Notice: Undefined variable: fterm_desc_sub in /mnt/www/biblio_conv.php on line 353
開閉式農業用ハウス
説明

開閉式農業用ハウス

【課題】農業用ハウスの省エネルギーを達成し、その光熱費を削減するために、簡便な手段で開閉可能な農業用ハウスを提供する。
【解決手段】左右一対でアーチを形成する棒状屈曲部材1aの一端を回動可能に支持する脚柱部材2aを、2本以上地面に直線状に第1列として配置し、さらに第1列に平行な直線状に2本以上の脚柱部材2bを地面に第2列として配置し、第1列および第2列に配置された脚柱部材2a,2bがそれぞれ棒状屈曲部材1a,1bの一端を回動可能に支持し、第1列の棒状屈曲部材1aの他端同士および第2列の棒状屈曲部材1bの他端同士をそれぞれ回動可能にかつ互いに隣合う棒状屈曲部材1a,1bが平行になるように連結する架橋部材3a,3bを取付け、第1列および第2列のそれぞれの架橋部材3a,3bにシートの1辺を固定して、棒状屈曲部材1a,1bおよび脚柱部材2a,2bの外側をシートで覆う。

【発明の詳細な説明】
【技術分野】
【0001】
本発明は、農作物を栽培するための農業用ハウスに関するものである。詳しくは、シートを装着した状態で容易に手動により開閉できる開閉式農業用ハウスに関するものであり、その手動で操作する部分をモーター等による自動開閉にも応用可能な開閉式農業用ハウスに関するものである。
【背景技術】
【0002】
近年、様々な農作物を季節に関係なく年間通じて栽培する要求が高まっており、各種の農業用施設が実用化されている。たとえば特許文献1に開示されるような、アーチ型の骨組にビニールシートを張り付けた農業用ハウス(いわゆるビニールハウス)が広く普及している。
このような農業用ハウスは、農作物を強風や豪雨から保護する効果を有する。さらに冬季には、農業用ハウス内を暖房することによって、農作物を冷害から保護することも可能である。また、大型の温室の内部に小型の農業用ハウスを設置して、その農業用ハウス内を暖房すれば、省エネルギーの効果も得られる。
【0003】
ところが厳寒期には保温性を高めるために、農業用ハウスにビニールシートを2枚以上重ねて装着する、あるいは保温性を有するシートを装着する必要がある。しかしビニールシートを2枚以上あるいは保温性を有するシート(以下、総称して保温性シートという)を装着すると、農業用ハウス内に差し込む日光が遮られるので、農作物の栽培に支障を来たす。仮に、保温性シートを装着したままで栽培すると、日照時間の不足に起因して農作物の成長が妨げられるばかりでなく、農業用ハウス内の温度が過剰に上昇して農作物の生育に悪影響を及ぼす。そのため、保温性シートの装着と取り外しを定期的に繰り返す必要がある。
【0004】
保温性シートの装着と取り外しの作業を、作業者が人力で行なうと、作業が繁雑になり長時間を要する。しかも保温性シートを夕方装着して朝方取り外す作業を毎日行なう必要があり、作業者の作業に要する時間や身体的な負担等の負荷が極めて大きくなる。その結果、保温性シートの装着が疎かになるのは避けられない。
厳寒期に、大型の温室の内部に設置した小型の農業用ハウスに保温性シートを装着せず、その農業用ハウス内を暖房するのは、省エネルギーの観点から問題がある。
【0005】
そこで農業用ハウスに装着した各種のシート(たとえば保温性シート等)を自動的に開閉する技術が種々検討されている。
たとえば特許文献2には、チェーンベルトの巻き取り機を用いて、シートを開閉する技術が開示されている。しかしこの技術は、シートを開閉するため(すなわち巻き取り機を稼働するため)に燃料や電力を消費するので、必ずしも省エネルギーに寄与しない。しかもチェーンベルトやその巻き取り機を取り付けるためには、農業用ハウスの十分な強度が求められるので、鑑賞用草花や野菜等の農作物を栽培する小型の農業用ハウスに適用するのは困難である。
【先行技術文献】
【特許文献】
【0006】
【特許文献1】特開2003-289726号公報
【特許文献2】特開2000-308421号公報
【発明の概要】
【発明が解決しようとする課題】
【0007】
近年、原油価格の高騰に起因して農業用ハウスの光熱費が上昇し、園芸農家の経営を圧迫している。そのため、農業用ハウスの省エネルギー技術が注目されている。
しかも低炭素社会への転換を図る上で、エネルギー消費量を低減しながら農作物の生産性を高める必要がある。その観点からも、温室や農業用ハウスの省エネルギーを達成するための負荷を軽減する技術は重要である。また、園芸農家の高齢化が進行している実情を見ると、省エネルギーと労力軽減を両立させる技術が求められる。
【0008】
本発明は、簡便な手段で開閉可能とすることによって、作業者の労力を軽減でき、その結果、農業用ハウスの省エネルギーも達成できる開閉式の農業用ハウスを提供することを目的とする。
【課題を解決するための手段】
【0009】
本発明は、左右一対でアーチを形成する棒状屈曲部材の一端を回動可能に支持する脚柱部材を、2本以上地面に直線状に第1列として配置し、さらに第1列に平行な直線状に2本以上の脚柱部材を地面に第2列として配置し、第1列および第2列に配置された脚柱部材がそれぞれ棒状屈曲部材の一端を回動可能に支持し、第1列の棒状屈曲部材の他端同士および第2列の棒状屈曲部材の他端同士をそれぞれ回動可能にかつ互いに隣合う棒状屈曲部材が平行になるように連結する架橋部材を取付け、第1列および第2列のそれぞれの架橋部材にシートの1辺を固定して、第1列の外側と第2列の外側をシートで覆う開閉式農業用ハウスである。
