説明

東ソー株式会社により出願された特許

1,101 - 1,110 / 1,901


【課題】フィルムの厚み方向の屈折率が大きく、面内位相差が大きく、波長依存性が小さい等の光学特性に優れ、伸度等の機械特性に優れた光学補償フィルムを提供する。
【解決手段】フマル酸エステル系樹脂と界面活性剤からなるフィルムであって、フィルム面内の進相軸方向の屈折率をnx、それと直交するフィルム面内方向の屈折率をny、フィルム面外の垂直方向の屈折率をnzとした場合のそれぞれの関係がnx≦ny<nzの関係にあり、波長450nmで測定した位相差と波長550nmで測定した位相差の比(R450/R550)が1.1以下であることを特徴とする光学補償フィルム。 (もっと読む)


【課題】 組成物のロール作業性及び押出機のダイ掃除性が優れ、押出加工時のダイスウェルが小さく、かつ加硫物の引張応力が大きいクロロスルホン化ポリエチレンを提供する。
【解決手段】 重量平均分子量(Mw)/数平均分子量(Mn)の比が3.5以下であり、Z平均分子量(Mz)/重量平均分子量(Mw)の比が2.7以下であることを特徴とするクロロスルホン化ポリエチレン、その製造方法及び用途。 (もっと読む)


【課題】本発明はヒト検体中のオートタキシン濃度の測定による妊娠および妊娠高血圧症候群の検査方法および検査薬を提供することを課題とする。
【解決手段】ヒト検体中のオートタキシン濃度を測定し、その値が非妊娠健常者測定値からなる正常値に対し有意差をもって高値を示した場合に妊娠と判断し、また、その値が正常妊娠群の測定値に対し有意差をもって低値を示した場合に妊娠高血圧症候群と判断することを特徴とする、妊娠及び妊娠高血圧症候群の検査方法。 (もっと読む)


【課題】 塗工膜一軸延伸により、3次元屈折率の関係がnx>ny>nzとなり位相差量の波長依存性の小さな光学補償膜を提供する。
【解決手段】マレイミド系樹脂からなる塗工膜を一軸延伸してなる光学補償膜であって、塗工膜の延伸軸方向をx軸とし、それと直交する方向をy軸、面外方向をz軸とし、x軸方向の屈折率をnx、y軸方向の屈折率をny、z軸方向の屈折率をnzとした際の3次元屈折率関係がnx>ny>nzであることを特徴とする光学補償膜。 (もっと読む)


【課題】有機半導体等の電子材料の合成原料用アントラセン誘導体の提供。
【解決手段】下記一般式(1)で示されるアントラセン誘導体。


(式中、置換基Xは、塩素原子等を表し、Xは、水素原子、塩素原子等を表し、R〜Rは同一又は異なって、水素原子、フッ素原子、塩素原子等を示す。なお、R〜Rの内、任意の二以上のものは互いに結合することができる。但し、置換基XとXが同一原子である場合、及び置換基RとRが同時に水素原子である場合を除く。) (もっと読む)


【課題】 保管中のラテックス安定性を維持し、長期間に渡って使用可能なクロロプレンラテックス、及びそれを含有する接着剤組成物を提供する。
【解決手段】 ラテックスの粒子径(メジアン径):D50(μm)が以下の式(1)で示される範囲にあり、かつ、ラテックス中に含まれる乳化剤の重量分率:E(%)が以下の式(2)で示される範囲にあるクロロプレンラテックス、及びクロロプレンラテックスを含有する接着剤組成物。
0.037×lnT(℃)≦D50(μm)≦0.2 (1)
(式中、lnT(℃)は重合温度T(℃)の自然対数を表す。)
−10×D50(μm)+3≦E(%)≦−15×D50(μm)+6(2) (もっと読む)


【課題】有機半導体等の電子材料の合成原料として利用が可能なハロゲン化アントラセン誘導体の製造方法を提供する。
【解決手段】下記一般式(1)で示されるハロゲン化アントラセン誘導体の製造方法であり、特定のハロゲン化アントラキノン誘導体を、水素化置換アルミニウム化合物、水素化置換スズ化合物、ケイ素化合物らなる群より選ばれる還元剤を用いた還元及び脱水により、ハロゲン化アントラセンを合成することを特徴とする下記の一般式で示されるハロゲン化アントラセン誘導体の製造方法。


(式中、置換基Xは、ハロゲン原子を表し、Xは水素原子、ハロゲン原子を示す。) (もっと読む)


【課題】 ポリ3−ヒドロキシブチレート系重合体及び芳香族ポリカーボネートからなる耐熱性、耐衝撃性に優れるポリ3−ヒドロキシブチレート系重合体樹脂組成物を提供する。
【解決手段】 ポリ3−ヒドロキシブチレート系重合体、及び芳香族ポリカーボネートからなり、好ましくはさらにタルク、ガラス繊維を配合してなる、ポリ3−ヒドロキシブチレート系重合体樹脂組成物。 (もっと読む)


【課題】優れた耐酸化性を有し、塗布法による半導体活性相形成が可能な、ヘテロアセン誘導体、及びそれを用いた耐酸化性有機半導体材料並びに有機薄膜の提供。
【解決手段】一般式(1)で示されるヘテロアセン誘導体。


(ここで、置換基R〜R18は同一又は異なって、水素原子、フッ素原子、炭素数1〜30のアルキル基、炭素数4〜30のアリール基、炭素数2〜30のアルケニル基、炭素数2〜30のアルキニル基を示し、T及びTは同一又は異なって、硫黄、セレン、リン、ホウ素、アルミニウムを示し、l及びmは、各々0又は1の整数であり、n及びoは、各々0〜2の整数を示す。) (もっと読む)


【課題】銀又は銀合金をエッチングする際に銀残渣を発生させず、しかもエッチング液を繰り返して使用してもエッチング速度が変化しないエッチング液及びエッチング方法を提供する。
【解決手段】銀又は銀合金のエッチング方法において、銅イオン、硝酸、燐酸、カルボン酸、アンモニア及び/又はアミンを含を含み、カルボン酸が、ギ酸、酢酸、プロピオン酸、酪酸、吉草酸、ヘキサン酸、2−エチルヘキサン酸、安息香酸、シュウ酸、コハク酸、グルタル酸、アジピン酸、フタル酸、マレイン酸、クエン酸、リンゴ酸、酒石酸、サリチル酸、グリシン、アラニン、アスパラギン酸、グルタミン酸、エチレンジアミン四酢酸、及びニトリロ三酢酸からなる群より選ばれる一種又は二種以上の化合物である、銀又は銀合金のエッチング用組成物を使用する。 (もっと読む)


1,101 - 1,110 / 1,901