説明

通信端末、輪郭情報管理サーバ、情報提供システム、及び、情報提供方法

【課題】 通信端末が向いている方向を計測する装置を用いなくても、対象物を容易に特定することを可能とする通信端末、輪郭情報管理サーバ、情報提供システム、及び、情報提供方法を提供する。
【解決手段】 輪郭情報管理サーバ20の輪郭情報取得部211は、端末10の位置情報に応じたランドマークを選定し、選定した輪郭情報をランドマークデータベース23から取得する。輪郭情報補正部212が輪郭情報を補正し、輪郭情報送信部213が補正後の輪郭情報を端末10に送信する。端末10の輪郭情報取得部111はランドマークの輪郭情報を受信し、重畳表示部112はカメラ12で撮影されている実映像にランドマークの輪郭を重畳表示する。

【発明の詳細な説明】
【技術分野】
【0001】
本発明は、位置及び方向に依存する情報を提供する通信端末、輪郭情報管理サーバ、情報提供システム、及び、情報提供方法に関するものである。
【背景技術】
【0002】
従来、通信端末の位置に依存した情報を端末に配信するサービスが存在する(例えば、特許文献1参照)。特許文献1に記載されている技術によれば、端末は、テレビカメラから入力された実映像に、GPS(Global Positioning System)アンテナで受信された自端末の位置に対応する道路や建物等の関連情報を重畳して表示する。ここで、端末は、自端末の位置のみに基づいて関連情報を取得しているため、テレビカメラが向いている方向によっては実映像と関連情報とが対応しない状態で重畳表示される可能性がある。
【0003】
このような不具合を解決するために、近年では、端末の位置に加えて、方位、仰角・俯角(以下、総称して、「方向」という)に依存した情報を配信する情報提供システムも検討されている。このような情報提供システムでは、端末に対してその周辺の情報を配信したとしても、ユーザは自分の感覚で実際の対象物と配信された情報との対応をとる必要があった。
【0004】
対象物を特定する精度を向上させるために、端末に地磁気センサによる電子コンパスなどを搭載し、そのセンサからの情報に基づいて端末の方位角を合わせる方法がある。
また、特許文献2に記載の技術では、地磁気センサを搭載した端末により方位角や仰角・俯角を検知し、その方向の星座の情報を端末上に表示することによって、ユーザが星座を把握することを可能にしている。
【特許文献1】特開平09−297532号公報
【特許文献2】特開2004−13066号公報
【発明の開示】
【発明が解決しようとする課題】
【0005】
しかしながら、電子コンパスが具備されていない端末では方位角を知ることができない。また、端末に電子コンパスが内蔵されている場合でも、センサの精度が非常に高くなければ方位角や仰角・俯角まで正確に規定することが困難である。精度が高くなければユーザによって見える対象物が異なり、必要な情報と対象物とが異なってしまう可能性がある。このため、測定精度の高い電子コンパス等、端末の向いている方向を計測する装置が端末に搭載されていない場合には、星座案内など空間の座標に合わせて端末を操作する必要があるサービスを提供することが困難であった。
【0006】
また、方向を正確に判断できたとしても、同一方向に複数の対象物が存在し、かつ、ユーザに対象物に対する知識が不足している場合には、実際に見えている対象物を特定することは困難であった。
本発明は、上述した課題に鑑みてなされたものであり、通信端末が向いている方向を計測する装置を用いなくても、対象物を容易に特定することを可能とする通信端末、輪郭情報管理サーバ、情報提供システム、及び、情報提供方法を提供することを目的とする。
【課題を解決するための手段】
【0007】
上記課題を解決するために、請求項1に記載の発明は、カメラ機能を備えた通信端末において、自端末の位置情報に応じた対象物の輪郭情報を取得する輪郭情報取得手段と、前記輪郭情報取得手段により取得された対象物の輪郭情報に基づいて、前記カメラ機能で撮影されている実映像に前記対象物の輪郭を重畳して表示する重畳表示手段とを備え、前記重畳表示手段により重畳表示されている対象物の輪郭と実映像の輪郭とを一致させるよう自端末を移動させることで、自端末を規定の方向に向けることを特徴とする通信端末を提供する。
