説明

株式会社IHIにより出願された特許

2,041 - 2,050 / 5,014


【課題】サージングの原因になるブレード13の前縁付近における空気の流れの剥離を十分に抑制して、遠心圧縮機1の作動域を低流量側に拡大すること。
【解決手段】ハウジング3の内壁5におけるインペラ7の入口側に、シュラウド周辺におけるガスの流れにインペラ7の回転方向と逆方向の旋回を与える複数枚の入口ガイドベーン27が周方向に間隔を置いて設けられていること。 (もっと読む)


【課題】バルブプレートを案内する凸部の段付き摩耗を低コストで防止できる往復動圧縮機の弁装置を提供する。
【解決手段】往復動圧縮機のピストン昇降に伴って変化する気圧により開閉作動される弁装置14であって、シリンダの吸入口又は吐出口に装着されるバルブシート16と、バルブシート16の穴15を開閉するように着座離間されるリング板状のバルブプレート17と、バルブプレート17をバルブシート16に押し付ける波板状のバルブスプリング19と、波板状のバッキングプレート20と、バルブスプリング19からの反力を支持する支持プレート22と、バルブプレート17の外縁又は内縁に接してバルブプレート17の着座離間方向の移動をガイドする凸部23とを有し、バルブシート16及びバルブスプリング19が金属製であり、これらに挟まれた状態で凸部23にガイドされるバルブプレート17が樹脂製である。 (もっと読む)


【課題】航空機用ジェットエンジンの改造箇所が少なく、かつ離陸時のエンジン推力損失なしにジェット騒音を低減することができる航空機用ジェットエンジンの騒音低減装置と方法を提供する。
【解決手段】航空機用ジェットエンジン1のエンジン排気ノズルNに取付けられエンジン排気ノズルを流れる排気ガスに圧縮空気を噴射する圧縮空気噴射管12と、圧縮空気を発生する補助エンジン14と、補助エンジンから圧縮空気噴射管に圧縮空気を抽気して供給する圧縮空気抽気管16と、圧縮空気抽気管の途中に設けられ圧縮空気を圧縮空気噴射管とキャビンに排他的に切替可能な圧縮空気切替弁18とを備える。離陸時に、圧縮空気切替弁18を圧縮空気噴射管12側に切替えて、圧縮空気噴射管から圧縮空気を噴射して騒音を低減し、
離陸時以外に、圧縮空気切替弁18をキャビン側に切替えて、キャビン内に圧縮空気を供給する。 (もっと読む)


【課題】専門的技術を必要とせず、現場で迅速かつ簡便に硫黄酸化細菌活性を測定し得る方法、及び該方法に好適に用いられるキットの提供
【解決手段】被検試料中の硫黄酸化細菌の活性を測定する方法であって、滅菌処理を施した硫黄酸化細菌培養用溶液を入れたゴム栓付密閉容器に、被検試料と硫化ナトリウム液とpH調整剤とを添加して混合した後、所定時間培養後、当該ゴム栓付密閉容器内の気相中の硫化水素量及び/又は当該ゴム栓付密閉容器内の液相中の溶存硫化物量を測定することを特徴とする、硫黄酸化細菌活性の測定方法、及び、該測定方法に用いられる硫黄酸化細菌活性測定用キット。 (もっと読む)


【課題】種々の形状の把持対象物を確実に把持することができるハンドユニットを備えた門型クレーンを提供する。
【解決手段】一対の走行レール12に沿って移動可能な左右一対の支持脚2と、両端が前記支持脚2上に支持されているクレーン桁3と、前記クレーン桁3に取り付けられるハンドリング装置4であって、前記クレーン桁3に沿って摺動可能であり、かつ前記クレーン桁3に対して昇降可能に取り付けられる基部材6と、該基部材6の下部に水平に延びて配設され、かつ前記基部材6の軸廻りに回転可能な横桁7と、少なくとも1個が前記横桁7に沿って摺動可能に取り付けられた複数のハンドユニット8であって、把持対象物を把持するための把持部11と、該把持部11が端部に取り付けられたハンド本体10とを有するハンドユニット8とを有するハンドリング装置4と、を備えた。 (もっと読む)


