703において、ダイアフラムポンプ45により、高濃度試薬チャンバ41から約6.0mlの高濃度試薬が吸引される。具体的には、電磁バルブ207および210が閉じられた後、電磁バルブ202、203および209が開放されることにより、図12に示すように、ダイアフラムポンプ45の室部452fに陰圧が供給されて、流路300および301を介して室部453fに高濃度試薬が吸引される。詳細には、高濃度試薬チャンバ41から流出された約6.0mlの高濃度試薬が流路301に残留しているRO水と混合されることにより、室部453fには、RO水と高濃度試薬との混合液が吸引される。また、このときの流路301には、RO水と高濃度試薬との混合液が充満されている。すなわち、この状態においては、室部453fおよび流路301を合わせた領域に、高濃度試薬チャンバ41から流出された約6.0mlの高濃度試薬が存在している。なお、高濃度試薬は、流路300aにも存在するが、上述のように、流路300aに存在する高濃度試薬の量は極めて少量であるので、実質的に無視することができる。さらに、2回目の試薬調製処理動作以降の高濃度試薬の吸引時には、前回の試薬調製処理動作により流路300aに残留していた高濃度試薬が流路301側に押し出されるので、室部453fおよび流路301を合わせた領域に、より正確に約6.0mlの高濃度試薬が存在することになる。
【0085】
次に、ステップS704において、電磁バルブ203および209が閉じられた後、電磁バルブ207および210が開放されることにより、図13に示すように、室部452fに陽圧が供給されて、室部453fからRO水および高濃度試薬の混合液が吐出される。これにより、流路301および303を介して、RO水および高濃度試薬の混合液が混合チャンバ43に供給される。この際、流路301および303には、数mlの高濃度試薬がRO水と混合された状態で残留している。
【0086】
そして、ステップS705において、CPU49aにより、n=1に設定される。ここで、nは、ダイアフラムポンプ45によるRO水の吐出回数を表しており、1から始まる実数で定義される。次に、ステップS706において、上記ステップS701と同様に、ダイアフラムポンプ45により、RO水チャンバ42から約6.0mlのRO水が吸引される。そして、ステップS707において、上記ステップS702と同様に、ダイアフラムポンプ45の室部453fからRO水が吐出される。これにより、流路301および303に残留していた高濃度試薬が、RO水とともに混合チャンバ43に移送される。
【0087】
その後、ステップS708において、CPU49aにより、nが22よりも大きいか否かが判断される。nが22よりも大きくない場合には、ステップS709において、n=n+1に設定され、nが22よりも大きくなるまでステップS706〜ステップS709の動作が繰り返される。すなわち、ダイアフラムポンプ45による高濃度試薬の吸引および吐出動作1回に対して、RO水の吸引および吐出動作が24回行われるまでステップS706〜ステップS709の動作が繰り返される。そして、nが22よりも大きくなると、動作は終了される。これにより、混合チャンバ43には、約6.0ml×24回=約144mlのRO水と、約6.0ml×1回=約6.0mlの高濃度試薬とが収容される。また、ダイアフラムポンプ45による高濃度試薬の吸引および吐出動作の後、RO水の吸引および吐出動作を23回行うため、流路301および303に残留していた高濃度試薬はすべて混合チャンバ43に移送され、その結果、流路301および303には、RO水のみが存在する状態となる。
【0088】
なお、上記の動作において、電磁バルブ207に替えて、電磁バルブ208を駆動すれば、混合チャンバ44に、約144mlのRO水と約6.0mlの高濃度試薬とを移送することが可能である。
【0089】
図15のステップS7による高濃度試薬およびRO水の供給処理が行われた後、ステップS8において、混合チャンバ43(44)に収容された高濃度試薬およびRO水が攪拌部43a(44a)により混合攪拌される。そして、ステップS9において、電磁バルブ211(212)および213が開放されることにより、混合チャンバ43(44)内の試薬が移送チャンバ46に移送される。