【0008】
この構成によれば、通信端末は、カメラ機能で撮影されている実映像に対象物の輪郭を重畳表示することができるため、通信端末が向いている方向を計測する装置を用いなくても、通信端末に重畳表示されている対象物の輪郭と実映像の輪郭とを一致させるよう通信端末を移動させるという簡易な操作で、対象物を容易に特定することが可能となる。
請求項2に記載の発明は、請求項1に記載の通信端末において、前記重畳表示手段により重畳表示されている対象物の輪郭と実映像の輪郭との一致度を判定する一致度判定手段と、前記一致度判定手段により判定された一致度が所定値よりも高い場合に、その旨をユーザに通知する一致通知手段とを更に備えることを特徴とする。
この構成によれば、ユーザは輪郭が一致した旨の通知を受けることができるため、対象物を特定し易くなる。
【0009】
請求項3に記載の発明は、対象物の位置情報と該対象物の輪郭情報とを対応付けて記憶する輪郭情報記憶手段と、通信端末の位置情報に応じた対象物を選定し、該選定した対象物の輪郭情報を前記輪郭情報記憶手段から取得する輪郭情報取得手段と、前記通信端末から見た対象物の輪郭を表示可能なように、前記輪郭情報取得手段により取得された輪郭情報を補正する輪郭情報補正手段と、前記輪郭情報補正手段により補正された輪郭情報を前記通信端末に送信する輪郭情報送信手段とを備えることを特徴とする輪郭情報管理サーバを提供する。
この構成によれば、輪郭情報管理サーバは、通信端末の位置情報に応じた対象物の輪郭情報を取得し、通信端末から見た対象物の輪郭を表示可能なように輪郭情報を補正して通信端末に送信するため、通信端末のユーザは通信端末に表示された対象物の輪郭を利用して容易に対象物を特定することが可能となる。
【0010】
請求項4に記載の発明は、請求項3に記載の輪郭情報管理サーバにおいて、前記輪郭情報補正手段は、前記通信端末と前記対象物との間の距離に応じた大きさの輪郭が前記通信端末に表示されるように、前記輪郭情報を補正することを特徴とする。
この構成によれば、通信端末と対象物との間の距離に応じた大きさの輪郭を通信端末に表示することができるため、ユーザは対象物を特定し易くなる。
【0011】
請求項5に記載の発明は、請求項3又は4に記載の輪郭情報管理サーバにおいて、前記輪郭情報補正手段は、前記輪郭情報取得手段により選定された対象物が複数存在する場合には、前記通信端末と前記複数の対象物との位置関係に応じて該複数の対象物を重ねた輪郭が前記通信端末に表示されるように、前記輪郭情報を補正することを特徴とする。
この構成によれば、通信端末と複数の対象物との位置関係に応じて複数の対象物を重ねた輪郭を通信端末に表示することができるため、ユーザは対象物を特定し易くなる。
【0012】
請求項6に記載の発明は、請求項3から5の何れか1項に記載の輪郭情報管理サーバにおいて、対象物の付加情報を記憶する付加情報記憶手段と、前記通信端末の位置情報に応じた対象物の付加情報を前記付加情報記憶手段から取得する付加情報取得手段とを更に備え、前記輪郭情報送信手段は、前記輪郭情報取得手段により取得された対象物の輪郭情報とともに、前記付加情報取得手段により取得された前記対象物の付加情報を前記通信端末に送信することを特徴とする。
この構成によれば、輪郭情報管理サーバは、対象物の輪郭情報とともに付加情報を通信端末に配信することができるため、ユーザは特定した対象物についての情報を同時に得ることができる。
【0013】
