説明

日本化薬株式会社により出願された特許

861 - 870 / 921


【課題】D−スレオニンアルドラーゼ産生微生物はアリスロバクター(Arthrobacter)属細菌、シュードモナス(Pseudomonas)属細菌、アルカリゲネス(Alcaligenes)属細菌、キサントモナス(Xanthomonas)属以外知られておらず、新たなD−スレオニンアルドラーゼ産生微生物によるD−スレオニンアルドラーゼの製造方法が必要である。
【解決手段】ゴルドニア(Gordonia)属、バリオボラックス(Varioborax)属、又はクリセオバクテリウム(Chryseobacterium)属に属するD−スレオニンアルドラーゼを産生しうる微生物を栄養培地に培養し、培養物からD−スレオニンアルドラーゼを採取することを特徴とするD−スレオニンアルドラーゼの製造方法。 (もっと読む)


【課題】本発明は、その硬化物において難燃性、耐熱性、フレキシビリティーに優れたエポキシ樹脂組成物を提供することを目的とする。。
【解決手段】
例えば下記式(1)で表されるポリイミド構造を有するエポキシ樹脂用硬化剤。
【化1】


本発明のエポキシ樹脂用硬化剤はエポキシ樹脂と混合することにより、目的とするエポキシ樹脂組成物とすることができる。本発明のエポキシ樹脂組成物は、溶剤に混合しワニスとしてシート状の硬化物にすることができる。 (もっと読む)


【課題】PDP用光学フィルターに使用する電磁波遮蔽シートの金属を使用した遮蔽面に粘着層付機能性フィルムを貼合した場合、粘着層が変色するような経時変化が起こる場合がある。このような変化が生じない粘着層を有する光学フィルター用機能性フィルムを得ること及びその機能性フィルムと電磁波遮蔽シートを貼合したフィルムを使用してPDP用一体型光学フィルターを得ることが課題である。
【解決手段】粘着剤に防錆剤として使用される化合物を含有せしめ、機能性フィルムに塗工することにより課題を解決できる粘着層付機能性フィルムを得る。 (もっと読む)


【課題】高屈折率で、離型性、型再現性、密着性、耐光性に優れた硬化物を与える樹脂組成物及びその硬化物を提供する。
【解決手段】2−ブチル−2−エチル−1,3−プロパンジオールからなるポリエステルジリオール(a)と分子中に芳香環を含まない有機ポリイソシアネート(b)と水酸基を有する(メタ)アクリレート(c)及び任意成分として(a)成分以外のジオール(a−1)の反応物であるウレタン(メタ)アクリレート(A)と、(A)成分以外の(メタ)アクリレート化合物(B)及び光重合開始剤(C)を含むことを特徴とする樹脂組成物。 (もっと読む)


【課題】アシタバの茎葉若しくはその加工物とキトサンまたはその誘導体とによって、機能性が高い組成物、例えばその組成物からなる食品および血中コレステロール改善剤を提供し、この組成物に含有されるアシタバの茎葉やキトサンが本来持っている機能性を損なわずに、アシタバの茎葉にキトサンを含有しても浮遊や凝集沈殿を殆ど起こさないように改善された飲料用に適する組成物の提供。
【解決手段】80質量%以上の粒子径が150μm以下のキトサンおよびアシタバの茎葉を含有する組成物。 (もっと読む)


排ガスのクリーンさを損なうことなく、熱による脆弱化の前に作動する自動発火性機能を有したマイクロガスジェネレータの開発が望まれている。ガス発生剤と、該ガス発生剤を充填するカップ体と、スクイブと一体となり該スクイブを該カップ体内に封じ固定するホルダとを備えるガス発生器あって、該カップ体の内面に自動発火剤層を有するガス発生器。
(もっと読む)


【課題】静電気放電に対する保護性に優れたガス発生器の点火装置を提供する。
【解決手段】エアバッグ等に用いられるガス発生器のための点火装置であって、基板と、この基板上に電気絶縁されて配置された薄膜の電気ブリッジ構造を有するブリッジ部と、基板上に配置されかつブリッジ部と同じ構造を有するとともに、ブリッジ部よりも大きな面積を有してブリッジ部の各端部に接続されたパッド部と、このパッド部の各々の上に重ねられかつブリッジ部を露出させるように離隔して配置されるとともに、電源に接続される一対の電気伝導性ランドと、を含み、ブリッジ部とパッド部との接続部分の四隅の輪郭が5μm〜100μmの曲率半径を有するように形成されていることを特徴とする。 (もっと読む)


【課題】低粘度、低応力性、密着性に優れた硬化物を与え、半導体封止材、アンダーフィル材等の電気・電子デバイス材料に適するエポキシ化合物及び熱硬化性樹脂組成物を提供すること。
【解決手段】一般式(1)で示されるアルコキシケイ素化合物と、一般式(2)で示されるアルコキシケイ素化合物を、加水分解縮合させることにより得られるエポキシ化合物。
XSi(OR (1)
(式中、Xはエポキシ基を含む有機基、RはC1〜C4のアルキル基を表す。)
2−aSi(OR(2)
(式中、Xはエポキシ基を含む有機基、RはC1〜C10のアルキル基等を、また、aは0または1の整数を表す。)
本発明の熱硬化性樹脂組成物は上記エポキシ化合物と硬化剤を含有する。 (もっと読む)


本発明は下記一般式(1)で示されるDL−エリスロ−3−置換セリンのN−アシル体を


(式中、Rは、炭素数1ないし10のアルカノイル基、ベンゾイル基、ハロゲン原子により置換された炭素数1ないし5のアルカノイル基又はハロゲン原子により置換されたベンゾイル基を表し、Rはフェニル基もしくはシクロヘキシル基を意味する。)L−アミノアシラーゼまたはD−アミノアシラーゼにより不斉加水分解し、L−アミノアシラーゼの場合には未反応のN−アシル−D−エリスロ−3−置換セリンを得、D−アミノアシラーゼの場合には加水分解されたD−エリスロ−3−置換セリン得る方法に関するもので、該D−エリスロ体は医薬品、例えば抗HIV薬として有用なことが知られている薬剤(WO01/40227)等の中間体として有用である。
(もっと読む)


【課題】解像性、パターン密着性、残渣等に優れ、かつ照度依存性の少ないプロセスマージンの良好なカラーフィルターの製造に有用なネガ型着色感光性組成物を提供する。
【解決手段】バインダーポリマー、光重合性モノマー、色素、光重合開始剤、下記式(1)又は式(3)で示される化合物並びに有機溶剤を含有するネガ型の着色感光性組成物を調製し、これからパターン化された着色画素を得、カラーフィルターとして使用する。画素剥がれ、表面荒れを起こさず、解像性が良好で、照度依存性の少ないネガ型着色感光性組成物が得られる。
【化1】


(式(1)中、Rは水素原子、水酸基、アミノ基、アセトアミノ基、炭素数1〜5のアルキル基、炭素数1〜5のアルケニル基又は下記式(2)で示される基を示す。)、


(式(2)中、nは1〜12の整数を意味する。) (もっと読む)


861 - 870 / 921