説明

株式会社 資生堂により出願された特許

301 - 310 / 1,748


【課題】本発明は、材料の表面にホスホリルコリン基を高密度で導入することが可能な表面改質方法及び該表面改質方法により表面が改質されている表面改質材料を提供することを目的とする。
【解決手段】表面改質方法は、加水分解によりシラノール基を生成することが可能な官能基又はシラノール基を表面に有する材料に、一般式


(式中、R、R及びRは、それぞれ独立に、炭素数が1以上6以下のアルキコキシ基であり、Rは、炭素数が1以上6以下のアルキコキシ基又は炭素数が1以上6以下のアルキル基である。)
で表される化合物と、加水分解によりシラノール基を生成することが可能な官能基又はシラノール基を有する親水化剤を含む塗布液を塗布する工程を有する。 (もっと読む)


【課題】 溶解度の低い油溶性紫外線吸収剤を含有し、使用性及び紫外線防御効果が良好で、なおかつ安定性にも優れた油中水型乳化組成物を提供する。
【解決手段】 (a)油溶性紫外線吸収剤の水分散体、(b)分子量が2000以上のポリオキシアルキレン変性ポリシロキサン、及び(c)5質量%以下の紫外線散乱剤を含有し、前記成分(a)を内相に含むことを特徴とする油中水型乳化組成物。前記成分(a)は、油溶性紫外線吸収剤と有機ポリマーとの複合体粒子の水分散体であるのが好ましい。 (もっと読む)


【課題】 溶解度の低い油溶性紫外線吸収剤を含有し、なおかつ安定性にも優れた水中油型乳化組成物を提供する。
【解決手段】 (a)油溶性紫外線吸収剤の水分散体、(b)(ポリアクリル酸/アクリル酸アルキル)コポリマー、HLBが8以上の非イオン性界面活性剤、及び脂肪酸石鹸から選択される1種又は2種以上の化合物、及び(c)水溶性高分子を含有し、前記成分(a)を外相に含むことを特徴とする水中油型乳化組成物。前記成分(a)は、油溶性紫外線吸収剤と有機ポリマーとの複合体粒子の水分散体であるのが好ましい。 (もっと読む)


【課題】高屈折率シリコーン油が多量且つ安定に配合され、且つ、ツヤのある仕上がり及び肌の凹凸補正効果を有する固形乳化化粧料を提供する。
【解決手段】本発明にかかる固形乳化化粧料は、(A)25℃における屈折率が1.45以上の高屈折率シリコーン油を4〜18質量%と、(B)(ジメチコン/フェニルビニルジメチコン)クロスポリマーと、(C)疎水性または疎水化処理粉体と、(D)ワックスとを含むことを特徴とする。 (もっと読む)


【課題】ツヤが良く、しかも色材分散性に優れ、色のつきも良い唇用化粧料を提供する。
【解決手段】(a)平均粒径0.1〜0.5μmの球状ポリメチルシルセスキオキサンを0.5〜5質量%と、(b)IOB0.2以上の極性油を30〜90質量%と、(c)色材を0.5〜20質量%とを配合する。 (もっと読む)


【課題】本発明は被検査体に装着して被検査体の動作を検出する動作検出センサ及びそのキャリブレーション方法に関し、被検査体の動作力が小さい場合であっても高精度に動作検出を行うことを課題とする。
【解決手段】ベース部材11と、第1及び第2の検出片12,13と、第1及び第2の検出素子14,15とを有する。第1の検出片12は、ベース部材11から延出すると共に被検査体となる指Aに接触し、動作時に指Aの変形に伴い変位するよう構成する。第2の検出片13は、ベース部材11の第1の検出片12の延出位置と異なる位置から延出すると共に指Aと接触し、動作時に指Aに発生する変形に伴い変位するよう構成する。第1及び第2の検出素子14,15はベース部材11に配設され、第1の検出素子14は第1の検出片12の変位を検出し、第2の検出素子15は第2の検出片13の変位を検出するよう構成する。かつ、第1及び第2の検出片12,13が指Aを挟持することにより指Aに装着されるよう構成する。 (もっと読む)


【課題】使用感触に優れ(みずみずしく、べたつき感がなく、肌なじみがよく、肌への残存物がない)、低〜中粘度域において粘度を安定に保つことができ、塩型成分を配合した場合であっても粘度の変化を生じない増粘性組成物、およびそれを含む化粧料を提供する。
【解決手段】(a)特定の疎水変性ポリエーテルウレタン(会合性増粘剤)を0.1〜2質量%と、(b)ゲル化能を有する親水性化合物からなるゲルの破砕により得られるミクロゲルを0.1〜2質量%含有し、かつ(a)成分:(b)成分=0.1:0.9〜0.9〜0.1(質量比)であり、粘度が50〜50,000mPa・s(BL型粘度計、12回転、25℃)である増粘性組成物、および該増粘性組成物を含有する化粧料。 (もっと読む)


【課題】軸より突出した幅広扁平形状のスパチュラの表面をフロッキー植毛した塗布部を有する化粧用塗布具であって、繰り返し使用した場合にも、フロッキー植毛がシゴキパーツとの摩擦によって剥離することがない化粧用塗布具を提供する。
【解決手段】塗布部を扁平な板状とし、根元部16を軸4に装着する円柱形状とし、円柱形状の根元部と扁平形状の塗布部とを徐々に円柱形から板状に変形させてなるスパチュラ7の表面を静電植毛した塗布体6であって、該スパチュラ7は該根元部16から該塗布部の間に前記軸の外径より外方に突出する突出部18を形成し、該突出部18と該根元部16との間を植毛しない部分とした。 (もっと読む)


【課題】付加価値のある動画像を効率的に伝送する。
【解決手段】通信ネットワークを介して送信装置と受信装置との間で人物の動画像を伝送する動画伝送システムにおいて、前記送信装置は、撮像手段により撮影された前記人物の顔を含む原画像に対して、前記顔の所定の位置に仮想メイクアップを施した仮想メイク画像を生成する送信側仮想メイク画像生成手段と、仮想メイク画像のメイク情報を取得するメイク情報取得手段と、前記メイク情報取得手段により得られるメイク情報と元の原画像フレームとを別々に前記受信装置に送信する送信手段とを有し、前記受信装置は、前記送信装置から前記メイク情報と前記原画像フレームとを取得し、それぞれに付加されている識別情報又は時間情報に基づいて、前記原画像フレームに同期した前記メイク情報を反映させて前記仮想メイク画像を生成する受信側仮想メイク画像生成手段とを有する。 (もっと読む)


【課題】ほおの形態的特徴別に効果的なチークメーキャップによる顔の調整方法を提供する。
【解決手段】被験者のほおを予め設定された条件により分類するチークメーキャップのための顔分類方法において、少なくともほおの長さ及びほおの骨格・肉付き感の2つの指標に基づいて、前記被験者の顔を分析する分析段階と、前記分析段階により分析された結果を予め分類された少なくとも4種類のタイプの何れかに位置付ける分類段階とを有することにより、上記課題を解決する。 (もっと読む)


301 - 310 / 1,748