説明

協和発酵キリン株式会社により出願された特許

201 - 210 / 276


本発明の目的は、還元型ニコチンアミドアデニンジヌクレオチドまたは還元型ニコチンアミドアデニンジヌクレオチドホスフェイト(以下、NAD(P)Hと略す)の安定化方法、および該方法により安定化されたNAD(P)Hを含有する製剤を提供することにある。NAD(P)Hを安定化する方法として、アスタキサンチンをNAD(P)Hに添加する方法を提供する。 (もっと読む)


式(I)


[式中、Rは置換もしくは非置換のアリール等を表し、Rは水素原子、NR(式中、RおよびRは同一または異なって、水素原子、置換もしくは非置換の低級アルカノイル等を表す)、カルボキシ、低級アルケニル等を表す]で表されるインダゾール誘導体またはその薬理的に許容される塩を有効成分として含有するJNK阻害剤を提供する。
(もっと読む)



Notice: Undefined index: from_cache in /mnt/www/gzt_applicant_list.php on line 189

口内炎の予防または治療に有効な組成物および方法が提供される。グルタチオンもしくはその薬理学的に許容される塩、および/またはオロット酸もしくはその誘導体もしくはそれらの薬理学的に許容される塩を含有する組成物が提供される。 (もっと読む)



Notice: Undefined index: from_cache in /mnt/www/gzt_applicant_list.php on line 189

式(I)


[式中、Arは置換もしくは非置換のアリールまたは置換もしくは非置換の芳香族複素環基を表し、
及びZは、同一または異なって窒素原子(N)またはCHを表し、
Xは水素原子、置換もしくは非置換の低級アルキル、シアノ、テトラゾリル等を表し、
1)Xがシアノまたはテトラゾリルを表す場合、
Yは水素原子を表し、
は−OR(式中、Rは置換もしくは非置換の低級アルキルを表す)等を表し、
Wは−NHCR−(式中、R及びRは同一または異なって水素原子または置換もしくは非置換の低級アルキルを表す)等を表し、
2)Xがシアノ及びテトラゾリル以外の基を表す場合、
Yは水素原子、置換もしくは非置換の低級アルキル等を表し、
は−OR2A(式中、R2Aは置換もしくは非置換の低級アルキル等を表す)等を表し、
Wは−NHCR5B6B−(式中、R5B及びR6Bは同一または異なって水素原子、ハロゲン等を表す)等を表す]で表される化合物またはその薬理学的に許容される塩を有効成分として含有するポロ様キナーゼ(Polo−like kinase、PLK)阻害剤等を提供する。
(もっと読む)


【課題】化学修飾hG−CSFポリペプチドを含有してなる血小板増殖促進剤を提供すること。
【解決手段】ヒト顆粒球コロニー刺激因子活性を有するポリペプチドの分子中の少なくとも1個のアミノ基に下記式(Ib)


〔式中、Rはアルキル基またはアルカノイル基を表し、Mは


または


または


(式中、rおよびsは同一または異なって任意に変わりうる正の整数を表す)を表し、nは任意に変わりうる正の整数を表し、Xは単結合、O、NHまたはSを表し、R3bはOH、ハロゲンまたは


(式中、X、M、R1aおよびnaはそれぞれ前記X、M、Rおよびnと同意義を表す)を表し、ZはO、SまたはNHを表し、pは1〜6の整数を表す〕で表される基を結合で表される基を結合してなる修飾ポリペプチド。 (もっと読む)


本発明によれば、ヒドロキシプロリン若しくはヒドロキシプロリンのN−アシル化誘導体またはその塩を含有するアトピー性皮膚炎の予防または治療用経口剤、飲食品、飼料、食品添加剤または飼料添加剤、特に、ヒドロキシプロリン若しくはヒドロキシプロリンのN−アシル化誘導体またはその塩を0.1〜90重量%含有する該経口剤、飲食品、飼料、食品添加剤または飼料添加剤を提供することができる。 (もっと読む)


【課題】本発明は、分割錠剤及びプレススルーパックに関し、特に、欠けを生じることなく、容易に且つ精度よく分割でき、耐衝撃性にも優れ、且つ、フィルムコーティング工程時に錠剤同士がツウィンニング等を生じない形状を有する分割錠剤、及び、このような分割錠剤を収容したプレススルーパックである。
【解決手段】分割錠剤は、錠剤の上面に中心線に沿って形成された割線と、錠剤の上面に割線により形成される2つの領域の各々に、割線を囲むように且つ錠剤の縁部より内側に位置するように稜線と、錠剤の下面に、錠剤の縁部から中心部に向かって徐々に盛り上がる形状とを設け、且つ、2本の稜線の各々の稜線周辺領域を、凸面形状の曲面で構成している。 (もっと読む)


空気のオンオフがはっきりとした、減衰し難い脈動空気振動波を発生することができ、且つ、脈動空気振動波を発生している間、脈動空気振動波発生装置自体に振動を生じ難い脈動空気振動波発生装置を提供する。
円筒形状の中空部(R2)を有し、且つ、この中空部(R2)に、2個の空気流通孔を備える脈動空気振動波発生装置本体(2)と、この中空部(R2)内に、回転可能に設けられ、中空部(R2)を形成する内周側面(S2c)に摺動可能な外周面側(S4c)を備える回転体とを備える。
(もっと読む)


201 - 210 / 276