説明

協和発酵キリン株式会社により出願された特許

211 - 220 / 276


【課題】消費されるエネルギーを少なくし、蒸留装置を小型化する。
【解決手段】少なくとも、塔頂から下方に向けて形成された第1のカラム27、中仕切り26を介して前記第1のカラム27と隣接させて形成された第2のカラム28、及び塔底から上方に向けて形成され、前記第1、第2のカラム27、28と連通する第3のカラム29を備えた蒸留塔を使用する。この場合、好ましくは3基の蒸留塔を配設するだけでよく、しかも、付帯機器及び計装品を3系列分配設するだけでよい。したがって、消費されるエネルギーを少なくすることができるだけでなく、蒸留装置を小型化することができ、蒸留装置のコスト、及びエタノールを蒸留するためのコストを低くすることができる。 (もっと読む)


(a)ステロイドスルファターゼ阻害剤と(b)ホルモン療法剤および/もしくは化学療法剤とを同時にまたは時間を置いて別々に投与することを特徴とするホルモン依存性癌の治療剤ならびに治療方法を提供する。また、(a)ステロイドスルファターゼ阻害剤からなる第1成分と、(b)ホルモン療法剤および/または化学療法剤からなる第2成分とを含有することを特徴とするホルモン依存性癌の治療用キットを提供する。さらに、(a)ステロイドスルファターゼ阻害剤ならびに(b)ホルモン療法剤および/または化学療法剤を含有する医薬組成物を提供する。
(もっと読む)



Notice: Undefined index: from_cache in /mnt/www/gzt_applicant_list.php on line 189

【課題】 視野の明るさを保ちつつ眩しさを抑える一方、鮮明な色感が得られる光線透過フィルターに適する合成樹脂成形体の提供。
【解決手段】 標準比視感度曲線の中心波長近傍に極大吸収値を有する有機色素と共に紫外線吸収剤および青色光吸収剤を含有し、550〜585nmの波長範囲に透過率曲線の極小値を有し、該極小値での透過率が25%以下、590〜660nmの波長範囲における平均透過率が15%以上、かつ、470〜550nmの波長範囲における平均透過率が10%以上である合成樹脂成形体。 (もっと読む)


【課題】 工業的に有利にトランス−4−ヒドロキシ−L−プロリンを製造するための方法を提供する。
【解決手段】 2−ケトグルタル酸および2価鉄イオンの存在下、遊離のL−プロリンに作用して、トランス−4−ヒドロキシ−L−プロリンを生成する、L−プロリン4位水酸化酵素活性を有する蛋白質をコードする遺伝子を含むDNA断片をベクターに組み込んで得られる組換え体DNAを保有し、且つ、L−プロリンの生合成系の活性の強化された形質転換体、および該形質転換体形質転換体を培養し、該培養物、菌体または菌体処理物を酵素源として、2−ケトグルタル酸および2価鉄イオンの存在下、培養液または水性媒体中で、L−プロリンをトランス−4−ヒドロキシ−L−プロリンに変換させ、生成したトランス−4−ヒドロキシ−L−プロリンを該培養物または該水性媒体より採取することを特徴とするトランス−4−ヒドロキシ−L−プロリンの製造法を提供する。 (もっと読む)




(式中、Rは反応性を有する基または反応性を有する基に変換可能な基を含有する残基を表し、nは3以上の整数を表し、Xはn個の


を有することが可能な残基を表し、Rは水素原子または水素原子に変換可能な基を表し、6個以上存在するRはそれぞれ同一でも異なっていてもよい)
生理活性を維持した状態で生理活性ポリペプチドもしくはその誘導体または低分子化合物を化学修飾し得る、または低分子化合物の安定性もしくは水溶性の向上に有用である上記式(1)で表される化合物を提供する。
(もっと読む)


アデノシンA2A受容体拮抗作用を有し、アデノシンA2A受容体の機能亢進に由来する疾患の治療および/または予防に有用な一般式(I)


{式中、Rは置換もしくは非置換のアリールまたは置換もしくは非置換の芳香族複素環基を表し、Rは水素原子、ハロゲン、低級アルキル、低級アルカノイル、アロイル、置換もしくは非置換のアリールまたは置換もしくは非置換の芳香族複素環基を表し、Rは低級アルキル、低級シクロアルキル、置換もしくは非置換の低級アルカノイル、置換もしくは非置換のアリール、置換もしくは非置換の芳香族複素環基等を表し、Qは水素原子または3,4−ジメトキシベンジルを表す)で表される[1,2,4]トリアゾロ[1,5−c]ピリミジン誘導体またはその薬理上許容される塩を提供する。
(もっと読む)


本発明によれば、ヒドロキシプロリンのN−アシル化誘導体またはその塩を含有する褥瘡の予防剤または治療剤、ヒドロキシプロリンのN−アシル化誘導体またはその塩を全重量に対し0.1〜15重量%含有する上記予防剤または治療剤、およびヒドロキシプロリンのN−アシル化誘導体のアシル基が、炭素数1〜24のアシル基である上記褥瘡の予防剤または治療剤を提供することができる。 (もっと読む)



Notice: Undefined index: from_cache in /mnt/www/gzt_applicant_list.php on line 189


Notice: Undefined index: from_cache in /mnt/www/gzt_applicant_list.php on line 189

211 - 220 / 276