説明

株式会社日立国際電気により出願された特許

4,981 - 4,990 / 5,007


【課題】外部からの塵埃や大気中の不純物が浸入せず、内部電子回路の放熱を十分に行え、メンテナンス性、生産性に優れ、不快な騒音が発生しない電子回路基板の筐体構造を提供する。
【解決手段】筐体13の外周に放熱フィン24を有しているので、電子回路基板からの放熱が前記筺体及び放熱フィンにより大気中に放散され、前記筺体は効率よく自然冷却される。又、前記筺体に電子回路基板が気密に収納されているので、前記筺体内に塵埃、不純物等が浸入することがない。又、前記筺体を開閉可能に且つ気密に閉塞し得る様分割することにより、組立が容易になる。更に、発熱性部品を筺体内壁に直付することにより、効率よく放熱される。 (もっと読む)


【課題】 パイロジェニック酸化処理とNO酸窒化処理とからなる2つの処理をできるだけ連続に近い形で行わせて、パイロジェニック酸化処理で生じる残留水分を効率良く排出させる。
【解決手段】 反応室3内で、ボート2により支持されたウェハ1に対し、パイロジェニック酸化を行った後、NO酸窒化を連続して行う。このパイロジェニック酸化後、NO酸窒化を行う前に、反応室3からボート2をアンロード位置Aまで引き出してボート2の全部を露出するのではなく、セミロード位置Cまで引き出しボート2の一部のみを露出させる。この状態で反応室3内の残留水分を除去する排除処理を行う。 (もっと読む)


【課題】従来の携帯電話機では、着信音は予め幾種類か記録されているメロディの中から選択するか、或いは1音符ずつキーパッドを押しながら入力するかの方法であり。前者の方法では携帯電話機使用者の好みに合ったメロディがない場合があり、後者の場合では簡単なメロディでも1音ずつの入力のため煩雑であり手間が掛かった。
【解決手段】マイクによる音声入力信号を音符データに変換する機能を有し、また、イメージスキャナによる画像入力とし楽譜を入力し、これら入力情報を音符データとしてメモリに記録し、着信時に実音として出力する機能を有する構成としている。 (もっと読む)


【課題】 基板上に取り付けられたシールドケースの内部と外部の信号線を接続するのに、作業量及び部品コストを低減する構造のプリント基板を提供する。
【解決手段】 プリント基板16を多層構造にし、シールドケース1が取り付けられると共に当該シールドケース1の内部及び外部に信号パターン17、23が形成された最上層(1/4層)に、シールドケースの内部及び外部に形成された信号パターンにそれぞれ接続されるコンデンサ18,19を設けると共に、下層に、スルーホール24,25を介して最上層に設けられたコンデンサと接続されてフィルタ回路を構成するプリントコイル20,21を形成し、フィルタ回路を介してシールドケースの内部及び外部に形成された信号パターン17,23を接続する。 (もっと読む)


【課題】 容易にマイクロストリップ線路を電気的に接続でき、接続部またはあ接続形態による伝送損失、不整合を低減するマイクロストリップ線路の電気的接続構成を提供する。
【解決手段】 近接されて互いに接続されるマイクロストリップ線路23,24それぞれの端部間に跨るように設けられ、且つ、マイクロストリップ線路23,24のそれぞれの平坦状端部23A,24Aに面接触されて半田または導電性を有する接着剤にて接続される板状の導電性接続素子11を介在させて前記互いに接続されるマイクロストリップ線路23,24を接続するようにした。 (もっと読む)


【課題】半導体製造装置の配管を流通する全ガス流量が大きく変わった場合でも常に最適な検出精度で流量検出を行える様にする。
【解決手段】半導体製造装置の配管1に流量検出装置2が設けられ、該流量検出装置がガス導入路16とガス導入路に対して並列に設けられた調整流路13,14,15を具備する流量調整部とを有し、前記ガス導入路にガス流量検出器7を設け、前記ガス導入路を流通するガス流量が所定範囲となる様、前記調整流路の流路断面積を変更可能とした半導体製造装置に係り、又前記流量検出装置は複数の調整流路を有し、該複数の調整流路は独立して開閉され、ガス導入路を流れるガス流量を流量検出器の検出適正流量とすることで、配管の全ガス流量が大幅に変化したとしても流量検出器の持つ最適精度で流量検出を行う。 (もっと読む)


【課題】 従来の情報表示システムでは、操作者が任意に選択した複数銘柄の株価に基づいた移動平均線を表示することはできず、不便であるという問題点があり、任意に設定した複数銘柄の株価に基づいた移動平均線を表示することにより、操作者が投資家のニーズに対応した独自の分析を行って、利便性を向上させることができる情報表示システムを提供する。
【解決手段】 情報受信装置1の記憶部12に、操作者が選択した銘柄コードを記憶する設定情報テーブル12bを設け、制御部13が、移動平均線の表示指示が入力された場合に、設定情報テーブル12bに記憶されている銘柄コードの株価データをデータ蓄積テーブル12aから読み取って、これに基づいて「銘柄群の1日の平均値」を算出し、「銘柄群の1日の平均値」を1つの銘柄と見なしてn日移動平均線を作成して、表示装置2に出力し、表示装置2においてn日移動平均線を表示する情報表示システムである。 (もっと読む)



【課題】他の部品の上を越えて配置するストリップ線路の特性インピーダンスを低くして所望の値にするとともに、小形化を図る。
【解決手段】平面導体板2の上に実装された他の部品6を越えて側面からみて凸状に形成され、両端部が絶縁性保持柱4で固定されたストリップ導体1を設け、その下側に、ストリップ導体1との間隔hをもって凸状に形成され部品6を越えて平面導体板2に固定された接地金具5を設ける。間隔hを小さくして特性インピーダンスを低くする。 (もっと読む)


【課題】 従来、非可逆方式の画像処理では圧縮率を上げると再生画像が著しく劣化するとの問題点があり、本発明は、高圧縮においても実用的な画質の画像を得ることができる画像処理方法及び画像処理装置を提供する。
【解決手段】 原画像の1フレームの画像データを縮小器3で縮小し、ブロック単位で符号化部1で圧縮符号化し、そのデータを通信路又は蓄積メディアに出力し、復号化部2で通信路又は蓄積メディアからデータを入力してブロック単位に伸長復号化し、拡大器4で画像データを1フレーム分に拡大し、修復フィルタ5で輪郭検出し、輪郭以外の部分をぼかすことによって画像を修復して出力する画像処理方法及び画像処理装置である。 (もっと読む)


4,981 - 4,990 / 5,007