【0090】
次に、ステップS10において、電磁バルブ211(212)および213が閉じられた後、電磁バルブ214および215が開放されて、試薬が移送チャンバ46から供給チャンバ47に移送される。この際、ステップS11において、導電率センサ400により、電気伝導度Cが測定されるとともに、温度センサ401により試薬の温度T2が測定される。そして、ステップS12において、CPU49aにより、電気伝導度Cが所定範囲内にあるか否かが判断される。具体的には、上記式(2)により算出される、希釈倍率25倍における電気伝導度の目標値Zに対して、測定された電気伝導度Cが所定範囲内にあるか否かが判断される。電気伝導度Cが所定範囲内にない場合には、ステップS13において、電磁バルブ217が開放されることにより、供給チャンバ47内の試薬が廃棄される。これにより、精度よく希釈された試薬のみを測定部により用いることが可能となる。
【0091】
ステップS14において、CPU49aにより、データ処理部3を介して伝達される測定部2からの試薬供給指示があるか否かが判断され、指示がない場合には、ステップS16に移行される。試薬供給指示がある場合には、ステップS15において、電磁バルブ216が開放されることにより、供給チャンバ47内の試薬が測定部2に供給される。そして、ステップS16において、CPU49aにより、ユーザからのシャットダウン指示の有無が判断され、指示がない場合にはステップS2に移行される。シャットダウン指示がある場合には、試薬調製処理動作が終了される。
【0092】
本実施形態では、上記のように、高濃度試薬およびRO水のそれぞれの定量に共用されるダイアフラムポンプ45を液体定量部50に設けるとともに、そのダイアフラムポンプ45を用いて高濃度試薬およびRO水のそれぞれの定量を行うことによって、ダイアフラムポンプ45に組み立て誤差などによる定量誤差が生じた場合でも、高濃度試薬およびRO水の両方が共通のダイアフラムポンプ45により定量されるので、高濃度試薬を精度よく所望の希釈倍率に希釈することができる。また、定量ポンプによりRO水を微量づつ繰り返し定量するなど、複雑な試薬の調製動作を行う必要がないので、より簡単な動作で、精度よく高濃度試薬を所望濃度に希釈することができる。
【0093】
また、本実施形態では、試薬を調製する際、高濃度試薬が混合チャンバ43(44)に移送される前に、RO水が混合チャンバ43(44)に移送されるように、試薬調製処理動作を制御するようにCPU49aを構成することによって、RO水が収容された状態の混合チャンバ43(44)に高濃度試薬が移送されるので、高濃度試薬による混合チャンバ43(44)内の汚染を抑制することができるとともに、効率よく高濃度試薬とRO水とを混合することができる。
【0094】
また、本実施形態では、試薬を調製する際、高濃度試薬が流路301を介してダイアフラムポンプ45から混合チャンバ43(44)に移送された後、RO水が流路301を介してダイアフラムポンプ45から混合チャンバ43(44)に移送されるように、試薬調製処理動作を制御するようにCPU49aを構成することによって、流路301に残留する高濃度試薬を、その後に移送されるRO水とともに混合チャンバ43(44)に移送することができるので、ダイアフラムポンプ45により定量された高濃度試薬が流路301に残留するのを抑制することができる。その結果、精度よく高濃度試薬を所望濃度に希釈することができる。また、高濃度試薬を所望濃度に希釈した後、高濃度試薬が流路301に残留するのが抑制されるので、次に高濃度試薬を希釈する際にも、精度よく希釈することができる。
【0095】
