Notice: Undefined variable: fterm_desc_sub in /mnt/www/biblio_conv.php on line 353
透過潜像画像を有する印刷媒体
説明

透過潜像画像を有する印刷媒体

【課題】 本発明は、銀行券、旅券、有価証券、商品タグ及び各種証明書等に偽造、複製の防止用として施す潜像画像を有する印刷物に関するものである。
【解決手段】 透過性材料から成る基材上に、基材の透過性を抑える隠ぺい層を積層し、さらにその上に、有色の色材による第1の領域、くり抜き又は透過性の高い有色の色材を有する第2の領域における網点を用いて画像形成層を形成し、第1の領域を主体とした連続階調の可視画像、第2の領域による基材を透過光下で確認した際に視認可能な透過潜像画像を有する印刷物である。

【発明の詳細な説明】
【技術分野】
【0001】
本発明は、銀行券、旅券、有価証券、商品タグ及び各種証明書や、特に、IDカード等のカード類を対象として、反射光下における画像と透過光下における画像の二つの画像を形成することにより、偽造及び複製を困難とする印刷媒体に関するものである。
【背景技術】
【0002】
近年、複写機の高機能化及び高画質化により、銀行券、旅券及び有価証券等の貴重印刷物の偽造製品が出回り、深刻な問題となっている。そのため、従来から貴重印刷物には、複写機で色、光沢又は発光等の再現が困難な機能性インキが多く用いられている。機能性インキには、磁性インキ、蛍光インキ及び赤外線領域において吸収特性を示す赤外線吸収インキ等がある。これらの機能性インキを用いた貴重印刷物は、複写機での複製に対して効果を奏するものではあるが、単純な文字及び図柄では、材料さえ入手することができれば、比較的簡単に偽造することができてしまうという問題がある。
【0003】
そこで、本出願人は、機能性インキを使用するだけではなく、高精細な網点構成とすることで、可視画像と、特定の観察条件のみで視認可能な潜像画像を出現させることができる網点印刷物を提案している(例えば、特許文献1参照)。
【0004】
特許文献1に記載の網点印刷物は、二つの領域が複数配置されることで階調画像を構成している印刷物であって、第2の領域の周囲が第1の領域によって囲まれ、第2の領域は、赤外線吸収色素を含むブラックインキにより構成された第2aの領域と、赤外線吸収色素を含まないインキにより黒色系に構成された第2bの領域から成り、第1の領域及び第2bの領域は、一般の商業印刷で使用されているシアン(C)、マゼンタ(M)、イエロー(Y)の3原色インキを用いている。
【0005】
この特許文献1記載の網点印刷物は、特殊な網点構成による複製防止効果を奏するだけではなく、赤外線吸収色素を含むブラックインキにより構成された第2aの領域において、潜像画像を形成していることから、赤外線カメラ等の鑑定装置で観察すると、可視光源下で観察された階調画像とは異なる画像が視認可能となる偽造防止効果も奏するものである。
【0006】
しかし、特許文献1記載の網点印刷物や、その他の機能性インキを用いた貴重印刷物は、偽造の有無に対して真偽判別する際に、例えば、磁性インキの場合、磁気ヘッド又は磁気センサーを備えた判別手段を要し、蛍光インキの場合、紫外線照射装置を要し、また、赤外線吸収インキの場合には、赤外線カメラ等の装置が必要となっていた。したがって、使用した機能性インキの特性に対応した判別装置がなければ真偽判別することができないという欠点を有していた。そこで、真偽判別する際に特殊な判別装置を用いなくても、誰でも簡単に目視で判別することができる技術が望まれている。
【0007】
特殊な判別装置を用いなくても、誰でもその場で真偽を判別することができる技術として、透明又は半透明の基材を用いて画像を形成することで、複写防止効果及び透過光下における透かし効果を奏する技術がある。例えば、透明又は半透明の基材の片面に、第1の印刷層、隠ぺい層、第2の印刷層を積層し、第2の印刷層から第1の印刷層まで貫通する開口部を設け、点状又は網点状のパターンからなる表示部を形成した偽造防止印刷物がある(例えば、特許文献2参照)。
【0008】
この特許文献2に記載の偽造防止印刷物は、パターン以外の開口部が、基材が露出された透明の透かしとなっているため、複写機を用いて複製品を作製しても完全な再現は困難であり、特に、特殊な真偽判定装置が不要で、透過光下において目視により容易に真偽判別することが可能であることから、真正品と複製品との高い識別性を有する。また、印刷層には、磁性材料を添加混合させたインキを用いたり、メタメリックな2種類以上の色料を含むインキを用いたり、各種の機能性インキを併用して用いることも可能であり、より一層の偽造防止効果を図ることが可能である。
【0009】
また、スレッド状で、透明又は半透明の基材の片面に、逆向きの文字、記号、ロゴ及び図形等でなる着色パターンが形成され、その上に、白色乃至淡色か、又は光反射性を有する隠ぺい層が形成され、さらにその上に、正向きの文字、記号、ロゴ及び図形等でなる着色パターンが形成されているスレッド状印刷物が開示されている(例えば、特許文献3参照)。
【0010】
この特許文献3に記載のスレッド状印刷物は、表面から観察すると、隠ぺい層上に形成されている正向きの文字、記号、ロゴ及び図形等で成る着色パターンが観察され、透明又は半透明の基材側から観察しても、隠ぺい層の裏側に逆向きに形成された文字、記号、ロゴ及び図形等で成る着色パターンが、正向きの文字、記号、ロゴ及び図形等として視認することができる。
【先行技術文献】
【特許文献】
【0011】
【特許文献1】特許第3544536号公報
【特許文献2】特開平10−76745号公報
【特許文献3】特開2007−216602号公報
【発明の開示】
【発明が解決しようとする課題】
【0012】
しかしながら、特許文献2により開示されている印刷物は、第2の印刷層から第1の印刷層まで貫通した開口部を有することにより透明の透かしが形成されるため、透過光下において透明の透かしを確認することで簡単に真偽判別が可能であるが、開口部による透明の透かしは単純なパターンであり、層構成がわかってしまうと、比較的容易に偽造及び模造することができてしまうという問題があった。
【0013】
また、開口部による透明の透かしは単純なパターンであり、連続階調を有するような意匠性を奏する模様を形成するものではないため、意匠性に富んだ模様の形成が望まれている。
【0014】
さらに、透過光下において透明の透かしを確認する際に、第2の印刷層に形成した絵柄や可視情報も一緒に視認することができてしまい、それぞれ単独とした画像で視認することができず、画像のスイッチ的な効果(切り替わり効果)を奏するものではなかった。
【0015】
特許文献3により開示されている印刷物は、透明又は半透明の基材上に、隠ぺい層を挟んで文字等を逆向きとした第1の印刷層と文字等を正向きとした第2の印刷層を形成していることから、どちらの面側から観察しても文字等は正向きとして確認することができ、簡単に目視による判別を行えるものではあるが、隠ぺい層を第1の印刷層と第2の印刷層の間に設けることにより、どちらの面から観察しても、その隠ぺい層で遮蔽されている側の印刷層を確認することができないだけであり、特に潜像的な効果を奏しているものではなかった。したがって、層構成がわかってしまうと、比較的容易に偽造及び模造することができてしまうという問題があった。
【0016】
本発明は、このような従来の問題を解決することを目的としたもので、緻密な網点構成を用いることで、偽造及び複製を困難にさせるとともに、特別な判別装置を用いなくても、透過光下において簡単に潜像画像を確認することが可能な印刷物を提案することを目的とする。
【課題を解決するための手段】
【0017】
本発明は、少なくとも一部が無色及び/又は有色の透過性材料から成る基材において、透過性材料から成る基材の一部に透過潜像領域が形成され、基材上の透過潜像領域内には透過性材料の透過性を抑えるための隠ぺい材料から成る隠ぺい層と、隠ぺい層の上に、有色の色材により形成された画像形成層が形成され、隠ぺい層は、基材の透過性を隠ぺいする隠ぺい材料が施された第1の隠ぺい面積率から成る第1の隠ぺい領域と、第1の隠ぺい面積率と同じ又は低い第2の隠ぺい面積率から成る第2の隠ぺい領域により形成され、i)第2の隠ぺい領域は、基材を一部露出させるために隠ぺい材料を施さないくり抜き部を有するか、又はii)第2の隠ぺい領域は、第2の隠ぺい面積率よりも隠ぺい面積率が低い潜像部を有し、画像形成層は、連続階調画像を表現するための網点を構成する一つの第1の領域と、第1の領域に隣接し、かつ、第1の領域よりも小さい一つの第2の領域とが複数組配置され、各々の第2の領域の周囲が、複数の第1の領域により囲まれた画像形成層により可視画像が形成され、第2の隠ぺい領域が、基材を一部露出させるために隠ぺい材料を施さないくり抜き部を有するi)の場合、第2の領域は、一部がくり抜かれた第2の網点部及び第2の網点部を囲むカムフラージュ部から成り、第2の網点部は、くり抜き部と同じ位置に配置されて第一の潜像画像を形成し、カムフラージュ部は、有色の色材を用いて、反射光下において第2の網点部と等色に形成され、又は、第2の隠ぺい領域が、第2の隠ぺい領域よりも隠ぺい面積率が低い潜像部を有するii)の場合、第2の領域は、第2の隠ぺい領域と同じ位置に透過率3%以上100%以下の有色の色材で形成され、潜像部と同じ位置に積層された第2の網点部及び第2の網点部を囲むカムフラージュ部から成り、カムフラージュ部より透過率が高い第2の網点部が配置されることで第一の潜像画像を形成し、カムフラージュ部は、有色の色材を用いて、反射光下において第2の網点部と等色に形成され、可視画像は、反射光下において視認可能な画像であり、第一の潜像画像は、基材を透過光下で観察すると視認可能な画像であることを特徴とする透過潜像画像を有する印刷媒体である。
