説明

ダイハツ工業株式会社により出願された特許

81 - 90 / 2,560


【課題】車両部品から一体的に突出した係止突起を車体側に形成された係止孔に嵌入させて係止させることにより、車体側に車両部品を取り付ける場合に、車体側への車両部品の取付強度が十分に確保できるようにする。
【解決手段】樹脂製車両部品20の一部分の外面から一体的に突出する係止突起34は、車両部品20の一部分の外面に沿った一方向での前後方向に並設される前後一対の突起部材37,37を有する。両突起部材37,37の間にその両基部37a,37a側から螺子41をねじ込み可能とし、螺子41のねじ込みにより両突起部材37,37がそれぞれ各基部37a,37aを中心として互いに離反するよう回動B,Bして係止孔35の前、後孔縁部35a,35aに係止されるようにする。両突起部材37,37の両基部37a,37aを前後方向から挟むよう車両部品20の一部分に前後一対の貫通孔42,42を形成する。 (もっと読む)


【課題】インナーリリーフ方式のオイルポンプにおいて、オイルの温度に応じてリリーフ圧を自動設定することを簡単な構造で実現すると共に、動きの確実性も担保する。
【解決手段】ケースを構成する蓋2に、オイル吸引空間10とオイル吐出空間11とが形成されている。蓋2に、両空間10,11に連通したリリーフ通路17と、リリーフ通路17を開閉制御するリリーフ弁18とを設けている。リリーフ弁18は、リリーフ通路17を開閉する弁体19と、弁体19を後退方向に付勢するばね20と、弁体19を前進方向に付勢する熱膨張部材21とを有する。熱膨張部材21が温度に応じて膨張・収縮することにより、弁体19が温度に応じて前進し、リリーフ通路17の閉じ量(或いは開き量)が温度に応じて変化する。 (もっと読む)


【課題】樹脂製フェンダパネル等の車両のサイドパネルであって、製造コストや重量の上昇等を抑制しつつ、環境温度が変化した際の各部の伸縮に適切に対応することが可能な車両のサイドパネルを提供する。
【解決手段】外面に複数のキャラクタライン12a,12bが設けられて少なくとも一部分が立体的に湾曲したパネル本体部1と、このパネル本体部1の外周縁に設けられた取付け用のフランジ部とを備え、これらフランジ部およびパネル本体部1は、樹脂により一体成形されている車両のサイドパネルPであって、パネル本体部1は、その外周縁から複数のキャラクタライン12a,12bに到る部分14a,14bを含む外周縁寄り領域14と、複数のキャラクタライン12a,12b間に挟まれた部分を含み、かつ外周縁寄り領域14よりもパネル本体部1の中央寄りに位置する中央寄り領域15とに区分され、中央寄り領域15は、外周縁寄り領域14よりも薄肉である。 (もっと読む)


【課題】脈動の大きいブローバイガスに適応したブローバイガス還流装置を実現する。
【解決手段】流通するブローバイガスに含まれる潤滑油をブローバイガスから分離させるラビリンス構造601の上流側に、開閉特性の異なる複数個のリードバルブを、ブローバイガスの流れの方向に沿って直列に配列した。リードバルブの弁体603は、ラビリンス構造601の如く作用し、潤滑油をブローバイガスから除去する。加えて、複数段のリードバルブが、ラビリンス構造601に流入するブローバイガスの脈動を鎮圧する。 (もっと読む)


【課題】切削加工により仕上げられたスラスト軸受面を評価する方法を見出し、かかるスラスト軸受面を有するクランクシャフトを実用化する。
【解決手段】クランクシャフト1のスラスト軸受面Tを、プラトー率Rδcに基づいて評価する。具体的には、スラスト軸受面Tのプラトー率Rδc(切断レベル:10〜80%)が0.6μm以下であれば良品と判別し、0.6μmを超えていれば不良品と判別する。 (もっと読む)


【課題】デバイスの損傷および発電効率の低下を抑制できる車載発電システムを提供すること。
【解決手段】車載発電システム1に、排気管17、蒸発ガス通路24およびパージ弁25を備える内燃機関2と、排気管17内に設けられ温度が経時的に上下する排気ガスが供給されることにより電気分極する第1デバイス3と、第1デバイス3から電力を取り出す第2デバイス4と、排気ガスの温度を検知する温度センサ6と、温度センサ6により検知される排気ガスの温度が所定温度以上のときにのみ、パージ弁25の開動作を許容する第2制御ユニット8とを備える。 (もっと読む)


【課題】車両が停止した後において、デバイスが損傷することにより、発電性能が低下することや、発電不能となることを抑制できる車載発電システムを提供すること。
【解決手段】車載発電システム1に、内燃機関2と、内燃機関2から排出され、温度が経時的に上下する排気ガスが供給されることにより電気分極する第1デバイス3と、第1デバイス3から電力を取り出すための第2デバイス4と、内燃機関2の状態を検知する検知ユニット8と、第1デバイス3に電界を印加する電界印加装置9と、検知ユニットにより検知される状態が、内燃機関2の低速高負荷状態から停止した状態であるときに、電界印加装置9を作動させるための制御ユニット10とを備える。 (もっと読む)


【課題】車両後部にラジエターを配設することで、エンジンルームに熱がこもるのを防止する。
【解決手段】車両4の後側端部に設けた排出口11と、前記排出口の車両内側に設けたファン12と、前記ファンの車両内側に排気面14o側を向けて配設されたラジエター14を備え、ファン12の回転数を、車両速度に応じて変化させる。 (もっと読む)


【課題】側突時に、車体内部の車室における何らかの物体がスライドドアに衝突したとき、ドアが車体の外側方に向かって大きく移動することを効果的に防止して、車体の側壁のドア開口とドアとの間に大きな隙間が発生することを防止する。
【解決手段】センターレール14は、横断面視で側壁9の外面に沿って延びる内側板22と、内側板22の上、下端縁部から車体2の外側方に向かって延出する上、下板23,24と、上、下板23,24のいずれか一方の板の延出端縁部から内側板22に対面するよう延出する外側板25とを有する。上下方向に延び、上、下板23,24の各前端部を互いに結合する補強基板44と、一方の板の外面に沿うよう補強基板44から後方に向けて延出する第1補強板45と、外側板25の外面に沿うよう第1補強板45から延出する第2補強板46と、第2補強板46から延出して補強基板44に結合される第3補強板47とが設けられる。 (もっと読む)


【課題】シリンダブロックのボアを高い真円度で加工する。
【解決手段】ウォータージャケット溝4の内周に規制部材30を挿入することにより、ボア周壁5が規制部材30により外径側から支持されるため、ボア内周面3aを加工する際の外径向きの加圧力Pによるボア周壁5の外径方向への変形が規制され、ボア3の真円度の低下を防止することができる。 (もっと読む)


81 - 90 / 2,560