請求項7に記載の発明は、対象物の輪郭情報を管理する輪郭情報管理サーバとカメラ機能を備えた通信端末とを含む情報提供システムにおいて、前記輪郭情報管理サーバは、対象物の位置情報と該対象物の輪郭情報とを対応付けて記憶する輪郭情報記憶手段と、前記通信端末の位置情報に応じた対象物を選定し、該選定した輪郭情報を前記輪郭情報記憶手段から取得する輪郭情報取得手段と、前記輪郭情報取得手段により取得された輪郭情報を前記通信端末に送信する輪郭情報送信手段とを備え、前記通信端末は、対象物の輪郭情報を前記輪郭情報管理サーバから受信する輪郭情報取得手段と、前記輪郭情報取得手段により受信した対象物の輪郭情報に基づいて、前記カメラ機能で撮影されている実映像に前記対象物の輪郭を重畳して表示する重畳表示手段とを備え、前記重畳表示手段により重畳表示されている対象物の輪郭と前記実映像の輪郭とを一致させるように前記通信端末を移動させることで、前記通信端末を規定の方向に向けることを特徴とする情報提供システムを提供する。
【0014】
この構成によれば、輪郭情報管理サーバは、通信端末の位置情報に応じた輪郭情報を通信端末に送信し、通信端末は、カメラ機能で撮影されている実映像に対象物の輪郭を重畳して表示するため、重畳表示されている対象物の輪郭と実映像の輪郭とを一致させるように通信端末を移動させることで、通信端末を規定の方向に向けることができ、通信端末が向いている方向を計測する装置を用いなくても、簡易な操作で対象物を容易に特定することが可能となる。
【0015】
請求項8に記載の発明は、カメラ機能を備えた通信端末に位置及び方向に依存する情報を提供する情報提供方法において、対象物の輪郭情報を管理する前記輪郭情報管理サーバが、前記通信端末の位置情報に応じた対象物を選定し、該選定した対象物の輪郭情報を取得する輪郭情報取得ステップと、前記輪郭情報管理サーバが、前記輪郭情報取得ステップにおいて取得された輪郭情報を補正する輪郭情報補正ステップと、前記輪郭情報管理サーバが、前記輪郭情報補正ステップにおいて補正された輪郭情報を前記通信端末に送信する輪郭情報送信ステップと、前記通信端末が、前記輪郭情報送信ステップにおいて送信された対象物の輪郭情報に基づいて、前記カメラ機能で撮影されている実映像に前記対象物の輪郭を重畳して表示する重畳表示ステップと、前記通信端末が、前記重畳表示ステップにおいて重畳表示されている対象物の輪郭と実映像の輪郭との一致度を判定する一致度判定ステップとを有することを特徴とする情報提供方法を提供する。
【0016】
この方法によれば、輪郭情報管理サーバは、通信端末の位置情報に応じた輪郭情報を選定及び補正して通信端末に送信し、通信端末は、カメラ機能で撮影されている実映像に対象物の輪郭を重畳して表示し、対象物の輪郭と実映像の輪郭との一致度を判定するため、ユーザは、通信端末が規定の方向に向いているか否かを容易に判別することができ、対象物を容易に特定することを可能となる。
【発明の効果】
【0017】
以上説明したように、通信端末は、カメラ機能で撮影されている実映像に対象物の輪郭を重畳表示することができるため、通信端末が向いている方向を計測する装置を用いなくても、通信端末に重畳表示されている対象物の輪郭と実映像の輪郭とを一致させるよう通信端末を移動させるという簡易な操作で、対象物を容易に特定することが可能となる。
【発明を実施するための最良の形態】
【0018】
次に、図面を参照しながら本発明の実施の形態について説明する。
[1.構成]
図1は本発明に係る情報提供システムの全体構成を示すブロック図である。同図に示すように、本発明に係る情報提供システムにおいては、ユーザが所持する端末10と輪郭情報管理サーバ20と位置情報管理サーバ30とが、ネットワーク40を介して通信可能に接続されている。以下、各装置の構成について説明する。
【0019】
[1.1.位置情報管理サーバの構成]
位置情報管理サーバ30は、端末10の位置情報を管理する装置であり、制御装置31と回線制御装置32と位置情報データベース33とを備えている。位置情報データベース33は、端末10に搭載されたGPS機能から取得された位置情報を管理する。ここで、位置情報には、緯度、経度が含まれる。なお、位置情報に高度が含まれていてもよい。また、端末10が移動通信端末である場合には、位置情報管理サーバ30は、端末10が在圏する基地局の情報を位置情報として管理してもよい。制御装置31はCPU(Central Processing Unit)及びプログラムを含んで構成され、位置情報管理サーバ30全体を制御する。制御装置31は、輪郭情報サーバ20からの端末10の位置情報の問い合わせに対して、位置情報データベース33から位置情報を取得し応答する。回線制御装置32は、ネットワーク40を介して端末10及び輪郭情報管理サーバ20との通信を制御する。