【課題】部材の倒立、配送、及び溶接を効率よく全自動化し、円滑に部材を組み立てることのできる部材組立装置を提供すること。
【解決手段】パレット上に平置きされた板材を、倒立用ロボット(10)により倒立させて倒立部材置場(28)に配設し、当該倒立された板材を配送機構(38)のクランプハンド(42)により把持して溶接部(6)へと配送し、溶接ロボット(52)により仮溶接を施す。 (もっと読む)


【課題】平板の端面にフェース材を取り付ける場合に、平板に反りなどの変形が生じていたとしても、平板にフェース材をほぼ垂直に保持しつつ所定位置に配置可能な金属板位置決め装置を提供する。
【解決手段】クレーン1に回転可能に支持されて、水平方向及び鉛直方向に移動可能とした装置基部11と、この装置基部11に対して該装置基部11の回転軸と直交する方向の軸14回りに回動可能に支持されて、フェース材Fを保持解放するハンド12と、このハンド12にフェース材Fが保持された状態で、ハンド12に対するフェース材Fの位置及び姿勢を検出する位置決め体17及びレーザセンサなどのセンサ18と、ベースパネルBPの近傍に位置した段階で、装置基部11に設定された基準点からベースパネルBPまでの距離を計測するレーザ距離計21を備えている。 (もっと読む)


【課題】特性の異なる螺合部品(雄ねじ、ボルト、ナット等)であっても、ばね等の交換や、段取り等なしに、被螺合部(雌ねじ穴、雄ねじ部材等)にねじ締めを正確かつ確実に行うことができる自動ねじ締め装置とその制御方法を提供する。
【解決手段】ロボットアーム先端5に取り付けられ、これに作用する外力を検出する力センサ12と、力センサに取り付けられ、所定の螺合部品1を把持し所定の軸心を中心に回転駆動する把持回転装置14と、力センサで検出した軸方向の外力が予め設定した押付力となるようにロボットアーム先端5を力制御する力制御装置16とを備える。 (もっと読む)


【課題】ブラシの長寿命化を実現するとともに、スラグ及びスパッタ等の除去作業を安定的に行うことのできるブラシ装置を提供すること。
【解決手段】モータ(6)により回転する駆動軸(8)の先端にブラシ部材(10)を設け、駆動軸を回転軸方向に摺動自在に軸支しつつブラシ部材と同期回転するブラシカバーによりブラシ部材を覆い、当該ブラシカバーを回転自在に支持するカバー支持部材(12)にブラシカバーの先端より回転軸方向外側へと延びたガイド部材(16)を設ける。 (もっと読む)


【課題】薬品を使用せずに、効率よく脱硝触媒に付着したバナジウム化合物を除去することができる脱硝触媒の清掃方法を提供する。
【解決手段】バナジウム及び硫黄が含まれた燃料を燃焼する重油焚プラントに備えられ、燃料の燃焼により発生した排ガス中の窒素酸化物を除去する脱硝装置において、該脱硝装置に含まれ、その内部に互いに平行な直線状の排ガス流路を多数有した脱硝触媒を清掃する清掃方法であって、排ガス流路の内面に蓄積したバナジウム化合物に対して、排ガス流路の内面と前記バナジウム化合物との間に水溶液を浸入させるために排ガス流路内に水溶液を導入し、浸入した水溶液を冷凍して凍結水溶液とし、凍結水溶液を解凍しながら、排ガス流路の入口若しくは出口を下側に向けた状態で、排ガス流路の上側に位置する入口若しくは出口から排ガス流路内に風圧を加え、又は解凍過程の前記凍結水溶液に対して振動を与える。 (もっと読む)


2,041 - 2,050 / 5,014