【0018】
また、本発明の透過潜像画像を有する印刷媒体は、i)の場合であって、くり抜き部と、第2の網点部が大きさ及び形状が等しいことを特徴とする。
【0019】
また、本発明の透過潜像画像を有する印刷媒体は、ii)の場合であって、第2の領域は、透過率3%以上100%以下の有色の色材で形成された第2の網点部と、潜像部と同じ位置に積層された第2の網点部と反射光下において等色となるように第2の隠ぺい領域と同じ位置に有色の色材で形成されたカムフラージュ部から成り、潜像部と第2の網点部が同じ箇所に配置されていることを特徴とする。
【0020】
また、本発明の透過潜像画像を有する印刷媒体は、第2の網点部とカムフラージュ部が、異なる色の有色の色材により形成されていることを特徴とする。
【0021】
さらに、本発明の透過潜像画像を有する印刷媒体は、第2の領域が、第1の領域の透過率と同じ又は高い透過率の有色の色材で形成されていることを特徴とする。
【発明の効果】
【0022】
本発明の透過潜像画像を有する印刷媒体は、可視光源下で観察した際には可視画像を視認することができ、印刷媒体を透過光下で観察することで透過潜像画像が視認可能となり、簡易な手法による真偽判別が行える。
【0023】
また、本発明の透過潜像画像を有する印刷媒体は、特殊な網点構成により、二つの画像を同一領域内に重なるようなデザインで作製することが可能であり、デザイン上の制約を受けることがない。
【0024】
また、本発明の透過潜像画像を有する印刷媒体は、可視光源下で観察可能な可視画像と、透過光下で観察可能な透過潜像画像が同じ領域においてスイッチして確認することができることから、従来にはない透過潜像を用いた偽造防止効果を奏することが可能である。
【0025】
さらに、本発明の透過潜像画像を有する印刷媒体は、特殊な網点構成を用いていることから、可視画像だけではなく、透過潜像画像に対しても、単純なパターンではなく、意匠性に富んだ階調画像を形成することができる。
【図面の簡単な説明】
【0026】
【図1】本発明における透過潜像画像を有する印刷媒体の一例を示す図である。
【図2】本発明における可視画像と潜像画像の一例を示す図である。
【図3】透過性材料の層構成を説明する図である。
【図4】透過潜像領域の層構成を説明するための図である。
【図5】第1の実施形態における隠ぺい層を説明するための図である。
【図6】透過潜像領域を示す平面図及び模式図の一例である。
【図7】第1の実施形態における三つの層の層構成を説明するための図である。
【図8】第1の実施形態により形成した透過潜像画像を有する印刷媒体、可視光源及び視点の位置関係を示した図である。
【図9】反射光下及び透過光下における、それぞれの第2の網点部及びカムフラージュ部の色差ΔEを示すグラフである。
【図10】第1の実施形態の本発明の網点構成により形成した印刷媒体を、定位置の可視光源下の反射光下において視認した場合の平面図及び模式図である。
【図11】第1の実施形態の本発明の網点構成により形成した印刷媒体を、定位置の可視光源下の透過光下において視認した場合の平面図及び模式図である。
【図12】第1の実施形態の本発明の網点構成の変形例を示す模式図である。
【図13】第2の実施形態における隠ぺい層の構成を示す模式図である。
【図14】第2の実施形態における一つ目の態様の画像形成層の構成を示す模式図である。
【図15】第2の実施形態における一つ目の態様の三つの層の層構成を説明するための図である。
【図16】第2の実施形態における二つ目の態様の画像形成層の構成を示す模式図である。
【図17】第2の実施形態における二つ目の態様の三つの層の層構成を説明するための図である。
【図18】実施例1における三つの層の層構成を説明するための図である。
【図19】実施例2の証明書を説明する図である。
【図20】実施例2における可視画像及び潜像画像を示す図である。
【図21】実施例2における三つの層の層構成を説明するための図である。
【発明を実施するための形態】
【0027】
本発明を実施するための形態について、図面を用いて説明する。しかしながら、本発明は、以下に述べる実施するための形態に限定されるものではなく、特許請求の範囲記載における技術的思想の範囲内であれば、その他いろいろな実施の形態が含まれる。
【0028】
図1は、本発明における透過潜像画像を有する印刷媒体(1)(以下「印刷媒体」という。)の一例を示す図である。この印刷媒体(1)は、図1(a)に示すように、少なくとも一部に本発明における透過潜像画像が形成されている透過潜像領域(2)を有している。
【0029】
この印刷媒体(1)は、可視光源下における反射光下では、図2(a)に示すような可視画像(3)を視認することができ、可視光源下における透過光下では、図2(b)に示すような透過潜像画像(4)を視認することができる効果を奏するものである。なお、反射光には、拡散光及び正反射光があるが、本発明において、反射光は、拡散光のことを指すものとする。(以下「反射光」という。)また、可視画像(3)を視認することができる反射光下での観察条件を、以下、「第一の観察条件」という。さらに、透過潜像画像(4)を視認することができる透過光下での観察条件を、以下、「第二の観察条件」という。なお、この二つの画像の視認原理については後述する。
【0030】
この透過潜像領域(2)は、印刷媒体(1)の断面図である図1(b)に示すように、三つの層から構成されている。透過潜像領域(2)については、図1に示すように、印刷物(1)の一部に形成しても良いが、印刷媒体(1)の全面を透過潜像領域(2)として形成しても良い。また、透過潜像領域(2)を構成している三つの層については、一番下の層から順番に、基材(5)、隠ぺい層(6)及び画像形成層(7)が形成されている。この三つの層について次に説明する。
【0031】
(第1の実施形態)
まず、基材(5)について説明する。基材(5)は、少なくとも一部が無色及び/又は有色の透過性材料(8)を用いて形成されていれば特に限定されることがなく、上質紙、コート紙及びアート紙等の紙葉類か、又はフィルム等を用いることができ、透過性材料の透過率は、3%以上100%以下の範囲であることが好ましい。無色(透明)の透過性基材としては、PETや塩ビ等の材質で形成された透明フィルムがある。また、有色の透過性基材としては、前述の無色(透明)のPETフィルム等に染料や顔料等の着色成分を含有させたものがあり、また、透過性のある有色インキや有色フィルムを重ねて形成したものでも良い。
【0032】
透過性材料から成る基材(5)の層構成について、図3を用いて説明する。例えば、図3(a)は、無色(透明)の透過性材料(8a)から成る単層構造であり、図3(b)は、有色の透過性材料(8b)から成る単層構造であり、図3(c)は、無色(透明)の透過性材料(8a)及び有色の透過性材料(8b)から成る2層構造であり、図3(d)は、有色の透過性材料(8b)及び(8b’)を二つ積層した2層構造であり、図3(e)は、有色の透過性材料(8b)及び(8b’)の2層と無色(透明)の透過性材料(8a)から成る3層構造で、無色(透明)の透過性材料(8a)が下層になったものであり、図3(f)は、図3(e)の3層構造において、無色(透明)の透過性材料(8a)が中間層に配置されたものであり、図3(g)は、中間層のみが有色の透過性材料(8b)から成る3層構造であり、図3(h)は、有色の透過性材料(8b)及び(8b’)の2層と無色(透明)の透過性材料(8a)の2層から成る4層構造である。
【0033】
また、基材(5)に透過性のある金属光沢調フィルム(東レ株式会社製、PICASUS等)を用いても良い。金属光沢調フィルムとは、異種ポリマーを多層積層して形成したポリエステルフィルムであり、金属を使用せずに金属調の光沢を得ることが可能な透過性材料のことである。
【0034】
図1(b)では、印刷媒体(1)の全面、すなわち、基材自体を透過性材料で形成する例で説明したが、本発明の基材(5)は、これに限定されるものではなく、基材(5)の一部が透過性材料(8)で形成されていても良い。
【0035】
例えば、図4に示すように、透過潜像領域(2)に相当する部分にのみ透過性材料(8)が形成されていても良い。なお、以降については、図1(b)に示したような、基材(5)全体が透過性材料(8)で構成されているものとして説明する。
【0036】
次に、二つ目の層である隠ぺい層(6)について説明する。隠ぺい層(6)は、前述した透過性材料(8)で形成された基材(5)の上に形成され、下層にあたる基材(5)の透過性を抑えるための役割を担っている。また、隠ぺい層(6)は、隠ぺい層(6)の上に形成される画像形成層(7)により形成される可視画像(3)に影響を与えない色彩を有する必要がある。したがって、隠ぺい層(6)は、白インキ等を用いることが可能だが、基材(5)の透過性を抑えられる隠ぺい材料で、かつ、画像形成層(7)の可視画像(3)に影響を与えない材料であれば特に限定されない。本実施の形態では、隠ぺい材料に白インキを用いて隠ぺい層を形成した形態により説明する。なお、白インキには、オフセット印刷用UVインキとして、DIC株式会社製 ダイキュアRTX 白、また、インクジェット印刷用UVインキとして、東洋インキ製造株式会社製 LIOJET FV03 ホワイト等がある。
【0037】