【0010】
本発明の開閉式農業用ハウスにおいては、架橋部材と棒状屈曲部材がピンを介して回動可能に連結されることが好ましい。また、架橋部材の断面形状が凹部を有するH字形状またはU字形状を呈し、その凹部に圧縮状態で嵌合されたバネと凹部の内面との間にシートの1辺が挟持されることが好ましい。さらに、第2列の架橋部材,棒状屈曲部材および脚柱部材の代わりに、固定された壁面を配置することが好ましい。
【0011】
本発明の開閉式農業用ハウスにおいては、大きさの異なる本発明の開閉式農業用ハウスを2つ以上組み合わせて設置することも可能であり、特に保温効果を高めたい場合には2つ以上組み合わせて使用することが好ましい。
【発明の効果】
【0012】
本発明によれば、農業用ハウスを簡便な手段で開閉することが可能となり、作業者の労力を軽減できる。労力軽減の効果は、奥行きが長くなればなるほど大きな差となる。また、大型の温室の内部に小型の農業用ハウスを設置して、その農業用ハウス内を暖房することによって省エネルギーも達成できる。
【図面の簡単な説明】
【0013】
【図1】本発明の開閉式農業用ハウスの天井部を閉じた例を模式的に示す斜視図である。
【図2】図1の開閉式農業用ハウスの天井部を開いた例を模式的に示す斜視図である。
【図3】本発明の開閉式農業用ハウスの他の例を模式的に示す斜視図である。
【図4】本発明の開閉式農業用ハウスの他の例を模式的に示す斜視図である。
【図5】本発明の開閉式農業用ハウスで2つ組み合わせて設置した例を模式的に示す正面図である。
【図6】本発明の開閉式農業用ハウスで用いる連結部材の例を模式的に示す斜視図である。
【発明を実施するための形態】
【0014】
図1は、本発明の開閉式農業用ハウスの例を模式的に示す斜視図である。なお、図1は開閉式農業用ハウスの天井部を閉じた状態を示す。
棒状屈曲部材1a,1bは、脚部が直線をなし、中央部で屈曲する形状を有しており、左右一対でアーチを形成する。棒状屈曲部材1a,1bの直線をなす脚部は、それぞれ脚柱部材2a,2bによって回動可能に支持される。脚柱部材2a,2bは、第1列を形成する脚柱部材2aと第2列を形成する脚柱部材2bに分類される。
【0015】
まず第1列について説明する。
第1列を形成する脚柱部材2aは、2本以上地面に直線状に配置する。脚柱部材2aを配置する手段は、特に限定しない。たとえば、図1に示すように脚柱部材2aを地中に埋設しても良いし、あるいは図6に示すように脚柱部材2aを連結部材5に直線状に固定して地面に載置しても良い。
【0016】
図1には脚柱部材2aを4本配置する例を示したが、本発明では4本に限定するものではなく、栽培する農作物の量や立地条件等に応じて適宜設定すれば良い。脚柱部材2aは、それぞれ棒状屈曲部材1aの一端(すなわち直線をなす端部)を回動可能に支持する。第1列の棒状屈曲部材1aの他端(すなわちアーチをなす端部)は、全て架橋部材3aによって回動可能に連結される。かつ、互いに隣合う棒状屈曲部材1aが平行になるように架橋部材3aに連結される。その結果、架橋部材3aをその長手方向に動かすことによって、連結された棒状屈曲部材1a(すなわち図1の例では4本)が一斉に回動する。
【0017】
次に第2列について説明する。
第2列を形成する脚柱部材2bは、2本以上を第1列に平行な直線状に配置する。脚柱部材2bを配置する手段は、特に限定しない。たとえば、図1に示すように脚柱部材2bを地中に埋設しても良いし、あるいは図6に示すような連結部材5を地面に載置しても良い。
第2列に配置される脚柱部材2bは、必ずしも第1列と同数である必要はないが、開閉式農業用ハウス全体の強度を高めるために、第1列の脚柱部材2aと第2列の脚柱部材2bを同数とすることが好ましい。その場合は、第2列の脚柱部材2bの各間隔は、それぞれ第1列の脚柱部材2aの間隔と同じにすることが好ましい。脚柱部材2bは、それぞれ棒状屈曲部材1bの一端(すなわち直線をなす端部)を回動可能に支持する。第2列の棒状屈曲部材1bの他端(すなわちアーチのなす端部)は、全て架橋部材3bによって回動可能に連結される。かつ、互いに隣合う棒状屈曲部材1bが平行になるように架橋部材3bに連結される。その結果、架橋部材3bをその長手方向に動かすことによって、連結された棒状屈曲部材1b(すなわち図1の例では4本)が一斉に回動する。
【0018】
第1列および第2列のいずれにおいても、脚柱部材2a,2bが棒状屈曲部材1a,1bの直線をなす端部を回動可能に支持する手段は、棒状屈曲部材1a,1bを回動可能に支持すれば良いのであり、特に限定しない。ただし、筒状の脚柱部材2a,2bに丸棒状の棒状屈曲部材1a,1bを挿入することによって支持すれば、開閉式農業用ハウスの簡素化を達成できる。
また、棒状屈曲部材1a,1bの高さを一定に保持する手段は、特に限定しない。たとえば、脚柱部材2a,2bの所定の高さの位置にストッパー(たとえば釘,ピン等)を貫通させ、そのストッパーに棒状屈曲部材1a,1bを載置すれば、棒状屈曲部材1a,1bを所定の高さに保持し、かつ回動させることが可能である。
【0019】
棒状屈曲部材1a,1bのアーチのなす端部を架橋部材3a,3bに連結する手段は、棒状屈曲部材1a,1bを回動可能に連結すれば良いのであり、特に限定しない。ただし、棒状屈曲部材1a,1bと架橋部材3a,3bに貫通孔を設け、その貫通孔にピンを挿入して連結すれば、開閉式農業用ハウスの軽量化を達成できる。
