富山化学工業株式会社により出願された特許

31 - 37 / 37


【課題】医薬として優れた作用を有するピペラシリンナトリウム・1水和物の新規な結晶及びその製造方法並びにそれを充填した粉末充填注射用製剤を提供すること。
【解決手段】粉末X線回折において、2θで表される3.9、4.6、5.6、6.7、7.6及び9.8°の回折角度を有するピペラシリンナトリウム・1水和物の新規な結晶及び7.3及び7.9°の回折角度を有するピペラシリンナトリウム・1水和物の新規な結晶は、優れた溶解性及び低吸湿性を有し、帯電性が小さく、原薬の製造時及び製剤化での充填時の取り扱いが非常に容易であり、安定性に優れるため、それらを充填した注射用製剤は、有用である。 (もっと読む)


【課題】人体に対して安全で、環境負荷が少なく、かつ安価な原材料を用いて大量製造が可能な2−(1−ベンゾチオフェン−5−イル)エタノールの製造法を提供すること。
【解決手段】一般式[1]
【化1】


「式中、Rは、水素原子またはヒドロキシル保護基を;RおよびRは、同一または異なって置換されていてもよいアルキル基、または、一緒になって置換されていてもよいアルキレンもしくはアルケニレン基を示す。」で表されるアセタール誘導体を製造中間体とする製造法は、医薬品の合成中間体として重要な2−(1−ベンゾチオフェン−5−イル)エタノールを安全かつ容易に製造する方法として有用である。 (もっと読む)


【課題】人体に対して安全で、環境負荷が少なく、かつ安価な原材料を用いて大量製造が可能な2−(1−ベンゾチオフェン−5−イル)エタノールの製造法を提供すること。
【解決手段】一般式[1]
【化1】


「式中、Rは、水素原子または置換されていてもよいアシル基を;Rは、水素原子または置換されていてもよいアルキルもしくはアリール基を示す。」で表される(フェニルチオ)酢酸誘導体またはその塩を製造中間体とする製造法は、医薬品の合成中間体として重要な2−(1−ベンゾチオフェン−5−イル)エタノールを安全かつ容易に製造する方法として有用である。 (もっと読む)


【課題】
高い経皮吸収性かつ優れた安定性を有するピロキシカムを含有する外用液剤を提供すること。
【解決手段】
ピロキシカム、ミリスチン酸イソプロピル、塩基、溶解補助剤および抗酸化剤を含有する外用液剤は、高い経皮吸収性および優れた安定性を併せ持つことから、ピロキシカムの経皮吸収型の液剤として有用である。 (もっと読む)


次の一般式[1]


「式中、RおよびRは、水素原子、ハロゲン原子、アルキル基などの置換基;Rは、アルキルアミノ基、アミノ基またはヒドロキシル基;A環は、5員もしくは6員の芳香族複素環またはベンゼン環;mおよびnは、1〜6の整数;pは、1〜3の整数。」
で表されるアルキルエーテル誘導体またはその塩は、網膜神経細胞保護作用を示すことから緑内障、糖尿病性網膜症、網膜動脈閉塞症、網膜静脈閉塞症、黄斑変性症、未熟児網膜症などの網膜神経疾患の予防および/または治療剤として有用である。
(もっと読む)


本発明の粉末X線回折パターンにおいて、回折角2θが、6.00±0.05°、10.54±0.05°、17.42±0.08°、18.39±0.08°、
20.13±0.10°および23.01±0.10°の位置にピークを有するN−[3−(ホルミルアミノ)−4−オキソ−6−フェノキシ−4H−クロメン−7−イル]メタンスルホンアミドの結晶は、吸湿性が低く、高湿度条件下において安定であり、優れた抗炎症剤の原薬として有用である。
(もっと読む)


【構成】一般式で示されるセフアロスポリン誘導体およびその塩。


[式中、Rは、保護されていてもよいアミノ基を;Rは、アルキル基、シクロアルキル基等を;Rは、保護されていてもよいカルボキシル基またはカルボキシラト基を;Rは、水素原子または保護されていてもよいアミノ基を;Aは、CHまたはC−X(式中、Xは、ハロゲン原子を示す。)を;B−Dは(置換)アミノ基、(ハロ)アルコキシ基等を;nは0または1を;且つ

はシンもしくはアンチ異性体またはそれらの混合物を示す]
【効果】この化合物は、広範囲な抗菌スペクトルを有し、特にメチシリン耐性黄色ブドウ球菌を含むグラム陽性菌に対して強い抗菌活性を発揮するため、抗菌剤として有用である。 (もっと読む)


31 - 37 / 37