説明

株式会社 資生堂により出願された特許

1,001 - 1,010 / 1,748


【課題】毛髪のCMC(細胞間複合体)を修復して、毛髪保護効果及びその持続性に優れ、且つ毛髪にしっとり感とやわらかさ、なめらかさを付与するCMC修復剤およびCMC修復方法を提供する。
【解決手段】N−ラウロイル−L−グルタミン酸・リジン縮合物Na塩のようなアミノ酸誘導体を含むものとする。またこのアミノ酸誘導体を0.0001〜1質量%含み、CMCを修復する毛髪化粧料とする。 (もっと読む)


【課題】 皮膚に対する保湿効果の高い油中水型乳化組成物でありながら、香料を高配合した場合に乳化安定性を良好に保ちつつ、且つマッサージクリームとしての良好な使用性を兼ね備えた油中水型の乳化組成物を提供する。
【解決手段】 下記成分(A)(B)(C)(D)を含み、さらに下記(1)及び(2)の条件を満たすことを特徴とする油中水型乳化組成物。
成分:(A)モノオレイン酸グリセリン
(B)アルキル基に分岐鎖を有する界面活性剤
(C)水性成分
(D)油性成分
(E)香料成分
条件:(1)成分(A)のモノオレイン酸グリセリンと成分(B)のアルキル基に分岐鎖を有する界面活性剤の和が組成物全体に占める割合が5質量%以上10質量%未満である。
(2)成分(E)の香料成分が組成物全体に占める割合が0.3質量%以上である。 (もっと読む)


【課題】乳化安定性に優れ、べたつき感が少なく、皮膚刺激性が低い水中油型乳化組成物を提供する。
【解決手段】(a)粉末成分を1〜20質量%、(b)炭素鎖が12以上、22以下であるアルキル鎖を2つ有するカチオン性界面活性剤を0.001〜0.5質量%、(c)油相成分、(d)水相成分を含有し、水相に分散した油滴上に(a)の粉末粒子が吸着してなる構造を有し、且つ、(b)のカチオン性界面活性剤以外に界面活性剤を実質的に含有しないことを特徴とする水中油型乳化組成物。 (もっと読む)


【課題】反応収率及び純度に優れ、室温条件の下、重合禁止剤の添加を必要としないマイクロリアクターを用いた不飽和有機化合物の合成方法を提供する。
【解決手段】アクリル酸系反応誘導体を、マイクロリアクター内で脂肪酸化合物と反応させることによる、下記一般式(3)で表される不飽和有機化合物を合成することを特徴とする不飽和有機化合物の合成方法。


(式中、Rは水素又は炭素数1〜3のアルキル基、Rは炭素数4〜22のアルキレン基、Xは−NH−基又は酸素原子、Mは水素又は1価の金属原子を表す。) (もっと読む)


【課題】内容物の繰り出し状況が把握し易く、誤操作による構成部材の破損を回避できる気密性の高い繰り出し容器を提案する。
【解決手段】底部に回転可能に起立するスクリューロッド2と、内容物の充填空間Mとする内筒1と、この内筒1に設けた中皿5と、スクリューロッド2を回転させ、内容物を押し上げ注出口から排出する回転体6と、注出ヘッド4収納する蓋体21とを備えた繰り出し容器において、前記回転体6を、底壁部分6aと、内筒の周りを取り囲んで該内筒1に回転可能に保持される周壁部分6bにて構成する。そして、前記回転体6の該底壁部分6a又は周壁部分6bに、回転体6の回転に伴い内筒1に設けられた凸部に接触、離反してクリック感を誘発させる弾性体10、22を設け、前記スクリューロッド2の基部3に、中皿5が充填空間Mの最下端に位置する状態でその下部に連係して回転体6の回転を阻止するストッパー16を配置する。 (もっと読む)


【課題】乳化安定性に優れ、べたつき感が少なく、皮膚刺激性が低い水中油型乳化組成物を提供する。
【解決手段】(a)粉末成分を1〜20質量%、(b)炭素鎖が12以上、22以下であるアルキル鎖を2つ有するカチオン性界面活性剤を0.001〜0.5質量%、(c)油相成分、(d)水相成分を含有し、水相に分散した油滴上に(a)の粉末粒子が吸着してなる構造を有することを特徴とする水中油型乳化組成物。 (もっと読む)


【課題】人間が感じる肌色の白さに一致する指標を導き、より人間の感覚に合致した肌の白さを計測して、肌の白さを評価する方法並びに該方法を使用するプログラム及び肌色測定機器。
【解決手段】肌色の明度(L)を、色相角(hab)、彩度(Cab)及び明度(L)の分布幅に基づく明度(L)補正量で補正することによって、顔の肌色の白さにより近似する指標を得ることにより評価されることによって、顔の肌色の白さを評価する。 (もっと読む)


【課題】 本発明の解決すべき課題は肌上の瑕疵の隠蔽を図りつつ、優れた透明感を奏しえるファンデーションを提供することにある。
【解決手段】 彩度Cが5.5以上、顔料級二酸化チタン/黒酸化鉄が質量比で10000以上のファンデーション。 (もっと読む)


【課題】本発明は、従来の繰出容器の構造を大幅に変えることなく、低コストにして従来にない多角柱状の新規な美感の棒状化粧料及びその製造方法に関するものである。
【解決手段】棒状化粧料の横断面形状が多角形状を有することを特徴とする棒状化粧料及び外筒体と、該外筒体に対して相対的に回転可能に配設される中筒体と、該外筒体の回転によって前記中筒体を上下動する中皿体とからなる繰出容器において、前記中筒体の内周面の横断面形状を多角形に形成して、成形筒を取り付けた状態の前記繰出容器の底部から溶融状態の棒状化粧料を充填して冷却固化させ、横断面形状が多角形状の棒状化粧料を成型することを特徴とする棒状化粧料の製造方法である。
(もっと読む)


【課題】粒径の制御が可能で、均一な球形粒子を有するヒアルロン酸ゲルの簡便な製造方法を提供する。
【解決手段】水系溶媒中において、ヒアルロン酸にカチオン性界面活性剤を作用させ球状粒子とする工程を含むことを特徴とする球状ヒアルロン酸ゲル粒子の製造方法。
前記工程後、前記球状粒子に架橋剤を作用させる工程を含むことが好適である。
また、前記工程後、透析により前記球状粒子を精製する工程を含むことが好適である。 (もっと読む)


1,001 - 1,010 / 1,748