Notice: Undefined variable: fterm_desc_sub in /mnt/www/biblio_conv.php on line 353
陶器製便器本体
説明

陶器製便器本体

【課題】吐水室内の洗浄水が後方に漏出する懸念を払拭することができる陶器製便器本体を提供する。
【解決手段】本発明の陶器製便器本体1は、床面Fに載置される外周壁1aと、外周壁1a内に位置し、便鉢2を形成するとともに、便鉢2の周方向に開く単一の吐水口3が上部に貫設された便鉢壁1bと、後方側で便鉢壁1bから外周壁1aまで略水平方向に延びる棚壁1cと、外周壁1aの上部と便鉢壁1bの上端とを略水平に接続する天部材5の底壁5dとを備えている。また、この便器本体1は、後方側で便鉢壁1bから外周壁1aまで略垂直方向で側方に延び、外周壁1a、便鉢壁1b、棚壁1c及び底壁5dとともに吐水口3と連通する吐水室6を形成し、ノズル8bが後方から取り付けられる取付穴1eが貫設されたノズル取付壁1dとを備えている。このノズル取付壁1dは、後方から視認可能に便鉢壁1bから一壁で外方に延びて外周壁1aと一体に接続されている。

【発明の詳細な説明】
【技術分野】
【0001】
本発明は陶器製便器本体に関する。
【背景技術】
【0002】
特許文献1、2に従来の陶器製便器本体が開示されている。この便器本体では、外周壁が床面に載置されている。また、便鉢壁が便鉢を形成しており、この便鉢壁の上部には便鉢の周方向に開く単一の吐水口が貫設されている。便鉢壁は外周壁内に位置している。また、便器本体の後方側には、便鉢壁から外周壁まで略水平方向に延びる棚壁が設けられている。さらに、この便器本体では、外周壁の上端で略水平方向内側に延びる上壁が設けられている。また、便器本体の後方側には、便鉢壁から外周壁まで略垂直方向で側方に延びるノズル取付壁と、ノズル取付壁と同一位置で便鉢壁から略垂直方向で後方に延びる支持壁とが設けられている。
【0003】
ノズル取付壁は、外周壁、便鉢壁、棚壁及び上壁とともに、吐水口と連通する吐水室を形成している。ノズル取付壁には取付穴が貫設されており、この取付穴には便器洗浄装置と接続されるノズルが後方から取り付けられる。また、支持壁はノズル取付壁とともに上壁を支持している。
【0004】
この便器本体は一般に以下のように製造される。まず、排泥鋳込み成形法等によって複数個の素材が成形され、各素材に切削等の加工が施される。ここで、ノズル取付壁を形成する素材では、そのノズル取付壁に相当する部分に取付穴が貫設される。そして、各素材が接合され、成形体とされる。この成形体に釉薬が施されて施釉品とされ、施釉品が焼成されて便器本体が得られる。得られた便器本体は便器洗浄装置等とともに組み付けられ、洋風水洗式便器が構成される。この洋風水洗式便器において、便器洗浄装置から洗浄水がノズルに供給されると、その洗浄水は吐水室の吐水口から便鉢に吐水される。洗浄水は、便鉢内で旋回流となり、便鉢内の汚物とともに排出される。
【0005】
【特許文献1】特開2004−156308号公報
【特許文献2】特開2004−156309号公報
【発明の開示】
【発明が解決しようとする課題】
【0006】
しかし、発明者らの検討によれば、上記従来の便器本体は吐水室内の洗浄水が後方に漏出する懸念がある。なぜなら、この便器本体は、ノズル取付壁と支持壁とが便鉢壁の同一位置から外方に延び、ノズル取付壁及び支持壁と便鉢壁との接続部分を目視することが不可能である。このため、その接続部分に成形体等に起因するクラックを生じてしまったとしても、そのクラックを確認することができない。この場合には、洋風水洗式便器において、吐水室がクラックによって後方と連通することとなり、吐水室内の洗浄水が後方に漏出するのである。
【0007】
本発明は、上記従来の実情に鑑みてなされたものであって、吐水室内の洗浄水が後方に漏出する懸念を払拭することができる陶器製便器本体を提供することを解決すべき課題としている。
【課題を解決するための手段】
【0008】
本発明の陶器製便器本体は、床面に載置される外周壁と、
該外周壁内に位置し、便鉢を形成するとともに、該便鉢の周方向に開く単一の吐水口が上部に貫設された便鉢壁と、
後方側で該便鉢壁から該外周壁まで略水平方向に延びる棚壁と、
前記外周壁の上端で略水平方向内側に延びる上壁と、
後方側で該便鉢壁から該外周壁まで略垂直方向で側方に延び、該外周壁、該便鉢壁、該棚壁及び該上壁とともに該吐水口と連通する吐水室を形成し、ノズルが後方から取り付けられる取付穴が貫設されたノズル取付壁とを備え、
前記ノズル取付壁は、後方から視認可能に前記便鉢壁から一壁で外方に延びて該外周壁と一体に接続されていることを特徴とする。
