説明

帝人株式会社により出願された特許

891 - 900 / 1,209


【課題】本発明の目的は、液晶表示装置、特にIPSモードの視野角拡大を可能にし、かつ位相差フィルムと偏光フィルムをロールツウロールで貼合可能な積層位相差フィルムを提供することにある。
【解決手段】正の分子分極率異方性を有する熱可塑性高分子からなる正の略1軸性光学フィルム、負の分子分極率異方性を有する熱可塑性高分子からなる負の光学フィルム、及び偏光フィルムが少なくともこの順に積層されてなり、かつ、正の略1軸性光学フィルムの遅相軸及び負の光学フィルムの遅相軸が偏光フィルムの吸収軸といずれも略平行である積層偏光フィルムにおいて、
正の略1軸性光学フィルムの高分子主鎖の主配向方向と偏光フィルムの吸収軸との位置関係が略平行であって、かつ、負の光学フィルムの高分子主鎖の主配向方向と偏光フィルムの吸収軸との位置関係が略垂直であることを特徴とする積層偏光フィルム。 (もっと読む)


【課題】マトリックス樹脂単体に比較して、特に耐熱性、剛性、寸法安定性を向上させたアクリロニトリル・ブタジエン・スチレン樹脂組成物および成形体を提供する。
【解決手段】アクリロニトリル・ブタジエン・スチレン系樹脂100重量部と窒化ホウ素ナノチューブ0.01〜100重量部とからなるアクリロニトリル・ブタジエン・スチレン系樹脂組成物。 (もっと読む)


【課題】 窒化ホウ素ナノチューブのポリマーラッピングによる均一で透明な、新規な窒化ホウ素ナノチューブ分散液及びその製造方法並びにこの分散液を使用した窒化ホウ素ナノチューブの精製方法を提供する。
【解決手段】 ポリ[m−フェニレンビニレン−co−(2,5−ジオクトキシ−p−フェニレンビニレン)]をクロロホルム等の有機溶媒に溶解させた溶液に窒化ホウ素ナノチューブを添加して、室温で2時間超音波処理後、遠心分離して不溶物を除去し均一透明な分散液を製造する。この分散液から有機溶媒を蒸発させ、さらに、ポリ[m−フェニレンビニレン−co−(2,5−ジオクトキシ−p−フェニレンビニレン)]を熱分解により除去すれば、直径の均一な窒化ホウ素ナノチューブを得ることが可能となる。 (もっと読む)


【課題】本発明の目的は、現行の偏光板と同等の光学特性を保持しながら、輝度が高い偏光板を提供することにある。
【解決手段】光学干渉繊維を同一方向面状に並べ、光学透明樹脂に内包させ板状に加工することによって反射型偏光板を提供する。 (もっと読む)


【課題】本発明の目的は、液晶表示装置、特にIPSモードの視野角拡大を可能にし、かつ位相差フィルムと偏光フィルムをロールツウロールで貼合可能な積層位相差フィルムを提供することにある。
【解決手段】負の分子分極率異方性を有する熱可塑性高分子からなる負の略1軸性光学フィルム、正の分子分極率異方性を有する熱可塑性高分子からなる正の光学フィルム、及び偏光フィルムが少なくともこの順に積層されてなり、かつ、負の略1軸性光学フィルムの遅相軸と正の光学フィルムの遅相軸がと略平行でかつ偏光フィルムの吸収軸とはいずれも略直交である積層偏光フィルムにおいて、
負の略1軸性光学フィルムの高分子主鎖の主配向方向と偏光フィルムの吸収軸との位置関係が略平行であって、かつ、正の光学フィルムの高分子主鎖の主配向方向と偏光フィルムの吸収軸との位置関係が略垂直であることを特徴とする積層偏光フィルム。 (もっと読む)


【課題】マトリックス樹脂単体に比較して、特に弾性回復特性、耐熱性を向上させたポリエーテルエステルアミド樹脂組成物および成形体を提供する。
【解決手段】ポリエーテルエステルアミド系樹脂100重量部と窒化ホウ素ナノチューブ0.01〜100重量部とからなるポリエーテルエステルアミド系エラストマー樹脂組成物。 (もっと読む)


【課題】ポリアニリン中に窒化ホウ素ナノチューブが均一に分散された複合フィルムとその製造方法を提供する。
【解決手段】酸化マグネシウム、酸化鉄(II)及びホウ素を1100〜1700℃に加熱して、酸化ホウ素の蒸気を発生させ、この蒸気とアンモニアガスを反応させて窒化ホウ素ナノチューブを製造する。その後、この窒化ホウ素ナノチューブとエメラルディン形ポリアニリンを有機溶媒中で超音波処理して静置することにより、窒化ホウ素ナノチューブが分散されたポリアニリンフィルムを形成する。 (もっと読む)


【課題】本発明の目的は、高い反射特性及び拡散反射特性を持ちながら、薄膜化を図ることのできる反射シートを提供することにある。
【解決手段】無機粒子と熱可塑性樹脂とからなり、空隙率が50〜85%であり、かつ厚みが20〜100μmである多孔質シートの両面に基材シートが貼り合わせてなる反射シートであって、該反射シートの一方の面に対し垂直方向を0°としたとき、波長550nmの光を(i)25°の角度で照射したときの0°方向における反射強度が85%以上、(ii)45°の角度で照射したときの0°方向における反射強度が80%以上、(iii)75°の角度で照射したときの0°方向における反射強度が75%以上である反射シート。 (もっと読む)


【課題】芳香族ポリアミド系高分子は、帯電しやすい性質を有しており、摩擦や剥離などにより強い静電気を有するといった特性を示すので、芳香族ポリアミド系高分子からなる電池用セパレータは、電池作製中にほこり等の異物を吸着しやすいなど、ハンドリング性に非常に大きな欠点があり、実用化を遅らせている一因となっているので、芳香族ポリアミド系高分子からなるセパレータの帯電性を低下させる。
【解決手段】少なくとも表面の一方に芳香族ポリアミド系高分子からなる層を有する複合多孔膜において、芳香族ポリアミド系高分子層に界面活性剤を付着することにより、メルトダウンが起こらないなど高温時の安全性が高く静電気が抑制された電池用セパレータを提供する。 (もっと読む)


【課題】本発明の課題は、動物性原料を含まない生体吸収性材料からなる円筒体であり、さらには円筒体内部に細胞の足場がありかつ非キンキング性を示す医療用素材を開発することにある。
【解決手段】平均繊維径が0.05〜50μmである脂肪族ポリエステルの繊維構造体からなる円筒体と、平均繊維径が0.05〜50μmである脂肪族ポリエステルの繊維構造体からなる綿との複合材料であって、綿は平均見かけ密度が10〜350kg/mであり、円筒体の内部に存在していることを特徴とする複合材料。 (もっと読む)


891 - 900 / 1,209