また、本実施形態では、混合チャンバ43(44)に収容された試薬の電気伝導度Cを測定する導電率センサ400と、導電率センサ400により測定された測定値が所定範囲にあるか否かを判定するCPU49aと、測定値が所定範囲にない場合に、混合チャンバ43(44)に収容された試薬を廃棄するための電磁バルブ27とを設けることによって、濃度が所定範囲内にない試薬(電気伝導度Cが所定範囲内にない試薬)が、検体を処理するための試薬として用いられるのを防止することができる。
【0096】
なお、今回開示された実施形態は、すべての点で例示であって制限的なものではないと考えられるべきである。本発明の範囲は、上記した実施形態の説明ではなく特許請求の範囲によって示され、さらに特許請求の範囲と均等の意味および範囲内でのすべての変更が含まれる。
【0097】
たとえば、上記実施形態では、高濃度試薬を25倍に希釈する例を示したが、本発明はこれに限らず、高濃度試薬を25倍以外の他の倍率として、たとえば20倍に希釈するようにしてもよい。この場合、ダイアフラムポンプ45を用いて、RO水を1回定量した後、高濃度試薬を2回定量し、その後、RO水を37回定量することにより希釈倍率20倍の試薬を調製してもよい。また、ダイアフラムポンプ45を用いて希釈倍率20倍の試薬を調製する場合には、RO水を1回定量した後、高濃度試薬を1回定量し、その後、再度RO水を1回定量した後、高濃度試薬を1回定量し、その後、RO水を36回定量してもよい。このようにしてRO水と高濃度試薬を交互に混合チャンバに移送すれば、混合チャンバ内でRO水と高濃度試薬とをより効率的に混合することができる。
【0098】
また、上記実施形態では、希釈用液体としてのRO水を1回定量した後、高濃度試薬を1回定量し、その後、RO水を23回定量して希釈倍率25倍の試薬を調製する例を示したが、本発明はこれに限らず、たとえば、RO水を2回定量した後、高濃度試薬を1回定量し、その後、RO水を22回定量して希釈倍率25倍の試薬を調製してもよい。
【0099】
また、上記実施形態では、希釈用液体としてのRO水を1回定量した後、高濃度試薬を1回定量し、その後、RO水を23回定量して希釈倍率25倍の試薬を調製する例を示したが、本発明はこれに限らず、たとえば、容量がダイアフラムポンプ45の半分であるダイアフラムポンプを用いて、RO水を1回定量した後、高濃度試薬を2回定量し、その後、RO水を47回定量することにより希釈倍率25倍の試薬を調製してもよい。このようにすれば、RO水および高濃度試薬の混合チャンバへの移送回数を増やすことができるため、混合チャンバ内でより効率的にRO水と高濃度試薬とを混合することができる。
【0100】
また、容量がダイアフラムポンプ45の半分であるダイアフラムポンプを用いて希釈倍率25倍の試薬を調製する場合には、RO水を1回定量した後、高濃度試薬を1回定量し、その後、再びRO水を1回定量した後、高濃度試薬を1回定量し、その後、RO水を46回定量してもよい。このようにすれば、RO水および高濃度試薬の混合チャンバへの移送回数を増やすことができるだけでなく、RO水と高濃度試薬を交互に混合チャンバに移送することができるため、RO水と高濃度試薬とをより効率的に混合することができる。
【0101】
また、上記実施形態では、定量器の一例として、ダイアフラムポンプを示したが、本発明はこれに限らず、1回の定量動作で予め定められた一定量の液体を定量可能な定量器であれば、たとえば、ピストンのストローク量が固定されたシリンジポンプであってもよい。
【0102】
また、上記実施形態では、収容部としての混合チャンバと供給チャンバとの間に移送チャンバを設ける例を示したが、本発明はこれに限らず、混合チャンバと供給チャンバとの間に移送チャンバを設けずに、混合チャンバを移送チャンバとして用いてもよい。
【0103】
また、上記実施形態では、試薬調製装置の一例として、測定部と別個に設置される試薬調製装置を示したが、本発明はこれに限らず、図18に示すように、測定部内に設けられ、試薬調製機構として機能する試薬調製装置であってもよい。このように試薬調製機構を備える測定部(装置)としては、たとえば、血球計数装置、免疫測定装置および塗抹標本作製装置などがあるが、特に、希釈用液体の使用量が多い血球計数装置に適している。
【0104】
