説明

日本碍子株式会社により出願された特許

1,001 - 1,010 / 2,325


【課題】成形性に優れ、生産効率が高く、更に、得られるハニカム構造体について安定した気孔率を確保でき、必要な強度を維持することができるハニカム構造体の製造方法を提供する。
【解決手段】平均粒子径0.1〜40μmのタルク、平均粒子径0.1〜20μmのカオリン、平均粒子径0.05〜10μmのアルミナ源原料、及び平均粒子径0.1〜20μmのシリカを混合して形成されたコージェライト化原料、バインダ、界面活性剤、水、及び吸水後の平均粒子径が2〜200μm、且つ吸水倍率が2〜100倍の吸水性樹脂を含有する坏土をハニカム形状に成形してハニカム成形体を作製し、前記ハニカム成形体を焼成して気孔率40%未満のハニカム構造体を得るハニカム構造体の製造方法。 (もっと読む)


【課題】従来よりもジェットの長さの長い窒素ラジカルジェットを形成することのできるマイクロプラズマジェット反応器、及びマイクロプラズマジェット発生装置を提供する。
【解決手段】板状のセラミック誘電体4と、その内部に配設された導電膜3とから形成され、所定の間隙を隔てて積層されてなる第一電極2aと第二電極2bを有する。そして、窒素ガスを導入して流通させるガス導入流通部21を形成するガス導入流通部形成部が隔壁板9及び保持部材7によって設けられている。プラズマ反応器1は、ガス導入流通部21から貫通孔15を流通して単位電極2a,2b間に窒素ガスを導入し、単位電極2a,2b間に電圧を印加することによって、単位電極2a,2b間外へ窒素ラジカルジェットを放出する。非放電部12が放電部11を囲むように設けられ、窒素ラジカルジェットを囲むように窒素ガスを放出する。 (もっと読む)


【課題】成形性に優れ、得られたハニカム構造体の熱膨張率が低いハニカム構造体の製造方法を提供する。
【解決手段】コージェライト化原料を含有し、更に、ナトリウム、カルシウム及びカリウムの含有率の合計(アルカリ金属・アルカリ土類金属含有率)が0.05質量%以下、平均粒子径1.0μm以下のアルミナ粒子と、ナトリウム、カルシウム及びカリウムの含有率の合計が0.05質量%以下、平均粒子径1.0μm以下のシリカ粒子とを成形助剤として含有する坏土を、ハニカム形状に成形してハニカム成形体を作製し、ハニカム成形体を焼成してハニカム構造体を得るハニカム構造体の製造方法。 (もっと読む)


【課題】多孔質基材表面上に成膜されたセラミック多孔質膜の膜厚が薄く、均一で、膜剥離が少なく、高分離能のセラミックフィルタの製造方法を提供する。
【解決手段】MF膜上に平均細孔径の小さいUF膜を備えた多孔質基材4上に、セラミック成分濃度・水分濃度・固形成分の適正管理を行ったセラミックゾル21を用い、焼成回数を減少することで、セラミック多孔質膜の剥離頻度が低く、高分離能のセラミックフィルタを製造する。 (もっと読む)


【課題】測定精度の向上が実現されたガスセンサを提供する。
【解決手段】被測定ガス中の所定ガス成分の濃度を、所定ガス成分が分解することにより酸素イオン伝導性固体電解質内を流れる電流に基づいて特定するガスセンサを、外部空間から被測定ガスを導入する内部空所と、基準ガスを導入する基準ガス空間と、内部空所の表面に形成した第一の電極と内部空所とは異なる空間に形成した第二の電極との間に所定電圧を印加することで、内部空所中の酸素を汲み出し可能に設けられたポンピングセルと、内部空所の表面に形成された測定電極と基準ガスと接触するように設けられた基準電極との間に電圧を印加して、測定電極と基準電極との間を流れる電流を測定可能に設けられた測定セルと、を備え、第一の電極が、貴金属と酸素イオン伝導性固体電解質とからなる多孔質サーメットによって形成されてなり、かつ、第一の電極の気孔率が10%以上50%以下であるようにした。 (もっと読む)