【0020】
[1.2.輪郭情報サーバの構成]
輪郭情報管理サーバ20は、ランドマーク等の対象物の輪郭(形状)を管理する装置であり、制御装置21と回線制御装置22とランドマークデータベース23とを備えている。
ランドマークデータベース23はハードディスク等の記憶装置に設けられたデータベースであり、輪郭情報記憶手段及び付加情報記憶手段に該当する。図2には、ランドマークデータベース23のデータ構成の一例を示す。同図に示すように、ランドマークデータベース23には、ランドマークの位置(緯度、経度等)を示す位置情報と、ランドマークの輪郭を示す輪郭情報と、が対応付けられて蓄積されている。更に、ランドマークデータベース23には、ランドマークの名称を示す付加情報が記憶されている。なお、付加情報には、ランドマークの名称の他に、ランドマークについての各種インフョメーション(ランドマークの解説、道案内、住所、電話番号、広告等)が含まれていてもよい。
【0021】
回線制御装置22は、ネットワーク40を介して位置情報管理サーバ30及び端末10との通信を制御する。
制御装置21は、CPU及びプログラムを含んで構成されており、輪郭情報管理サーバ20全体を制御する。制御装置21の機能を更に詳細に説明すると、制御装置21は図3に示す機能構成を備えている。
輪郭情報取得部211は、ランドマークデータベース23を参照して、端末10の位置情報に応じて端末10から見えるランドマークを選定し、当該選定したランドマークの輪郭情報をランドマークデータベース23から取得する。
【0022】
輪郭情報補正部212は、端末10から見たランドマークの輪郭を端末10に表示可能なように、輪郭情報取得部211が取得した輪郭情報を補正する。具体的には、輪郭情報補正部212は、端末10とランドマークと間の距離に応じた大きさの輪郭が端末10に表示されるように輪郭情報を補正する。また、輪郭情報取得部211が複数のランドマークを選定した場合には、輪郭情報補正部212は、端末10と複数のランドマークとの位置関係に応じて、複数のランドマークを重ねた輪郭が端末10に表示されるように輪郭情報を補正する。
輪郭情報送信部213は、補正後の輪郭情報を端末10に送信する。
付加情報取得部214は、ランドマークの付加情報をランドマークデータベース23から取得する。
位置情報取得部215は、端末10の位置情報を位置情報管理サーバ30から取得する。
【0023】
[1.3.端末の構成]
端末10は、カメラ機能及びGPS機能を備えた通信端末であり、例えば、携帯電話機、PHS(Personal Handyphone System)、PDA(Personal Digital Assistance)等が該当する。端末10は、制御装置11とカメラ12とディスプレイ13とを備えている。
カメラ12は、映像を撮影するためのカメラ機能であり、レンズや撮像素子を含んで構成される。カメラで撮影された映像信号は制御装置11に転送され、ディスプレイ13に映像がリアルタイムに表示される。
【0024】
ディスプレイ13は、制御装置11から入力される信号に基づいて映像を表示する。
制御装置11は、CPU及びプログラムを含んで構成され、端末10全体を制御する。制御装置11の機能について更に詳細に説明すると、制御装置11は図4に示す機能構成を備えている。
輪郭情報取得部111は、端末10の位置情報に応じたランドマークの輪郭情報を輪郭情報管理サーバ20から受信する。
重畳表示部112は、輪郭情報取得部111が受信したランドマークの輪郭情報に基づいて、カメラ12でリアルタイムに撮影されている実映像にランドマークの輪郭を重畳し、ディスプレイ13に表示する。
【0025】
