説明

倉敷紡績株式会社により出願された特許

101 - 110 / 296


【課題】植物由来原料を含む成形体において、植物由来原料を一定比率以上含有しつつも強度を確保可能とする。
【解決手段】植物繊維13とアラミド繊維15とを含む繊維基材11と、植物由来成分を含むバインダーとしての樹脂組成物と、を含み、繊維基材に含まれる植物繊維13と樹脂組成物に含まれる植物由来成分とを包含する植物由来原料の含有率が50重量%以上とする。繊維基材11を植物繊維13とアラミド繊維15とを含む繊維束23,33,43を多軸積層させて構成すれば、繊維成形体の物性が等方性に優れる点で好ましい。 (もっと読む)


【課題】現場施工性がよく、端面で剥離しにくい鋼構造物補強用繊維強化樹脂に使用する繊維シートを提供する。
【解決手段】本発明の繊維シート1は、複数の繊維が互いに平行に配列されて形成された繊維束11を並列に並べて固定し、繊維束11の繊維方向端部において繊維束を間引くなどして応力緩和領域17を設けることにより、樹脂を含浸固化した後の鋼構造物補強用繊維強化樹脂の端部での剥離を防止する。繊維シート1にはあらかじめ樹脂を含浸させておいてもよい。 (もっと読む)


【課題】2分割化粧柱の外周に段差を発生させず取り付け作業が容易な化粧柱の固定構造を提供する。
【解決手段】2分割柱体は空洞部を挟んだ両側部に取り付け金具と係合する凹部を各々備え、取り付け金具は2分割柱体の各凹部と係合する凸部と2分割柱体の一方の側部を構造柱側から外側方向に押圧する弾性体とを備え、更に構造柱91の外周面と2分割柱体における弾性体に押圧される側面22に対向する側部の内周側面21との間隔が所定値以下にならないようにする間隔保持部110とを備える。 (もっと読む)


【課題】簡単な作業で柱芯材の周囲に化粧材を強固に固定でき、必要な場合、簡単に取り外すことも可能な、化粧材の取付構造を提供する。
【解決手段】柱芯材10に対し、固定ベース40を介して、化粧材を取り付ける。第1化粧材片60の一側辺61を第1取付具20の弾性支持突起21aで支持しながら、第1化粧材片60を回動させて、第2取付具30のフック先端のL字部34bを第1化粧材片の凹部66内に嵌入させる。第2取付具の弾性片33が第1化粧材片60をL字部34bへ向かって押圧付勢することで、当該L字部の先端折返部34cが凹部の引掛溝66aと係合して、第1化粧材片60の逆回転が防止される。取外す際には、弾性片33の付勢力に抗して第1化粧材片60をスライドさせて、折返部34cを引掛溝66aから引き抜き、この状態で第1化粧材片60を引っ張って取り外す。第2化粧材片70も同様に、取付けおよび取外しが可能である。 (もっと読む)


【課題】フラスコ振とう法により広範囲のlogPを得ることのできる方法および二相系溶媒を提供すること。
【解決手段】極性有機溶媒、水性溶媒および疎水性有機溶媒を混合・静置して二相系溶媒を調製する工程;logPが既知である化合物の、前記二相系溶媒における分配係数(K)を測定し、該分配係数の対数値(logK)と、既知のlogPとから、相関式を導出する工程;logPの決定対象である化合物の、前記二相系溶媒における分配係数(K)を測定し、該分配係数の対数値(logK)から、前記相関式に基づいて、logPを算出する工程;を含むlogPの決定方法および該方法に使用される二相系溶媒。 (もっと読む)


【課題】1kHz以下の周波数帯域の騒音を効果的に吸収することができて、かつ、低コストで、作業性の良い吸音材を提供すること。
【解決手段】多孔質体からなる高通気層と、該高通気層と隣接し、通気量が2ml/cm/s以下であるポリウレタンフォームからなる低通気層とを備えた吸音材。 (もっと読む)


【課題】優れた光触媒機能を有し、かつ、繊維本来の風合いも兼ね備えた繊維製品を提供する。さらに、優れた光触媒機能が繰り返しの洗濯によっても低下しにくい洗濯耐久性を有し、かつ、繊維本来の風合いも兼ね備えた繊維製品を提供する。
【解決手段】繊維基材1に、リン酸ジルコニウム層2が静電的に固定され、リン酸ジルコニウム層2の表面に光触媒3が静電的に固定された繊維製品。好適には、リン酸ジルコニウム層2とアルミニウムイオンまたはポリアルミニウムイオン4を介して積層されたリン酸ジルコニウム多重層10を有し、リン酸ジルコニウム多重層10の最内層のリン酸ジルコニウム層2aがアルミニウムイオンまたはポリアルミニウムイオン4を介して繊維基材1に静電的に固定され、リン酸ジルコニウム多重層10の最外層のリン酸ジルコニウム層2bに光触媒3が静電的に固定された繊維製品。 (もっと読む)


【課題】複数の流体を正確かつ迅速に目標の特性になるように混合する。
【解決手段】混合前の複数の流体を流すための流路5,7,11,13と、混合後の流体を流すための流路15,17と、流体を流路で移動させるためのポンプ19と、混合前の複数の流体の流量をそれぞれ調整するための流量調整部11b,13bと、混合後の流体の特性を光学的に測定するための測定部15aと、測定部15aの測定結果に基づいて混合後の流体が目標の特性になるように流量調整部11b,13bを制御して混合前の流体の流量を調整する制御部21と、を備えている。 (もっと読む)


【課題】内部に微小寸法の流路が形成されたチップの流路内の流体、特に液体の濃度を効率よく、精度よく、安定して測定する。
【解決手段】光を透過する2枚の平面板により、流路を形成するための貫通溝が形成された厚みの均一な間仕切り板を挟み込むことによって内部に流路が形成されたチップ111を保持するためのチップ保持部110を備えている。チップ111の流路に光を照射するための光照射部、及び流路を透過した光を受光するための受光部を支持するための移動機構部材201が設けられている。移動機構部材201とチップ保持部110及びチップ111とを相対的に移動させるためのスライダー202,203を備えている。 (もっと読む)


【課題】フィラメント繊維を使用してループ繊維に形成することにより、嵩高性を発現させ、かつ嵩耐久性があり、耐洗濯性も高い詰め綿とその製造方法及びこれを用いた製品を提供する。
【解決手段】本発明の詰め綿17は、マルチフィラメント繊維を少なくとも構成繊維とし、前記マルチフィラメント繊維はループ繊維に形成され、前記ループ繊維はいずれかの部分15で結束されており、結束部15以外のループ繊維16は開繊されている。この詰め綿17は、マルチフィラメント繊維を巻回してループ繊維とし、前記ループ繊維のいずれかの部分で結束し、結束部15以外のループ繊維16を開繊して得る。 (もっと読む)


101 - 110 / 296