Notice: Undefined variable: fterm_desc_sub in /mnt/www/biblio_conv.php on line 353
Nogoレセプターアンタゴニスト
説明

Nogoレセプターアンタゴニスト

【課題】Nogoレセプターアンタゴニストの提供。
【解決手段】免疫原性Nogoレセプター−1ポリペプチド、Nogoレセプター−1抗体、その抗原結合断片、その可溶性Nogoレセプターおよび融合タンパク質ならびにこれらをコードする核酸を開示する。また、Nogoレセプターアンタゴニストポリヌクレオチドを開示する。また、かかるNogoレセプター抗体、その抗原結合断片、その可溶性Nogoレセプターおよび融合タンパク質、これらをコードする核酸ならびにアンタゴニストポリヌクレオチドを含む組成物、ならびにその作製および使用方法を開示する。


Notice: Undefined index: DEJ in /mnt/www/disp_n7.php on line 301

【特許請求の範囲】
【請求項1】
製造方法であって、該方法は、NogoRバリアントをコードするヌクレオチドを発現させる工程を包含し、該NogoRバリアントのアミノ酸配列は、
(a)配列番号49のアミノ酸1〜310を含むsNogoR310ポリペプチド;または
(b)sNogoR310ポリペプチドのフラグメントであって、該フラグメントは配列番号49のアミノ酸a〜bを含み、aは25〜35の任意の整数であり、bは310である、フラグメント
において、20個までの個々のアミノ酸置換を有し、(a)または(b)と、C27、C31、C33、C43、C80、C140、C264、C266、およびC287から選択される少なくとも1つのシステイン残基がシステイン以外の残基に置換されていることによって異なり、該発現が、該NogoRバリアントが産生されるように行われる、方法。
【請求項2】
配列番号49のアミノ酸1〜310を含む前記sNogoR310ポリペプチドは、配列番号7を含む、請求項1に記載の方法
【請求項3】
前記sNogoR310ポリペプチドは、配列番号49のフラグメントを含み、aが26である、請求項1または2に記載の方法
【請求項4】
前記sNogoR310ポリペプチドは、配列番号49のフラグメントを含み、aが27である、請求項1または2に記載の方法
【請求項5】
前記NogoRバリアントのC266がシステイン以外のアミノ酸で置換されている、請求項1〜4のいずれか1項に記載の方法
【請求項6】
前記NogoRバリアントのC309がシステイン以外のアミノ酸で置換されている、請求項1〜4のいずれか1項に記載の方法
【請求項7】
前記NogoRバリアントのC266およびC309がシステイン以外のアミノ酸で置換されている、請求項1〜4のいずれか1項に記載の方法
【請求項8】
前記システイン以外のアミノ酸が、セリン、トレオニンおよびアラニンからなる群より選択される、請求項1〜7のいずれか1項に記載の方法
【請求項9】
前記システイン以外のアミノ酸が、アラニンである、請求項1〜8のいずれか1項に記載の方法
【請求項10】
前記NogoRバリアントがFc領域をさらに含む、請求項1〜9のいずれか1項に記載の方法
【請求項11】
前記Fc領域は、IgA Fc領域、IgD Fc領域、IgG Fc領域、IgE Fc領域、およびIgM Fc領域からなる群より選択される、請求項10に記載の方法。
【請求項12】
前記Fc領域は、IgG Fc領域である、請求項11に記載の方法。
【請求項13】
前記Fc領域は、C末端に存在する、請求項1〜12のいずれか1項に記載の方法
【請求項14】
前記発現させる工程が細胞内で発現させる工程を包含する、請求項1〜13のいずれか1項に記載の方法。
【請求項15】
前記ポリヌクレオチドがRNAを含む、請求項1〜14のいずれか1項に記載の方法。
【請求項16】
前記発現させる工程がベクターからRNAを発現させる工程を包含する、請求項15に記載の方法。

【図1】
image rotate

【図2】
image rotate

【図3】
image rotate

【図4】
image rotate

【図5】
image rotate

【図6】
image rotate

【図7】
image rotate

【図8】
image rotate

【図9A】
image rotate

【図9B】
image rotate

【図10A】
image rotate

【図10B】
image rotate

【図11】
image rotate

【図12】
image rotate

【図13】
image rotate

【図14】
image rotate

【図15】
image rotate

【図16A】
image rotate

【図16B】
image rotate

【図17】
image rotate

【図18】
image rotate

【図19】
image rotate

【図20】
image rotate

【図21】
image rotate

【図22】
image rotate

【図23】
image rotate

【図24A】
image rotate

【図24B】
image rotate

【図25A】
image rotate

【図25B】
image rotate

【図25C】
image rotate

【図25D】
image rotate

【図25E】
image rotate

【図26A】
image rotate

【図26B】
image rotate

【図27】
image rotate


【公開番号】特開2013−48638(P2013−48638A)
【公開日】平成25年3月14日(2013.3.14)
【国際特許分類】
【外国語出願】
【出願番号】特願2012−266674(P2012−266674)
【出願日】平成24年12月5日(2012.12.5)
【分割の表示】特願2008−552443(P2008−552443)の分割
【原出願日】平成19年1月26日(2007.1.26)
【出願人】(592221528)バイオジェン・アイデック・エムエイ・インコーポレイテッド (224)
【Fターム(参考)】