第1列の架橋部材3aと第2列の架橋部材3bは、同じ高さで互いに対向するように取付けても良いし、あるいは高さをずらして上下方向に重なるように取付けても良い。
【0020】
架橋部材3a,3bの断面形状は、矩形や円形等の様々な形状であっても支障はなく、特に限定しない。矩形や円形の断面形状を有する架橋部材3a,3bを使用する場合は、シートの1辺を架橋部材3a,3bに固定するにあたって、接着剤,針,クリップ,ビス等の従来から知られている固定手段を採用する。
ただし図1に示すように、断面形状がU字形状の架橋部材3a,3bを使用すれば、圧縮状態のバネを凹部に嵌合させ、そのバネと凹部の内面との間にシートの1辺を挟持させることによって、シートを架橋部材3a,3bに固定できる。その結果、シートの付け替え作業の能率向上を達成できる。
【0021】
なお断面形状がU字形状の架橋部材3a,3bは、図1に示すように凹部を横向きに使用しても良いし、あるいは図4に示すように凹部を上向きに使用しても良い。
また、断面形状がH字形状の架橋部材3a,3bを使用しても、凹部を利用して同様の効果が得られる。
このようにしてシートの1辺を架橋部材3a,3bに固定し、さらに第1列の外側と第2列の外側をシートで覆うことによって、トンネル状の空間をシートで覆った開閉式農業用ハウスとして使用することが可能となる。ここで、第1列の外側と第2列の外側は、棒状屈曲部材1a,1b,脚柱部材2a,2b,架橋部材3a,3bで構成される天井部と壁部の外側を指す。
【0022】
さらに、第1列の外側と第2列の外側をシートで覆ったトンネル状の空間の正面と裏面もシートで覆うことによって、開閉式農業用ハウスの全面を覆うことが可能となる。
なお図1では、棒状屈曲部材1a,1bと脚柱部材2a,2bと架橋部材3a,3bの構成を示すために、シートの図示を省略する。
使用するシートの種類は、保温性シートのみならず、開閉式農業用ハウスの用途に応じて防水性シート,遮光性シート,断熱性シート,防虫網等の様々な機能のものを選択できる。
【0023】
シートで覆われた開閉式農業用ハウスを開放するときは、架橋部材3a,3bをその長手方向に移動させる。その結果、図2に示すように天井部が開かれる。したがって、シートを取り外す、あるいは巻き上げる作業は不要である。なお、シートの1辺は架橋部材3a,3bに固定されるが、棒状屈曲部材1a,1bと脚柱部材2a,2bにシートを固定する必要はない。その理由は、シートを棒状屈曲部材1a,1bと脚柱部材2a,2bに固定すると、架橋部材3a,3bをその長手方向に移動させる(すなわち棒状屈曲部材1a,1bを回動させる)ことが困難になるからである。ただし、シートの他辺を地面に固定しても架橋部材3a,3bの移動に支障はない。
【0024】
図2においても、棒状屈曲部材1a,1bと脚柱部材2a,2bと架橋部材3a,3bの構成を示すために、シートの図示を省略する。
本発明では、図1に示す第2列の棒状屈曲部材1b,脚柱部材2b,架橋部材3bの代わりに、固定された壁面4を配置することも可能である。その例を図3に示す。図3においても、棒状屈曲部材1a,脚柱部材2a,架橋部材3aの構成および機能は、図1に示す第1列と同一であるから説明を省略する。
【0025】
また本発明では、図5に示すように、大きさの異なる本発明の開閉式農業用ハウスを2つ以上組み合わせて設置することも可能である。特に保温効果を高めたい場合には2つ以上組み合わせて使用することが好ましい。
【実施例】
【0026】
最大高さ500mmの農作物を栽培する栽培ベッド(幅1200mm,奥行14000mm)をトンネル状に覆うために、図1に示すような開閉式農業用ハウスを設置した。
脚柱部材2a,2bは外径25mm,内径20mm,長さ700mmの筒状の直管を使用し、地中に埋設する深さを300mmとして地面に垂直に固定した。第1列の脚柱部材2aと第2列の脚柱部材2bは、いずれも1400mm間隔で11本ずつ配置した。
【0027】
棒状屈曲部材1a,1bは外径19mmのパイプを使用した。直線をなす脚部の長さは500mmとし、アーチの最高点は地面から650mmとした。その棒状屈曲部材1a,1bの脚部を、それぞれ脚柱部材2a,2bに挿入した。ただし、脚柱部材2a,2bの地面から高さ50mmの位置に釘(長さ50mm)を貫通させ、その釘に棒状屈曲部材1a,1bを載置することによって、棒状屈曲部材1a,1bが所定の高さを維持するようにした。
【0028】
架橋部材3a,3bは、U字形状に成形した鋼板を使用した。架橋部材3a,3bと棒状屈曲部材1a,1bは、いずれもピンを介して回動可能に連結した。また、U字形状の架橋部材3a,3bの凹部にバネを嵌合させ、そのバネと凹部の内面との間にポリエチレンシート(厚さ0.05mm)の1辺を挟持させ、第1列の外側と第2列の外側をポリエチレンシートで覆った。ポリエチレンシートの他辺は、地面に針金で固定した。
【0029】
このようにして設置した本発明の開閉式農業用ハウスの架橋部材3a,3bをその長手方向に移動させて、天井部の開閉を行なったところ、何ら支障なく開閉することが可能であった。その際に、天井部を開くために要する時間と閉じるために要する時間を4回ずつ(合計8回)測定した結果を発明例1として表1に示す。
一方、比較例1として図1に示す開閉式農業用ハウスの架橋部材3a,3bを移動させず、固定した状態でポリエチレンシートの巻き上げと巻き下ろしを作業者が4回ずつ(合計8回)行なった。その巻き上げと巻き下ろしの作業は、1名の作業者が開閉式農業用ハウスに沿って歩行しながら行なった。その所要時間を比較例1として表1に示す。
【0030】
【表1】