図5(a)は、隠ぺい層(6)の一部を拡大した模式図であるが、隠ぺい層(6)は、後述する三つ目の層の画像形成層(7)に対応するように、二つの領域から形成されている。この二つの領域は、前述のとおり、下層である基材(5)の透過性を隠ぺいする役割を持っていることから、第1の隠ぺい面積率から成る第1の隠ぺい領域(9)と、第1の隠ぺい領域(9)の第1の隠ぺい面積率と同じか、又はそれよりも低い面積率である第2の隠ぺい面積率によって形成されている第2の隠ぺい領域(10)と定義する。
【0038】
この隠ぺい層(6)を構成する第1の隠ぺい領域(9)及び第2の隠ぺい領域(10)の位置関係、形状及び大きさが、画像形成層(7)の要素構成に対応した構成となっている。この隠ぺい層(6)と画像形成層(7)との対応する関係については、後述する視認原理の説明の際に行うこととする。
【0039】
ここで、隠ぺい面積率とは、隠ぺい層(6)における第1の隠ぺい領域(9)又は第2の隠ぺい領域(10)の単位面積当りに隠ぺい材料を形成する面積の割合のことである。例えば、第2の隠ぺい領域(10)における第2の隠ぺい面積率において、隠ぺい面積率80%とは、くり抜き部(11)を除く第2の隠ぺい領域(10)に隠ぺい材料を形成する面積の割合が80%のことである。この場合、くり抜き部(11)には、隠ぺい材料が形成されていないため、隠ぺい面積率0%ということになる。
【0040】
よって、第2の隠ぺい領域(10)の第2の隠ぺい面積率を第1の隠ぺい領域(9)の第1の隠ぺい面積率よりも隠ぺい面積率を低くするというのは、隠ぺい面積率を下げることにより下層である基材(5)を隠ぺいする割合が低くなり、第1の隠ぺい領域(9)よりも第2の隠ぺい領域(10)の透過性の低下を抑えることになる。つまり、印刷媒体(1)を定位置の照明光源に対して、第一の観察条件から第二の観察条件へ変化させた際に、第1の隠ぺい領域(9)に対応する画像形成層(7)の第1の領域(12)の透過光よりも第2の隠ぺい領域(10)に対応する画像形成層(7)の第2の領域(13)の透過光のほうが明るくなり、結果的に透過光における透過潜像画像(4)の視認性が向上するからである。なお、画像形成層(7)における第1の領域(12)及び第2の領域(13)の構成については、後述する。
【0041】
しかし、隠ぺい面積率を低くしたことにより、くり抜き部(11)、すなわち基材(5)の透過光と第2の隠ぺい領域の透過光の明るさ(強さ)が近似し、透過光における透過潜像画像(4)の視認性が低下するおそれもある。よって、第2の隠ぺい領域(10)の第2の隠ぺい面積率は、くり抜き部(11)に対する基材(5)からの透過光に留意しながら適宜設定する必要がある。
【0042】
このくり抜き部(11)について説明する。くり抜き部(11)は、第2の隠ぺい領域(10)を形成している一つの要素であり、第2の隠ぺい領域(10)内に形成されており、この図5(a)のX1−X2における(拡大)断面図である図5(b)に示すように、くり抜き部(11)には、白インキが施されていない。したがって、印刷媒体(1)を上方から観察すると、くり抜き部(11)からは、隠ぺい層(6)の下の基材(5)を確認することができることとなる。
【0043】
このくり抜き部(11)についても、後述する画像形成層(7)の網点構成に対応した配置となっており、本発明において、第二の観察条件で確認可能な透過潜像画像(4)を形成するための重要な要素となっている。
【0044】
次に、三つ目の層である画像形成層(7)について説明する。画像形成層(7)は、第一の観察条件において視認可能な連続階調画像を含む可視画像(3)を網点により形成するものである。そこで、画像形成層(7)の網点構成について図6を用いて説明する。なお、連続階調画像を含む可視画像(3)は、連続階調を有していない二値画像であってもよい。
【0045】
(第1の実施形態の本発明の網点構成)
画像形成層(7)は、図6(a)に示す透過潜像領域(2)内に形成されており、その網点構成は、図6(b)に一部拡大図として示した構成である。なお、図6(b)に示すような網点構成を、「本発明の網点構成」という。この本発明の網点構成は、第1の領域(12)及び第2の領域(13)により形成されている。これらの二つの領域は、透過潜像領域(2)内においてマトリックス状に複数配置されており、このような構成とすることで、可視画像(3)及び透過潜像画像(4)は、モアレを発生せずに透過潜像領域(2)に形成することが可能となる。
【0046】
本発明の網点構成においては、第1の領域(12)に囲まれるように第2の領域(13)が配置され、第2の領域(13)は、第1の領域(12)の外周に沿って等間隔に配置されている。そこで、それぞれの領域の面積(縦×横)は、図6(b)に示した構成において、第1の領域(12)をm×mで形成し、第2の領域(13)をn×nで形成したとすると、m>n>0の範囲内で適宜設定することが可能である。好ましくは、第1の領域(12)をm×m(m≧2、mは整数)、第2の領域(13)をn×n(n≧1、nは整数)で形成し、第1の領域(12)の面積が第2の領域(13)の面積よりも大きくする(m>n)。第2の領域(13)を第1の領域(12)よりも大きい面積で形成した際には、第一の観察条件において第2の領域(13)がノイズとなり、可視画像(3)の視認性を低下させるので好ましくない。
【0047】
図6(c1)は、可視画像(3)及び第1の領域(12)の一例を示す図である。第1の領域(12)は、第一の観察条件において視認可能な可視画像(3)を形成する領域である。第1の領域(12)内には、第1の網点部(12a)が配置されている。可視画像(3)は、第1の領域(12)内における、第1の網点部(12a)と第1の網点部(12a)以外の領域との面積比率に応じて、複数配置された第1の領域(12)により階調を付与することが可能となる。
【0048】
第1の網点部(12a)は、有色の色材(特に、有色インキ)を用いて形成する。この有色の色材としては、公知のグラビアインキ、スクリーンインキ、プロセスインキ及びインクジェットプリンタ用インキ等の有色インキを使用することができる。特に、一般的に用いられるシアン(C)、マゼンタ(M)、イエロー(Y)及びブラック(Bk)を用いることが好ましい。また、基材(5)にそれぞれの領域を形成する方法としては、オフセット印刷方式、グラビア印刷方式、スクリーン印刷方式、フレキソ印刷方式、インクジェットプリンタ及びレーザプリンタ等、特に限定されるものではない。
【0049】
図6(c2)は、透過潜像画像(4)及び第2の領域(13)の一例を示す図である。第2の領域(13)は、第二の観察条件で視認可能な透過潜像画像(4)を形成する領域であり、第2の網点部(13a)及びカムフラージュ部(13b)により構成されている。透過潜像画像(4)は、第2の領域(13)における第2の網点部(13a)とカムフラージュ部(13b)との面積比率に応じて、複数配置された第2の領域(13)により階調を付与することが可能となる。
【0050】
なお、第1の実施形態においては、第2の網点部(13a)に印刷を行わない、所謂、第2の網点部(13a)をくり抜いた状態とする。そうすることで、第2の網点部(13a)は、隠ぺい材料が印刷されていない領域を介して、基材(5)の透過性を確認することができることとなり、結果的には、第2の網点部(13a)は、透過性材料(8)により形成されていることとなる。
【0051】
その構成を図示したものが、図7である。図7(a)に示すように、透過性の基材(5)上に、隠ぺい材料による第1の隠ぺい領域(9)と第2の隠ぺい領域(10)から成る隠ぺい層(6)を形成し、その上に、有色の色材(例えば、印刷インキ)により第1の領域(12)と第2の領域(13)から成る画像形成層(7)を形成する。ただし、第2の領域(13)の第2の網点部(13a)については、有色の色材を配置せず、有色の色材(例えば、印刷インキ)が何もない状態となっている。この有色の色材(例えば、印刷インキ)が何もない第2の網点部(13a)と、隠ぺい層(6)における第2の隠ぺい領域(10)内のくり抜き部(11)とが同じ位置となるように配置されている。
【0052】
図7(b)は、図7(a)における、X1−X2の断面図を示すものである。図7(b)に示すように、本発明の網点構成を形成している画像形成層(7)において、第2の網点部(13a)は、何も印刷されておらず、同時に、隠ぺい層(6)においても、一部が隠ぺい材料を施さないくり抜き部(11)となっている。隠ぺい材料を施さないくり抜き部(11)は、第2の網点部(13a)と同じ大きさ及び同じ形状である。さらに、第2の網点部(13a)とくり抜き部(11)が同じ位置に配置されていることにより、実際の印刷媒体としては、第2の網点部(13a)は、隠ぺい材料を施さないくり抜き部(11)を介して、基材(5)である透過性材料を一部露出させることにより形成されていることとなっている。
【0053】
なお、隠ぺい材料を透過性の基材(5)の上に印刷するのは、本発明の網点構成によって形成される可視画像(3)の視認性に影響を与えないために、透過性を隠ぺいする役割を担っているからである。
【0054】
また、第2の領域(13)において、カムフラージュ部(13b)は、第一の観察条件では第2の網点部(13a)と等色であり、第2の網点部(13a)の周囲に有色の色材を用いて形成する。
【0055】
