説明

株式会社IHIにより出願された特許

3,031 - 3,040 / 5,014


【課題】作業領域がさまざまに刻々と変化する場合においても、マニピュレータの作業領域への干渉を容易に回避できるようになされたロボット装置の制御方法及びロボット装置を提供する。
【解決手段】複数のリンクにより構成されたマニピュレータ1,2を制御するにあたり、制御対象となるマニピュレータを構成する各リンクについて外形を包絡する複数の球体を設定し、マニピュレータ1,2の周囲の物体について外形を包絡する複数の球体Z1,Z2,Z3,・・・を設定し、各リンクの動作に応じて各リンク及び周囲の物体について設定された各球体Z1,Z2,Z3,・・・の中心間距離の変化を計算し、各球体同士の干渉を検出することによって、各リンクが周囲の物体に干渉するか否かの判断を行う。 (もっと読む)


【課題】歩留まりの大幅な低下、或いは製造コストの大幅上昇を回避して、翼列を構成する多数の動翼に流れる冷却流量のばらつきを低減することができ、これによりエンジンのメンテナンス間隔を延ばすことができるガスタービンとその組立方法を提供する。
【解決手段】タービンディスクの外周部に所定数の冷却翼を組み付けるガスタービンの組立方法。所定数の2倍以上の冷却翼を準備し(S1)、各冷却翼の所定の定格差圧における冷却空気流量をそれぞれ計測し(S2)、計測した流量計測値が所定の許容範囲にある冷却翼を選別し(S3)、選別した冷却翼を流量計測値の大小の順に配列し(S4)、配列した冷却翼を流量計測値の大小の順に、前記所定数以上の冷却翼を含む2以上のグループにグループ分けし(S5)、グループ分けした各グループに含まれる冷却翼を単一のタービンディスクの外周部に組み付ける(S6)。 (もっと読む)


【課題】複数のAO−Qスイッチを直列に並べてレーザ発振のON/OFF(Hold−off)の性能を向上させることができ、かつAO−Qスイッチの切り替えの過渡期に、発生するレーザ光のビームプロファイルを均一化できるレーザ共振器を提供する。
【解決手段】直線偏光のレーザ光を増幅するレーザ発振器であって、レーザ光の光路11上に配置され、交互に直交する回折方向を有する1対又は複数対のAO−Qスイッチ12A,12Bと、対のAO−Qスイッチの間に位置し偏光面を90°回転させる偏光回転素子14とを備える。 (もっと読む)


【課題】密度及び厚さが均一なシート材を安定して製造できる粉末圧延装置を提供する。
【解決手段】金属粉末2を圧延する圧延ロール4A、4Bと、金属粉末2を圧延ロール4Aとの間で予備圧下する予備圧下ロール7Aとを備える粉末圧延装置1であって、上記予備圧下により予備圧下ロール7Aに付着した金属粉末2を除去する除去装置10を有するという構成を採用する。 (もっと読む)


【課題】溶接残留応力を有する溶溶接構造体の破壊強度を高精度に求めることができる破壊性能評価方法及びデータベース装置を提案する。
【解決手段】き裂及び残留応力を有する溶溶接構造体の破壊性能を評価する方法であって、所定条件の破壊靱性標準試験片を用いて第一ワイブル応力分布曲線を求める第一工程と、前記所定条件の平板状三次元モデルに実残留応力相当応力を付与して第二ワイブル応力分布曲線を求める第二工程と、前記第一ワイブル応力分布曲線と前記第二ワイブル応力分布曲線から等価CTOD係数を求める第三工程と、を有する。 (もっと読む)


【課題】ドレンが有する揮発性有機化合物(VOC)の化学エネルギーを廃棄することなく有効に回収することができる揮発性有機化合物処理システム及び揮発性有機化合物の処理方法を提供する。
【解決手段】処理対象ガスに含まれるVOCを吸着剤10に吸着させ、吸着剤10に吸着されたVOCを加圧環境下で水蒸気を用いて脱着して上記水蒸気に混入させる吸着・脱着装置1と、VOCが混入した水蒸気を燃焼させるガスタービン2とを有する揮発性有機化合物処理システムAであって、VOCが混入した水蒸気が液化したドレンを回収するドレン排出系4と、ドレン排出系4により回収したドレンをミスト化して吸着剤10に噴霧するエゼクタ5とを有するという構成を採用する。 (もっと読む)


【課題】セグメントの分割角度や桁厚が大きいものでも組立が可能で、セグメントの受取空間をコンパクトにすることができ、機内の有効スペースを広く確保することができるセグメント組立装置を提供する。
【解決手段】セグメント12に設けられた係合受部13に係合部14を係合させてセグメント12を把持するセグメント把持機構8を有し、該セグメント把持機構8によりセグメント12を把持してトンネル内面の所望位置に搬送するセグメント組立装置3において、前記セグメント把持機構8は、トンネル内の下部に供給されるセグメント12の係合受部13に対して前記係合部14をトンネルの軸方向に移動させて係合させるように構成されている。 (もっと読む)


【課題】アンバランス計測装置の再現性を適正に確認する。
【解決手段】本発明の基準加振機10は、アンバランス計測時にアンバランス計測装置1における回転機械が取り付けられるマウント4に、回転機械と同等の取付け状態で取り付けられるように構成された加振機本体11と、加振機本体11に固定され、加振機本体11に振動を与える振動発生器12と、振動発生器12を制御する制御装置13と、を備える。加振機本体11に固定された振動発生器12により加振するので、加振力の再現性が良い。これにより、正確な加振力で再現性確認のための振動をアンバランス計測装置1に与えることができるので、加振力のバラツキを排除し、アンバランス計測装置1の再現性を適正に確認することができる。 (もっと読む)


【課題】ガス化設備における緊急停止時に、安全且つ安価にパージを行えるようにしたガス化設備緊急停止時のパージ方法及び装置を提供する。
【解決手段】スプレー塔20出口の導出管19には緊急遮断弁50を設け、緊急遮断弁50より上流の導出管19には逃がし遮断弁51を介してフレアスタック52を設け、緊急停止時に、スプレー塔20出口を緊急遮断弁50により遮断し且つスプレー塔20の作動を停止し、緊急遮断弁50より上流側位置には水蒸気57を供給し、緊急遮断弁50より上流のガス化ガスを逃がし緊急遮断弁51を開にしてフレアスタック52に排出して緊急遮断弁50より上流を水蒸気57でパージし、緊急遮断弁50出口には不活性ガス65を供給し、下流装置23を不活性ガス65でパージする。 (もっと読む)


【課題】搬送炉に収容した際の被処理品の変温を防止し、良質な被処理品を得ることができ、併せて多品種少ロットの被処理品の熱処理に良好な熱処理システムを提供する。
【解決手段】加熱炉と冷却炉とを含む複数の処理部と、これら各処理部間を移動可能とされる搬送炉10とを備え、前記各処理部と搬送炉10との間で被処理品Wの受け渡しが可能となるように構成された熱処理システムにおいて、搬送炉10は、搬送炉10の炉内の温度を昇温させる加熱装置19と前記炉内の温度を降温させる冷却装置20とを備えることを特徴とする。 (もっと読む)


3,031 - 3,040 / 5,014