Notice: Undefined variable: fterm_desc_sub in /mnt/www/biblio_conv.php on line 353
PDE9阻害剤として使用されるアミノヘテロ環化合物
説明

PDE9阻害剤として使用されるアミノヘテロ環化合物

本発明は、PDE9を阻害する式(I)の化合物および薬学的に許容できるその塩(式中、R、R、R、Al、およびnは、本明細書で規定するとおりである)を提供する。式Iの化合物を含有する医薬組成物、ならびにアルツハイマー病や統合失調症などの神経変性障害および認知障害の治療におけるその使用も提供される。
【化1】



Notice: Undefined index: DEJ in /mnt/www/disp_n7.php on line 301

【特許請求の範囲】
【請求項1】
式(I)の化合物
【化1】

または薬学的に許容できるその塩[式中、
は、
(i)水素、
(ii)(C〜C)アルキル、
(iii)(C〜C)アルケニル、
(iv)(C〜C)アルキニル、
(v)(C〜C)アルコキシ、
(vi)(C〜C)ハロアルキル、
(vii)(C〜C)アルキル、(C〜C)アルコキシ、ハロ、(C〜C)ハロアルキル、(C〜C)ハロアルコキシ、シアノ、カルボキシ、およびカルバモイルからなる群からそれぞれ独立に選択される1個〜3個の置換基で置換されていてもよい、(C〜C)シクロアルキル、
(viii)(C〜C)アルキル、(C〜C)アルコキシ、ハロ、(C〜C)ハロアルキル、(C〜C)ハロアルコキシ、シアノ、カルボキシ、およびカルバモイルからなる群からそれぞれ独立に選択される1個〜3個の置換基で置換されていてもよい、4〜10員ヘテロシクロアルキル、
(ix)(C〜C)アルキル、(C〜C)アルコキシ、ハロ、(C〜C)ハロアルキル、(C〜C)ハロアルコキシ、シアノ、カルボキシ、およびカルバモイルからなる群からそれぞれ独立に選択される1個〜3個の置換基で置換されていてもよい、アリール、および
(x)(C〜C)アルキル、(C〜C)アルコキシ、ハロ、(C〜C)ハロアルキル、(C〜C)ハロアルコキシ、シアノ、カルボキシ、およびカルバモイルからなる群からそれぞれ独立に選択される1個〜3個の置換基で置換されていてもよい、ヘテロアリール
からなる群から選択され、
は、水素、(C〜C)アルキル、(C〜C)ハロアルキル、シアノ、および(C〜C)シクロアルキルからなる群から選択され、
は、(C〜C)アルキル、(C〜C)アルケニル、(C〜C)アルキニル、(C〜C)シクロアルキル、ヘテロシクロアルキル、アリール、およびヘテロアリールからなる群から選択され、これらはそれぞれ、(C〜C)アルキル、(C〜C)アルコキシ、ハロ、および(C〜C)ハロアルキルからなる群からそれぞれ独立に選択される1個〜3個の置換基で置換されていてもよく、
nは、1または2であり、
Aは、−CR−または−CHR−CHR−であり、
は、
(i)水素、
(ii)(C〜C)アルキル、
(iii)(C〜C)シクロアルキル、
(iv)4〜10員ヘテロシクロアルキル、
(v)(C〜C)アルキル、(C〜C)アルコキシ、ハロ、(C〜C)ハロアルキル、(C〜C)ハロアルコキシ、(C〜C)シクロアルキル、シアノ、カルボキシ、およびカルバモイルからなる群からそれぞれ独立に選択される1個〜3個の置換基で置換されていてもよい、アリール、
(vi)(C〜C)アルキル、(C〜C)アルコキシ、ハロ、(C〜C)ハロアルキル、(C〜C)ハロアルコキシ、(C〜C)シクロアルキル、シアノ、カルボキシ、およびカルバモイルからなる群からそれぞれ独立に選択される1個〜3個の置換基で置換されていてもよい、ヘテロアリール、および
(vii)LR(式中、
Lは、−CH−、−NR−、および−O−からなる群から選択され、
は、アリール、ヘテロアリール、(C〜C)アルキル、(C〜C)シクロアルキル、4〜10員ヘテロシクロアルキル、または(C〜C)アルコキシであり、これらはそれぞれ、(C〜C)アルキル、(C〜C)アルコキシ、ハロ、(C〜C)ハロアルキル、(C〜C)ハロアルコキシ、(C〜C)シクロアルキル、シアノ、カルボキシ、およびカルバモイルからなる群からそれぞれ独立に選択される1個〜3個の置換基で置換されていてもよく、