本発明における等色とは、色差ΔEが6未満のことを指す。一般的に色差ΔEが6前後の場合、異なった色相として視認される可能性がある。ただし、前述のとおり、本発明においては、第1の領域(12)及び第2の領域(13)は、肉眼ではそれぞれの領域を区別して視認することができない微細な網点により構成している。そのことから、色差ΔEが6未満であれば、第一の観察条件において、第2の網点部(13a)を視認することができず、かつ、第2の網点部(13a)及びカムフラージュ部(13b)は、等色として視認される。
【0056】
本発明における色差は、CIE1976L表色系のΔEで定義するものとする。CIE1976L表色系とは、CIE(国際照明委員会)が1976年に推奨した色空間のことであり、日本工業規格では、JIS Z 8729に規定されている。色差は、ある二色の色空間中における距離のことであり、CIE1976L表色系での色差は、二色のLの差、aの差、及びbの差をそれぞれ二乗して加え、その平方根をとることで求めることができる。
【0057】
色差ΔEが変化するとは、例えば、印刷インキを作製し、透過性材料を用いた基材上に印刷部として付与して印刷媒体Aを作製する。同様に、印刷インキを作製し、透過性のない材料を用いた基材上に印刷部として付与して印刷媒体Bを作製する。定位置に設置した照明光源下において、反射光下での印刷媒体Aと印刷媒体Bの色差ΔEをeとする。次に、印刷媒体A及び印刷媒体Bを定位置に設置した照明光源下において、透過光下での印刷媒体Aと印刷媒体Bの色差ΔEを測定する。その測定した際の色差ΔEが前述したeとは異なる値であるならば、色差ΔEが変化したことになる。
【0058】
なお、メタメリズムの関係により、第一の観察条件において観察した際に等しい色に視認された色が、特定の光源下の第一の観察条件において観察した際に、異なる色で視認された場合においても、本発明においては、第2の網点部(13a)及びカムフラージュ部(13b)は等色に形成されているとする。
【0059】
第2の網点部(13a)を透過性材料(8)を用いて形成し、図8(a)に示した第一の観察条件において、カムフラージュ部(13b)が第2の網点部(13a)と等色となるように有色の色材を用いて第2の網点部(13a)の周囲に形成することで、第一の観察条件においては、第2の網点部(13a)及びカムフラージュ部(13b)は等色に視認される。そのため、第2の領域(13)は、均一な平網状態となり、透過潜像画像(4)を認識することはできない。この観察原理に関する詳細については次に説明する。
【0060】
(画像の視認原理)
第2の網点部(13a)及びカムフラージュ部(13b)は、第一の観察条件においては、等色で視認されることで第2の網点部(13a)を視認することができず、反対に第二の観察条件においては、第2の網点部(13a)を視認可能となるよう構成する。一般的に物体の色は、光源、観察環境(温度)、物体の分光反射率等により決定される。これらの観察条件により視認する色の感じ方はそれぞれ異なるが、本発明において観察条件は、一定の条件であるものとする(例えば、観察条件:光源がD65で観察環境が20℃等)。
【0061】
図8は、本発明にかかわる印刷媒体(1)を、定位置の可視光源(R)に対して観察位置を反射光及び透過光で観察した際の可視光源(R)、視点(E1、E2)及び印刷媒体(1)の位置関係を示した図である。可視光源(R)と視点(E1)と印刷媒体(1)が図8(a)に示す位置関係にあるとき、反射光下、所謂、第一の観察条件で観察したことになる。また、可視光源(R)と視点(E2)と印刷媒体(1)が図8(b)に示す位置関係にあるときは、透過光下、所謂、第二の観察条件で観察したことになる。
【0062】
次に、観察位置の変化により、第2の網点部(13a)とカムフラージュ部(13b)との色差ΔEが所定の値変化する原理について説明する。前述のとおり、本発明における反射光とは、定位置の照明光源からの入射光角度が45°の場合において、受光角度が−10〜10°となる位置であり、透過光とは、定位置の照明光源と視点(E2)を結ぶ直線上に印刷媒体(1)を置き、印刷媒体(1)を照明光源に対して透かして観察する位置のことである。印刷媒体(1)において、第2の網点部(13a)及びカムフラージュ部(13b)は、図8(a)に示す反射光を意味する位置関係では等色であり、肉眼ではそれぞれの領域を区別して視認することができず、可視画像(3)のみが視認される。
【0063】
反対に、図8(b)に示す透過光下において、第2の網点部(13a)は、透過性材料(8)を用いた基材(5)で形成している。それにより、観察位置を定位置の照明光源に対して反射光下から透過光下へ変化させることで、明度及び/又は色が変化し、第2の網点部(13a)とカムフラージュ部(13b)の色差ΔEが所定の値変化する。よって、第2の網点部(13a)は視認可能となり、透過潜像画像(4)が視認可能となる。
【0064】
図9は、本発明にかかわる第一の観察条件又は第二の観察条件における、それぞれの第2の網点部(13a)及びカムフラージュ部(13b)の色差ΔEを示すグラフであり、図9の左側は、第一の観察条件における第2の網点部(13a)及びカムフラージュ部(13b)の色差ΔEを示し、図9の右側は、第二の観察条件における第2の網点部(13a)及びカムフラージュ部(13b)の色差ΔEを示す。なお、図9における網点構成は、図6(b)と同じ本発明の網点構成とする。
【0065】
測定サンプルは、まず、測定サンプルA(4×4cm)を、第1の領域(12)が30×30ピクセル、第2の領域(13)を14×14ピクセルとして、0.2mmの厚さを有するPETフィルムの基材(5)上に、白インキ(東洋インキ製造株式会社製、LIOJET FV03 ホワイト)を用いて、インクジェット印刷により第1の隠ぺい領域(9)を隠ぺい面積率100%(ベタ印刷)で形成し、第2の隠ぺい領域(10)が、すべてくり抜き部(11)になっている状態の隠ぺい層(6)を形成し、第2の網点部(13a)の面積率を100%(カムフラージュ部(13b)の面積率を0%)とし、第2の網点部(13a)及び第1の領域(12)を印刷せずに画像形成層(7)を形成し、測定サンプルAを作製した。
【0066】
また、測定サンプルB(4×4cm)は、第1の領域(12)を30×30ピクセル、第2の領域(13)を14×14ピクセルとして、0.2mmの厚さを有するPETフィルムの基材(5)上に、白インキ(東洋インキ製造株式会社製、LIOJET FV03 ホワイト)を用いて、インクジェット印刷により第2の隠ぺい領域(10)にくり抜き部(11)がない状態で、第1の隠ぺい領域(9)及び第2の隠ぺい領域(10)が隠ぺい面積率100%(ベタ印刷)の隠ぺい層(6)を形成し、第1の領域(12)を印刷せずに第2の領域(13)のカムフラージュ部(13b)の面積率を100%(第2の網点部(13a)の面積率を0%)とし、プロセスインキ(東洋インキ製造株式会社製、LIOJET FV03 シアン、マゼンタ、イエロー)を用いて、画像形成層(7)をインクジェット印刷により作製した。
【0067】
図9に示した第一の観察条件における第2の網点部(13a)及びカムフラージュ部(13b)の色差ΔEを示すグラフと、図9に示した第二の観察条件における第2の網点部(13a)及びカムフラージュ部(13b)の色差ΔEは、自記分光光度計(HITACHI製、U−4000形)を用いて、測定サンプルA及び測定サンプルBの波長400〜700nmの分光反射率及び分光透過率を測定し、得られた値から色差ΔEを算出した。
【0068】
図9に示したように、第一の観察条件においては、第2の網点部(13a)及びカムフラージュ部(13b)との色差ΔEは、1.47と相対的に小さい値を示している。前述した通り、色差ΔEが6未満であれば等色であることから、第一の観察条件においては、第2の網点部(13a)及びカムフラージュ部(13b)は、等色といえる。よって、第2の網点部(13a)及びカムフラージュ部(13b)は、識別することが困難であり、その結果、透過潜像領域(2)内に形成された透過潜像画像(4)を視認することはできない。
【0069】
反対に、図9に示した第二の観察条件においては、第2の網点部(13a)及びカムフラージュ部(13b)との色差ΔEが、6.76を示している。第一の観察条件における、第2の網点部(13a)とカムフラージュ部(13b)との色差ΔEが1.47に対して、第二の観察条件における、第2の網点部(13a)とカムフラージュ部(13b)との色差ΔEは6.76である。つまり、観察位置を反射光下から透過光下へ変化させることで、色差ΔEは、1.47から6.76へと、5.29変化する。よって、色差ΔEが5以上変化することで、第2の網点部(13a)及びカムフラージュ部(13b)を識別することが可能となり、その結果、透過潜像領域(2)内に形成された透過潜像画像(4)を視認することが可能となる。
【0070】
なお、同じ観察条件下においては、可視光源(R)に対して観察位置を変えることにより、反射光と透過光を切り替えられる。つまり、基材(5)を可視光源(R)に対して透かして見ることで、第2の網点部(13a)及びカムフラージュ部(13b)は識別することが可能となる。その結果、透過潜像領域(2)内に形成された透過潜像画像(4)を視認することが可能となる。
【0071】
(可視画像の視認原理)
図10は、本発明の網点構成により形成した印刷媒体(1)の透過潜像領域(2)を、第一の観察条件において視認した場合の平面図及び模式図である。図10(a)に示した透過潜像領域(2)は、図10(b)に示すように、第一の観察条件において、第1の網点部(12a)が視認可能となる。つまり、可視画像(3)を視認することが可能となる。第2の網点部(13a)及びカムフラージュ部(13b)は、第一の観察条件において等色で視認されることで区別することが不可能となり、第2の網点部(13a)で形成した透過潜像画像(4)は、視認することはできない。
