株式会社岡村製作所により出願された特許

31 - 40 / 1,415


【課題】天板を支持する脚体があっても、デスク本体の天板上の空間を区画するためのパネル体を取付可能なパネル体の取付構造及びこれを備えたデスク装置を提供する。
【解決手段】パネル体4、5の前端部4a、5a側に取り付けられ、パネル体4、5に上端側を接続してパネル体4、5の下端面4b、5bよりも下方に垂下する垂下部26、及び垂下部26の下端からパネル体4、5の前後方向T2中央側に向けて延びる固定部27を有する取付金具20と、脚体1の前端部側の上端部側に設けられ、脚体1の前端部に開口しつつ脚体1の前後方向T2中央側に向けて延び、取付金具20の固定部27が挿入される挿入凹所21と、取付金具20を下方に押圧するとともにパネル体4、5の下端面4b、5bを天板2に押圧させてパネル体4、5をデスク本体3に固定する固定手段22とを備える。 (もっと読む)


【課題】簡便で、かつ美観を損なわない、家具の固定具、固定構造及び固定方法を提供する。
【解決手段】固定具100は、家具4を壁面Aに固定する部材である。固定具100は、レール1と、固定板2と、ボルト3とから構成される。固定具100は、図1に示すように、壁面Aに設けられたレール1に固定板2を嵌合させ、ボルト3とレール1とで家具4の背板を挟持し固定させて使用するものである。 (もっと読む)


【課題】操作部のロックを解除したのち、一度の動作で把手を操作しうるようにして、操作性を向上させるとともに、把手が露出しないようにして、セキュリティを高めることができるようにした錠装置を提供する。
【解決手段】扉3における把手取付部の前面に装着される本体基部7と、本体基部7に前方に操作可能として設けられ、少なくとも把手6を前方より覆いうる大きさの操作部8と、把手6と操作部8とに連係され、操作部8を前方に操作することにより、把手6を前方に移動させうるようにした連係部材17と、操作部8を操作不能に施錠できるとともに、操作部8を操作可能に解錠できる施解錠手段19,21と、を備える。 (もっと読む)


【課題】張材を適度な張力で張設した背凭れに対し、オプション部材を極力大きな面積で堅牢に取り付けることのできる椅子を提供する。
【解決手段】左右1対の側枠杆29を左右方向の連結杆220によって連結してなる背フレーム27と、この背フレームに張設される張材とからなる背凭れを備え、この背凭れにオプション部材が背凭れの後方に位置するように取り付けられている椅子において、前記張材が、前記連結杆の外周面側から背面側へ回り込んだ体裁をなすように張設されており、前記オプション部材の支持アーム230が前記張材に当接しないように、かつ前記連結杆に下方から当接するように前記連結杆に取り付けられているものとする。 (もっと読む)


【課題】腰部を快適に支持しうるとともに、背フレームの側枠杆により安定よく支持しうるようにしたランバーサポートを備える椅子を提供する。
【解決手段】椅子に設けたランバーサポート10を、左右方向の中央部下縁を上方に円弧状に湾曲させることにより、上下寸法を、左右両端から中央部に向かうにしたがって漸次小としたランバーサポート本体41と、ランバーサポート本体41の両側部に上下方向に離間するようにして設けられ、左右の側枠杆19に設けた上下方向を向くガイド部により上下方向に移動可能に支持された4個の取付部42と、下部の左右の取付部42に連係された操作部材44とを備えるものとする。 (もっと読む)