は、水素、メチル、またはエチルである)
からなる群から選択され、
は、水素、ヒドロキシル、(C〜C)アルコキシ、ハロゲン、および(C〜C)アルキルからなる群から選択され、またはRおよびRが、これらが結合している炭素と一緒になって、オキソ基が組み込まれていてもよく、(C〜C)アルキル、(C〜C)シクロアルキル、ハロ、(C〜C)アルコキシ、または(C〜C)ハロアルキルで置換されていてもよいシクロアルキル環もしくはヘテロシクロアルキル環を形成しており、
は、(C〜C)アルコキシまたはR−O−C(O)−(式中、Rは、(C〜C)アルキルである)であり、
は、ハロ、(C〜C)アルキル、(C〜C)シクロアルキル、(C〜C)アルコキシ、または(C〜C)ハロアルキルで置換されていてもよい、アリール、ヘテロアリールもしくはヘテロシクロアルキルであり、またはRおよびRが、これらが結合している炭素と一緒になって、オキソ基が組み込まれていてもよく、(C〜C)アルキル、(C〜C)シクロアルキル、ハロ、(C〜C)アルコキシ、または(C〜C)ハロアルキルで置換されていてもよいシクロアルキル環もしくはヘテロシクロアルキル環を形成している]。
【請求項2】
が、
(i)(C〜C)アルキル、
(ii)(C〜C)シクロアルキル、
(iii)(C〜C)ハロアルキル、
(iv)置換されていてもよい4〜10員ヘテロシクロアルキル、
(v)置換されていてもよいアリール、および
(vi)置換されていてもよいヘテロアリール
からなる群から選択され、
が、水素、(C〜C)アルキル、(C〜C)ハロアルキル、シアノ、およびシクロプロピルからなる群から選択され、
が、
(i)水素、
(ii)(C〜C)アルキル、(C〜C)アルコキシ、ハロ、(C〜C)ハロアルキル、(C〜C)ハロアルコキシ、(C〜C)シクロアルキル、シアノ、カルボキシ、およびカルバモイルからなる群からそれぞれ独立に選択される1個〜3個の置換基で置換されていてもよい、アリール、
(iii)(C〜C)アルキル、(C〜C)アルコキシ、ハロ、(C〜C)ハロアルキル、(C〜C)ハロアルコキシ、(C〜C)シクロアルキル、シアノ、カルボキシ、およびカルバモイルからなる群からそれぞれ独立に選択される1個〜3個の置換基で置換されていてもよい、ヘテロアリール、および
(iv)LR(式中、
Lは、−CH−、−NR−、および−O−からなる群から選択され、
は、アリールまたはヘテロアリールであり、これらはそれぞれ、(C〜C)アルキル、(C〜C)アルコキシ、ハロ、(C〜C)ハロアルキル、(C〜C)ハロアルコキシ、(C〜C)シクロアルキル、シアノ、カルボキシ、およびカルバモイルからなる群からそれぞれ独立に選択される1個〜3個の置換基で置換されていてもよい)
からなる群から選択され、
が、水素、ヒドロキシル、(C〜C)アルコキシ、ハロ、および(C〜C)アルキルからなる群から選択され、またはRおよびRが、これらが結合している炭素と一緒になって、環式ケトンを形成しており、
が、ハロ、(C〜C)アルキル、または(C〜C)ハロアルキルで置換されていてもよいアリールもしくはヘテロアリールであり、またはRおよびRが、これらが結合している炭素と一緒になって、オキソ基が組み込まれていてもよく、(C〜C)アルキル、(C〜C)シクロアルキル、ハロ、(C〜C)アルコキシ、または(C〜C)ハロアルキルで置換されていてもよいシクロアルキル環もしくはヘテロシクロアルキル環を形成している、請求項1に記載の化合物。
【請求項3】
が、(C〜C)アルキル、(C〜C)シクロアルキル、またはフェニルであり、
が水素であり、
が、イソプロピル、シクロブチル、シクロペンチル、テトラヒドロフラニル、およびテトラヒドロピラニルからなる群から選択され、
Aが−CR−であり、
Lが−CH−または−O−である、請求項2に記載の化合物または薬学的に許容できるその塩。
【請求項4】
が、メチル、エチル、シクロプロピル、またはフェニルであり、
