説明

日清紡ホールディングス株式会社により出願された特許

101 - 110 / 370


【課題】充分に高い触媒活性を有し、性能の高い触媒を実現する炭素触媒を提供する。
【解決手段】窒素が導入されている炭素触媒であって、導入されている窒素は、1s軌道の電子の結合エネルギーが398.5±1.0eVである第1の窒素原子と、1s軌道の電子の結合エネルギーが401±1.0eVである第2の窒素原子との、各エネルギーにおけるピークの面積の比、第1の窒素原子/第2の窒素原子の値が1.2以下である炭素触媒を構成する。 (もっと読む)


【課題】金属体、レーザ光非透過性の樹脂体、及び、レーザ光透過性の樹脂体とを一体化させた凹状容器体を溶着して製造される中空状容器体とその製造方法の提供。
【解決手段】本発明の中空状容器の製造方法は、凹状の金属体と、レーザー光非透過性の第1樹脂体とからなる凹状形状体の第1樹脂体の側面に、レーザー光透過性の第2樹脂体を接合した凹状容器体10、20の当接面を溶着して中空状容器を製造する方法である。第1凹状容器体10の第2樹脂体の当接面と、レーザ光非透過性樹脂製の中間部材30の一方の当接面とを当接させ、レーザー光照射により第1凹状容器体10と中間部材30の一方とを溶着させる工程と、第2凹状容器体20の第2樹脂体の当接面と、中間部材30の他方の当接面とを当接させ、レーザー光照射により第2凹状容器体20と中間部材30の他方とを溶着させる工程とを備えている。 (もっと読む)


【課題】プリザーブドフラワーといった特殊処理を施された装飾用植物部材の花弁の脱落を防止でき、その装飾効果を低減させること無く、植物部材の種類によって、好適な脱落防止方法を選択できる。
【解決手段】装飾用部材の花弁またはがくの周囲に、一部の花弁またはがくに糸を貫通させるとともに糸を巻き回すことによって、花弁の脱落を防止することができる。その巻き回す方法は、植物部材の種類によって、適宜、選択可能である。 (もっと読む)


【課題】太陽電池セルの反りを防止すると共に発電効率を向上させることを目的とする。
【解決手段】隣接する太陽電池セルのうち一方の太陽電池セル1の照射面側電極12と他方の太陽電池セル1´の裏面側電極とをタブリード20により接続することで構成される太陽電池モジュールであって、前記タブリード20は、前記太陽電池セル1の照射面側において長手方向に亘って前記照射面側電極12と接続される直線部21を有し、前記太陽電池セル1´の裏面側において長手方向に伸縮できるストレスリリーフ部24を有する。 (もっと読む)


【課題】本発明の課題は、不織布層と、リムーバーを含浸しやすいコットン層とを熱融着ネットを介在して一体接合させ、両層間でリムーバーの移動がさえぎられないように構成するとともに、コットンの型崩れを防止し、不織布とコットン両者の風合いを長時間持続できるネールエナメル落としコットンを提供することである。
【解決手段】エンボス加工した凹凸面を有する不織布層と、コットン層とを、熱融着ネットを介して一体接合させたことを特徴とするネールエナメル落としコットンである。 (もっと読む)


【課題】ブレーキケーブルの組付けが容易なドラムブレーキの機械式ブレーキ作動装置を提供すること。
【解決手段】一方のブレーキシューに係合するストラットと、他方のブレーキシューに係合する板状の操作レバーとを備えた機械式ブレーキ作動装置において、操作レバーには連絡通路が設けられ、ストラットには、その対向片間の空間に突出する突出部が設けられ、連結ピンを挿入してブレーキケーブルを操作レバーに連結した後に、ブレーキケーブルの一部または連結ピンの一部が前記突出部に干渉して、連結ピンが連結ピン掛止部へ戻ることを阻止する。 (もっと読む)


【課題】 太陽電池に順方向の電流を流してEL発光させる検査装置であって、構造が簡単で安価な太陽電池の検査装置を提供する。
【解決手段】 上面に開口部112を有する暗室110と、前記暗室の上面111に設けられ、被測定物を載せる支持手段と、前記暗室110の内部に設けられたカメラ120と、を有する太陽電池の検査装置に、前記開口部および前記開口部112と前記支持手段に載せられた前記太陽電池との境界の隙間から前記暗室内に入る光を遮光するための遮光カバーを設けた。 (もっと読む)


【課題】 太陽電池に順方向の電流を流してEL発光させる検査装置であって、ラミネート処理前の被測定物である太陽電池の構成部材を積み重ねた状態で上記検査装置に搬送する際に被測定物である太陽電池の構成部材の位置ずれが発生しない搬送装置を提供することを目的としている。
【解決手段】 平らな上面111を備えた暗室110と、該暗室110の前記上面に設けられ、被測定物200となる太陽電池を載せる透明板112と、被測定物の像を写すカメラ120とを有する太陽電池の検査装置において、太陽電池の構成部材をラミネート処理する前に積層した状態で前記検査装置に搬送する搬送装置を、搬送する太陽電池の前記構成部材である透明基板等をその厚さ寸法よりも低い壁部を有する複数個の搬送部材をエンドレス状に接続し、搬送方向に対して対称に1対(2列)設けて搬送ガイドすることにより搬送中に太陽電池の構成部材がずれないようにした。 (もっと読む)


【課題】ラミネート部が複数有するラミネート装置において、ラミネート装置を小型化すると共に、被加工物を生産する効率を向上させることを目的とする。
【解決手段】上チャンバ13a及び下チャンバ11aにより構成され、前記下チャンバ11aに設けられた熱板11b上に被加工物を配置し、前記熱板11bにより加熱した前記被加工物を、前記熱板11bと前記上チャンバ13aに設けられた押圧部材13bとで挟圧してラミネート処理するラミネート部10を上下方向に複数、有し、前記複数のラミネート部10は、相互に独立してラミネート処理を行う。 (もっと読む)


【課題】簡易な手段で以ってキャリパの過剰な移動を制限してピンブーツの損傷を防止すること。
【解決手段】ブレーキパッド摩耗表示器100を具備するピンスライド形ディスクブレーキ装置において、キャリパ30のハウジング31がキャリヤ20に接近する方向に向けて移動するとき、ブレーキパッド摩耗表示器100で以って、キャリヤ20に対するキャリパ30の過剰な移動を制限するように構成した。 (もっと読む)


101 - 110 / 370