また、上記実施形態では、定量器の一例としてのダイアフラムポンプを1つ設ける例を示したが、本発明はこれに限らず、ダイアフラムポンプを2つ以上設けてもよい。2つ以上のダイアフラムポンプを用いて所望の希釈倍率の試薬を調製する場合、各ダイアフラムポンプに異なる定量誤差が生じていても、各ダイアフラムポンプで所望の希釈倍率の試薬をそれぞれ調製できるため、ダイアフラムポンプを複数設けた場合には、所望の希釈倍率の試薬を短時間でより多く調製することができる。
【0105】
また、上記実施形態では、収容部としての混合チャンバに攪拌部を設けて、混合チャンバ内で高濃度試薬とRO水とを混合する例を示したが、本発明はこれに限らず、混合チャンバに攪拌部を設けずに、混合チャンバから移送チャンバを介して供給チャンバに移送する間に、高濃度試薬とRO水とが自然混合されるようにしてもよい。この場合には、物性検出部としての導電率センサを、供給チャンバの直前に設けることが好ましい。
【0106】
また、上記実施形態では、物性検出部としての導電率センサを移送チャンバと供給チャンバとの間に設ける例を示したが、本発明はこれに限らず、収容部としての混合チャンバと移送チャンバとの間に設けてもよい。なお、この場合には、電気伝導度Cが所定範囲内にない試薬を移送チャンバから廃棄するようにしてもよい。
【0107】
また、上記実施形態では、物性検出部の一例として、電気伝導度を測定する導電率センサを示したが、本発明はこれに限らず、試薬のpHを測定するpHセンサを設けてもよい。この場合には、pHの測定結果に基づいて試薬を廃棄するか否かを判断するようにしてもよい。
【図面の簡単な説明】
【0108】
【図1】本発明の一実施形態による試薬調製装置の使用状態を示した斜視図である。
【図2】図1に示した一実施形態による試薬調製装置を備えた血液分析装置の構成を示したブロック図である。
【図3】図1に示した一実施形態による試薬調製装置を備えた血液分析装置の試料調製部を説明するための図である。
【図4】図1に示した一実施形態による試薬調製装置を備えた血液分析装置の検出部を示した概略図である。
【図5】図1に示した一実施形態による試薬調製装置を備えた血液分析装置のデータ処理部の構成を示したブロック図である。
【図6】図1に示した一実施形態による試薬調製装置の構成を示したブロック図である。
【図7】図1に示した一実施形態による試薬調製装置のダイアフラムポンプを示した平面図である。
【図8】図7の500−500線に沿った断面における分解図である。
【図9】図7の500−500線に沿った断面図である。
【図10】図1に示した一実施形態による試薬調製装置のダイアフラムポンプの膜体を示した平面図である。
【図11】図1に示した一実施形態による試薬調製装置のダイアフラムポンプの内部構造を説明するための平面図である。
【図12】図1に示した一実施形態による試薬調製装置のダイアフラムポンプの構成を説明するための断面図である。
【図13】図1に示した一実施形態による試薬調製装置のダイアフラムポンプの構成を説明するための断面図である。
【図14】本発明の一実施形態による試薬調製装置の制御部を説明するためのブロック図である。
【図15】本発明の一実施形態による試薬調製装置の試薬調製処理動作を説明するためのフローチャートである。
【図16】図15に示した試薬調製処理動作のステップS3におけるRO水作製処理動作を説明するためのフローチャートである。
【図17】図15に示した試薬調製処理動作のステップS7における高濃度試薬およびRO水の供給処理動作を説明するためのフローチャートである。
【図18】図1に示した一実施形態による試薬調製装置の変形例を説明するためのブロック図である。
【符号の説明】
【0109】
1 血液分析装置
2 測定部
4 試薬調製装置
6 空圧部
43 混合チャンバ
44 混合チャンバ
45 ダイアフラムポンプ
49 制御部
50 液体定量部
203 電磁バルブ
207、208 電磁バルブ
217 電磁バルブ
300a 流路
301 流路
303 流路
304 流路
400 導電率センサ