【0031】
表1から明らかなように、発明例1では開閉式農業用ハウスの開閉に要する時間が大幅に短縮された。
次に、発明例1と同じ開閉式農業用ハウスの室内の温度変化を測定した。その測定は、開閉式農業用ハウスの天井を閉じた状態で、24時間にわたって10分間隔で行なった。その平均温度を発明例2として表2に示す。
【0032】
一方、従来から用いられているビニールハウスの室内の温度変化を測定した。その測定は、24時間にわたって10分間隔で行なった。その平均温度を比較例2として表2に示す。
【0033】
【表2】

【0034】
表2から明らかなように、本発明の開閉式農業用ハウスは従来のビニールハウスと同等の保温性を有している。なお発明例2と比較例2の温度測定は、冬季(1月中旬から2月下旬)の同日に行なった。
【産業上の利用可能性】
【0035】
本発明の開閉式農業用ハウスは、簡便な手段で開閉することが可能となり、作業者の作業に要する時間や身体的な負担等の負荷を軽減できる。しかも光熱費も削減できるので、省エネルギーに寄与し、産業上格段の効果を奏する。
【符号の説明】
【0036】
1a 棒状屈曲部材
1b 棒状屈曲部材
2a 脚柱部材
2b 脚柱部材
3a 架橋部材
3b 架橋部材
4 壁面
5 連結部材


