説明

株式会社クラレにより出願された特許

41 - 50 / 1,607


【課題】熱可塑性液晶ポリマーフィルムを用いた基板に対して好適に利用できるカバー材、および、このカバー材を備えたLCP回路基板を提供する。
【解決手段】回路基板10は、基板12とこの基板12の少なくとも一方の表面上に設けられた導体回路13とを含む基板構造体11、および前記基板構造体11の最外層のうち、少なくとも導体回路側を被覆するカバー材14で少なくとも構成され、前記基板は、光学的異方性の溶融相を形成し得る熱可塑性ポリマーからなるフィルムから形成され、前記カバー材は、(i)260℃でのハンダ耐熱性を有し、(ii)誘電率が2.0〜3.5であり、且つ(iii)誘電正接が0.01以下である。 (もっと読む)


【課題】高い信号強度の電気信号を発することができるセンサに好適な電気化学素子の提供。
【解決手段】芳香族ビニル化合物に由来する構造単位からなる重合体ブロック(A)及びオレフィン性不飽和化合物に由来する構造単位からなる重合体ブロック(B)を有し、かつ、前記重合体ブロック(A)が下記一般式(1)で表される官能基を有するブロック共重合体(Z)からなる高分子電解質層と、該高分子電解質層の両面にそれぞれ接合した2つの電極を備える電気化学素子。

(式中、R〜Rはそれぞれ独立に水素原子、炭素数1〜4のアルキル基または炭素数1〜4のアルコキシ基を表す。) (もっと読む)


【課題】
フィルム状物がほとんどなく、高い裂断長を有する溶融液晶形成性全芳香族ポリエステルからなる高強力不織布を提供する。
【解決手段】
310℃での溶融粘度が20Pa・s以下である溶融液晶形成性全芳香族ポリエステルを主成分とし、平均繊維径が0.5μm以上15μm以下である実質的に連続したフィラメントからなり、以下(1)、(2)をともに満足することを特徴とするメルトブロー不織布。
(1)不織布中に存在する、0.02mm以上の大きさのフィルム状物が2個/1mm2未満であること、
(2)タテ方向の裂断長が10km以上且つ、ヨコ方向の裂断長が6km以上であること。 (もっと読む)


【課題】有機溶媒を含む溶媒への可溶性又は分散性が良好で、加工性に優れ、高い導電性と透明性とを有する透明電極材料等として有用で、インクジェット印刷で用いることのできる導電性インクを提供する。
【解決手段】アルキル基またはアルコキシ基で置換されていてもよいチエノチオフェン化合物とアルキル基またはアルコキシ基で置換されていてもよいチオフェン化合物とのランダム共重合体、及び遷移金属塩等のドーパントが、溶媒中に分散又は溶解している導電性インク。該導電性インクに含まれる共重合体は、酸化剤及び界面活性剤の存在下、化学酸化重合法で製造される。 (もっと読む)


【課題】外光の反射によるコントラスト低下を軽減し、ゲインの低下を抑える反射型スクリーンを提供する。
【解決手段】反射型スクリーン1は、樹脂シート2、光吸収層4、光反射層5及び低屈折率層6を備える。樹脂シート2は、透光性を有し、主平面の一方の側にストライプ状の凸部3が周期Pの幅で周期的に形成される。低屈折率層6は、主平面の他方の側に配置され、樹脂シート2より0.15以上低い屈折率を有する。光吸収層4は、凸部3のストライプ形状に平行するように、低屈折率層6と交互に凸部3に対向して配置される。光反射層5は、低屈折率層6を挟んで、低屈折率層6と樹脂シート2との界面と対向して配置され、散乱反射特性を有する。凸部3は、長手方向と直交する断面形状が円弧である。低屈折率層6と樹脂シート2との界面の法線方向が主平面の法線方向に対して傾斜し、一組の光吸収層4及び低屈折率層6は周期Pと略同じ幅で配置される。 (もっと読む)


【課題】高い生産性及び安全性を維持して、且つ、高い品質安定性を維持できる、極細繊維不織布または皮革様シート基材を製造するための製造方法を提供することを目的とする。
【解決手段】水溶性熱可塑性ポリマーからなる海成分と非水溶性熱収縮性ポリマーからなる島成分とを含む海島型繊維からなる繊維ウェブを製造する第一工程と、複数の繊維ウェブを積層して絡合処理することにより、絡合ウェブを形成する第二工程と、絡合ウェブを熱処理して非水溶性熱収縮性ポリマーを収縮させることにより、緻密化絡合ウェブを形成する第三工程と、緻密化絡合ウェブを形成する海島型繊維から海成分を除去することにより、極細繊維不織布を形成する第四工程と、を備え、第三工程の熱処理が、乾燥状態の絡合ウェブに湿球温度70〜76℃,乾球温度90〜120℃の範囲の温度及び湿度に調節された熱風を接触させる処理である極細繊維不織布の製造方法。 (もっと読む)


【課題】
希土類元素および重金属を含まず、紫外線による蛍光量子収率の低下が少なく、蛍光量子収率の高めることができる蛍光体組成物を提供すること。また、本発明の別の目的は、簡便に所望の色度を示す蛍光体組成物を提供すること。
【解決手段】
有機蛍光体と、B−C−N−O蛍光体とからなる蛍光体組成物。 (もっと読む)


【課題】難燃性及び耐熱性の両方の特性に優れるポリイミド繊維及びその製造方法を提供する。
【解決手段】下記式(I):
【化1】


(式中、R1は、−(CH−または−O−を表し、mは1〜3の整数を表す。)
で表される少なくとも1種の芳香族酸無水物(A)と、芳香族酸無水物(B)と、
芳香族ジアミンとを重合し;前記芳香族酸無水物(A)と前記芳香族酸無水物(B)との割合(重量比)が、95/5〜15/85の範囲となるように配合して得られたポリアミド酸繊維が、イミド化されたポリイミド繊維。 (もっと読む)


【課題】有機溶媒を含む溶媒への可溶性又は分散性が良好で、加工性に優れ、高い導電性と透明性とを有する透明電極材料等として有用で、インクジェット印刷で用いることのできる導電性インクを提供する。
【解決手段】アルキル基またはアルコキシ基で置換されていてもよいジチエノピロール化合物とアルキル基またはアルコキシ基で置換されていてもよいチオフェン化合物とのランダム共重合体、及び遷移金属塩等のドーパントが、溶媒中に分散又は溶解している導電性インク。該導電性インクに含まれる共重合体は、酸化剤及び界面活性剤の存在下、化学酸化重合法で製造される。 (もっと読む)


【課題】使用済クーラントから各成分を再利用可能に分離するとともに、一次遠心処理工程及び二次遠心処理工程のそれぞれの処理時間を近似させ、生産効率の向上を図ることのできる分離回収装置の提供を課題とするものである。
【解決手段】分離回収装置1は、ボウル状の一次回転体7及び一次回転駆動部8を備える一次遠心分離部9と、使用済クーラント2を一時的に貯留する使用済クーラント貯留槽10と、一次回転体7の回転速度を変化させる一次回転速度制御部11と、回収砥粒3及び破砕砥粒4を分別する砥粒分別回収部12と、ボウル状の二次回転体13及び二次回転駆動部14を備える二次遠心分離部15と、一次遠心分離液16を吐出する一次遠心分離液貯留槽17と、二次回転体13の回転速度を変化させる二次回転速度制御部18とを具備する。 (もっと読む)


41 - 50 / 1,607