説明

株式会社クレハにより出願された特許

201 - 210 / 477


【課題】臭素酸イオン濃度の低い次亜塩素酸ナトリウム水溶液の製造方法を提供すること。
【解決手段】本発明の次亜塩素酸ナトリウム水溶液の製造方法は、臭素を含む液体塩素(M)を、全量気化して気体塩素(A)を得る第1工程と、気体塩素(A)の一部を液化させ液体塩素(B)を得る第2工程と、第2工程において得た液体塩素(B)と液化せずに残存する気体塩素(C)とを分離する第3工程と、第3工程において分離された気体塩素(C)と水酸化ナトリウム水溶液とを反応させ次亜塩素酸ナトリウム水溶液を得る第4工程とを有し、得られた次亜塩素酸ナトリウム水溶液中のBrO3-の濃度が、有効塩素濃度13.0%換算で20wppm未満であることを特徴とする。 (もっと読む)


【課題】取り扱いやすい容器を提供すること。
【解決手段】容器10は座部13とくびれ部15と口頸部19とを備える。座部13の水平断面は略六角形に形成されている。口頸部19の水平断面はくびれ部15から離れるに連れて楕円形から円形に収束する。くびれ16より上方の最大幅WHよりも下方の最大幅WLの方が大きく形成されている。くびれ部15は、正面と背面に略平らな平面帯15pf(15pb)とこの両側に形成された脇帯15tf(15tb)とを有し、平面帯15pfと脇帯15tfを有する部分の水平断面が全体的に六角形に形成されている。平面帯15pf(15pb)と脇帯15tf(15tb)との間に鉛直方向に連なる全体的に六角形の角15cが形成されている。平面帯15pf(15pb)及び脇帯15tf(15tb)の下方を除く外周にはその外側よりも一連に窪んだ窪み15dが形成されている。 (もっと読む)


【課題】不純物であるビス4−クロロフェニルスルフィドの含有量が少なく、シランカップリング剤との反応性に優れ、着色が顕著に抑制され、かつ、コンパウンドの揮発分が少ないポリアリーレンスルフィドを提供する。
【解決手段】ガスクロマトグラフ分析により定量したビス4−クロロフェニルスルフィドの含有量が50ppm未満であり、アミノシランとの反応により、温度310℃、剪断速度1,216sec−1で測定した反応前の溶融粘度値(MV1)に対する反応後の溶融粘度値(MV2)の比(MV2/MV1)が2.0超過であり、かつ、イエローインデックスが10以下であるポリアリーレンスルフィド。 (もっと読む)


【課題】ろ過面積の減少を抑制した中空糸膜モジュールを提供すること。
【解決手段】液体L中に没入される中空糸膜モジュール10は、中空糸膜11Aを複数有する中空糸膜束11と、複数の中空糸膜11Aの開口端11sが相互に所定の間隔を維持するように開口端11sをそれぞれ固定し、複数の中空糸膜11Aの中空部と連通する中空室13hが形成された固定部13と、中空糸膜束11の内部かつ中空糸膜11Aの外側の中空糸膜11Aが固定部13に固定されている部分に、開口端11s側から閉口端11f側に向けて気体Gを散出する散出部14と、気体Gが散出されたことにより生じる液体Lの流れのうち中空糸膜束11を取り巻く部分の流れを開口端11s側から閉口端11fに向かう整流とするように案内する整流板15とを備え、複数の中空糸膜11Aのそれぞれの閉口端11fが自由端として構成されている。 (もっと読む)


【課題】
高い平面性を有するのみならず、特に優れた寸法安定性を示す熱処理ポリ−p−フェニレンスルフィドフィルムを製造可能な製造方法、及びこの製造方法によって得ることのできる、平面性及び寸法安定性が高い熱処理ポリ−p−フェニレンスルフィドフィルムを提供する。
【解決手段】
二軸延伸されたポリ−p−フェニレンスルフィドフィルムを加熱する加熱工程を含む、熱処理ポリ−p−フェニレンスルフィドフィルムの製造方法であって、前記加熱工程において、前記加熱を160℃超290℃未満の範囲から選ばれる所定温度で行い、前記二軸延伸されたポリ−p−フェニレンスルフィドフィルムの当該所定温度における収縮応力よりも小さい引張応力を、前記二軸延伸されたポリ−p−フェニレンスルフィドフィルムに対し一方向に付加する製造方法、及び、該製造方法により得ることのできる熱処理ポリ−p−フェニレンスルフィドフィルム。 (もっと読む)


