説明

株式会社IHIにより出願された特許

2,051 - 2,060 / 5,014


【課題】専門的技術を必要とせず、現場で迅速かつ簡便に硫黄酸化細菌活性を測定し得る方法、及び該方法に好適に用いられるキットの提供
【解決手段】被検試料中の硫黄酸化細菌の活性を測定する方法であって、滅菌処理を施した硫黄酸化細菌培養用溶液を入れたゴム栓付密閉容器に、被検試料と硫化ナトリウム液とpH調整剤とを添加して混合した後、所定時間培養後、当該ゴム栓付密閉容器内の気相中の硫化水素量及び/又は当該ゴム栓付密閉容器内の液相中の溶存硫化物量を測定することを特徴とする、硫黄酸化細菌活性の測定方法、及び、該測定方法に用いられる硫黄酸化細菌活性測定用キット。 (もっと読む)


【課題】部材の倒立、配送、及び溶接を効率よく全自動化し、円滑に部材を組み立てることのできる部材組立装置を提供すること。
【解決手段】パレット上に平置きされた板材を、倒立用ロボット(10)により倒立させて倒立部材置場(28)に配設し、当該倒立された板材を配送機構(38)のクランプハンド(42)により把持して溶接部(6)へと配送し、溶接ロボット(52)により仮溶接を施す。 (もっと読む)


【課題】平板の端面にフェース材を取り付ける場合に、平板に反りなどの変形が生じていたとしても、平板にフェース材をほぼ垂直に保持しつつ所定位置に配置可能な金属板位置決め装置を提供する。
【解決手段】クレーン1に回転可能に支持されて、水平方向及び鉛直方向に移動可能とした装置基部11と、この装置基部11に対して該装置基部11の回転軸と直交する方向の軸14回りに回動可能に支持されて、フェース材Fを保持解放するハンド12と、このハンド12にフェース材Fが保持された状態で、ハンド12に対するフェース材Fの位置及び姿勢を検出する位置決め体17及びレーザセンサなどのセンサ18と、ベースパネルBPの近傍に位置した段階で、装置基部11に設定された基準点からベースパネルBPまでの距離を計測するレーザ距離計21を備えている。 (もっと読む)


【課題】特性の異なる螺合部品(雄ねじ、ボルト、ナット等)であっても、ばね等の交換や、段取り等なしに、被螺合部(雌ねじ穴、雄ねじ部材等)にねじ締めを正確かつ確実に行うことができる自動ねじ締め装置とその制御方法を提供する。
【解決手段】ロボットアーム先端5に取り付けられ、これに作用する外力を検出する力センサ12と、力センサに取り付けられ、所定の螺合部品1を把持し所定の軸心を中心に回転駆動する把持回転装置14と、力センサで検出した軸方向の外力が予め設定した押付力となるようにロボットアーム先端5を力制御する力制御装置16とを備える。 (もっと読む)


【課題】ブラシの長寿命化を実現するとともに、スラグ及びスパッタ等の除去作業を安定的に行うことのできるブラシ装置を提供すること。
【解決手段】モータ(6)により回転する駆動軸(8)の先端にブラシ部材(10)を設け、駆動軸を回転軸方向に摺動自在に軸支しつつブラシ部材と同期回転するブラシカバーによりブラシ部材を覆い、当該ブラシカバーを回転自在に支持するカバー支持部材(12)にブラシカバーの先端より回転軸方向外側へと延びたガイド部材(16)を設ける。 (もっと読む)


【課題】多室型熱処理装置において、熱処理室間における受渡しの際に熱処理対象物が冷却されることおよび受渡し環境が汚染されることを抑制する。
【解決手段】複数の熱処理室間にて熱処理対象物Xを受渡しを行う受渡し装置5を備え、該受渡し装置5は、前記熱処理室において加熱された前記熱処理対象物Xを保温する保温手段を備え、該保温手段は、前記受渡し装置5に収容された前記熱処理対象物Xを囲う断熱室5hと、該断熱室5hの内部に配置されるヒータ5iを備える。 (もっと読む)