【特許請求の範囲】
【請求項1】
左右一対でアーチを形成する棒状屈曲部材の一端を回動可能に支持する脚柱部材を、2本以上地面に直線状に第1列として配置し、さらに前記第1列に平行な直線状に2本以上の前記脚柱部材を地面に第2列として配置し、前記第1列および前記第2列に配置された前記脚柱部材がそれぞれ前記棒状屈曲部材の一端を回動可能に支持し、前記第1列の前記棒状屈曲部材の他端同士および前記第2列の前記棒状屈曲部材の他端同士をそれぞれ回動可能にかつ互いに隣合う棒状屈曲部材が平行になるように連結する架橋部材を取付け、前記第1列および前記第2列のそれぞれの前記架橋部材にシートの1辺を固定して、前記第1列の外側と前記第2列の外側を前記シートで覆うことを特徴とする開閉式農業用ハウス。
【請求項2】
前記架橋部材と前記棒状屈曲部材がピンを介して回動可能に連結されることを特徴とする請求項1に記載の開閉式農業用ハウス。
【請求項3】
前記架橋部材の断面形状が凹部を有するH字形状またはU字形状を呈し、前記凹部に圧縮状態で嵌合されたバネと前記凹部の内面との間に前記シートの1辺が挟持されることを特徴とする請求項1または2に記載の開閉式農業用ハウス。
【請求項4】
前記第2列の前記架橋部材、前記棒状屈曲部材および前記脚柱部材の代わりに、固定された壁面を配置することを特徴とする請求項1〜3のいずれか一項に記載の開閉式農業用ハウス。


【図1】
image rotate

【図2】
image rotate

【図3】
image rotate

【図4】
image rotate

【図5】
image rotate

【図6】
image rotate


【公開番号】特開2011−206002(P2011−206002A)
【公開日】平成23年10月20日(2011.10.20)
【国際特許分類】
【出願番号】特願2010−78791(P2010−78791)
【出願日】平成22年3月30日(2010.3.30)
【出願人】(591074736)宮城県 (60)
【Fターム(参考)】