説明

東ソー株式会社により出願された特許

1,111 - 1,120 / 1,901


【課題】銀又は銀合金をエッチングする際に銀残渣を発生させず、しかもエッチング液を繰り返して使用してもエッチング速度が変化しないエッチング液及びエッチング方法を提供する。
【解決手段】銀又は銀合金のエッチング方法において、銅イオン、硝酸、燐酸、カルボン酸、アンモニア及び/又はアミンを含を含み、カルボン酸が、ギ酸、酢酸、プロピオン酸、酪酸、吉草酸、ヘキサン酸、2−エチルヘキサン酸、安息香酸、シュウ酸、コハク酸、グルタル酸、アジピン酸、フタル酸、マレイン酸、クエン酸、リンゴ酸、酒石酸、サリチル酸、グリシン、アラニン、アスパラギン酸、グルタミン酸、エチレンジアミン四酢酸、及びニトリロ三酢酸からなる群より選ばれる一種又は二種以上の化合物である、銀又は銀合金のエッチング用組成物を使用する。 (もっと読む)


【課題】 特に電気・電子部品又は自動車電装部品などの電気部品用途に有用な、エポキシ樹脂、金属部材等との接着強度が高く、かつ接着強度の熱老化性にも優れると同時に、靭性、耐衝撃性、ウェルド強度、耐ヒートサイクル性、機械的強度にも優れるポリアリーレンスルフィド組成物を提供する。
【解決手段】 ポリアリーレンスルフィド(A)67〜98.9重量%、無水マレイン酸グラフト変性エチレン−α−オレフィン共重合体(b1),エチレン−α、β−不飽和カルボン酸アルキルエステル−無水マレイン酸共重合体(b2),エチレン−α、β−不飽和カルボン酸グリシジルエステル共重合体(b3),エチレン−α、β−不飽和カルボン酸グリシジルエステル−酢酸ビニル共重合体(b4),エチレン−α、β−不飽和カルボン酸グリシジルエステル−α、β−不飽和カルボン酸アルキルエステル共重合体(b5)からなる群より選択される少なくとも1種以上のポリエチレン系共重合体(B)1〜30重量%、及び、エチレン系不飽和シラン化合物変性ポリエチレン(C)0.1〜10重量%からなるポリアリーレンスルフィド組成物。 (もっと読む)


【課題】 本発明は、ハードコート層を設けた基材フィルムに透明バリア膜と透明導電性膜を積層させることにより、高透明性、低透湿度、低抵抗率でかつ加熱後の収縮率が小さいことを特徴とする表示素子用の透明導電性フィルムを提供する。
【解決手段】 少なくとも片側に無機粒子と有機成分からなるハードコート層が設けられたフマル酸ジエステル系樹脂よりなるフィルム基板上に、透明導電性膜が設けられていることを特徴とする透明導電性フィルム。 (もっと読む)


【課題】本発明は、透明性に優れる光学フィルム用樹脂組成物およびこれを加工することで得られるフィルムの面内位相差が大きく、波長依存性が小さい光学フィルムを提供することにある。
【解決手段】少なくとも1種類以上の光学異方性を有する針状または紡錘状の粒子(A)5〜50重量%、透明性ポリマー(B)35〜94.95重量%及び高分子分散剤(C)0.05〜15重量%からなることを特徴とする光学フィルム用樹脂組成物およびこれからなる光学フィルム。 (もっと読む)


【課題】加工ヘッドがガラス基板の端を超えた位置まで移動してもエッチャント領域を安定にでき、ガラス基板の周縁部まで高精度な加工を可能とする。
【解決手段】中央開口部に合わせてガラス基板を垂直姿勢に保持するベース板52の前面側に保持したガラス基板3の表面に加工ヘッド2によりエッチャントを供給し、吸引することにより、加工ヘッド2とガラス基板3との隙間に一定面積のエッチング領域をなすエッチャントの流路を形成し、加工ヘッド2とガラス基板3とを相対的に走査してガラス基板3の表面を加工する表面加工装置において、ベース板52に形成した中央の開口部51の周囲にガラス基板3の裏面側外周部を吸着保持する真空チャック部54をそれぞれ設け、ダミー部材60に高さ、傾き調整用のねじ64、65を設けた。 (もっと読む)