【0009】
本発明の陶器製便器本体では、ノズル取付壁が後方から視認可能に便鉢壁から一壁で外方に延びて外周壁と一体に接続されているため、ノズル取付壁と便鉢壁との接続部分を目視することが可能である。このため、その接続部分にクラックを生じておれば、成形体、施釉品及び便器本体において、そのクラックを確認することができる。成形体又は施釉品でクラックを発見した場合には、補修した上で焼成したり、補修が困難であれば焼成せずに原料に戻して再利用したりすることができる。補修が困難な成形体又は施釉品を焼成しなければ、漏水の恐れのある便器本体を焼成しないで済む。また、焼成後の便器本体でクラックを発見した場合には、漏水の恐れのある洋風水洗式便器を組付けることを回避できる。
【0010】
したがって、この陶器製便器本体によれば、吐水室内の洗浄水が後方に漏出する懸念を払拭することができる。また、吐水室内の洗浄水が後方に漏出するような便器本体を焼成しないため、エネルギの無駄使いを防止することもできる。また、漏水の恐れのある洋風水洗式便器を組付けることを回避し、組付け作業の効率化を実現することもできる。
【0011】
本発明の陶器製便器本体は、ノズル取付壁よりも後方側で便鉢壁から略垂直方向で後方に延び、上壁を支持する支持壁を備えることができる。この場合、支持壁がノズル取付壁よりも後方側で便鉢壁から略垂直方向で後方に延びていることから、本発明の作用効果を損なわない。そして、この支持壁によって、従前と同様、上壁を好適に支持することが可能である。
【発明を実施するための最良の形態】
【0012】
以下、本発明を具体化した実施例を図面を参照しつつ説明する。
【実施例】
【0013】
実施例の陶器製便器本体1は、図1に示すように、外周壁1aが床面Fに載置されている。また、便鉢壁1bが便鉢2を形成しており、図2及び図3に示すように、この便鉢壁1bの上部には、便鉢2の周方向に開き、陶器で一体に構成された単一の吐水口3が貫設されている。図1に示すように、便鉢壁1bの前方上部は、前方に略水平に延びて外周壁1aと一体にされ、リム通水路4を構成している。また、図1及び図2に示すように、便鉢壁1bの側方及び後方は外周壁1a内に位置し、便鉢壁1bの側方上部は側方に略水平に延び、便鉢壁1bの後方上部は後方に略水平に延びてやはりリム通水路4を構成している。
【0014】
また、図2〜4に示すように、便器本体1の後方側には、便鉢壁1bから外周壁1aまで延びる棚壁1cが設けられている。吐水口3は棚壁1cの上面に位置している。さらに、この便器本体1では、図1に示すように、外周壁1aの上端に接合された天部材5を備えている。
【0015】
この天部材5は、略垂直上方に延びる外側壁5aと、外側壁5aの上端から内方へ略水平に延びる天壁5bと、天壁5bの内端から略垂直下方に延びる内側壁5cと、内側壁5cの下端から略水平に延び、外側壁5aに接続された底壁5dとを有している。また、外側壁5aの上端外側には、天壁5bの上面及び外周壁1aの外面と連続する縁面をもつ取付壁5eが設けられている。底壁5dが本発明に係る上壁に相当し、この底壁5dは、図4及び図5に示すように、外周壁1aの上端で略水平方向内側に延び、便鉢壁1bの上端に接続している。
【0016】
また、図2〜4に示すように、便器本体1の後方側には、便鉢壁1bから外周壁1aまで略垂直方向で側方に延びるノズル取付壁1dが設けられている。このノズル取付壁1dは、図3〜5に示すように、後方から視認可能に便鉢壁1bから一壁で外方に延びて外周壁1aと一体に接続されている。また、このノズル取付壁1dは、図2〜4に示すように、外周壁1a、便鉢壁1b、棚壁1c及び天部材5の底壁5d(図4参照)とともに、吐水口3と連通する吐水室6を形成している。ノズル取付壁1dには、ノズル8bが後方から固定されるための取付穴1eが貫設されている。
【0017】
また、便器本体1の後方側には、ノズル取付壁1dよりも後方側で便鉢壁1bから略垂直方向で後方に延びる支持壁1fが設けられている。この支持壁1fはノズル取付壁1dとともに天部材5の底壁5d(図5参照)を支持している。
【0018】
図1〜3に示すように、便器本体1の後部には外周壁1aで囲まれて上下が開放された収納空間1gが形成されている。また、図2及び図3に示すように、吐水室6の後方には、ノズル取付壁1d、外周壁1a、支持壁1f、棚壁1c及び天部材5の底壁5dとともに、収納空間1gと連通するノズル収納室7が形成されている。取付穴1eは収納空間1g及びノズル収納室7側から視認できるように開いているため、ノズル8bは容易に取付穴1eに取り付けられる。天部材5の一部を開放してノズル収納室7を上方に開放すれば、ノズル8bはより容易に取付穴1eに取り付けられる。
