説明

鍋置き式油切り調理用具

【課題】調理油を使った揚物や炒め物の調理の際に出る余分な油を鍋の中で効率的に油切りができる。
【解決手段】調理が終わってから火を止め、五徳の上に本発明の油切り調理用具を装置し、その上に鍋を傾斜して置くことにより、調理で出た余分な油は鍋肌の下方向に集まり、効率的に油切りができる。いかなる形状の五徳の内部にも入り込むことが可能である波型の凸部と、その面から伸びる二本の柄が傾斜した鍋を安定して支えることができる。かつ、線形材料で形成されているので、洗いやすく水切れがよいので衛生的である。

【発明の詳細な説明】
【技術分野】
【0001】
本発明は、主に揚物や炒め物の調理をした際に出た余分な油を、使用した鍋の中で油切りをしながら、かつ調理後の余熱で効率よく食材に熱を通すことができる油切り調理用具に関するものである。
【背景技術】
【0002】
従来、調理をした際にフライパンを含む鍋の中に出る余分な油を切るために、調理済みの食材を金網やキッチンペーパーの上に置いたり、または自らの手で重い鍋などを持って傾けていた。
【発明の開示】
【発明が解決しようとする課題】
【0003】
上記前述は、使用済みの金網を洗う手間と余分な水道水を使う無駄と、使用後のキッチンペーパーはその都度ゴミとして捨てることで、不経済かつ無駄である。
【0004】
上記後述においては、片手で重いフライパンや鍋を持ち、もう片方の手で皿に盛り付けるための箸等を持つので、両手はふさがってしまい自由が利かない。
【課題を解決するための手段】
【0005】
本発明の請求項1は、少なくとも1組の対辺が波型の四角形の面に垂直方向に伸びる柄を設けたことを特徴とする油切り調理用具。
【0006】
本発明の請求項2は、耐熱性の線形材料で形成した波型の凸部の数が対辺で異なる四角形の面を有することを特徴とする油切り調理用具。
【発明の効果】
【0007】
揚物や炒め物を調理した際に、フライパンを含む鍋の中に出た余分な油を切ることができる油切り調理用具は以下の効果を有する。
1)、調理が終わった時点で、ガスまたは電気等の熱源のスイッチを切り、使用している鍋の底部と五徳の間に本発明を装置し、鍋などを傾斜し安定していることを確認して、手を離す。余分な油は、傾斜していることで鍋肌の下方向の一箇所にたまり、油切りができる。
2)、本発明の素材は、耐熱性で、フライパンや鍋の重量にも耐え、変形しにくいものである。
3)、線形材料で形成されているので、洗いやすく水切れが良いため、衛生的である。
吊り下げて保管することができる。
4)、五徳内に装置する位置によって、フライパンや鍋の傾斜の角度を調整できる。
5)、四角形の対辺の波型の凸部の数が異なるので、いかなる形状の五徳にも装置して、使用することができる。
6)、IH調理器具の平面の天板でも、鍋が四角形の波型の凸部と二本の柄の三点の接点で傾斜した鍋を安定して支えることができる。
7)、少ない調理油で揚物をするには、9分通り食材を調理してから火を切り、食材を裏返して鍋の底部と五徳の間に本発明を装置し、鍋に傾斜をつけてから、食材を鍋肌の上方向に寄せると、余熱で食材に火が通って、やわらかく美味しく仕上がる。そして、油切りをした余分な油は鍋肌の下方向にたまる。低温でその油は凝固するので、処理が容易い。
8)、傾斜した鍋が安定した状態で油切りをしていることを確認したうえで、その場を離れることができる。
9)、皿に盛り分ける前に、鍋の中で油切りができる。
10)、持ち手を設けることにより、持ちやすく反転しやすい。しかも、軽量であるため、女性や高齢者でも使い勝手が良い。
11)、少ない調理油で調理できることと、油切りをしながら余熱で調理を仕上げることができることは省資源になる。
12)、簡易な形態であることにより製造する労力やコストを低減できる。
【発明を実施するための最良の形態】
【実施例】
【0008】
以下、本発明の実施の形態を図面に基づいて、詳細に説明する。
図6は、油切り調理用具1の波型の凸部が五徳5の中に入り込んで装置した状態を上から見た図である。波型の凸部の数が対辺で違うため、五徳5の形状に合わせて適している辺を使用できる。
図7は、フライパン6の底部に油切り調理用具1を五徳5に装置した状態を側面から見た図である。
フライパン6はAまたはCの点で支えられているので、傾斜がついていても安定している。
Aの位置は図8でも示してある。油切り調理用具1はBまたはDの点で支えられているので、安定している。
【図面の簡単な説明】
【0009】
【図1】油切り調理用具1の正面図である。
【図2】油切り調理用具1の上から見た図である。
【図3】油切り調理用具1の下から見た図である。
【図4】油切り調理用具1の斜視図である。
【図5】油切り調理用具1の側面図である。
【図6】油切り調理用具1を五徳5に装置した状態を上から見た図である。
【図7】油切り調理用具1を五徳5に装置し、フライパンを傾斜して置いた状態を側面から見た図である。
【図8】油切り調理用具1が鍋に接する点Aと調理器具の天板7と接する点Bを示した図である。
【符号の説明】
1 油切り調理用具
2 波型の凸部を有する面
3 柄
4 持ち手
5 五徳
6 フライパン
7 調理器具の天板
A 油切り調理用具1がフライパン6と接する点
B 油切り調理用具1が調理器具の天板7と接する点
C フライパン6が調理器具の天板7と接する点
D 油切り調理用具1が五徳5と接する点

【特許請求の範囲】
【請求項1】
少なくとも1組の対辺が波型の凸部を有する四角形の面に垂直方向に伸びる柄を設けたことを特徴とする油切り調理用具。
【請求項2】
耐熱性の線形材料で形成した波型の凸部の数が対辺で異なる四角形の面を有することを特徴とする請求項1に記載の油切り調理用具。

【図1】
image rotate

【図2】
image rotate

【図3】
image rotate

【図4】
image rotate

【図5】
image rotate

【図6】
image rotate

【図7】
image rotate

【図8】
image rotate


【公開番号】特開2012−223533(P2012−223533A)
【公開日】平成24年11月15日(2012.11.15)
【国際特許分類】
【出願番号】特願2011−104712(P2011−104712)
【出願日】平成23年4月15日(2011.4.15)
【特許番号】特許第5027322号(P5027322)
【特許公報発行日】平成24年9月19日(2012.9.19)
【出願人】(509158509)
【Fターム(参考)】