説明

株式会社クボタにより出願された特許

31 - 40 / 4,415


【課題】正回転クラッチと逆回転クラッチとが共に入り状態に操作されることを防止しながら刈取り部を正逆転駆動できて、クラッチとクラッチ操作具との連係の面から構造簡単に得ることができるコンバインを提供する。
【解決手段】刈取り部に正回転駆動力を伝達する正回転クラッチと、刈取り部に逆回転駆動力を伝達する逆回転クラッチ41とを備えてある。正回転クラッチを切換え操作する正転クラッチ操作具52と、逆回転クラッチ41を切換え操作する逆転クラッチ操作具54とを別々に設けてある。正回転クラッチが入り状態にあると、逆回転クラッチ41の入り状態への切換え操作を牽制した作用状態に切り換わり、正回転クラッチが切り状態にあると、牽制を解除した解除状態に切り換わる牽制機構70を設けてある。 (もっと読む)


【課題】有孔ブロック及び充填材が下向きの荷重を受けたときでも、有孔ブロック及び充填材の位置ズレ、および、固化した充填材の破壊を防止できる集水装置、集水装置で使用される多孔ブロック、および、集水装置の施工方法を提供する。
【解決手段】上壁21aと、上壁に接続する側壁21bと、側壁に接続する底壁21cと、を備え、処理層を通過して被除去物が除去された処理水を中空の内部空間に集水する有孔ブロックにおいて、複数の有孔ブロックを並置する際に各有孔ブロックの間に充填した充填材に、有孔ブロックが受けた上方からの荷重を伝達する側方リブ24を側壁21bに形成し、側方リブ24に、側壁21bに対面して延在する対向面部25aを設けてある。 (もっと読む)


【課題】サーボコントロール装置の性能に対する信頼性を向上させることができるとともに、無段変速装置を容易に操作することができる作業車を提供することを目的とする。
【解決手段】サーボコントロール装置3は、シャトルレバーの操作位置をサーボバルブ13に機械的に伝達してサーボバルブ13を制御するシャトルアーム33と、変速レバーの操作位置をサーボバルブ13に機械的に伝達してサーボバルブ13を制御する変速アーム37と、サーボシリンダの動作をサーボバルブ13に機械的に伝達して、シャトルレバーで設定された走行方向で且つ変速レバーの操作位置に対応する位置にサーボシリンダが達すると、サーボバルブ13を中立位置に機械的に制御してサーボシリンダを停止させるフィードバック機構14と、を備える。 (もっと読む)


【課題】脱穀フィードチェーンの搬送始端部における刈取穀稈の搬送姿勢の乱れを抑制することが可能なコンバインを提供する。
【解決手段】脱穀フィードチェーン11の搬送始端部11Aに、刈取穀稈を搬送始端部11Aから浮かせて受け止め支持するように上方側に突出した支持作用位置Uと、前記脱穀フィードチェーン11の搬送始端部より下方側に引退した支持解除位置Dとに切換え自在な穀稈受け止め体24が備えられ、穀稈受け止め体24に、受け止め支持される穀稈がすべり落ちるのを防止するすべり落ち防止部Zが備えられている。 (もっと読む)


【課題】洗米タンクに給水するための給水管路をケース内の低い位置に配置することができる洗米装置を提供する。
【解決手段】洗米装置の被駆動部材を駆動する電動アクチュエータ及び該電動アクチュエータを制御する制御装置CUを収容したケース5,173を備え、このケース5,173の下方側に洗米タンク4を設けると共に該洗米タンク4内に給水するための給水管路40を前記ケース5,173内に配管し、前記洗米タンク4内とケース5,173内とを仕切る隔壁16b,173aに取付台42を取り付け、この取付台42の下側に洗米タンク4内に水を散水するための散水部材41を取り付け、前記取付台42の上面に、横向きで且つ斜め上方に向けて形成された管路接続部42eを設け、この管路接続部42eに、斜め上方を向くように横向き配置されていて前記給水管路40の一部を構成する給水管47Aを接続する。 (もっと読む)