【0019】
便器本体1は、図1に示すように、便鉢2の下端に形成された流入口2aが便鉢2の裏面で後方に延びる上昇流路2bに連通している。上昇流路2bは設置時に流入口2aより高い最高位部に位置する便器排水口2dまで延びている。便器排水口2dは、収納空間1gに向けて水平後方に開口している。収納空間1g内では、便器排水口2dに図示しないパッキンを介して排水接続管17が接続され、排水接続管17は床面Fに立ち上げられた図示しない床排水管に接続されるようになっている。
【0020】
この便器本体1は以下のように製造される。まず、排泥鋳込み成形法によって複数個の素材が成形され、各素材に切削等の加工が施される。ここで、ノズル取付壁1dを形成する素材では、そのノズル取付壁1dに相当する部分に取付穴1eが貫設される。そして、各素材が接合され、成形体とされる。この成形体に釉薬が施されて施釉品とされ、施釉品が焼成されて便器本体1が得られる。
【0021】
こうして得られた便器本体1の収納空間1g内には、前記排水接続管17が収納されるとともに、便器洗浄装置18が収納される。図2に示すように、便器収納装置18の送水管8aはノズル収納室7を経てノズル取付壁1dの取付穴1eまで導かれ、ノズル8bが取付穴1eに後方から固定される。また、図示しない便座及び便蓋が便器本体1に装着される。こうして、洋風水洗式便器が構成される。
【0022】
この洋風水洗式便器において、便器洗浄装置18から洗浄水がノズル8bに供給されると、その洗浄水は吐水室6の吐水口3から便鉢2に吐水される。洗浄水は、便鉢2内で旋回流となり、流入口2a、上昇流路2b、便器排水口2d、排水接続管17及び床排水管を経て、便鉢2内の汚物とともに排出される。
【0023】
ここで、実施例の便器本体1では、図3〜5に示すように、ノズル取付壁1dが後方から視認可能に便鉢壁1bから一壁で外方に延びて外周壁1aと一体に接続されているため、ノズル取付壁1dと便鉢壁1bとの接続部分を目視することが可能である。このため、図3に示すように、その接続部分にクラックCを生じておれば、成形体、施釉品及び便器本体1において、そのクラックCを確認することができる。
【0024】
成形体又は施釉品でクラックCを発見した場合には、補修した上で焼成したり、補修が困難であれば焼成せずに原料に戻して再利用したりすることができる。補修が困難な成形体又は施釉品を焼成しなければ、漏水の恐れのある便器本体1を焼成しないで済む。
【0025】
また、焼成後の便器本体1でクラックCを発見した場合には、漏水の恐れのある洋風水洗式便器を組付けることを回避できる。
【0026】
したがって、この便器本体1によれば、吐水室6内の洗浄水が後方に漏出する懸念を払拭することができる。また、吐水室6内の洗浄水が後方に漏出するような便器本体1を焼成しないため、エネルギの無駄使いを防止することもできる。また、漏水の恐れのある洋風水洗式便器を組付けることを回避し、組付け作業の効率化を実現することもできる。
【0027】
以上において、本発明を実施例に即して説明したが、本発明は上記実施例に制限されるものではなく、その趣旨を逸脱しない範囲で適宜変更して適用できることはいうまでもない。
【0028】
例えば、天部材5は、上記実施例のように、外側壁5a、天壁5b、内側壁5c、取付壁5e及び底壁5dからなるものに限られない。天壁の内端から下方に延びつつ外側壁に接続された傾斜壁を有する天部材を採用することも可能である。
【0029】
また、上記実施例では、図4に示すように、ノズル取付壁1dが接続される部分が1枚の外周壁1aを採用しているが、本発明はこの場合に限られない。例えば、図6に示すように、ノズル取付壁1dが接続される部分が2枚の外周壁1h、1iを採用し、内側の外周壁1iを棚壁1cと接続してもよい。
【産業上の利用可能性】
【0030】
本発明は洋風水洗式便器に利用可能である。
【図面の簡単な説明】
【0031】
【図1】実施例の洋風水洗式便器の一部模式の断面図である。
【図2】実施例の便器本体の横断面図である。
【図3】実施例の便器本体の要部拡大横断面図である。
【図4】実施例の便器本体の要部拡大縦断面図である。
【図5】実施例の便器本体の後部からの縦断面図である。
【図6】変形例の便器本体の要部拡大縦断面図である。
【符号の説明】
【0032】
F…床面
1a、1h、1i…外周壁
2…便鉢
3…吐水口
1b…便鉢壁
1c…棚壁
5d…天部材の底壁(上壁)
6…吐水室
8b…ノズル
1e…取付穴
1d…ノズル取付壁
1f…支持壁