が、水素、フェニル、ピリジニル、ピリミジニル、キノリニル、ピラジニル、ピリダジニル、フタラジニル、キナゾリニル、ナフチリジニル、キノキサリニル、イソキノリニル、ベンゾフラニル、ジヒドロベンゾフラニルからなる群から選択され、これらはそれぞれ、(C〜C)アルキル、(C〜C)アルコキシ、ハロ、(C〜C)シクロアルキル、カルバモイル、およびLRからなる群からそれぞれ独立に選択される1個〜3個の置換基で置換されていてもよく、
が、水素、メチル、ヒドロキシ、およびハロからなる群から選択され、またはRおよびRが、これらが結合している炭素と一緒になって、ベンゾピラノンを形成しており、
が、フェニル、ピリミジニル、ピリジニル、ピラジニル、キノキサリニル、フタラジニル、ピリダジニル、キナゾリニル、ナフチリジニル、イソキノリニル、キノリニル、ベンゾフラニルであり、これらはそれぞれ、(C〜C)アルキル、(C〜C)アルコキシ、ハロ、(C〜C)ハロアルキル、(C〜C)ハロアルコキシ、およびシアノからなる群からそれぞれ独立に選択される1個〜3個の置換基で置換されていてもよい、請求項3に記載の化合物または薬学的に許容できるその塩。
【請求項5】
が、メチルまたはエチルであり、
nが1であり、
が、シクロペンチルまたはテトラヒドロ−2H−ピラニルであり、
が、ピリミジニルまたはLRであり、
が、水素、メチル、ヒドロキシ、またはフルオロであり、
Lが−O−であり、
が、置換されていてもよいフェニルである、請求項4に記載の化合物または薬学的に許容できるその塩。
【請求項6】
が、メチル、エチル、シクロプロピル、またはフェニルであり、
が水素であり、
が、イソプロピル、シクロブチル、シクロペンチル、およびテトラヒドロ−2H−ピラン−4−イルからなる群から選択され、
nが1であり、
Aが−CHR−CHR−であり、
が、メトキシまたはR−O−C(O)−(式中、Rはメチルである)であり、
が、ハロで置換されていてもよいフェニルであり、またはRおよびRが、これらが結合している炭素と一緒になって、ハロで置換されていてもよいジヒドロキノロンを形成している、請求項1に記載の化合物または薬学的に許容できるその塩。
【請求項7】
1−シクロペンチル−6−[(1R)−1−(3−ピリミジン−2−イルアゼチジン−1−イル)エチル]−1,5−ジヒドロ−4H−ピラゾロ[3,4−d]ピリミジン−4−オン;
1−シクロペンチル−6−{(1R)−1−[3−(ピリミジン−2−イルオキシ)アゼチジン−1−イル]エチル}−1,5−ジヒドロ−4H−ピラゾロ[3,4−d]ピリミジン−4−オン;
1−シクロペンチル−6−[(1R)−1−(3−ピリジン−2−イルアゼチジン−1−イル)エチル]−1,5−ジヒドロ−4H−ピラゾロ[3,4−d]ピリミジン−4−オン;
1−シクロペンチル−6−[(1R)−1−(3−ピリジン−4−イルアゼチジン−1−イル)エチル]−1,5−ジヒドロ−4H−ピラゾロ[3,4−d]ピリミジン−4−オン;
1−シクロペンチル−6−[(1R)−1−(3−ピリジン−3−イルアゼチジン−1−イル)エチル]−1,5−ジヒドロ−4H−ピラゾロ[3,4−d]ピリミジン−4−オン;
1−シクロペンチル−6−[(1R)−1−(3−ピリミジン−5−イルアゼチジン−1−イル)エチル]−1,5−ジヒドロ−4H−ピラゾロ[3,4−d]ピリミジン−4−オン;
1−シクロペンチル−6−[(1R)−1−(3−ピリダジン−3−イルアゼチジン−1−イル)エチル]−1,5−ジヒドロ−4H−ピラゾロ[3,4−d]ピリミジン−4−オン;
1−シクロペンチル−6−{(1R)−1−[3−(ピリミジン−5−イルメチル)アゼチジン−1−イル]エチル}−1,5−ジヒドロ−4H−ピラゾロ[3,4−d]ピリミジン−4−オン;
1−シクロペンチル−6−[(1R)−1−(3−ピリミジン−4−イルアゼチジン−1−イル)エチル]−1,5−ジヒドロ−4H−ピラゾロ[3,4−d]ピリミジン−4−オン;
1−シクロペンチル−6−{(1R)−1−[3−(2−メチルピリミジン−4−イル)アゼチジン−1−イル]エチル}−1,5−ジヒドロ−4H−ピラゾロ[3,4−d]ピリミジン−4−オン;