【0072】
図10(c)は、本発明の網点構成により形成した印刷媒体(1)を、第一の観察条件において視認した場合の模式図である。図10(c)を用いて、第一の観察条件における可視画像(3)の視認原理を説明する。印刷媒体(1)を、第一の観察条件において、視認した際には、まず、第1の領域(12)に対して、可視光源(R)からの入射光(R1)によって、正反射光と 拡散光(R2)が生じ、反射光では、拡散光(R2)が得られる。
【0073】
第2の領域(13)に対しては、可視光源(R)からの入射光(R1)によって、正反射光と拡散光(R3)が生じ、反射光では、拡散光(R3)が得られる。また、第2の領域(13)は、第2の網点部(13a)及びカムフラージュ部(13b)で構成されていることから、双方につき、それぞれ正反射光(図示せず)と拡散光(図示せず)が得られる。第2の網点部(13a)とカムフラージュ部(13b)は、第一の観察条件で観察した時に等色になるように形成されていることから、それぞれの領域における反射光の差異は確認することができない。
【0074】
本発明の網点構成において、第1の領域(12)は、第2の領域(13)より面積を大きく構成する。第一の観察条件においては、第1の領域(12)及び第2の領域(13)の反射光の強さが略一定である。そのため、第1の領域(12)は、第2の領域(13)よりも面積を大きく構成することで、第一の観察条件においては、可視画像(3)を形成する第1の領域(12)の拡散光(R2)が、第2の領域(13)の拡散光(R3)よりも支配的に観察される。よって、第一の観察条件においては、印刷媒体(1)を観察した場合、可視画像(3)のみを視認することができ、透過潜像画像(4)を視認することはできない。
【0075】
(透過潜像画像の視認原理)
図11は、本発明の網点構成により形成した印刷媒体(1)の透過潜像領域(2)を、第二の観察条件において、視認した場合の平面図及び模式図である。図11(a)に示した透過潜像領域(2)は、図11(b)に示すように、第二の観察条件において、第2の網点部(13a)が視認可能となる。つまり、透過潜像画像(4)を視認することが可能となる。第2の網点部(13a)は、第二の観察条件において色差ΔEが変化して視認されることで、カムフラージュ部(13b)と区別することが可能となり、第2の網点部(13a)で形成した透過潜像画像(4)を視認することができる。
【0076】
次に、図11(c)を用いて、第二の観察条件における透過潜像画像(4)の視認原理について説明する。印刷媒体(1)を、可視光源(R)下の透過光下において視認した際には、まず、第1の領域(12)に対しては、可視光源(R)からの入射光(R1)によって、透過光(R4)が得られる。
【0077】
透過潜像画像(4)を形成する第2の網点部(13a)では、透過光(R5)が得られる。また、カムフラージュ部(13b)では、可視光源(R)からの入射光(R1)によって透過光(R4)が得られる。
【0078】
よって、第2の網点部(13a)は、透過性材料(8)で形成しており、第2の網点部(13a)の透過光(R5)は、第1の領域(12)及びカムフラージュ部(13b)のそれぞれの透過光(R4)よりも明るくなり、その明度の差異によってカムフラージュ部(13b)に対して第2の網点部(13a)に色差ΔEが生じて潜像画像として透過潜像画像(4)を視認することができる。よって、第二の観察条件においては、印刷媒体(1)を観察した場合、新たに透過潜像画像(4)を視認することができる。
【0079】
次に、可視画像(3)を形成するための画像形成層(7)における第1の領域(12)及び第2の領域(13)の形状は、図6(b)で示した形状に限定されるものではない。そこで、図12を用いて、画像形成層(7)を形成する第1の領域(12)及び第2の領域(13)の別の形状について説明する。
【0080】
図12は、本発明の網点構成における各領域の別の形状を示す模式図である。図12に示すように、本発明の各領域の形状は、四角形に限るものではなく、多角形としても良い。例えば、図12においては、多角形配列の一例として、第1の領域(12)を六角形とし、第2の領域(13)を三角形として形成した。なお、第1の領域(12)と第2の領域(13)の形状は、第1の領域(12)に隣接し、かつ、第1の領域(12)よりも小さい第2の領域(13)が、第1の領域(12)を囲むように複数配置することができ、第2の領域(13)の周囲を第1の領域(12)が隙間なく囲むように複数配置することができるような多角形であれば、特に限定しない。
【0081】
(第2の実施形態)
次に、本発明の別の形態について説明するが、基材(5)については、第1の実施形態と同様であるため省略することとし、併せて、隠ぺい層(6)及び画像形成層(7)の一部についても第1の実施の形態と重複するところは省略することとする。また、画像形成層(7)は、図6(b)に示した領域の形状を成す本発明の網点構成で形成されているものとして説明する。
【0082】
第2の実施形態では、第1の実施形態と異なるところとして、隠ぺい層(6)及び画像形成層(7)において、それぞれの層にくり抜いた領域を形成せず、隠ぺい面積率及び透過率の差異により透過潜像画像(4)を形成するところである。
【0083】
まず、隠ぺい層(6)における層構成について、図13を用いて説明する。隠ぺい層(6)は、第1の実施形態と同様に、基材(5)の透過性を隠ぺいする役割を担っているため、第1の実施形態と同様に、白インキを用いて形成する。ただし、第1の実施形態におけるくり抜き部(11)に該当する箇所にも白インキを印刷することとするが、周辺の隠ぺい面積率よりも低い隠ぺい面積率によって形成することとし、この領域を潜像部(14)と定義する。
【0084】
したがって、隠ぺい層(6)を構成している第1の隠ぺい領域(9)、第2の隠ぺい領域(10)及び潜像部(14)の隠ぺい面積率の関係は、第1の隠ぺい領域(9)≧第2の隠ぺい領域(10)>潜像部(14)となる。ただし、潜像部(14)は、透過光において下層の基材(5)の透過性を伴わせる必要があるため、隠ぺい面積率については、0%以上100%未満の範囲とする必要がある。
【0085】
また、第1の隠ぺい領域(9)及び第2の隠ぺい領域(10)は、透過光において下層の基材(5)の透過性を抑える必要があるため、隠ぺい面積率については、0%よりも大きく、100%以下の範囲とする必要がある。なお、前述のとおり、潜像部(14)は、白インキを印刷することで、第1の実施形態におけるくり抜き部(11)と区分けして定義しているが、潜像部(14)の隠ぺい面積率を0%としても良い。例えば、第1の実施形態と同様に、第1の隠ぺい領域(9)の隠ぺい面積率を100%、第2の隠ぺい領域(10)の隠ぺい面積率を100%、潜像部(14)の隠ぺい面積率を0%としても良い。
【0086】
潜像部(14)を、第1の隠ぺい領域(9)及び第2の隠ぺい領域(10)よりも隠ぺい面積率を低くすることにより、前述のとおり、透過光において基材(5)における透過性を視認することができることとなるため、潜像部(14)を複数配置することで、透過潜像画像(4)を形成することとなる。なお、第1の隠ぺい領域(9)、第2の隠ぺい領域(10)及び潜像部(14)の隠ぺい面積率を0%又は0%に近似した設定、すなわち、隠ぺい層(6)をほぼ除いた設定とした場合でも、印刷物として潜像部(14)の透過性が第1の領域(12)及び第2の領域(13)よりも高ければ、第二の観察条件における透過潜像画像(4)は視認可能である。しかし、第1の隠ぺい領域(9)及び第2の隠ぺい領域(10)と潜像部(14)の隠ぺい面積率が近似すると、第二の観察条件における透過潜像画像(4)の視認性が低下するおそれもあるので、第1の隠ぺい領域(9)、第2の隠ぺい領域(10)及び潜像部(14)の隠ぺい面積率を適宜設定する必要がある。
【0087】
次に、第2の実施形態における画像形成層(7)について説明する。この画像形成層(7)については、第1の実施形態と同様に、第一の観察条件において視認可能な可視画像(3)を形成するものであり、可視画像(3)を形成するための基本的な網点構成は、第1の実施形態と同じである。
【0088】
第1の実施形態では、透過潜像画像(4)を形成するために、第2の領域(13)内において、隠ぺい層(6)内に形成したくり抜き部(11)と同じ位置に、第2の網点部(13a)をくり抜いた状態で形成するものであったが、第2の実施形態においては、第1の実施形態における第2の網点部(13a)に該当する箇所にはくり抜きを行わず、透過率の高い有色の色材(具体的には、印刷インキ)で形成し、最下層である基材(5)の透過性を伴わせることとする。
【0089】
画像形成層(7)における第2の領域(13)については、二通りの形成方法がある。まず、一つ目について、図14を用いて説明する。
【0090】
図14に示すように、画像形成層(7)は、可視画像(3)を形成するための第1の領域(12)と、透過潜像画像(4)を形成するための第2の領域(13)を備えているところは、第1の実施形態と同様である。ただし、前述のとおり、第2の領域(13)内において、透過潜像画像(4)を形成するための第2の網点部(13a)は備えていない。
【0091】