【課題】薬品を使用せずに、効率よく脱硝触媒に付着したバナジウム化合物を除去することができる脱硝触媒の清掃方法を提供する。
【解決手段】バナジウム及び硫黄が含まれた燃料を燃焼する重油焚プラントに備えられ、燃料の燃焼により発生した排ガス中の窒素酸化物を除去する脱硝装置において、該脱硝装置に含まれ、その内部に互いに平行な直線状の排ガス流路を多数有した脱硝触媒を清掃する清掃方法であって、排ガス流路の内面に蓄積したバナジウム化合物に対して、排ガス流路の内面と前記バナジウム化合物との間に水溶液を浸入させるために排ガス流路内に水溶液を導入し、浸入した水溶液を冷凍して凍結水溶液とし、凍結水溶液を解凍しながら、排ガス流路の入口若しくは出口を下側に向けた状態で、排ガス流路の上側に位置する入口若しくは出口から排ガス流路内に風圧を加え、又は解凍過程の前記凍結水溶液に対して振動を与える。 (もっと読む)


【課題】状況に応じてツールセンターポイントの移動速度を操作子の操作により操作性良く調整すること。
【解決手段】操作子の原点からの操作量に対するツールセンターポイントの移動速度の変化量の特性データを、次のような特性に定義する。即ち、操作子の原点からの操作量が小さいレンジ(操作量=0〜±a1)では、操作子の操作量に対するツールセンターポイントの移動速度の変化量を相対的に小さくする。操作子の原点からの操作量が大きいレンジ(操作量=±a1〜±a2)では、操作子の操作量に対するツールセンターポイントの移動速度の変化量を相対的に大きくする。操作子を原点に近いところで操作した場合と、原点から離れたところで操作子を操作した場合とで、操作の変化量が同じでも後者の方が、ツールセンターポイントの移動速度の変化量が大きくなるようにする。 (もっと読む)


【課題】耐熱温度(例えば1000℃以上)の高い熱交換器を用いることなく、コークス生成炉の発生ガスの水分を除去し、水分が少なく(例えば8〜10%)、かつ高温(例えば1000℃)の供給ガスとしてコークス生成炉に循環させることができるコークス生成炉のガス循環装置と方法を提供する。
【解決手段】コークス生成炉10の発生ガス3を冷却し除塵して循環ガス4とする排ガス処理装置22と、循環ガスを再冷却しコークス生成炉に供給する供給ガス6の所定水分より低い水分まで低減する再冷却装置24と、再冷却装置で再冷却された循環ガス4cを所定の中温まで間接加熱する間接加熱装置26と、間接加熱装置で間接加熱された循環ガスに高温燃焼ガスを混合して所定温度の供給ガス6とする燃焼加熱器28とを備え、供給ガス6をコークス生成炉10に供給する。 (もっと読む)


【課題】塊状灰が脱硝触媒まで飛来することを防止し、さらにはアンモニアの分布をそろえて効率よくNOxと反応させることができる脱硝装置を提供する。
【解決手段】煙道の一部を構成する排ガス流路16と、該排ガス流路断面内に分散配設された複数のアンモニア注入ノズルを有するアンモニア注入装置23と、該アンモニア注入装置23の下流側に配設され、前記排ガス中の窒素酸化物と前記アンモニア注入ノズルから注入されたアンモニアとの反応を促進するための脱硝触媒28と、前記排ガス流路内の前記排ガスの流れを整流し、前記排ガス流路断面内とは別の排ガス流路断面内に均一に分布され、かつ、前記排ガス中に含まれる塊状灰の流通を可能とする多数の排ガス流通部を含む、整流部材18と、該整流部材18の下流側に配設され、前記整流部材18を通過した塊状灰を回収する集塵用流路21に接続された回収開口21aとを設けた。 (もっと読む)


2,051 - 2,060 / 5,014