一致度判定部113は、対象物の輪郭と実映像の輪郭との一致度を判定する。一致度判定部113は、一致度が予め定められた所定値よりも高い値であった場合に、対象物の輪郭と実映像の輪郭とが一致したと判定する。
一致通知部114は、一致度判定部113によって判定された一致度が、予め定められた所定値よりも高い値であった場合に、所定の情報や音を出力することによって、輪郭が一致した旨(または一致度)をユーザに通知する。
位置情報取得部115は、端末10に搭載されているGPS機能によって端末10の位置情報を取得する。
【0026】
[2.動作]
次に、図5に示すシーケンス図を参照して、輪郭情報管理サーバ20から端末10にランドマークの輪郭情報を送信する際の動作例について説明する。
まず、端末10は接続要求を輪郭情報管理サーバ20に送信する(ステップS201)。それと同時に、端末10は、位置情報取得部115により取得された自端末10の位置情報を位置情報管理サーバ30に送信する(ステップS202)。
端末10から接続要求を受信した輪郭情報管理サーバ20の位置情報取得部215は、位置情報管理サーバ30に端末10の位置情報問い合わせを行い、端末10の位置情報を取得する(ステップS203〜S205)。
【0027】
輪郭情報管理サーバ20の輪郭情報取得部211は、ランドマークデータベース23を参照して、端末10の位置情報に基づいて、その地点から見えるランドマークを選定し、選定したランドマークの輪郭情報を取得する(ステップS206)。また、付加情報取得部214は、選定したランドマークの付加情報をランドマークデータベース23から取得する。
【0028】
輪郭情報補正部212は、端末10から見たランドマークの輪郭を端末10に表示できるように、輪郭情報取得部211が取得したランドマークの輪郭情報を補正する(ステップS207)。具体的には、複数のランドマークが選定された場合には、輪郭情報補正部212は、ランドマーク同士の重なりを考慮して輪郭情報を補正する。また、輪郭情報補正部212は、端末10とランドマークと間の距離に応じた大きさの輪郭が表示されるよう、輪郭情報を補正する。
【0029】
輪郭情報の補正後、輪郭情報送信部213は、輪郭情報及び付加情報を端末10に送信する(ステップS208)。
輪郭情報取得部111により輪郭情報を受信した端末10は、カメラ12で撮影されている実映像をリアルタイムにディスプレイ13に表示する。同時に、重畳表示部112は、受信した輪郭情報に基づいて、ランドマークの輪郭を実映像に重畳してディスプレイ13に表示する(ステップS209)。
一致度判定部113は、カメラで撮影されている実映像の輪郭と、ランドマークの輪郭との一致度を計算して一致度を判定する(ステップS210)。一致通知部114は一致度が所定値より高く輪郭が一致したと判定された場合に、音の出力や情報のディスプレイ13への表示により、ユーザに一致したことを通知する。
【0030】
図6は、ディスプレイ13に重畳表示される実映像及びランドマークの輪郭の表示例を示したものである。端末10が、二つのビル301,302が見える場所に存在しており、二つのビル301,302が当該場所でのランドマークとして選択された場合、輪郭情報管理サーバ20の輪郭情報補正部212は、端末10の場所から見えるランドマークの位置関係を考慮して、取得した輪郭情報を複数のランドマークを重ねた輪郭情報に補正する。これにより、端末10のディスプレイ13には輪郭303が表示される。
【0031】
ユーザは端末10を移動させる(端末10の位置や向きを変える)ことにより、ディスプレイに表示されている輪郭303と実際にカメラ12で撮影されている二つのビル301,302の映像を重ね合わせる。これにより、端末10を規定の方向に向けることが可能となる。
なお、上述した実施形態においては、輪郭情報として建物等のランドマークの輪郭情報を用いた場合について説明したが、ランドマークに限定されず様々な対象物の輪郭情報を用いることができる。例えば、輪郭情報として星座の輪郭情報を用いて、図7に示すように、ある星座の形状を端末10のディスプレイ13に表示させることにより、星座早見表として利用することも可能である。