1−シクロペンチル−6−[(1R)−1−(3−キノリン−2−イルアゼチジン−1−イル)エチル]−1,5−ジヒドロ−4H−ピラゾロ[3,4−d]ピリミジン−4−オン;
1−シクロペンチル−6−{(1R)−1−[(3R)−3−(ピリミジン−2−イルオキシ)ピロリジン−1−イル]エチル}−1,5−ジヒドロ−4H−ピラゾロ[3,4−d]ピリミジン−4−オン;
1−シクロペンチル−6−{(1R)−1−[(3S)−3−(ピリミジン−2−イルオキシ)ピロリジン−1−イル]エチル}−1,5−ジヒドロ−4H−ピラゾロ[3,4−d]ピリミジン−4−オン;
1−シクロペンチル−6−[(1R)−1−{3−[(6−メチルピリジン−3−イル)メチル]アゼチジン−1−イル}エチル]−1,5−ジヒドロ−4H−ピラゾロ[3,4−d]ピリミジン−4−オン;
1−シクロペンチル−6−[(1R)−1−(3−ピリミジン−2−イルピロリジン−1−イル)エチル]−1,5−ジヒドロ−4H−ピラゾロ[3,4−d]ピリミジン−4−オン;
1−シクロペンチル−6−{(1R)−1−[3−(5−メチルピリミジン−2−イル)アゼチジン−1−イル]エチル}−1,5−ジヒドロ−4H−ピラゾロ[3,4−d]ピリミジン−4−オン;
1−シクロペンチル−6−{(1R)−1−[3−(5−シクロプロピルピリミジン−2−イル)アゼチジン−1−イル]エチル}−1,5−ジヒドロ−4H−ピラゾロ[3,4−d]ピリミジン−4−オン;
1−シクロペンチル−6−{(1R)−1−[3−(4,6−ジメチルピリミジン−2−イル)アゼチジン−1−イル]エチル}−1,5−ジヒドロ−4H−ピラゾロ[3,4−d]ピリミジン−4−オン;
1−シクロペンチル−6−{(1R)−1−[3−(4−メチルピリミジン−2−イル)アゼチジン−1−イル]エチル}−1,5−ジヒドロ−4H−ピラゾロ[3,4−d]ピリミジン−4−オン;
1−シクロペンチル−6−{(1R)−1−[3−(3−フルオロベンジル)アゼチジン−1−イル]エチル}−1,5−ジヒドロ−4H−ピラゾロ[3,4−d]ピリミジン−4−オン;
(3aR,9bR)−2−[(1R)−1−(1−シクロペンチル−4−オキソ−4,5−ジヒドロ−1H−ピラゾロ[3,4−d]ピリミジン−6−イル)エチル]−1,2,3,3a,5,9b−ヘキサヒドロ−4H−ピロロ[3,4−c]キノリン−4−オン;
6−{(1R)−1−[3−(6−ブロモピリジン−2−イル)ピロリジン−1−イル]エチル}−1−シクロペンチル−1,5−ジヒドロ−4H−ピラゾロ[3,4−d]ピリミジン−4−オン;
(3aR,9bR)−8−クロロ−2−[(1R)−1−(1−シクロペンチル−4−オキソ−4,5−ジヒドロ−1H−ピラゾロ[3,4−d]ピリミジン−6−イル)エチル]−1,2,3,3a,5,9b−ヘキサヒドロ−4H−ピロロ[3,4−c]キノリン−4−オン;
1−シクロペンチル−6−[(1R)−1−(3−フェニルピロリジン−1−イル)エチル]−1,5−ジヒドロ−4H−ピラゾロ[3,4−d]ピリミジン−4−オン;
1−シクロペンチル−6−{(1R)−1−[3−(2,3−ジメトキシフェニル)ピロリジン−1−イル]エチル}−1,5−ジヒドロ−4H−ピラゾロ[3,4−d]ピリミジン−4−オン;
4−({1−[(1R)−1−(1−シクロペンチル−4−オキソ−4,5−ジヒドロ−1H−ピラゾロ[3,4−d]ピリミジン−6−イル)エチル]アゼチジン−3−イル}オキシ)ベンゾニトリル;
1−シクロペンチル−6−{(1R)−1−[3−(3−メチルフェノキシ)アゼチジン−1−イル]エチル}−1,5−ジヒドロ−4H−ピラゾロ[3,4−d]ピリミジン−4−オン;
1−シクロペンチル−6−{(1R)−1−[3−(3−メトキシフェノキシ)アゼチジン−1−イル]エチル}−1,5−ジヒドロ−4H−ピラゾロ[3,4−d]ピリミジン−4−オン;
1−シクロペンチル−6−{(1R)−1−[3−(3−メトキシフェニル)−3−メチルピロリジン−1−イル]エチル}−1,5−ジヒドロ−4H−ピラゾロ[3,4−d]ピリミジン−4−オン;