図14(a)では、下層の潜像部(14)との位置関係を示すため、第2の領域(13)内に円により図示しているが、この図14(a)のX1−X2における(拡大)断面図である、図14(b)に示したように、実際には、第2の領域(13)に、潜像部(14)に該当するような領域は存在しない。ただし、この円により図示している領域は、第2の実施形態においては、透過潜像画像(4)を形成するための領域となるため、第1の実施形態と同様に、第2の網点部(13a)と定義する。また、第2の領域(13)における、第2の網点部(13a)以外の領域は、透過潜像画像(4)をカムフラージュするための領域となるため、第1の実施形態と同様に、カムフラージュ部(13b)と定義する。
【0092】
第2の領域(13)は、第1の実施形態における第2の領域(13)のカムフラージュ部(13b)により全体を構成しているものである。ただし、下層である隠ぺい層(6)における潜像部(14)を介して、透過光下において最下層の基材(5)の透過性を視認することができる程度の透過率とする必要がある。よって、第2の領域(13)の透過率は3%以上100%以下の範囲とする必要がある。
【0093】
また、第2の領域(13)は、第一の観察条件において透過潜像画像(4)を視認することができない状態とするために、隠ぺい層(6)における潜像部(14)を介して視認可能な基材(5)と隠ぺい層(6)における第2の隠ぺい領域(10)の色彩が等色となるようにする必要がある。第一の観察条件において、第2の領域(13)内では、第2の網点部(13a)とカムフラージュ部(13b)との色彩が等色となるように、第2の領域(13)を形成する。
【0094】
第2の実施形態における一つ目の層構成を図示したものが図15である。図15(a)に示すように、基材(5)の上に形成する隠ぺい層(6)の第1の隠ぺい領域(9)と、さらにその上に形成する画像形成層(7)の第1の領域(12)は、同じ位置に配置され、同様に、第2の隠ぺい領域(10)と、第2の領域(13)は、同じ位置に配置される。なお、図15(b)に示すように、実際に透過潜像画像(4)を形成する領域となる隠ぺい層(6)に形成される潜像部(14)と第2の隠ぺい領域(10)の上には、第2の網点部(13a)とカムフラージュ部(13b)が第一の観察条件において等色となるように形成した透過率3%以上100%以下の範囲の第2の領域(13)が配置されている。
【0095】
図15に示した層構成とすることで、第1の実施形態同様、第一の観察条件では、画像形成層(7)の第1の領域(12)によって形成された可視画像(3)が視認される。そして、印刷媒体(1)を第二の観察条件としたときに、第2の領域(13)を介し、第2の隠ぺい領域(10)よりも隠ぺい面積率の低い潜像部(14)を更に介して、基材(5)を確認することができることで、第2の網点部(13a)が形成され、第2の網点部(13a)が複数配置されたことにより形成された透過潜像画像(4)を視認することが可能となる。
【0096】
次に、第2の実施形態の画像形成層(7)の二つ目の態様について、図16を用いて説明する。第1の領域(12)については、一つ目の態様と同様であるが、第2の領域(13)においては、下層の隠ぺい層(6)に形成する潜像部(14)と同じ位置に該当する箇所、すなわち、第2の網点部(13a)と、他の第2の領域(13)である、カムフラージュ部(13b)を形成する。したがって、第2の領域(13)は、第2の網点部(13a)とカムフラージュ部(13b)の2色により形成されていることとなる。なお、第2の網点部(13a)は、透過率3%以上100%以下の範囲で形成する。この範囲よりも低いと、最下層の基材(5)の透過性を確認することができなくなってしまう。
【0097】
前述のとおり、隠ぺい層(6)に形成した潜像部(14)は、基材(5)の透過性を確認することができる程度に隠ぺい面積率が低く形成してあるため、第2の網点部(13a)の透過率を高く形成することで、下層である潜像部(14)を介して、最下層の基材(5)の透過性が透過光下において確認可能となる。ただし、第一の観察条件においては、透過潜像画像(4)を視認不可能とするため、第2の網点部(13a)とカムフラージュ部(13b)は、第一の観察条件において、等色となるように形成する。
【0098】
第2の実施形態における二つ目の態様の三つの層の層構成を図示したものが図17である。図17(a)及び(b)に示すように、基材(5)の上に形成する隠ぺい層(6)の第1の隠ぺい領域(9)と、その上に形成する画像形成層(7)の第1の領域(12)は、同じ位置に配置され、同様に、第2の隠ぺい領域(10)と、第2の領域(13)は、同じ位置に配置される。また、潜像部(14)と、その上に形成する第2の網点部(13a)は、同じ位置に配置される。
【0099】
図17に示した層構成とすることで、第1の実施形態及び第2の実施形態の一つ目の態様と同様に、第一の観察条件では、画像形成層(7)の第1の領域(12)によって形成された可視画像(3)が視認される。そして、印刷媒体(1)を第二の観察条件で観察したときに、第2の領域(13)を介し、第2の隠ぺい領域(10)よりも隠ぺい面積率の低い潜像部(14)を更に介して基材(5)を確認することができることで、第2の網点部(13a)が形成され、この第2の網点部(13a)が複数配置されたことにより形成された透過潜像画像(4)を視認することが可能となる。
【0100】
なお、第2の実施形態では、隠ぺい層(6)及び画像形成層(7)のそれぞれの層にくり抜いた領域を形成しないことを特徴としているが、隠ぺい層(6)又は画像形成層(7)のどちらか一方において、くり抜いた領域を形成しても良い。
【0101】
本発明の可視画像(3)及び透過潜像画像(4)は、文字、数字、記号、絵柄及び風景等を適宜選択することが可能であるが、透過潜像画像(4)においては、文字、数字、記号及び図形等の場合には、ポジ画像で形成することが好ましく、人物や風景等の場合には、ネガ画像で形成することが好ましい。また、第1の網点部(12a)及び第2の網点部(13a)は、網点形状として円形ドットをそれぞれ用いているが、円形に限定されるものではなく、三角、四角及び多角形等の形状、ランダムな形状又は本出願人が先に出願した特許第3478474号公報で提案している自由度のある網点形状を用いても良い。
【0102】
以下、実施例を用いて本発明を更に具体的に説明するが、本発明を限定するものではない。
【実施例1】
【0103】
実施例1として、図1に示すように、左下部に本発明における透過潜像領域(2)を形成したカード型の印刷媒体である証明書(以下「証明書」という。)(1)を作製した。この証明書(1)を第一の観察条件で観察すると、透過潜像領域(2)は、図2(a)に示したゴシック体の「NPB」を確認することができ、証明書(1)を第二の観察条件で視認すると、透過潜像領域(2)は、図2(b)に示した明朝体の「NPB」の画像を視認することができる。
【0104】
実施例1における証明書(1)の基材(5)は、0.2mmの厚さを有する無色(透明)のPETフィルムを用いた。したがって、実施例1では、基材全面、すなわち、基材自体に透過性材料を用いたこととなる。
【0105】
次に、基材(5)上の透過潜像領域(2)にあたる領域以外を、白インキ(東洋インキ製造株式会社製 LIOJET FV03 ホワイト)を用いてベタ刷りし、透過潜像領域(2)は、基材(5)のPETフィルムの透過性を抑えるための第1の隠ぺい領域(9)及び前述した実施の形態におけるくり抜き部(11)を除く第2の隠ぺい領域(10)を、同じ白インキを用いて隠ぺい層(6)を形成した。
【0106】
なお、第1の隠ぺい領域(9)とくり抜き部(11)を除いた第2の隠ぺい領域(10)は、ともに隠ぺい面積率100%(ベタ)で印刷した。また、白インキを印刷していない一部の領域は、この白インキの上に印刷する画像形成層(7)の第2の網点部(13a)と対応した位置となっている。
【0107】
次に、白インキにより形成した隠ぺい層(6)上の全面に、プロセスインキ(東洋インキ製造株式会社製 LIOJET FV03 シアン、マゼンタ、イエロー、ブラック)を用いて画像形成層(7)を形成した。この画像形成層(7)については、透過潜像領域(2)以外を網点による通常の印刷とし、透過潜像領域(2)は、図6(b)に示すような第1の実施形態における本発明の網点構成により図6(a)の模様を形成した。
【0108】
なお、少なくとも画像形成層(7)の透過潜像領域(2)の網点構成は、第1の領域(12)を30×30ピクセル、第2の領域(13)を14×14ピクセルで形成した。
【0109】
第1の領域(12)において、第1の網点部(12a)は、円形ドットであり、プロセスインキ(東洋インキ製造株式会社製 LIOJET FV03 シアン、マゼンタ、イエロー)を用いて印刷した。第1の網点部(12a)と第1の網点部(12a)以外の領域との面積比率を変化させ、可視画像(3)を形成した。
【0110】
第2の領域(13)において、印刷を施さない第2の網点部(13a)は、円形ドットで形成し、前述のとおり、隠ぺい層(6)の白インキを印刷していないくり抜き部(11)と同じ位置としてある。したがって、画像形成層(7)の第2の網点部(13a)と隠ぺい層(6)のくり抜き部(11)が同じ位置となっていることから、その領域は、基材(5)のPETフィルムを確認することができる状態となっている。
【0111】