【課題】担子菌を工業的規模において効率よく短時間で完了することができ、しかも、生理活性を維持することのできる乾燥方法及び乾燥粉砕方法を提供する。
【解決手段】前記乾燥方法は、担子菌を、35〜65℃の管理温度で凍結乾燥する工程を含む。前記乾燥粉砕方法は、担子菌を、35〜65℃の管理温度で凍結乾燥する工程、及び前記凍結乾燥工程により得られた乾燥物を粉砕する工程を含む。 (もっと読む)


【課題】包装物への歯の刺し込みを、切断刃のV字の頂点から行う場合と、切断刃のV字の端部から行う場合とにおいて、それぞれ切断性が良好であって耐久性に十分優れた切断刃及び該切断刃を備える包装容器を提供することにある。
【解決手段】V字状の切断刃20の中央エリア30は、複数の大歯31と、大歯31の歯高H1よりも低い歯高H2からなる複数の中歯32とを具備する。また、切断刃20の端部エリア50は、複数の第1端歯51と、第1端歯51の歯高よりも低い歯高からなる複数の第2端歯52とを有し、各第1端歯51の歯先が、それぞれ大歯31の歯先を通る第1直線L1上に形成される。 (もっと読む)


【課題】包装物の切断性を維持しながら、ロール状の包装物の縦裂けを抑えた切断刃及び該切断刃を備える包装容器を提供することにある。
【解決手段】切断刃20の中央エリアCAは、大歯21の斜辺(大歯右辺21C)と中歯22の斜辺(中歯左辺22E)とが弧によって連結され、各斜辺の延長線が交差する第1基準点P1と弧との間の距離を第1平滑距離D1とし、第1基準点P1と第1直線L1との間の距離を右側大歯高H1Cとし、第1基準点P1と第2直線L2との間の距離を左側中歯高H2Eとするとき、右側大歯高H1Cに対する第1平滑距離D1の割合と、左側中歯高H2Eに対する第1平滑距離D1の割合とが、それぞれ5%〜40%である。 (もっと読む)


【課題】簡便なプロセスによりポリマー成形物に貫通孔を形成することが可能な多孔性ポリマー成形物の製造方法及びそれにより得られる多孔体を提供すること。
【解決手段】
ポリマー成形物2上に、複数の開口が形成された第1のマスク4と、第1のマスク4の平均開口径よりも大きい平均開口径を有する開口が複数形成された第2のマスク6とを積層する工程と、第2のマスク6側からドライエッチングすることによりポリマー成形物2に貫通孔3を形成する工程とを備える多孔性ポリマー成形物1の製造方法 (もっと読む)


【課題】切断刃の平面形状と断面形状とを最適化することによって、十分優れた切断性を有する切断刃、及びかかる切断刃を備える包装容器を提供すること。
【解決手段】包装容器用の切断刃24は、中央エリア28とその両側に側部エリア30とを有する。中央エリア28は、歯高の高い複数の第1歯38と、それより歯高の低い複数の第2歯とを有し、第1歯の一つがV字の頂点部に配置され、他の第1歯38が頂点部の第1歯38を中心に所定の間隔で配置され、第2歯が第1歯間に配置されている。第2歯の歯先を結ぶ直線L2は、第1歯の歯先を結ぶ直線L1と第1歯及び第2歯の歯元を結ぶ第3直線との間に位置する。側部エリア30は、複数本の側部歯31を有し、側部歯31の歯先はL2上又はL2とL3との間に位置している。切断刃24の縦断面形状は、包装容器に取り付けられた状態で、歯先が前面壁とは逆側に突出するように曲がっている。 (もっと読む)


201 - 210 / 477