6−{(1R)−1−[3−(2−クロロフェニル)ピロリジン−1−イル]エチル}−1−シクロペンチル−1,5−ジヒドロ−4H−ピラゾロ[3,4−d]ピリミジン−4−オン;
1−シクロペンチル−6−{(1R)−1−[3−(2−フルオロフェニル)ピロリジン−1−イル]エチル}−1,5−ジヒドロ−4H−ピラゾロ[3,4−d]ピリミジン−4−オン;
1−シクロペンチル−6−{(1R)−1−[3−(4−フルオロフェニル)ピロリジン−1−イル]エチル}−1,5−ジヒドロ−4H−ピラゾロ[3,4−d]ピリミジン−4−オン;
6−{(1R)−1−[3−(3−クロロフェニル)ピロリジン−1−イル]エチル}−1−シクロペンチル−1,5−ジヒドロ−4H−ピラゾロ[3,4−d]ピリミジン−4−オン;
1−シクロペンチル−6−[(1R)−1−(3−ピリジン−4−イルピロリジン−1−イル)エチル]−1,5−ジヒドロ−4H−ピラゾロ[3,4−d]ピリミジン−4−オン;
1−シクロペンチル−6−{(1R)−1−[(3R)−3−(2−メチルフェノキシ)ピロリジン−1−イル]エチル}−1,5−ジヒドロ−4H−ピラゾロ[3,4−d]ピリミジン−4−オン;
6−{(1R)−1−[3−(3−クロロフェノキシ)アゼチジン−1−イル]エチル}−1−シクロペンチル−1,5−ジヒドロ−4H−ピラゾロ[3,4−d]ピリミジン−4−オン;
6−{(1S)−1−[(3R)−3−(2−クロロフェノキシ)ピロリジン−1−イル]エチル}−1−シクロペンチル−1,5−ジヒドロ−4H−ピラゾロ[3,4−d]ピリミジン−4−オン;
1−シクロペンチル−6−{(1R)−1−[3−(ピリジン−3−イルオキシ)アゼチジン−1−イル]エチル}−1,5−ジヒドロ−4H−ピラゾロ[3,4−d]ピリミジン−4−オン;
1−シクロペンチル−6−{(1R)−1−[3−(2,5−ジクロロフェノキシ)アゼチジン−1−イル]エチル}−1,5−ジヒドロ−4H−ピラゾロ[3,4−d]ピリミジン−4−オン;
4−{1−[(1R)−1−(1−シクロペンチル−4−オキソ−4,5−ジヒドロ−1H−ピラゾロ[3,4−d]ピリミジン−6−イル)エチル]ピロリジン−3−イル}−N,N−ジメチルベンズアミド;
1−シクロペンチル−6−{(1R)−1−[3−(2,5−ジメトキシフェニル)ピロリジン−1−イル]エチル}−1,5−ジヒドロ−4H−ピラゾロ[3,4−d]ピリミジン−4−オン;
1−シクロペンチル−6−{(1R)−1−[(3R)−3−(2−メトキシフェノキシ)ピロリジン−1−イル]エチル}−1,5−ジヒドロ−4H−ピラゾロ[3,4−d]ピリミジン−4−オン;
6−[(1R)−1−(3−ベンジルアゼチジン−1−イル)エチル]−1−シクロペンチル−1,5−ジヒドロ−4H−ピラゾロ[3,4−d]ピリミジン−4−オン;
N−シクロブチル−3−{1−[(1R)−1−(1−シクロペンチル−4−オキソ−4,5−ジヒドロ−1H−ピラゾロ[3,4−d]ピリミジン−6−イル)エチル]ピロリジン−3−イル}ベンズアミド;
1−シクロペンチル−6−{(1R)−1−[3−(3,4−ジフルオロフェノキシ)アゼチジン−1−イル]エチル}−1,5−ジヒドロ−4H−ピラゾロ[3,4−d]ピリミジン−4−オン;
6−{(1R)−1−[3−(4−クロロフェノキシ)アゼチジン−1−イル]エチル}−1−シクロペンチル−1,5−ジヒドロ−4H−ピラゾロ[3,4−d]ピリミジン−4−オン;
1−シクロペンチル−6−{(1R)−1−[3−(4−メトキシフェノキシ)アゼチジン−1−イル]エチル}−1,5−ジヒドロ−4H−ピラゾロ[3,4−d]ピリミジン−4−オン;
1−シクロペンチル−6−{(1R)−1−[(3S)−3−(2−メトキシフェノキシ)ピロリジン−1−イル]エチル}−1,5−ジヒドロ−4H−ピラゾロ[3,4−d]ピリミジン−4−オン;
2−({(3R)−1−[(1R)−1−(1−シクロペンチル−4−オキソ−4,5−ジヒドロ−1H−ピラゾロ[3,4−d]ピリミジン−6−イル)エチル]ピロリジン−3−イル}オキシ)ベンゾニトリル;