【課題】導体パターンの剥がれや崩れがなく、しかも、導体パターンの厚みを厚くでき、抵抗値の低減化、高周波特性の向上を容易に図ることができるセラミック成形体を提供する。
【解決手段】第1セラミック成形体10Aは、樹脂と銀(Ag)、金(Au)、銅(Cu)系の金属の少なくとも1種類の粉末を含む導体ペースト15を所定の形状に成形硬化して導体成形部12とした後に、該導体成形部12の表面全面に焼成収縮率調整膜14を形成する。その後、表面に焼成収縮率調整膜14が形成された導体成形部12を鋳込み型16内に設置し、熱硬化性樹脂前駆体とセラミック粉末と溶媒を含むゲルキャスト用のスラリー18を鋳込み型16内に鋳込んだ後に、硬化してセラミック成形部13とすることによって得られる。 (もっと読む)


【課題】経時的な圧力損失が少なく、且つ再生処理時に流出側端部においてクラックが生じ難く、耐久性に優れたハニカム構造体を提供する。
【解決手段】流出側端部Bにおける目封じ部7のヤング率が、流入側端部Aにおける目封じ部7のヤング率よりも低いハニカム構造体、即ち、流出側目封じ部7の平均断面積が流入側よりも大きく、流出側目封じ部7の深さが流入側よりも浅く、流出側目封じ部7の気孔率が流入側よりも大きいハニカム構造体を形成する。 (もっと読む)


【課題】使用によるガスセンサの感度劣化を補償可能な技術を提供する。
【解決手段】被測定ガス中のNOx濃度に応じて発生する酸素を検出し、検出された酸素量に依存したセンサ出力に基づいて被測定ガス中のNOx濃度を測定するガスセンサは、被測定ガスの酸素濃度を制御可能な酸素濃度制御部を備えている。この酸素濃度制御部を用いることによって、自動車などに搭載後においても、被測定ガスの酸素濃度を指定値に調整できるため、酸素濃度に対するセンサ出力の依存性を定量的に検出可能である。現用センサにおけるセンサ出力の酸素出力特性L4と、初期状態のセンサにおける酸素出力特性L3との相違に基づいて、NOx濃度に対するセンサ出力の感度劣化に伴う変動量を推定し、その変動量に応じた補正をセンサ出力に対して行うことにより、NOx濃度検出のためのセンサ出力を補正する。 (もっと読む)


【課題】加圧成形時に、円筒形状のセラミック成形体の端面にクラックが発生することを防止することができる静水圧加圧成形型を提供する。
【解決手段】円柱状の芯金1と、芯金1の一方の端部1aに着脱可能に配設された蓋部2と、芯金1の他方の端部1bに配設された底部3と、芯金1との間に空間を形成するように蓋部2から底3部に亘って配設された円筒状の成形用ゴム型4とを備え、蓋部2の芯金1側を向く面と、底部の芯金側を向く面とが、いずれも芯金に直交する平面であり、蓋部、底部、又は蓋部2及び底部3の両方の、芯金1側を向く面にダイヤモンド状炭素膜6が配設された静水圧加圧成形型100。 (もっと読む)


【課題】捕集効率、目封止部の接着強度が十分維持された上で耐熱衝撃性が向上したハニカム構造体を提供する。
【解決手段】ハニカム構造体1のセル3の端部に目封止部32を形成し、目封止部32と隔壁2との間に20μm以上の隙間34を形成する。そして隙間34は、軸方向の長さが、目封止部32の軸方向の長さの50%以上95%未満、かつ、軸方向に垂直な面における長さが、セル3の内周面の長さの20%以上50%以下であり、目封止部32の数の少なくとも1/3以上となるように形成する。 (もっと読む)


1,001 - 1,010 / 2,325