説明

ダイハツ工業株式会社により出願された特許

41 - 50 / 2,560



【課題】クランク軸の角度センサをエンジン外壁側に設ける場合は、飛石などによってセンサが破損されるおそれがあった。
【解決手段】エンジン端部を覆うカバー部材と、前記カバー部材外側に配設されクランク軸と一体に回転する回転子と、前記回転子と同軸に配設され補機駆動ベルトが掛架された回転体と、前記カバー部材の外壁面に設置され、前記回転子を通じて前記クランク軸の角度を検出するセンサと、前記カバー部材の前記外壁面に取り付けられたオイルフィルタを有するエンジンのカバー部材構造であって、前記センサを外壁面に固定するセンサ設置部は、前記カバー部材の外側に突出する突出形状と、前記突出形状に設けた保持用貫通孔で形成され、前記オイルフィルタと前記回転子との間には、前記オイルフィルタの下方端から、少なくともオイルフィルタの上下境界線まで形成された前記カバー部材の外側に突出する突出壁形状が設けられたことを特徴とする。 (もっと読む)










41 - 50 / 2,560