1−シクロペンチル−6−[(1R)−1−{3−[4−(トリフルオロメチル)フェノキシ]アゼチジン−1−イル}エチル]−1,5−ジヒドロ−4H−ピラゾロ[3,4−d]ピリミジン−4−オン;
メチル(3R,4S)−1−[(1R)−1−(1−シクロペンチル−4−オキソ−4,5−ジヒドロ−1H−ピラゾロ[3,4−d]ピリミジン−6−イル)エチル]−4−(4−フルオロフェニル)ピロリジン−3−カルボキシレート;
1−シクロペンチル−6−{(1R)−1−[(3S,4R)−3−メトキシ−4−フェニルピロリジン−1−イル]エチル}−1,5−ジヒドロ−4H−ピラゾロ[3,4−d]ピリミジン−4−オン;
1−シクロペンチル−6−[(1R)−1−{3−[3−(トリフルオロメチル)フェノキシ]アゼチジン−1−イル}エチル]−1,5−ジヒドロ−4H−ピラゾロ[3,4−d]ピリミジン−4−オン;
6−{(1R)−1−[3−(2−クロロ−5−フルオロフェノキシ)アゼチジン−1−イル]エチル}−1−シクロペンチル−1,5−ジヒドロ−4H−ピラゾロ[3,4−d]ピリミジン−4−オン;
1−[(1R)−1−(1−シクロペンチル−4−オキソ−4,5−ジヒドロ−1H−ピラゾロ[3,4−d]ピリミジン−6−イル)エチル]スピロ[アゼチジン−3,2’−クロメン]−4’(3’H)−オン;
1−シクロペンチル−6−{(1R)−1−[3−(4−フルオロフェノキシ)アゼチジン−1−イル]エチル}−1,5−ジヒドロ−4H−ピラゾロ[3,4−d]ピリミジン−4−オン;
からなる群から選択される、請求項1に記載の化合物または薬学的に許容できるその塩。
【請求項8】
6−{(1R)−1−[3−(4−メチルピリジン−2−イル)アゼチジン−1−イル]エチル}−1−(テトラヒドロ−2H−ピラン−4−イル)−1,5−ジヒドロ−4H−ピラゾロ[3,4−d]ピリミジン−4−オン;
6−[シクロプロピル(3−フェノキシアゼチジン−1−イル)メチル]−1−(テトラヒドロ−2H−ピラン−4−イル)−1,5−ジヒドロ−4H−ピラゾロ[3,4−d]ピリミジン−4−オン;
2−フルオロ−5−[(1−{1−[4−オキソ−1−(テトラヒドロ−2H−ピラン−4−イル)−4,5−ジヒドロ−1H−ピラゾロ[3,4−d]ピリミジン−6−イル]エチル}アゼチジン−3−イル)オキシ]ベンゾニトリル;
6−[(1R)−1−(3−キノリン−2−イルアゼチジン−1−イル)エチル]−1−(テトラヒドロ−2H−ピラン−4−イル)−1,5−ジヒドロ−4H−ピラゾロ[3,4−d]ピリミジン−4−オン;
6−{(1R)−1−[3−(6−メチルピリジン−2−イル)アゼチジン−1−イル]エチル}−1−(テトラヒドロ−2H−ピラン−4−イル)−1,5−ジヒドロ−4H−ピラゾロ[3,4−d]ピリミジン−4−オン;
6−{(1R)−1−[3−(4−フルオロフェノキシ)アゼチジン−1−イル]エチル}−1−(テトラヒドロ−2H−ピラン−4−イル)−1,5−ジヒドロ−4H−ピラゾロ[3,4−d]ピリミジン−4−オン;
6−{(1R)−1−[3−(5−クロロピリミジン−2−イル)アゼチジン−1−イル]エチル}−1−(テトラヒドロ−2H−ピラン−4−イル)−1,5−ジヒドロ−4H−ピラゾロ[3,4−d]ピリミジン−4−オン;
6−[(1R)−1−(3−フェニルアゼチジン−1−イル)エチル]−1−(テトラヒドロ−2H−ピラン−4−イル)−1,5−ジヒドロ−4H−ピラゾロ[3,4−d]ピリミジン−4−オン;
6−[(1R)−1−(3−ピラジン−2−イルアゼチジン−1−イル)エチル]−1−(テトラヒドロ−2H−ピラン−4−イル)−1,5−ジヒドロ−4H−ピラゾロ[3,4−d]ピリミジン−4−オン;
6−[(1R)−1−(3−ピリミジン−2−イルアゼチジン−1−イル)エチル]−1−(テトラヒドロ−2H−ピラン−4−イル)−1,5−ジヒドロ−4H−ピラゾロ[3,4−d]ピリミジン−4−オン;
6−[(1R)−1−(3−ピリジン−2−イルアゼチジン−1−イル)エチル]−1−(テトラヒドロ−2H−ピラン−4−イル)−1,5−ジヒドロ−4H−ピラゾロ[3,4−d]ピリミジン−4−オン;
