説明

東ソー株式会社により出願された特許

1,201 - 1,210 / 1,901


【課題】 エチレン−酢酸ビニル共重合体の成形加工により生じる酢酸臭を低減した材料を提供する。
【解決手段】 190℃、2160g荷重で測定したメルトマスフローレイトが1〜50g/10分、酢酸ビニル含有量が3〜40重量%であるエチレン−酢酸ビニル共重合体100重量部に対し、ゲルパーミエーションクロマトグラフィ(GPC)で測定した数平均分子量が500〜20000であるエポキシ変性ジエン系重合体0.001重量部以上0.01重量部未満であるエチレン−酢酸ビニル共重合体組成物を用いる。 (もっと読む)


【課題】 ガラスとの接着性に優れ、かつ透明性および柔軟性にも優れるエチレン系重合体組成物及びそれよりなるガラス用接着剤、透明性及び耐熱性に優れる合わせガラスを提供する。
【解決手段】エチレン−酢酸ビニル共重合体又はエチレン−(メタ)アクリル酸エステル共重合体100重量部に対して、ケチミン構造を有するシラン化合物0.05〜2重量部からなるエチレン系重合体組成物をガラス用接着剤として用いる。 (もっと読む)


【課題】 耐熱性、力学特性、光学特性に優れ、特にフィルム面内の任意の方向の靱性(伸び)に優れる負の複屈折性を示す高靱性逐次2軸延伸光学フィルム及びその製造方法を提供する。
【解決手段】 α−オレフィン残基単位:N−フェニル置換マレイミド残基単位=49:51〜35:65(モル比)、重量平均分子量5×10以上5×10以下である共重合体(a)15〜75重量%、及び重量平均分子量5×10以上5×10以下であるアクリロニトリル−スチレン共重合体(b)85〜30重量%からなる逐次2軸延伸フィルムであって、それぞれの延伸方向に平行な方向での引張破断伸びが5%以上である高靱性逐次2軸延伸光学フィルム及びその製造方法。 (もっと読む)


【課題】 特定の個数平均径の凹部を有し、かつ、特定の凹部の壁間距離の平均値である表面を有することから優れためっき特性を有するポリフェニレンスルフィド樹脂組成物からなる成形体及びめっき皮膜面の鏡面性とめっき皮膜密着性に優れるめっき部品を提供する。
【解決手段】 ポリフェニレンスルフィド樹脂組成物よりなり、電子顕微鏡観察による測定により個数平均径0.1〜5μmの凹部を有し、かつ、凹部の壁間距離の平均値0.1〜5μmである、表面を有する成形体、及び、該成形体の少なくとも一部の表面に金属めっき皮膜を有しためっき部品。 (もっと読む)


【課題】プラントの安全と信頼性を一層向上させるため、保安管理上の有益な情報提供を行い、その出力をオペレータや設備管理要員に、迅速且つ容易に提供することができるプラントの保安管理システムおよびそれを用いた方法を提供する。
【解決手段】 プラントの安全確保や事故防止、所謂、保安管理を支援するためのシステムであって、プロセス流体に対し、正常から逸脱した状態を組み合わせプロセス異常事象データとし、且つ、プラントを構成する機器に対して、正常から逸脱した状態とを組み合わせ機器損傷事象データとし、更に、これら個々のプロセス異常事象と個々の機器損傷事象の間で要因と結果の関係を因果関係データとして保持する機能を具備する、プラント保安管理システムおよびそれを用いた方法を用いる。 (もっと読む)


【課題】ノロウイルスRNAの広範囲な遺伝子型に対して高感度に検出すること。
【解決手段】ノロウイルスRNAの広範囲な遺伝子型に対して、ハイブリダイゼーション効率の高い二種以上の切断用オリゴヌクレオチド、5’末端にプロモーター配列を有する第一のプライマー、第二のプライマー、および逆転写酵素により、プロモーター配列を含む2本鎖DNAを生成し、該2本鎖DNAを鋳型としてRNAポリメラーゼによりRNA転写産物を生成し、該RNA転写産物が引き続き前記逆転写酵素によるDNA合成の鋳型となって前記2本鎖DNAを生成する工程からなるRNA増幅工程において増幅されたRNA産物量をインターカレーター性蛍光色素で標識された核酸プローブにて測定する。 (もっと読む)


【課題】リン酸系の窒化ケイ素のエッチング用組成物では、長時間使用すると酸化ケイ素の析出があり、長期間安定に用いられるものがなかった。
【解決手段】リン化合物、ホウ素化合物及び/又はそれらのフッ化物を含んでなる窒化ケイ素のエッチング用組成物では、長時間の使用においても酸化ケイ素の析出がない。さらに可溶性ケイ素化合物を含むものは、酸化ケイ素の析出がなくなおかつ酸化ケイ素に対する窒化ケイ素のエッチング選択比も高い。さらに硝酸及び/又は硝酸塩を添加すると選択性の安定性が高まる。 (もっと読む)


【課題】加工ヘッドを対向するガラス基板に対して走査しながらエッチャントをガラス基板との隙間に供給しこれを吸引排出することでガラス基板の表面を加工する際、走査速度を速めても、平坦化のために算出した目的の除去量(計算値)と実際の加工における除去量にずれを生じさせることなくガラス基板等の被加工物の表面を加工する。
【解決手段】加工ヘッド2によりエッチャントをガラス基板3の表面に供給し吸引することにより、加工ヘッド2とガラス基板3との隙間に一定面積のエッチャント流路を形成し、加工ヘッド2とガラス基板3とを相対的に走査してガラス基板3の表面を加工する際、加工ヘッド2の先端部に設けた加圧ガスノズル61から乾燥窒素ガスからなる加圧ガス流を流出させてエッチャント流路を流れるエッチャントを加圧し、エッチャント流路内にエッチャントを封じ込むようにした。 (もっと読む)


【課題】細胞への遺伝子導入に必要なベクターを、少量の大腸菌の培養で効率良く作製することが可能な動物細胞用ベクターを提供する。
【解決手段】SV40プロモーター、蛋白質発現をする遺伝子組み込み用マルチクローニングサイト及びpolyAシグナルの順に並んでいる特定の遺伝子配列と、ネオマイシンフォスフォトランスフェラーゼ遺伝子を発現するためのプロモーター配列、ネオマイシンフォスフォトランスフェラーゼ遺伝子及びpolyAシグナルの順に並んでいる特定の遺伝子配列と、大腸菌を宿主とするpUC系の複製開始点から構成される特定の遺伝子配列と、を有する動物細胞用発現ベクター。 (もっと読む)


【課題】
粒径の均一なセルロース粒子とその製造方法を提供する。
【解決の手段】
クロマトグラフ用充填剤に用いるセルロース粒子であって、セルロース粒子が、細菌が産生するバクテリアセルロースからなるセルロース粒子及び、基板に、分散相流路と、連続相流路と、排出流路とが形成された微小流路構造体を用いて液滴粒子を製造する方法において、セルロースが溶解しているセルロース溶液を分散相とし、セルロース溶液をせん断する溶液を連続相とし、前記分散相流路と前記連続相流路とが交差する交差部において、前記分散相流路に送液する分散相と前記連続相流路に送液する連続相とを合流させて分散相を連続相でせん断することにより、連続相内にセルロース溶液を含む液滴粒子を生成させ、連続相からセルロース粒子を得るセルロース粒子の製造方法を用いる。 (もっと読む)


1,201 - 1,210 / 1,901