説明

栗田工業株式会社により出願された特許

101 - 110 / 1,536





【課題】冷凍システムの冷却水ラインの汚れを簡易に正確に求めることができる冷凍システムにおける冷却水ラインの汚れ監視方法を提供する。
【解決手段】圧縮機2、凝縮器3及び蒸発器5を備えた圧縮式冷凍機、又は再生器11、凝縮器12、蒸発器13及び吸収器14を有した吸収式冷凍機を有する冷凍システムにおいて、凝縮器3,12に冷却水を循環流通させる冷却水ラインの汚れを監視する。該冷凍システムの消費エネルギー指標値とを継続して計測し、この計測結果に基づいて冷却水ラインの汚れを監視する。 (もっと読む)






【課題】冷凍システムの冷却水ラインの汚れを短期間で求めることができる冷凍システムにおける冷却水ラインの汚れ評価方法を提供する。
【解決手段】圧縮機2、凝縮器3及び蒸発器5を備えた圧縮式冷凍機、又は再生器11、凝縮器12、蒸発器13及び吸収器14を有した吸収式冷凍機を有する冷凍システムにおいて、凝縮器3,12に冷却水を循環流通させる冷却水ラインの汚れを評価する。高負荷時又は定常運転時における該冷却水ラインの洗浄前後における該冷凍システムの消費エネルギー指標値と、冷却水ラインの洗浄前後における前記蒸発器又は凝縮器の負荷をそれぞれ計測し、この計測結果に基づいて冷却水ラインの汚れを評価する。 (もっと読む)



101 - 110 / 1,536