6−[(1R)−1−(3−ピリジン−4−イルアゼチジン−1−イル)エチル]−1−(テトラヒドロ−2H−ピラン−4−イル)−1,5−ジヒドロ−4H−ピラゾロ[3,4−d]ピリミジン−4−オン;
6−[(1R)−1−(3−ピリジン−3−イルアゼチジン−1−イル)エチル]−1−(テトラヒドロ−2H−ピラン−4−イル)−1,5−ジヒドロ−4H−ピラゾロ[3,4−d]ピリミジン−4−オン;
6−[(1R)−1−(3−ピリミジン−5−イルアゼチジン−1−イル)エチル]−1−(テトラヒドロ−2H−ピラン−4−イル)−1,5−ジヒドロ−4H−ピラゾロ[3,4−d]ピリミジン−4−オン;
6−[(1R)−1−(3−ピリダジン−3−イルアゼチジン−1−イル)エチル]−1−(テトラヒドロ−2H−ピラン−4−イル)−1,5−ジヒドロ−4H−ピラゾロ[3,4−d]ピリミジン−4−オン;
6−{(1R)−1−[3−(2−メチルピリミジン−4−イル)アゼチジン−1−イル]エチル}−1−(テトラヒドロ−2H−ピラン−4−イル)−1,5−ジヒドロ−4H−ピラゾロ[3,4−d]ピリミジン−4−オン;
6−{(1R)−1−[3−(3−フルオロベンジル)アゼチジン−1−イル]エチル}−1−(テトラヒドロ−2H−ピラン−4−イル)−1,5−ジヒドロ−4H−ピラゾロ[3,4−d]ピリミジン−4−オン;
6−[(1R)−1−(3−フェノキシアゼチジン−1−イル)エチル]−1−(テトラヒドロ−2H−ピラン−4−イル)−1,5−ジヒドロ−4H−ピラゾロ[3,4−d]ピリミジン−4−オン;
6−{(1R)−1−[3−(6−メチルピリジン−2−イル)アゼチジン−1−イル]プロピル}−1−(テトラヒドロ−2H−ピラン−4−イル)−1,5−ジヒドロ−4H−ピラゾロ[3,4−d]ピリミジン−4−オン;
6−[(1R)−1−(3−ピリジン−2−イルアゼチジン−1−イル)プロピル]−1−(テトラヒドロ−2H−ピラン−4−イル)−1,5−ジヒドロ−4H−ピラゾロ[3,4−d]ピリミジン−4−オン;
6−{(1R)−1−[3−(5−メチルピリミジン−2−イル)アゼチジン−1−イル]プロピル}−1−(テトラヒドロ−2H−ピラン−4−イル)−1,5−ジヒドロ−4H−ピラゾロ[3,4−d]ピリミジン−4−オン;
6−{(1R)−1−[3−(5−クロロピリミジン−2−イル)アゼチジン−1−イル]プロピル}−1−(テトラヒドロ−2H−ピラン−4−イル)−1,5−ジヒドロ−4H−ピラゾロ[3,4−d]ピリミジン−4−オン;
6−{(1R)−1−[3−(ピリミジン−2−イルメチル)アゼチジン−1−イル]エチル}−1−(テトラヒドロ−2H−ピラン−4−イル)−1,5−ジヒドロ−4H−ピラゾロ[3,4−d]ピリミジン−4−オン;
6−{(1R)−1−[3−(5−メチルピリミジン−2−イル)アゼチジン−1−イル]エチル}−1−(テトラヒドロ−2H−ピラン−4−イル)−1,5−ジヒドロ−4H−ピラゾロ[3,4−d]ピリミジン−4−オン;
6−{(1R)−1−[3−(5−シクロプロピルピリミジン−2−イル)アゼチジン−1−イル]エチル}−1−(テトラヒドロ−2H−ピラン−4−イル)−1,5−ジヒドロ−4H−ピラゾロ[3,4−d]ピリミジン−4−オン;
6−{(1R)−1−[3−(4,6−ジメチルピリミジン−2−イル)アゼチジン−1−イル]エチル}−1−(テトラヒドロ−2H−ピラン−4−イル)−1,5−ジヒドロ−4H−ピラゾロ[3,4−d]ピリミジン−4−オン;および
6−{(1R)−1−[3−(4−メチルピリミジン−2−イル)アゼチジン−1−イル]エチル}−1−(テトラヒドロ−2H−ピラン−4−イル)−1,5−ジヒドロ−4H−ピラゾロ[3,4−d]ピリミジン−4−オン;
からなる群から選択される、請求項1に記載の化合物または薬学的に許容できるその塩。
【請求項9】
1−シクロブチル−6−{(1R)−1−[3−(ピリミジン−2−イルオキシ)アゼチジン−1−イル]エチル}−1,5−ジヒドロ−4H−ピラゾロ[3,4−d]ピリミジン−4−オン、および
