説明

倉敷紡績株式会社により出願された特許

251 - 260 / 296


【課題】 吸水による反りが低減され、水系接着剤によって金属鋼板等の板材に貼着可能な断熱パネルおよび該断熱パネルを用いた複合断熱材を提供すること。
【解決手段】 上部面材と下部面材との間にウレタンフォーム層3を有してなり、上部面材または下部面材の少なくとも一方が、最表面側からウレタンフォーム層3側への順序で、表面吸水層5/防水層6/裏面層7の積層構造を有する断熱パネル、および該断熱パネルが少なくとも一方の面に有する表面吸水層に水系接着剤を含浸させることにより、断熱パネルが板材に接着されてなる複合断熱材。 (もっと読む)


【課題】 アルカリ過水液中の疲労度を短時間でかつ容易に評価することができる。
【解決手段】 過酸化水素を含むSC−1溶液中の過酸化水素濃度を異なるタイミングで複数回測定することにより、当該SC−1溶液に含まれる前記過酸化水素の単位時間当たりの減少量から算出される当該SC−1溶液に含まれる過酸化水素の分解速度の値に基づいて、前記SC−1溶液中の疲労度を評価する。 (もっと読む)


【課題】 十分な補強効果と十分な視認性を併せ持ち、施工性にも優れるコンクリート補強層の構造とその形成方法を提供する。
【解決手段】 コンクリート表面2に、プライマー層3、樹脂層4、樹脂層4内の下層側に固着された補強ネット5、上層側に固着された補強シート6からなる補強層1を形成する。プライマー層3はエポキシ系樹脂からなり、樹脂層4は全光線透過率が30%以上、好ましくは50%以上、屈折率が1.5〜1.6の可視光硬化型ビニルエステル樹脂からなる。補強ネット5は目合いが1.5〜2.5cmの高密度ポリエチレン2軸メッシュからなり、補強シート6は厚さ0.4〜0.75mmの透明なガラスクロスからなる。補強シート6としては樹脂層4内で透明なガラスクロスに可視光硬化型ビニルエステル樹脂を予め含浸させてなるプリプレグシートを用いる。 (もっと読む)


【課題】 構造が簡単で低コストとなる自己診断機能を有するコンクリート構造物及びコンクリート構造物の点検・調査・診断方法を提供することを目的とする。
【解決手段】 自己診断機能を有するコンクリート構造物において、補強ネット・感光性樹脂を含浸させた感光性樹脂保持シートからなる補強用シートを表面に取り付けたコンクリート構造物又はコンクリート部材であって、補強ネットの破断伸びを感光性樹脂が硬化した感光性樹脂保持シートの破断伸びより大きいものとし、コンクリート構造物又はコンクリート部材に作用する負荷による変形に伴う補強用シートの白化現象を視覚で観察しコンクリート構造物又はコンクリート部材の異常を検知することを特徴とする。 (もっと読む)


【課題】 過度の圧縮荷重によるセメント系構造物の破片飛散を防止するセメント系構造物の補強方法、および当該方法によって補強されたセメント系構造物を提供すること。
【解決手段】 セメント系構造物に対して無機系補強用シートまたは有機系補強用シートを被覆した後、その上に有機系織物シートをさらに被覆することを特徴とするセメント系構造物の補強方法および当該補強方法によって補強されたことを特徴とするセメント系構造物。 (もっと読む)


【課題】 優れた強度物性を達成するだけでなく、過度の圧縮荷重によるセメント系構造物の破片飛散を防止するセメント系構造物の補強方法、および当該方法によって補強されたセメント系構造物を提供すること。
【解決手段】 糸を引き揃えた少なくとも1層の糸シート層からなる補強用シートを、補強後における最外糸シート層が有機系繊維糸からなるように、セメント系構造物に被覆することを特徴とするセメント系構造物の補強方法、および当該方法によって補強されたことを特徴とするセメント系構造物。 (もっと読む)


【課題】 プリント層を有していても吸放湿性に優れ、抗菌性および紫外線遮蔽特性にも優れた布製品を提供すること。
【解決手段】 表皮部が除去された竹の幹材を破砕してなる竹粉を含有するプリント層を有する布製品。 (もっと読む)


【課題】 コーナ部に建築用化粧材を取り付けるに当たって、固定具の構造および固定作業を簡単化する。
【解決手段】 天井1と壁面2で構成される入隅部Aの長手方向に間隔を置いて複数の固定具を取り付け、これらの固定具を介して細長い化粧材50を固定する。各固定具は、天井1に固定される第1固定部11と、壁面2に固定される第2固定部12と、第1固定部および第2固定部を連結して延在する連結部13と、から構成される。第1固定部11および第2固定部12は、それぞれ、連結部13に対して入隅部Aに向かう方向に折れ曲がって延在する。連結部13には、第1固定部11および第2固定部12へのアクセス路31、32を設ける。このアクセス路から工具を挿入して、第1固定部11および第2固定部12をビス等で天井1および壁面2に固定する。最後に、連結部13に対して、化粧材50をビス等で固定する。 (もっと読む)


【課題】 靴下の風合いが良好で製造コストを抑えつつ、清涼感を有し、通気性・速乾
性に優れた靴下を提供する。
【解決手段】 清涼感を有する糖アルコールを付与した糸と、カバード糸とから編成された靴下により解決する。本発明に係る靴下は清涼感を有する糖アルコールを付与した糸を使用しているため、靴下装着時に足から出た汗が当該糖アルコールの吸熱反応により、外気とのガス交換があまりない状況下でも清涼感を得ることができる。また、本発明に係る靴下はカバード糸を使用しているため、柔軟な風合いを有している。このように清涼感を有する糖アルコールを付与した糸とカバード糸との組み合わせにより、清涼感を有し、通気性・速乾性に優れた靴下を提供することができる。 (もっと読む)


【課題】 発泡体と基材との間の接合強度を向上することを可能にした発泡体の接合構造物及び接合方法を提供する。
【解決手段】 熱可塑性樹脂製の基材1の上に発泡体2を配置し、該発泡体2の上に熱可塑性樹脂製の係止部材3を配置し、該係止部材3を発泡体2を通して基材1に対して熱融着する。 (もっと読む)


251 - 260 / 296