【特許請求の範囲】
【請求項1】
床面に載置される外周壁と、
該外周壁内に位置し、便鉢を形成するとともに、該便鉢の周方向に開く単一の吐水口が上部に貫設された便鉢壁と、
後方側で該便鉢壁から該外周壁まで略水平方向に延びる棚壁と、
前記外周壁の上端で略水平方向内側に延びる上壁と、
後方側で該便鉢壁から該外周壁まで略垂直方向で側方に延び、該外周壁、該便鉢壁、該棚壁及び該上壁とともに該吐水口と連通する吐水室を形成し、ノズルが後方から取り付けられる取付穴が貫設されたノズル取付壁とを備え、
前記ノズル取付壁は、後方から視認可能に前記便鉢壁から一壁で外方に延びて該外周壁と一体に接続されていることを特徴とする陶器製便器本体。
【請求項2】
前記ノズル取付壁よりも後方側で前記便鉢壁から略垂直方向で後方に延び、前記上壁を支持する支持壁を備えている請求項1記載の陶器製便器本体。

【図1】
image rotate

【図2】
image rotate

【図3】
image rotate

【図4】
image rotate

【図5】
image rotate

【図6】
image rotate


【公開番号】特開2008−291594(P2008−291594A)
【公開日】平成20年12月4日(2008.12.4)
【国際特許分類】
【出願番号】特願2007−140743(P2007−140743)
【出願日】平成19年5月28日(2007.5.28)
【出願人】(000000479)株式会社INAX (1,429)
【Fターム(参考)】