【課題】 従来のポリエチレン製ブロー容器の欠点である製品外観と耐衝撃性を兼ね備え、かつ灰分を低減した大型ブロー容器に適したポリエチレン系樹脂組成物を提供することにある。
【解決手段】 ポリエチレン系樹脂99.80〜99.99重量%及びフッ素系ポリマー0.01〜0.2重量%からなり、下記(a)〜(h)の要件を満足することを特徴とするポリエチレン系樹脂組成物。
(a)密度が940〜970kg/m、(b)190℃、21.6kg荷重の条件下、メルトフローレートが1〜15g/10min、(c)重量平均分子量/数平均分子量が6〜15、(d)溶融張力が150〜600mN、(e)シャルピー衝撃強さが50kJ/m以上、(f)耐環境応力き裂が100時間以上、(g)長さ/直径=8mm/2.095mmのダイを用い、190℃、剪断速度50s−1の条件下で押し出したストランドをJIS B0601に準拠して表面を測定した際の表面粗さが5μm以下、(h)灰分が80ppm以下 (もっと読む)


【課題】バクテリオファージT7RNAポリメラーゼの比活性を増大させ、高温度域での反応性を向上させた改良型のT7RNAポリメラーゼを提供する。
【解決手段】バクテリオファージT7由来の野生型T7RNAポリメラーゼの、アミノ酸配列の344位に相当するトリプトファン残基をバリン残基に置換した、変異型T7RNAポリメラーゼ。 (もっと読む)


【課題】優れた耐熱性、耐油性及び耐寒性を示す加硫物を与える共重合体及びその製造方法を提供する。
【解決手段】エチレン(X)と、特定なカルボン酸ビニル(Y)と、特定な(メタ)アクリル酸アルキル及び/又は特定な(メタ)アクリル酸アルコキシアルキル(Z)と、カルボキシル基又はスルホン酸基を持つ共重合可能な化合物との共重合体であって、(X)、(Y)及び(Z)の共重合割合が、三相図中、座標(X,Y,Z)=(15,35,50)、(X,Y,Z)=(20,55,25)、(X,Y,Z)=(25,70,5)、(X,Y,Z)=(30,20,50)、(X,Y,Z)=(50,45,5)で囲まれる範囲であり、かつ、カルボキシル基又はスルホン酸基を持つ共重合可能な化合物の共重合割合が1〜10重量%である共重合体、並びにその製造方法。 (もっと読む)


【課題】農園芸栽培場面あるいは非農耕地における有害な雑草に対して極めて優れた防除効果を有する除草剤を提供すること。
【解決手段】一般式(1)で示される2−トリフルオロメチルピリミジン−6(1H)−オン誘導体を有効成分として含有する除草剤を提供するものである。


(式(1)中、R1は炭素数1〜6のフルオロアルキル基を表し、R2は水素原子又は炭素数1〜6のアルキル基を表し、R3は水素原子又は置換されていてもよい炭素数1〜6の
アルキル基を表し、R4は水素原子、置換されていてもよい炭素数1〜6のアルキル基、
置換されていてもよい炭素数3〜6のアルケニル基、置換されていてもよい炭素数3〜6のアルキニル基又は置換されていてもよい炭素数7〜11のアラルキル基を表し、Xは水素原子又はハロゲン原子を表し、Wは酸素原子又は硫黄原子を表す。) (もっと読む)


【課題】 耐折曲げ性、耐寒性、柔軟性、熱衝撃性に優れ、各種樹脂に熱接着可能なフィルムアンテナを提供する。
【解決手段】 不飽和カルボン酸をグラフトした変性ポリオレフィンからなるフィルムの少なくとも片面に金属で形成された導電回路を有することを特徴とするフィルムアンテナ。 (もっと読む)


1,111 - 1,120 / 1,901