【課題】ランバーサポート本体を、定位置に確実に停止させるとともに、操作部材と係合凹部との接触部の摩耗を抑え、ランバーサポート本体を節度感をもって安定よく上下動させうるようにしたランバーサポートを備える椅子を提供する。
【解決手段】椅子を、左右両側部に、左右方向に貫通する上下方向に長いガイド孔52を有し、このガイド孔52より内方において、複数の係合凹部57を上下方向に並べて設けた背フレームと、背フレームの外側方より操作しうるとともに、内側部が背フレームの両側部より内方に突出するようにして、背フレームのガイド孔52に、上下方向に摺動可能として嵌合され、かつ、先端部に複数の係合凹部57と選択的に弾性係合しうる係合片45aを設けた左右1対の操作部材43と、両側部に、操作部材43の内側端部に連係された後向片42bを有するランバーサポート本体とを備えるものとする。 (もっと読む)


【課題】前後にデスク本体を連結する使用形態であっても、二重に構成部材が存在することをなくし、且つ前後のデスク本体で供用可能な配線空間を好適に確保できるようにしたデスク装置を提供する。
【解決手段】デスク本体1が、デスク本体1の背面位置Hで他のデスク本体1の背面と幕板のいずれか一方を選択的に連結するための連結手段21〜25を備えるとともに、デスク本体1の背面位置Hよりも前方側の天板5の下方位置で一対の脚体3、4間を連結する連結板6を備え、連結手段21〜25によって前後にデスク本体1を連結した際には互いの連結板6同士の間に、連結手段21〜25によってデスク本体1の背面H側に幕板を連結して取り付けた際には幕板と連結板6の間に、配線を挿通するための配線挿通空間20が形成されるように構成する。 (もっと読む)


【課題】大きな揺れや振動においても外れることなく、棚の棚板に搭載された物品を確実に保持可能であり、かつ、既存の棚に対しても設置が容易な落下防止具を提供する。
【解決手段】落下防止竿11と、落下防止竿11の両端に一対設けられ、落下防止竿11を上方位置と下方位置とで回動可能に支持する固定部材12と、固定部材12と同様左右一対で設けられ、固定部材12を棚板に固定する取付部材13とを備える。取付部材13は、一方の端部である正面側に一対の固定部材12を固定する正面板13Aと、他方の端部である背面側にコの字状に形成されるフック部材13Bを備える。フック部材13Bは、棚板Rの背面側に引っかけて、落下防止具1全体を棚板に固定する役割を担う。 (もっと読む)


【課題】地震等の災害時における衝撃により生じる天井の破損や間仕切りパネルの転倒および破損を防止できる制振間仕切りパネル装置を提供する。
【解決手段】支柱2と2’もしくは2と20’の間にパネル部材5を取り付ける第1の間仕切パネルユニット51と、この第1の間仕切パネルユニット51に対して互いに倒れにくい方向に連設されるとともに、支柱20,20’の間に袖パネル部材50を取り付ける第2の間仕切パネルユニット52とを有する。第1の間仕切パネルユニット51および第2の間仕切パネルユニット52は、固定部Kと、天井面Tに接触する接触面Mを備える天井側接触部SおよびS2とをそれぞれ有し、天井側接触部SおよびS2は、天井面Tを押圧するとともに、接触面Mと天井面Tとの接触状態を維持する押圧力を発生させる制振機構の制振ユニット6および61を備える。 (もっと読む)


【課題】加工工数や部品点数の増加によりコストが上昇するのを低減しつつ、取付対象物に対してパネル体を安定的且つ容易に取り付けることが可能なパネル体取付部材、および、パネル体の取付構造を提供する。
【解決手段】パネル体5を受け入れるパネル受入位置と、受け入れたパネル体5を該パネル体5の厚さ方向両側から挟持するパネル挟持位置との間で変位可能な保持部11と、間仕切壁3の上端部3aに対して該上端部3aを挟み込んで取付可能な取付部12と、該取付部12と保持部11とを連係させる連係部13とを備え、取付部12は、上端部3aに取り付けられ拡開される拡開位置と、それ以外の拡開位置よりも閉じた閉位置との間で変位可能であり、連係部13は、取付部12が拡開位置にされたときに、保持部11をパネル挟持位置側に向かって押圧する。 (もっと読む)


31 - 40 / 1,415