説明

倉敷紡績株式会社により出願された特許

241 - 250 / 296


【課題】化粧板としても換気材としても最適な材料を用いることができ、破損等による交換に際しても交換費用も低減できる換気化粧部材、及びその施工方法を提供する。
【解決手段】略板状の化粧板部分2と、換気口が設けられ、接続手段により化粧板部分2と接続可能な換気材部分4と、を備え、化粧板部分2と換気材部分4とが接続された状態で、化粧板部分2を垂木又は下地材50に固定するとともに、換気材部分4を軒天井材20又は天井材に固定することによって、換気構造を有する軒天井裏又は天井裏を形成する換気化粧部材、及びその施工方法を提供する。 (もっと読む)


【課題】 吸水による反りが低減され、水系接着剤によって金属鋼板等の板材に貼着可能な断熱パネルおよび該断熱パネルを用いた複合断熱材を提供すること。
【解決手段】 上部面材と下部面材との間にウレタンフォーム層を有してなり、上部面材または下部面材の少なくとも一方が、最表面側からウレタンフォーム層側への順序で表面吸水層/裏面層の積層構造を有し、当該裏面層は厚み50〜500μmの合成樹脂層であることを特徴とする断熱パネル、および該断熱パネルが少なくとも一方の面に有する表面吸水層に水系接着剤を含浸させることにより、断熱パネルが板材に接着されてなる複合断熱材。 (もっと読む)


【課題】 圧縮変形のないアルミ製芯材の外表面に被覆層を有してなる一体押出成形体および建築用部材を提供すること。
【解決手段】 中空状アルミ製芯材の外表面に合成樹脂からなる被覆層1を有してなり、芯材10の厚みが1.0mm以上であり、芯材の厚み(X:mm)とスパン(Y:mm)とが、式;Y/X≦5000の関係を満たすことを特徴とする一体押出成形体、および該一体押出成形体からなる建築用部材。 (もっと読む)


【課題】 特別な溝加工を施すことなく、曲面に沿わせることが可能であり、また種々の曲面形状に対応可能な使い勝手の非常によい真空断熱部材の製造方法を提供することを目的とする。
【解決手段】 曲面部分を有する被着部材に対し、少なくとも芯材及び該芯材を収納し内部を減圧状態に維持できる外包材を備えてなる真空断熱材を積層してなる真空断熱部材の製造方法であって、芯材は無機繊維製芯材からなり、厚み0.1〜6mmの板状真空断熱材を、被着部材の曲面部分に沿わせて変形させた状態で固着することを特徴とする真空断熱部材の製造方法。 (もっと読む)


【課題】酵素による獣毛繊維の劣化を簡便に抑制する獣毛繊維の耐劣化処理方法および該方法によって処理された獣毛繊維を提供すること。
【解決手段】獣毛繊維をホルムアルデヒド又はエポキシ基を少なくとも2個有するエポキシ化合物で処理することを特徴とする獣毛繊維の耐劣化処理方法。尿素・亜硫酸水素ナトリウム溶解度が25%以下であることを特徴とする獣毛繊維。 (もっと読む)


【課題】 生産効率に優れた繊維強化プラスチック用多軸不織シートおよびその製造方法を提供すること。
【解決手段】 複合繊維糸を引き揃えた糸シートが2層以上積層されてなる多軸不織シートであって、複合繊維糸は、融点が異なる低融点熱可塑性樹脂および高融点熱可塑性樹脂からなる1種類またはそれ以上の有機繊維を強化繊維に被覆してなり、低融点熱可塑性樹脂の熱融着によって保形されていることを特徴とする繊維強化プラスチック用多軸不織シート。複合繊維糸を引き揃えた糸シートを2層以上積層し、加熱および加圧によって保形することを特徴とする上記繊維強化プラスチック用多軸不織シートの製造方法。 (もっと読む)


【課題】 コンクリート表面にネット状あるいはメッシュ状の補強材を樹脂層により固着して形成される補強層の、ひび割れ位置での破断を防止し、確実に補強効果を得る。
【解決手段】 コンクリート表面1に補強材3を透明な樹脂層4により固着して補強層5を形成する際、既に生じているひび割れ2およびその周囲のコンクリート表面を絶縁層6により被覆して樹脂層に対して絶縁する。絶縁層としては、コンクリート表面と樹脂層との間に非接着状態で介装される非接着シート材や、弾性的に伸縮可能な弾性シート材が好適に採用可能である。 (もっと読む)


【課題】 脱膜処理、特に熱処理法による脱膜処理によっても良好な白色度を維持可能で、セル安定性に優れた軟質ポリウレタンフォーム、および該軟質ポリウレタンフォームからなる化粧用部材を提供すること。
【解決手段】 ポリオール成分、ポリイソシアネート成分、発泡剤及び顔料を含有するウレタンフォーム原料を反応、発泡させてなる軟質ポリウレタンフォームにおいて、前記ポリオール成分としてポリエステルポリオールを含有し、前記顔料として分散度50μm以下の酸化チタンを含有することを特徴とする軟質ポリウレタンフォームおよび該軟質ポリウレタンフォームからなる化粧用部材。 (もっと読む)


【課題】 コンクリート表面に補強材を樹脂層により固着して補強層を形成する場合に、ひび割れ位置を明瞭に観察可能とする。また、補強層の破断を防止して確実に補強効果を得る。
【解決手段】 コンクリート表面1にネット状あるいはメッシュ状の補強材3を透明な樹脂層4により固着して補強層5を形成する際、既に生じているひび割れ2の周囲のコンクリート表面にはそれを取り囲む位置にマーキング材を塗布して着色することによりマーキング層6を形成する。マーキング材は蛍光塗料であることが好ましい。マーキング層と樹脂層とを非付着状態に絶縁することにより、ひび割れ位置におけるコンクリートの変形による補強層に対する応力集中を緩和して補強層の早期判断を防止する。 (もっと読む)


【課題】 強伸度が均一のフィラメントを糸切れが生じず製造可能なセルロース/タンパク複合ビスコースレーヨンフィラメントの製造方法を提供すること。
【解決手段】 ビスコース紡糸液を、ゼラチン架橋溶液と混合しながら紡糸する工程を含むことを特徴とする、セルロース/ゼラチン複合ビスコースレーヨンフィラメントの製造方法。 (もっと読む)


241 - 250 / 296