説明

サントリー酒類株式会社により出願された特許

261 - 270 / 319


【課題】 人の五感のうち、嗅覚を介して自律神経活動を調節することが可能な組成物と、当該組成物の代表的な利用技術とを提案する。
【解決手段】 本発明にかかる香気組成物は、糖質またはデンプン質を含む植物性素材と水とを原料としてアルコール発酵させたものを蒸留してなるエタノール溶液により、オーク材を抽出することで得られる抽出画分を含んでおり、自律神経機能を調節可能としている。具体的には、ウィスキーやブランデーの香気成分を香気組成物として用いることができる。 (もっと読む)


本発明は、貯蔵タンクから送られた液体をフィラのフィラタンク内に送り、前記フィラにより前記液体を容器内に充填する飲料充填方法である。この方法は、前記フィラタンク1内の液体をフィラタンクに取り付けた戻り配管から戻して、還流経路を介して前記貯蔵タンク5に還流させることを特徴とする。この方法によればフィラタンク内で余剰となった液体をライン全体で循環させることができる。
(もっと読む)


液体を容器内に充填するフィラの、旋回可能なフィラタンク1内の液体を攪拌する攪拌部材である。攪拌部材8は、前記攪拌部材全体がフィラタンク内の液体の液面9よりも低い位置に位置し、かつ、前記攪拌部材が前記フィラタンクの内面に取り付けられることを特徴とする。本発明によれば攪拌部材常時液面より低い位置にあることから効率よくフィラタンク内の液体を攪拌することができるとともに高温でパルプを含む液体を充填する際のパルプの焼きつき等を防ぐことができる。
(もっと読む)


【要 約】

【課 題】 呈味において良好なプロアントシアニジンとスフィンゴ脂質とを含む組成物を提供すること。

【解決手段】プロアントシアニジンとスフィンゴ脂質とを混合すると、特にそれらの割合が重量比で3.7対1から150対1の割合となるように両者を混合することにより提供される。 (もっと読む)


【課題】 PETのように高い極性を有する合成樹脂を用いた容器包装であっても、その香気成分の収着挙動を評価する目的で好適に用いることができ、さらに、評価の信頼性をより高めることができる液状組成物と、これを用いたこれを用いた香気成分の収着挙動評価方法とを提供する。
【解決手段】 本発明にかかる液状組成物は、収着成分として、炭化水素成分、エステル成分、アルデヒド成分、アルコール成分、およびフェノール成分を含有している。これら収着成分には、蒸発エネルギー値に基づく溶解度パラメーターが26.3以上の化合物が少なくとも1種含有されている。これを用いて香気成分の収着挙動を評価すれば、PET等の高極性材料を用いた容器包装においても、香気成分の収着挙動をより高い信頼性で評価することができる。 (もっと読む)


【課題】 ストレスに起因する行動異常を伴う症状あるいは疾患の予防又は改善作用を有する新規組成物の提供。
【解決手段】 アラキドン酸及び/又はアラキドン酸を構成脂肪酸とする化合物を含んで成る、ストレスに起因する行動異常を伴う症状あるいは疾患の予防又は改善作用を有する組成物。 (もっと読む)


【課題】 ストレスに起因する脳機能の低下およびそれに伴う症状あるいは疾患の予防又は改善作用を有する新規な組成物の提供。
【解決手段】 アラキドン酸及び/又はアラキドン酸を構成脂肪酸とする化合物を含んで成る、ストレスに起因する脳機能の低下およびそれに伴う症状あるいは疾患の予防又は改善作用を有する組成物。 (もっと読む)


【課題】 本発明は、糖尿病合併症の予防または治療のために、安全性が高く、安定供給についても問題がなく、且つコンプライアンスの点でも十分な、日常的に継続して使用できるアルドース還元酵素阻害剤を提供する。
【解決手段】
オーク類などブナ科コナラ属植物の溶媒抽出物に含まれる、エラグ酸およびその他の天然由来の物質を有効成分として含有するアルドース還元酵素阻害剤。 (もっと読む)


【課題】 本発明は、糖尿病合併症の予防または治療のために、安全性が高く、安定供給についても問題がなく、且つコンプライアンスの点でも十分な、日常的に継続して使用できるアルドース還元酵素阻害剤を提供する。
【解決手段】
オーク類などブナ科コナラ属植物の溶媒抽出物に含まれる、エラグ酸およびその他の天然由来の物質を有効成分として含有するアルドース還元酵素阻害剤。 (もっと読む)


【課題】 バッグインボックス型容器内の飲料水を、温水又は冷水の状態で常時飲用に供するディスペンサの配管系統や冷水タンクにヒータを設けることなく貯溜タンクや配管系統を加熱殺菌する。
【解決手段】 飲料水容器1から飲料水Wを配管系統2を介して引用に供するディスペンサであって、配管系統2中に飲料水Wを貯溜する、冷却装置6を有する冷水タンク4と加熱装置5を有する温水タンク3を有する飲料水のディスペンサの加熱殺菌装置において、温水タンク3と冷水タンク4とを接続する連通配管11に循環用ポンプ9及び循環用電磁弁10を介在させて成り、温水タンク3内の温水を配管系統内で循環させて、貯溜タンク及び配管系統内を殺菌する。
(もっと読む)


261 - 270 / 319