【特許請求の範囲】
【請求項1】
希釈用液体を用いて高濃度試薬を希釈することにより、検体を処理するための試薬を調製する試薬調製装置であって、
前記高濃度試薬および前記希釈用液体のそれぞれの定量に共用される定量器を含み、前記定量器を用いて、前記高濃度試薬および前記希釈用液体のそれぞれの定量を行う液体定量部と、
前記液体定量部により定量された前記高濃度試薬および前記希釈用液体を収容する収容部とを備える、試薬調製装置。
【請求項2】
前記定量器は、1回の定量動作で予め定められた一定量の液体を定量するように構成されている、請求項1に記載の試薬調製装置。
【請求項3】
前記定量器は、ダイアフラムポンプであり、
前記液体定量部は、前記ダイアフラムポンプを駆動するための空圧部を含む、請求項2に記載の試薬調製装置。
【請求項4】
前記液体定量部の動作を制御する定量制御部をさらに備える、請求項1〜3のいずれか1項に記載の試薬調製装置。
【請求項5】
前記定量制御部は、試薬を調製する際、前記高濃度試薬が前記収容部に移送される前に、前記希釈用液体が前記収容部に移送されるように前記液体定量部の動作を制御するように構成されている、請求項4に記載の試薬調製装置。
【請求項6】
前記定量制御部は、試薬を調製する際、前記高濃度試薬が前記収容部に移送された後に、前記希釈用液体が前記収容部に移送されるように前記液体定量部の動作を制御するように構成されている、請求項4または5に記載の試薬調製装置。
【請求項7】
前記液体定量部は、前記定量器から前記収容部に液体を移送するための移送流路を含み、
前記高濃度試薬および前記希釈用液体は、前記移送流路を介して前記定量器から前記収容部に移送される、請求項1〜6のいずれか1項に記載の試薬調製装置。
【請求項8】
前記液体定量部は、前記移送流路に接続され、前記高濃度試薬を前記移送流路を介して前記定量器に移送するための第2移送流路と、前記第2移送流路上の前記移送流路近傍に配置され、前記高濃度試薬を前記移送流路に供給するためのバルブとを含む、請求項7に記載の試薬調製装置。
【請求項9】
前記収容部に収容された試薬の濃度に関する物性を示す値を検出する物性検出部と、
前記物性検出部で検出された検出値が所定範囲にあるか否かを判定する判定手段と、
前記検出値が前記所定範囲にない場合に、前記収容部に収容された試薬を廃棄する廃棄手段とをさらに備える、請求項1〜8のいずれか1項に記載の試薬調製装置。
【請求項10】
前記液体定量部により定量された高濃度試薬および希釈用液体を収容する第2収容部をさらに備え、
前記液体定量部は、前記定量器から前記第2収容部に液体を移送するための第3移送流路を含み、
前記定量器内の液体が前記収容部または前記第2収容部に移送されるように、前記移送流路と前記第3移送流路との間で前記液体の流路を切り替えるための流路切替部をさらに備える、請求項7または8に記載の試薬調製装置。
【請求項11】
前記移送流路は、前記定量器から所定位置までの区間において前記第3移送流路と共用される共用流路と、前記所定位置と前記収容部との間の第1専用流路とを含み、
前記第3移送流路は、前記共用流路と、前記所定位置と前記第2収容部との間の第2専用流路とを含む、請求項10記載の試薬調製装置。
【請求項12】
高濃度試薬および希釈用液体のそれぞれの定量に共用される定量器を含み、前記定量器を用いて、前記高濃度試薬および前記希釈用液体のそれぞれの定量を行う液体定量部と、
前記液体定量部により定量された前記高濃度試薬および前記希釈用液体を収容する収容部と、
前記収容部に収容された試薬を用いて検体の処理を行う検体処理部とを備える、検体処理装置。
【請求項13】
希釈用液体を用いて高濃度試薬を希釈することにより、検体を処理するための試薬を調製する試薬調製方法であって、
前記高濃度試薬および前記希釈用液体のそれぞれの定量に共用される定量器を用いて、前記高濃度試薬および前記希釈用液体のそれぞれの定量を行う第1ステップと、
前記第1ステップにおいて定量された前記高濃度試薬および前記希釈用液体を混合する第2ステップとを備える、試薬調製方法。

【図1】
image rotate

【図2】
image rotate

【図3】
image rotate

【図4】
image rotate

【図5】
image rotate

【図6】
image rotate

【図7】
image rotate

【図8】
image rotate

【図9】
image rotate

【図10】
image rotate

【図11】
image rotate

【図12】
image rotate

【図13】
image rotate

【図14】
image rotate

【図15】
image rotate

【図16】
image rotate

【図17】
image rotate

【図18】
image rotate