この第2の網点部(13a)によって形成する透過潜像画像(4)を、第一の観察条件において視認させないために、第2の領域(13)に形成するカムフラージュ部(13b)は、第一の観察条件において第2の網点部(13a)と等色となるように、プロセスインキ(東洋インキ製造株式会社製 LIOJET FV03 シアン、マゼンタ、イエロー)を用いて印刷した。第2の網点部(13a)及びカムフラージュ部(13b)の面積比率を変化し、透過潜像画像(4)を形成した。第一の観察条件における第2の網点部(13a)とカムフラージュ部(13b)との色差ΔEは1.14であった。
【0112】
実施例1の証明書(1)における透過潜像領域(2)の構成と、その透過潜像領域(2)以外の領域の構成を模式的に示したのが図18である。図18(a)は、透過潜像領域(2)以外の領域の構成を示しており、透過性の基材(5)である無色(透明)のPETフィルムの上に白インキが印刷され、その上に、プロセスインキにより可視画像(3)を形成するための網点が印刷されている。
【0113】
図18(b)は、透過潜像領域(2)の層構成を示しており、透過性の基材(5)である無色(透明)のPETフィルムの上に、第1の隠ぺい領域(9)及び第2の隠ぺい領域(10)が白インキにより印刷され、第1の隠ぺい領域(9)の上には、第1の領域(12)を印刷し、第2の隠ぺい領域(10)の上には、第2の領域(13)を印刷した。特に、第2の隠ぺい領域(10)と第2の領域(13)については、くり抜き部(11)と第2の網点部(13a)が同じ位置となるように印刷してある。
【0114】
このような層構成及び網点構成の位置関係としたことで、第2の網点部(13a)において、くり抜き部(11)を介して基材(5)の透過性を確認することが可能となる。また、透過潜像領域(2)以外の領域については、白インキにより基材(5)の透過性を抑えているため、透過性のない状態で、白インキの上に印刷されているプロセスインキにより可視画像(3)が形成されていることとなる。
【0115】
実施例1にて作製した証明書(1)を、第一の観察条件において観察したところ、可視画像(3)を視認することができ、透過潜像画像(4)は視認することができなかった。次に、実施例1にて作製した証明書(1)を、第二の観察条件において観察したところ、第2の網点部(13a)は、明るく視認され、カムフラージュ部(13b)は、暗く視認されることで、透過潜像画像(4)を視認することができた。
【0116】
第二の観察条件において視認した際、透過潜像画像(4)を形成する第2の網点部(13a)の透過光(R5)は、第1の領域(12)及びカムフラージュ部(13b)のそれぞれの透過光(R4)よりも明るくなり、その明度の差異によって、第2の網点部(13a)とカムフラージュ部(13b)の色差ΔEが大きく変化し、透過潜像画像(4)は、可視画像(3)よりも、明瞭に視認することが可能となった。
【実施例2】
【0117】
実施例2として、図19に示すように、右下部に本発明における透過潜像領域(2’)を形成したカード型の印刷媒体である証明書(以下「証明書」という。)(1’)を作製した。この証明書(1’)を第一の観察条件で観察すると、透過潜像領域(2’)は、図20(a)に示した「複数の星」を視認することができ、証明書(1’)を光源に対して第二の観察条件で確認すると、透過潜像領域(2’)は、図20(b)に示した「合格」の文字を視認することができる。
【0118】
実施例2における証明書(1’)の基材(5’)は、0.2mmの厚さを有する無色(透明)のPETフィルムを用いた。したがって、実施例2では、基材全面である、すなわち、基材自体に透過性材料(8)を用いたこととなる。
【0119】
次に、基材(5’)上の透過潜像領域(2’)にあたる領域以外を、白インキ(東洋インキ製造株式会社製 LIOJET FV03 ホワイト)を用いてベタ刷りし、透過潜像領域(2’)は、同じ白インキを用いて、図21に示すような、基材(5’)のPETフィルムの透過性を抑えるための第1の隠ぺい領域(9’)及び第2の隠ぺい領域(10’)と、更には、第2の隠ぺい領域(10’)内に、基材(5’)の透過性を視認可能な程度の隠ぺい面積率となる潜像部(14’)を有するように隠ぺい層(6’)を形成した。
【0120】
なお、第1の隠ぺい領域(9’)は、隠ぺい面積率100%、潜像部(14’)を除いた第2の隠ぺい領域(10’)は、隠ぺい面積率100%、潜像部(14’)は隠ぺい面積率10%で印刷した。また、潜像部(14’)は、この白インキの上に印刷する画像形成層(7’)の第2の網点部(13a’)と対応した位置となっている。
【0121】
次に、白インキにより形成した隠ぺい層(6’)上の全面に、プロセスインキ(東洋インキ製造株式会社製 LIOJET FV03 シアン、マゼンタ、イエロー、ブラック)を用いて画像形成層(7’)を形成した。この画像形成層(7’)については、透過潜像領域(2’)以外は、網点による通常の印刷を行い、透過潜像領域(2’)は、図17に示すような第2の実施形態の二つ目の態様における本発明の網点構成により、図20(a)の模様を形成した。
【0122】
なお、少なくとも画像形成層(7’)の透過潜像領域(2’)の網点構成は、第1の領域(12’)を30×30ピクセル及び第2の領域(13’)を14×14ピクセルで形成した。
【0123】
第1の領域(12’)において、第1の網点部(12a’)は、円形ドットであり、プロセスインキ(東洋インキ製造株式会社製 LIOJET FV03 シアン、マゼンタ、イエロー)を用いて印刷した。第1の網点部(12a’)と第1の網点部(12a’)以外の領域の面積比率を変化させ、可視画像(3’)を形成した。
【0124】
第2の領域(13’)において、第2の網点部(13a’)は、円形ドットで形成し、前述のとおり、隠ぺい層(6’)の潜像部(14’)と同じ位置としてある。したがって、画像形成層(7’)の第2の網点部(13a’)と隠ぺい層(6’)の潜像部(14’)が同じ位置となっていることから、その領域は、潜像部(14’)及び透過率の高いインキ層で形成した第2の網点部(13a’)を介して基材(5’)の透過性を確認することが可能となる。
【0125】
この第2の網点部(13a’)によって形成する透過潜像画像(4’)を、第一の観察条件において視認させないために、第2の領域(13’)に形成するカムフラージュ部(13b’)は、第一の観察条件において第2の網点部(13a’)と等色となるようにプロセスインキ(東洋インキ製造株式会社製 LIOJET FV03 シアン、マゼンタ、イエロー)を用いて印刷した。また、第2の網点部(13a’)は、透過率82%で形成した。第2の網点部(13a’)及びカムフラージュ部(13b’)の面積比率を変化し、透過潜像画像(4’)を形成した。第一の観察条件における、第2の網点部(13a’)とカムフラージュ部(13b’)との色差ΔEは、0.65であった。
【0126】
実施例2の証明書(1’)における透過潜像領域(2’)の構成と、その透過潜像領域(2’)以外の領域の構成を模式的に示したのが図21である。図21(a)は、透過潜像領域(2’)以外の領域の構成を示しており、透過性の基材(5’)である無色(透明)のPETフィルムの上に白インキが印刷され、その上に、プロセスインキにより可視画像を形成するための網点が印刷されている。
【0127】
図21(b)は、透過潜像領域(2’)の構成を示しており、透過性の基材(5’)である無色(透明)のPETフィルムの上に、第1の隠ぺい領域(9’)、第2の隠ぺい領域(10’)及び潜像部(14’)が白インキにより印刷され、第1の隠ぺい領域(9’)の上には、第1の領域(12’)を印刷し、第2の隠ぺい領域(10’)の上には、第2の領域(13’)を印刷した。特に、第2の隠ぺい領域(10’)と第2の領域(13’)については、潜像部(14’)と第2の網点部(13a’)が同じ位置となるように印刷してある。
【0128】
このような層構成及び網点構成の位置関係としたことで、第2の網点部(13a’)において、潜像部(14’)を介して基材(5’)の透過性を確認することが可能となる。また、透過潜像領域(2’)以外の領域については、白インキにより基材(5’)の透過性を抑えているため、透過性のない状態で、白インキの上に印刷されているプロセスインキにより可視画像(3’)が形成されていることとなる。
【0129】
また、実施例2にて作製した証明書(1’)を、第一の観察条件において観察したところ、可視画像(3’)を視認することができ、透過潜像画像(4’)は視認することができなかった。次に、実施例2にて作製した証明書(1’)を、第二の観察条件において観察したところ、第2の網点部(13a’)は明るく視認され、カムフラージュ部(13b’)は暗く視認されることで、透過潜像画像(4’)は視認することができた。
【0130】
第二の観察条件において視認した際、透過潜像画像(4’)を形成する第2の網点部(13a’)の透過光(R5)は、第1の領域(12’)及びカムフラージュ部(13b’)のそれぞれの透過光(R4)よりも明るくなり、その明度の差異によって、第2の網点部(13a’)とカムフラージュ部(13b’)の色差ΔEが大きく変化し、透過潜像画像(4’)は、可視画像(3’)よりも、明瞭に視認することが可能となった。
【符号の説明】
【0131】
1、1’ 透過潜像画像を有する印刷媒体
2、2’ 透過潜像領域
3、3’ 可視画像
4、4’ 透過潜像画像
5、5’ 基材
6、6’ 隠ぺい層
7、7’ 画像形成層
8、8a、8b 透過性材料
9、9’ 第1の隠ぺい領域
10、10’ 第2の隠ぺい領域
11、11’ くり抜き部
12、12’ 第1の領域
12a、12a’ 第1の網点部
13、13’ 第2の領域
13a 第2の網点部
13b、13b’、 カムフラージュ部
14 潜像部
R 可視光源