1−イソプロピル−6−[1−(3−フェノキシアゼチジン−1−イル)エチル]−1,5−ジヒドロ−4H−ピラゾロ[3,4−d]ピリミジン−4−オン、
からなる群から選択される、請求項1に記載の化合物または薬学的に許容できるその塩。
【請求項10】
請求項1から9のいずれか一項に記載の化合物または薬学的に許容できるその塩と、薬学的に許容できる媒体、担体、または希釈剤とを含む医薬組成物。
【請求項11】
第二の医薬剤をさらに含む、請求項10に記載の組成物。
【請求項12】
前記第二の医薬剤が、ディメボン、ドネペジル、ガランタミン、メマンチン、リバスチグミン、およびタクリンからなる群から選択される、請求項11に記載の組成物。
【請求項13】
そのような阻害が必要である哺乳動物においてPDE9を阻害する方法であって、前記哺乳動物に、PDE9を阻害する量の
a)請求項1から9のいずれか一項に記載の化合物もしくは薬学的に許容できるその塩、または
b)請求項1から9のいずれか一項に記載の化合物もしくは薬学的に許容できるその塩と、薬学的に許容できる媒体、担体、もしくは希釈剤とを含む医薬組成物
を投与するステップを含む方法。
【請求項14】
そのような治療が必要である哺乳動物において神経変性疾患を治療する方法であって、前記哺乳動物に、治療有効量の
a)請求項1から9のいずれか一項に記載の化合物もしくは薬学的に許容できるその塩、または
b)請求項1から9のいずれか一項に記載の化合物もしくは薬学的に許容できるその塩と、薬学的に許容できる媒体、担体、もしくは希釈剤とを含む医薬組成物
を投与するステップを含む方法。
【請求項15】
前記疾患がアルツハイマー病である、請求項14に記載の方法。
【請求項16】
そのような神経修復が必要である哺乳動物において神経修復を促進する方法であって、前記哺乳動物に、治療有効量の
a)請求項1から9のいずれか一項に記載の化合物もしくは薬学的に許容できるその塩、または
b)請求項1から9のいずれか一項に記載の化合物もしくは薬学的に許容できるその塩と、薬学的に許容できる媒体、担体、もしくは希釈剤とを含む医薬組成物
を投与するステップを含む方法。
【請求項17】
脳の損傷を患う哺乳動物において機能回復を促進する方法であって、前記哺乳動物に、治療有効量の
a)請求項1から9のいずれか一項に記載の化合物もしくは薬学的に許容できるその塩、または
b)請求項1から9のいずれか一項に記載の化合物もしくは薬学的に許容できるその塩と、薬学的に許容できる媒体、担体、もしくは希釈剤とを含む医薬組成物
を投与するステップを含む方法。
【請求項18】
そのような治療が必要である哺乳動物において認知障害を治療する方法であって、前記哺乳動物に、治療有効量の
a)請求項1から9のいずれか一項に記載の化合物もしくは薬学的に許容できるその塩、または
b)請求項1から9のいずれか一項に記載の化合物もしくは薬学的に許容できるその塩と、薬学的に許容できる媒体、担体、もしくは希釈剤とを含む医薬組成物
を投与するステップを含む方法。
【請求項19】
そのような強化が必要である哺乳動物において認知力を強化する方法であって、前記哺乳動物に、認知力を強化する量の
a)請求項1から9のいずれか一項に記載の化合物もしくは薬学的に許容できるその塩、または
b)請求項1から9のいずれか一項に記載の化合物もしくは薬学的に許容できるその塩と、薬学的に許容できる媒体、担体、もしくは希釈剤とを含む医薬組成物
を投与するステップを含む方法。
【請求項20】
前記哺乳動物がヒトである、請求項13から19のいずれか一項に記載の方法。

【公表番号】特表2012−515761(P2012−515761A)
【公表日】平成24年7月12日(2012.7.12)
【国際特許分類】
【出願番号】特願2011−547011(P2011−547011)
【出願日】平成22年1月13日(2010.1.13)
【国際出願番号】PCT/IB2010/050133
【国際公開番号】WO2010/084438
【国際公開日】平成22年7月29日(2010.7.29)
【出願人】(593141953)ファイザー・インク (302)
【Fターム(参考)】