【0032】
また、上述した実施形態においては、端末10は輪郭情報管理サーバ20から対象物の輪郭情報を取得するとして説明したが、例えば、端末10が備えるメモリに輪郭情報が記憶されていて、当該メモリから端末10の位置情報に応じた対象物の輪郭情報を取得してもよい。
以上説明したように、ユーザが所持する端末10の位置情報を用いてその場から見えるランドマークの輪郭と名称を端末10上に表示し、ユーザがランドマークの輪郭を実映像と合わせるように端末10の向きを変えることによって、簡易な操作で、端末10が向いている方向を仰角・俯角も含めて規定の方向へ合わせることが可能となる。また、輪郭情報と同時に付加情報も端末10に配信することにより、高精度に対象物と対応させて各種情報を提供することができる。
【0033】
このように、端末10は、カメラ12で撮影されている実映像に対象物の輪郭を重畳表示することができるため、端末10に重畳表示されている対象物の輪郭と実映像の輪郭とを一致させるよう端末10の向きを調整することで、電子コンパスなどの端末10が向いている方向を計測する装置を用いなくても、簡易な操作で対象物を容易に特定することが可能となる。
【産業上の利用可能性】
【0034】
本発明は、方向を計測する装置を用いなくても、カメラ機能を備えた通信端末を利用することで簡便かつ正確に方向を合わせることができるため、位置及び方向に依存した高精度な情報提供サービスに利用することができる。
【図面の簡単な説明】
【0035】
【図1】本発明の実施形態に係る情報提供システムの全体構成を示す図である。
【図2】同実施形態に係るランドマークデータベースのデータ構成の一例を示す図である。
【図3】同実施形態に係る輪郭情報管理サーバが備える制御装置の機能構成を示す図である。
【図4】同実施形態に係る端末が備える制御装置の機能構成を示す図である。
【図5】同実施形態に係る輪郭情報管理サーバから端末にランドマークの輪郭情報を送信する際の動作を示すシーケンス図である。
【図6】同実施形態に係るランドマークの輪郭及び実映像の表示例である。
【図7】同実施形態に係る星座の輪郭及び実映像の表示例である。
【符号の説明】
【0036】
10 端末
11 制御装置
111 輪郭情報取得部
112 重畳表示部
113 一致度判定部
114 一致通知部
115 位置情報取得部
12 カメラ
13 ディスプレイ
20 輪郭情報管理サーバ
21 制御装置
211 輪郭情報取得部
212 輪郭情報補正部
213 輪郭情報送信部
214 付加情報取得部
215 位置情報取得部
22 回線制御装置
23 ランドマークデータベース
30 位置情報管理サーバ
31 制御装置
32 回線制御装置
33 位置情報データベース
40 ネットワーク
301,302 ビルの映像
303 輪郭

【特許請求の範囲】
【請求項1】
カメラ機能を備えた通信端末において、
自端末の位置情報に応じた対象物の輪郭情報を取得する輪郭情報取得手段と、
前記輪郭情報取得手段により取得された対象物の輪郭情報に基づいて、前記カメラ機能で撮影されている実映像に前記対象物の輪郭を重畳して表示する重畳表示手段とを備え、
前記重畳表示手段により重畳表示されている対象物の輪郭と実映像の輪郭とを一致させるよう自端末を移動させることで、自端末を規定の方向に向けることを特徴とする通信端末。
【請求項2】
前記重畳表示手段により重畳表示されている対象物の輪郭と実映像の輪郭との一致度を判定する一致度判定手段と、
前記一致度判定手段により判定された一致度が所定値よりも高い場合に、その旨をユーザに通知する一致通知手段とを更に備えることを特徴とする
請求項1に記載の通信端末。
【請求項3】
対象物の位置情報と該対象物の輪郭情報とを対応付けて記憶する輪郭情報記憶手段と、
通信端末の位置情報に応じた対象物を選定し、該選定した対象物の輪郭情報を前記輪郭情報記憶手段から取得する輪郭情報取得手段と、