【課題】歩行型作業機を車のトランクや荷台等に楽に車載できるようにする。
【解決手段】歩行型作業機1の支持装置2において、歩行型作業機1の前部に対して連結及び取り外し自在な着脱機構30を備える主フレーム40と、主フレーム40に、前側の使用姿勢と後側の格納姿勢とに亘って前後移動自在に支持されているアーム60と、アーム60の下端部に回転自在に軸支されている車輪50と、を備えてある。 (もっと読む)


【課題】ろ布の蛇行を正しく検知して修正することができるフィルタプレス脱水装置を提供する。
【解決手段】前記蛇行修正機構30は、軸心が互いに平行姿勢に配置され、一方がろ布7の表面に接し、他方がろ布7の裏面に接する一対のガイドローラ31,32と、前記平行姿勢を保った状態で、ろ布7が走行方向に沿うように一対のガイドローラ31,32を偏向可能に支持するガイド機構33,34と、ろ布7の左右端部近傍にそれぞれ配置され、走行に伴ってろ布7の幅方向への偏位量を検知する一対のセンサ35,36と、一対のセンサ35,36に検知されたそれぞれの偏位量の差分に基づいて、ガイド機構33,34を駆動して一対のガイドローラ31,32を偏向する駆動機構とを備えている。 (もっと読む)


【課題】ろ布の案内ローラの個数を低減することで、コストダウンが可能なフィルタプレス脱水装置を提供する。
【解決手段】無端状のろ布7の支持機構10は、ろ板20の下端側に配置された下部支持ローラ10aと上端側に配置された上部支持ローラ10bと、下部支持ローラ10a及び上部支持ローラ10bの一つ置き(ろ板20の一枚置き)に配置された案内ローラ10cとを備え、ろ布7は、案内ローラ10cを備えた特定ろ板20aの一面側で、隣接するろ板20bの上部支持ローラ10bを経由して案内ローラ10cの前記一面側の周面を介して特定ろ板20aの下部支持ローラ10aに張架され、特定ろ板20aの他面側で、案内ローラ10cの前記他面側の周面を介して特定ろ板20aの上部支持ローラ10b及び前記他面側に隣接するろ板20cの下部支持ローラ10bに張架されている。 (もっと読む)


【課題】 連結枠を構成する枠本体と梁部材と取付部材とによって、本体側コネクタを上下左右方向から囲うだけでなく前後方向においても保護及び泥土の遮蔽ができるようにする。
【解決手段】 トラクタ車体Tにリンク機構Lを介して連結した連結枠2に作業機3を連結し、連結枠2の本体側コネクタ7に作業機3の作業機側コネクタ6を接続する。連結枠2は、上連結部2Uと左右下連結部2Dを設けた山形状の枠本体2Aと、枠本体2Aの左右側部の上下中途部を連結する梁部材2Bと、梁部材2Bと左右各下連結部2Dとを連結した取付部材2Cとを有する。本体側コネクタ7を枠本体2Aと梁部材2Bと取付部材2Cとによって囲まれた位置でかつそれらと前後方向で略重なる位置に配置し、かつ陰陽端子7a、7bを左右向きにして配置する。 (もっと読む)


【課題】自動販売機の内部に容易に収納することができ、また、自動販売機に対する保温材の配設作業や交換作業を少ない手間や時間で行える自動販売機およびこのような自動販売機用の保温材を提供する。
【解決手段】冷却状態を保持する保冷材および加温状態を維持する蓄熱材のうちの少なくとも一方からなる保温材Bが設けられ、この保温材Bは、商品収納搬送路11に収納可能な形状に構成されている。この構成により、保温材Bを商品収納搬送路11に収納することができる。また、商品収納搬送路11は商品を収納し易いよう構成されているので、商品Aに代えて保温材Bを収納する場合でも、少ない手間や時間で容易に商品収納搬送路11に収納することができる。 (もっと読む)


31 - 40 / 4,415