説明

帝人株式会社により出願された特許

1,121 - 1,130 / 1,209


疎水性溶媒に溶解可能なポリマーと複数の水酸基を有する有機化合物とを疎水性溶媒に溶解した溶液を製造する段階と、前記溶液を静電紡糸法にて紡糸する段階、および捕集基板に累積される繊維構造体を得る段階を含む繊維構造体の製造方法により、再生医療分野において細胞培養の基材として適している大きな表面積をもち、空隙も大きく、親水性を制御することができる多孔質繊維および繊維構造体を提供する。
(もっと読む)


ポリアミック酸溶液に、脱水反応剤を添加し、次いで、得られた溶液を支持体上に流延してフィルムを得、フィルムを支持体とともに槽内の気体が槽外に漏れることを防ぐ機構を施した反応凝固槽に導入し、水の濃度1・2000ppmの雰囲気下加熱してポリアミック酸の少なくとも一部がポリイミドもしくはポリイソイミドに変換されたゲル状フィルムを得、得られたゲル状フィルムを支持体から分離して必要に応じ洗浄した後、同時二軸延伸または逐次二軸延伸し、得られた二軸延伸フィルムを、必要に応じ洗浄して溶媒を除去した後、熱処理に付して二軸配向ポリイミドフィルムを形成して、ポリイミドフィルムを製造する。
(もっと読む)


【課題】 光発電効率が高く、耐久性に優れたフレキシブル色素増感型太陽電池を製造することのできる積層ポリエステルフィルムおよび電極を提供することを目的とする。
【解決手段】 200℃で10分間熱処理した際のフィルムの長手方向の熱収縮率が0.0%以上0.5%以下であるポリエステルフィルムと、そのうえに設けられ主として酸化インジウムからなり酸化亜鉛が添加され表面抵抗40Ω/□以下である透明導電層と、からなる色素増感型太陽電池用積層体。 (もっと読む)


ガラス転移点が200℃以上の全芳香族ポリイミドフィルムからなる基材(A)とガラス転移点が200℃〜500℃の特性を有する全芳香族ポリアミドからなる熱接着層(C)とからなる特定のピール強度あるいはせん断剥離強度を有する接着シート、それを含む積層体、およびその製造方法を提供する。また該接着シートを含む積層体に処理を施した後剥離させることにより、目的の被処理層を含む積層体を得る方法を提供する。 (もっと読む)


ポリアクリロニトリル成分を50重量%以上有するポリマーからなり、アクリロニトリル成分からなるアクリロニトリル構成連鎖のアイソタクティックトライアド含有割合が該アクリロニトリル成分からなるアクリロニトリル構成連鎖の全トライアド含有割合を基準として35モル%以上とすることで、低温度領域から徐々に耐炎化処理が行え、発熱量も小さい等の耐炎化特性の良好な炭素繊維プレカーサー用ポリマーを提供する。 (もっと読む)


カーボンナノチューブ100重量部に対して0.01〜100重量部の全芳香族ポリアミド、全芳香族ポリエステル、芳香族ポリエステルカーボネート、芳香族ポリカーボネート、半芳香族ポリエステル、および全芳香族アゾールからなる群から選択される少なくとも1種の芳香族縮合系高分子により被覆されたカーボンナノチューブ、およびその製造方法。また被覆されたカーボンナノチューブ0.01〜100重量部と芳香族縮合系高分子100重量部とからなる芳香族縮合系高分子組成物およびそれからの成形体。 (もっと読む)


【課題】樹脂および溶媒に十分に分散させることが可能なポリアミド複合材料を提供する。
【解決手段】カーボンナノチューブ、界面活性剤、およびジアミンモノマーを含む水溶液(A)と、水に可溶な有機溶媒、及びアシル化したジカルボン酸モノマーを含む有機溶液(B)とを、水溶液(A)中のジアミンモノマー1モルに対して、有機溶液(B)中のジカルボン酸モノマーを0.8〜1.2モルの割合で混合させることを特徴とするポリアミド複合材料の製造方法。 (もっと読む)


【課題】 ポリエステル系樹脂とフラーレン類とをナノメートルオーダーで分散させたポリエステル系樹脂組成物、およびその製造方法を提供する。
【解決手段】 ポリエステル系樹脂100重量部とフラーレン類0.01〜20重量部とからなる樹脂組成物であって、フラーレン類が平均粒径100nm以下で分散していることを特徴とするポリエステル系樹脂組成物。 (もっと読む)


【課題】樹脂との親和性が向上したカーボンナノチューブを提供する。
【解決手段】カーボンナノチューブ100重量部に対して0.01〜100重量部の下記式(A)
【化1】


(A)
(Rは直接結合あるいは炭素数1〜20の炭化水素を表す。R、Rはそれぞれ独立に直接結合あるいは炭素数1〜10の炭化水素を表す。XはO、S、NHのいずれかを表す。)
で表される含窒素複素環化合物により被覆されたカーボンナノチューブ。 (もっと読む)


【課題】 本発明の主な目的は、湿式太陽電池作製に好適な表面抵抗の低い透明導電積層体を提供することにある。
【解決手段】 0.05〜0.25mm厚みのポリエチレンテレフタレートフィルム及び/またはポリエチレン2,6ナフタレートフィルムの少なくとも一方の面に、酸化インジウムと酸化亜鉛よりなる透明導電膜を設けた湿式太陽電池用透明導電積層体。 (もっと読む)


1,121 - 1,130 / 1,209