説明

凸版印刷株式会社により出願された特許

991 - 1,000 / 10,630


【課題】密着層とガスバリア層とをインライン成膜で形成することで、従来よりも密着性に優れたガスバリアフィルムを高い生産効率で提供する。
【解決手段】基材であるプラスチックフィルム1上にプラズマ化学的気相成長法により形成された酸化珪素からなる密着層2とガスバリア層3とを形成する際、基材1が走行する金属ロール電極と、対向電極として、面内に、S・N極一対以上の磁石を設置した円弧状の接地電極とを備え、前記電極間に、例えばヘキサメチルジシロキサンおよび酸素を導入して、処理空間内の圧力を0.5Pa以上20Pa以下として、10kHz以上30MHz以下の高周波を印加し、基材1表面に、密着層2を形成し、さらにその上に酸化珪素ガスバリア層3を形成する。 (もっと読む)


【課題】カセットのロックを解除する操作と装置本体からの抜き取り操作とを同時に行うことが可能なカセット取付装置を提供する。
【解決手段】ロック部材106は、装置本体に差し込んだカセットをロックするロック位置と、ロックを解除してカセットを装置本体から抜き取り可能にするロック解除位置の間を移動する。また、押出し部材107は、装置本体に設けた受け部材111と当接してカセットを抜き取り方向に押し出す押出し位置と、退避位置との間を移動する。そして、カセットの表面に回動自在に取り付けられているロック解除部材100の第1位置から第2位置への回動動作に連動して、ロック部材106はロック位置からロック解除位置へと移動し、押出し部材107は退避位置から押出し位置へと移動する。 (もっと読む)


【課題】光の外部取り出し効率の向上、及び光の利用効率を低下させずに色ズレを解消できるEL素子ならびにそれを用いた照明装置、ディスプレイ装置及び液晶ディスプレイ装置を提供する。
【解決手段】色補正構造層5は、第1の色補正構造40と第2の色補正構造50を備えている。第1の色補正構造40を構成する凸部の断面形状は、第1の色補正構造40の接合層6と反対側の面からの高さをTM、接合層6と反対側の面における底辺の幅をPMとした際に、TM/PMが0.5未満である。第2の色補正構造50を構成する凸部の断面形状は、第2の色補正構造50の接合層6と反対側の面からの高さをTL、接合層6と反対側の面における底辺の幅をPLとした際に、TL/PLが0.5以上1以内で、かつ凸部の裾の接合層と反対側の面に対する傾斜角度θが45度以上80度以内である。 (もっと読む)


【課題】微細なパターンの形成に好適なインプリントモールド及びその作製方法、インプリントモールドを用いて製造されるパターン形成体を提供する。
【解決手段】インプリントモールドは、凹凸パターンが形成されている領域が、その周囲の面よりも高いメサ構造に形成される。このインプリントモールドの作製方法は、パターニングを行う領域の最外周を、所望のパターン領域の最外周よりも2μm以上外側に設定する。パターン形成体は、前記インプリントモールドの凹凸パターンを基材上の被転写層に転写して形成される。 (もっと読む)


【課題】舌片の切り込み端が達している集合点で微細な透孔が生じないようにし、蓋板を取り付けた商品において前記集合点の部分から外部に内容物が漏れ出難い容器を提供する。
【解決手段】第二舌片151の突端151aから第二側面板14側に亘る端縁151bの位置を、第二縁片15の谷折り線の延長線に対して外方側に偏倚させて、第二舌片151の突端151aが、ブランク組み上げでの側面板12が折り起こされたときに相対する縁片13での外辺近傍部13aに対応位置する構成とした。 (もっと読む)


【課題】液晶ディスプレイに使用される導光板を、光学性能を向上させ、生産能力を高めて安価に製造することを目的とするものである。
【解決手段】導光板の製造方法であって、予め、基材の片面にUV硬化樹脂層からなる凹凸形状を形成し、その凹形状部に、該UV硬化樹脂層に対して離型性を有する樹脂層を充填して樹脂転写シートを作製し、その後、前記樹脂層との密着性が高い熱可塑性樹脂層を熱溶融法により該樹脂転写シートと積層し、冷却固化後、該樹脂転写シートを剥離して、該熱可塑性樹脂層に該凹凸形状を形成することを特徴とする導光板の製造方法である。 (もっと読む)


【課題】グラビアオフセット印刷において、特に高粘度の樹脂を、均一で安定した膜厚で、高精細な細線を印刷することができるグラビアオフセット印刷における超音波印刷装置を提供する。
【解決手段】グラビアオフセット印刷を行う際に、凹版102を固定する面状の定盤103において、超音波振動子1401を定盤103の下もしくは側面に組み込んだことを特徴とする。 (もっと読む)


【課題】触媒層がガス拡散層の孔を塞いでしまうことを回避するとともに、触媒層と電解質膜の界面抵抗を軽減する、ガス拡散電極およびその製造方法を提供することを目的とする。
【解決手段】剥離基材に塗布した触媒層を剥離して、ガス拡散層3に設置することで、ガス拡散層3の孔に触媒インクが入り込むのを防ぐことができる。さらに、電解質膜側に接する触媒層の表面を、ガス拡散層に接する表面よりもアイオノマー成分が多い面2aとすることで、触媒層2と電解質膜の界面抵抗を軽減することができる。 (もっと読む)


【課題】不正開封防止のための機能を有し、未開封で保障でき、かつ蓋片の開封が容易にできるカートンを提供することにある。
【解決手段】蓋片に連接した差し込み片を前面板内面に添接し、舌状フック片を挿入孔に係入し閉塞し、かつ底片を閉塞した未開封カートンであって、前記舌状フック片の付け根から前記前面板の中央方向へ延びる相対称の二本の切れ線(E)が形成され、該二本の切れ線の先端が横方向の第二折り曲げ線(C)で連結された領域が形成され、該領域を中心として囲むように、前記前面板の上端縁の一点から延びた後、折り返し、該上端縁の他点に延びるミシン目線(D)により凸状の開封部(12)が区画形成されたことを特徴とする未開封カートン。 (もっと読む)


【課題】枚葉シートに切り取られたフィルムをシワの無い一様な被検査面に形成して外観検査を容易にし、検査精度を向上することが可能で、しかも設備費用が抑制された自動検査装置を提供する。
【解決手段】被検査対象の枚葉フィルムが巻き取られた段取り用ローラーと、枚葉フィルムの巻き出し方向に対向する2辺をそれぞれ挟み、枚葉フィルムを引っ張りながら巻き出し巻取りを行って搬送する2本のフィルム挟み込みローラーと、前記2本のフィルム挟み込みローラーを駆動する手段と、2本のフィルムサポートローラーと、枚葉フィルムの検査面を照明する手段と、照明された枚葉フィルムを撮像する手段と、照明する手段を移動する手段と、撮像する手段を移動する手段と、撮像された画像を処理し不良欠陥を検出する画像処理手段と、前記2本のフィルム挟み込みローラーと2本のフィルムサポートローラーを移動する手段と、を有する枚葉フィルム検査装置。 (もっと読む)


991 - 1,000 / 10,630