前記通信端末から見た対象物の輪郭を表示可能なように、前記輪郭情報取得手段により取得された輪郭情報を補正する輪郭情報補正手段と、
前記輪郭情報補正手段により補正された輪郭情報を前記通信端末に送信する輪郭情報送信手段と
を備えることを特徴とする輪郭情報管理サーバ。
【請求項4】
前記輪郭情報補正手段は、
前記通信端末と前記対象物との間の距離に応じた大きさの輪郭が前記通信端末に表示されるように、前記輪郭情報を補正することを特徴とする
請求項3に記載の輪郭情報管理サーバ。
【請求項5】
前記輪郭情報補正手段は、
前記輪郭情報取得手段により選定された対象物が複数存在する場合には、前記通信端末と前記複数の対象物との位置関係に応じて該複数の対象物を重ねた輪郭が前記通信端末に表示されるように、前記輪郭情報を補正することを特徴とする
請求項3又は4に記載の輪郭情報管理サーバ。
【請求項6】
対象物の付加情報を記憶する付加情報記憶手段と、
前記通信端末の位置情報に応じた対象物の付加情報を前記付加情報記憶手段から取得する付加情報取得手段とを更に備え、
前記輪郭情報送信手段は、
前記輪郭情報取得手段により取得された対象物の輪郭情報とともに、前記付加情報取得手段により取得された前記対象物の付加情報を前記通信端末に送信することを特徴とする
請求項3から5の何れか1項に記載の輪郭情報管理サーバ。
【請求項7】
対象物の輪郭情報を管理する輪郭情報管理サーバとカメラ機能を備えた通信端末とを含む情報提供システムにおいて、
前記輪郭情報管理サーバは、
対象物の位置情報と該対象物の輪郭情報とを対応付けて記憶する輪郭情報記憶手段と、
前記通信端末の位置情報に応じた対象物を選定し、該選定した輪郭情報を前記輪郭情報記憶手段から取得する輪郭情報取得手段と、
前記輪郭情報取得手段により取得された輪郭情報を前記通信端末に送信する輪郭情報送信手段とを備え、
前記通信端末は、
対象物の輪郭情報を前記輪郭情報管理サーバから受信する輪郭情報取得手段と、
前記輪郭情報取得手段により受信した対象物の輪郭情報に基づいて、前記カメラ機能で撮影されている実映像に前記対象物の輪郭を重畳して表示する重畳表示手段とを備え、
前記重畳表示手段により重畳表示されている対象物の輪郭と前記実映像の輪郭とを一致させるように前記通信端末を移動させることで、前記通信端末を規定の方向に向けることを特徴とする情報提供システム。
【請求項8】
カメラ機能を備えた通信端末に位置及び方向に依存する情報を提供する情報提供方法において、
対象物の輪郭情報を管理する前記輪郭情報管理サーバが、前記通信端末の位置情報に応じた対象物を選定し、該選定した対象物の輪郭情報を取得する輪郭情報取得ステップと、
前記輪郭情報管理サーバが、前記輪郭情報取得ステップにおいて取得された輪郭情報を補正する輪郭情報補正ステップと、
前記輪郭情報管理サーバが、前記輪郭情報補正ステップにおいて補正された輪郭情報を前記通信端末に送信する輪郭情報送信ステップと、
前記通信端末が、前記輪郭情報送信ステップにおいて送信された対象物の輪郭情報に基づいて、前記カメラ機能で撮影されている実映像に前記対象物の輪郭を重畳して表示する重畳表示ステップと、
前記通信端末が、前記重畳表示ステップにおいて重畳表示されている対象物の輪郭と実映像の輪郭との一致度を判定する一致度判定ステップと
を有することを特徴とする情報提供方法。

【図1】
image rotate

【図2】
image rotate

【図3】
image rotate

【図4】
image rotate

【図5】
image rotate

【図6】
image rotate

【図7】
image rotate


【公開番号】特開2006−322832(P2006−322832A)
【公開日】平成18年11月30日(2006.11.30)
【国際特許分類】
【出願番号】特願2005−146745(P2005−146745)
【出願日】平成17年5月19日(2005.5.19)
【出願人】(392026693)株式会社エヌ・ティ・ティ・ドコモ (5,876)
【Fターム(参考)】