【特許請求の範囲】
【請求項1】
少なくとも一部が無色及び/又は有色の透過性材料から成る基材において、前記透過性材料から成る前記基材の一部に透過潜像領域が形成され、
前記基材上の透過潜像領域内には前記透過性材料の透過性を抑えるための隠ぺい材料から成る隠ぺい層と、前記隠ぺい層の上に、有色の色材により形成された画像形成層が形成され、
前記隠ぺい層は、前記基材の透過性を隠ぺいする隠ぺい材料が施された第1の隠ぺい面積率から成る第1の隠ぺい領域と、前記第1の隠ぺい面積率と同じか、又は低い第2の隠ぺい面積率から成る第2の隠ぺい領域により形成され、
i)前記第2の隠ぺい領域は、前記基材を一部露出させるために前記隠ぺい材料を施さないくり抜き部を有し、又は、
ii)前記第2の隠ぺい領域は、前記第2の隠ぺい面積率よりも隠ぺい面積率が低い潜像部を有し、
前記画像形成層は、連続階調画像を表現するための網点を構成する一つの第1の領域と、前記第1の領域に隣接し、かつ、前記第1の領域よりも小さい一つの第2の領域とが複数組配置され、各々の前記第2の領域の周囲が、複数の前記第1の領域により囲まれ、前記画像形成層により可視画像が形成され、
前記第2の隠ぺい領域が、前記基材を一部露出させるために隠ぺい材料を施さないくり抜き部を有する前記i)の場合、前記第2の領域は、一部がくり抜かれた第2の網点部及び前記第2の網点部を囲むカムフラージュ部から成り、前記第2の網点部は、前記くり抜き部と同じ位置に配置されて透過潜像画像を形成し、前記カムフラージュ部は、有色の色材を用いて、反射光下において前記第2の網点部と等色に形成され、又は、
前記第2の隠ぺい領域が、前記第2の隠ぺい領域よりも隠ぺい面積率が低い前記潜像部を有する前記ii)の場合、前記第2の領域は、前記第2の隠ぺい領域と同じ位置に透過率3%以上100%以下の有色の色材で形成され、前記潜像部と同じ位置に積層された第2の網点部及び前記第2の網点部を囲むカムフラージュ部から成り、前記カムフラージュ部より透過率が高い前記第2の網点部が配置されることで透過潜像画像を形成し、前記カムフラージュ部は、有色の色材を用いて、反射光下において前記第2の網点部と等色に形成され、
前記可視画像は、反射光下において視認可能な画像であり、前記透過潜像画像は、前記基材を透過光下で観察すると視認可能な画像であることを特徴とする透過潜像画像を有する印刷媒体。
【請求項2】
前記i)の場合であって、前記くり抜き部と、前記第2の網点部は、大きさ及び形状が等しいことを特徴とする請求項1記載の透過潜像画像を有する印刷媒体。
【請求項3】
前記ii)の場合であって、前記第2の領域は、透過率3%以上100%以下の有色の色材で形成された第2の網点部と、前記第2の網点部と反射光下において等色となるように前記第2の隠ぺい領域と同じ位置に有色の色材で形成されたカムフラージュ部から成り、前記潜像部と前記第2の網点部が同じ箇所に配置されていることを特徴とする請求項1記載の透過潜像画像を有する印刷媒体。
【請求項4】
前記第2の網点部と前記カムフラージュ部は、異なる色の前記有色の色材により形成されていることを特徴とする請求項3記載の透過潜像画像を有する印刷媒体。
【請求項5】
前記第2の領域は、前記第1の領域の透過率と同じ又は高い透過率の前記有色の色材で形成されていることを特徴とする請求項2乃至4のいずれか1項記載の透過潜像画像を有する印刷媒体。

【図1】
image rotate

【図2】
image rotate

【図3】
image rotate

【図4】
image rotate

【図5】
image rotate

【図6】
image rotate

【図7】
image rotate

【図8】
image rotate

【図9】
image rotate

【図10】
image rotate

【図11】
image rotate

【図12】
image rotate

【図13】
image rotate

【図14】
image rotate

【図15】
image rotate

【図16】
image rotate

【図17】
image rotate

【図18】
image rotate

【図19】
image rotate

【図20】
image rotate

【図21】
image rotate


【公開番号】特開2012−106434(P2012−106434A)
【公開日】平成24年6月7日(2012.6.7)
【国際特許分類】
【出願番号】特願2010−257684(P2010−257684)
【出願日】平成22年11月18日(2010.11.18)
【出願人】(303017679)独立行政法人 国立印刷局 (471)
【Fターム(参考)】